間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

建設機械施工技士のおすすめ通信講座3選を徹底比較!

建築系の資格

機械建設施工技能士とは、クレーン車やブルドーザーなど機械建設を使用する工事現場の施工管理を行う国家資格です。試験は1級と2級があり、2級に関しては6種類の機械ごとに分かれます。 施工技能士の合格率は、2級の学科は6​​0%程度、1級は30%から40%程度まで減少します。 学科は60点の合格点が必要ですので、独学で目指すよりも通信講座を上手に活用して効率よく合格を目指しましょう。忙しい方でも時間や場所を選ばずに学ぶことができます。

ここでは、建設機械施工技能士のおすすめ通信講座3選を比較しています。費用や学習カリキュラムなど、選び方のポイントをまとめています。この記事を参考にして、ぜひ自分に最適な通信講座を探してね。では、とりあえず見ていきましょう。

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

このページの目次
スポンサーリンク
  1. 機械建設施工技能士の通信講座おすすめランキング
    1. 【第1位】独学サポート事務局の建設機械施工技術士通信講座
    2. 【第2位】建築物価調査会の機械建設施工技能士通信講座
    3. 【第3位】九州建設専門学院の建設機械施工技能士通信講座
  2. 建設機械施工技士通信教育講座の選び方のポイント
    1. 【選び方のポイント1】講座の費用や期間
    2. 【選び方のポイント2】教材や講義の内容
    3. 【選び方のポイント3】学習カリキュラム
    4. 【選び方のポイント4】サポート体制の充実
    5. 【選び方のポイント5】キャンペーンの充実
    6. 【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度
    7. 【選び方のポイント7】会社の信頼性
    8. 【選び方のポイント8】合格率
    9. 【選び方のポイント9】口コミ・評判
  3. 建設機械施工技士の通信講座の比較
    1. 建設機械施工技士通信講座を料金比較
    2. 建設機械施工技士通信講座を期間比較
    3. 建設機械施工技士通信講座を教材・講義内容比較
    4. 建設機械施工技士通信講座をサポート面から比較
    5. 建設機械施工技士通信講座のキャンペーン情報を比較
    6. 建設機械施工技士通信講座の教育訓練給付金制度を比較
    7. 建設機械施工技士通信講座を会社の信頼性で比較
    8. 建設機械施工技士通信講座を合格率で比較
    9. 建設機械施工技士通信講座の口コミ・評判で比較
  4. 建設機械施工技士は通信と独学どちらがおすすめ?
  5. 建設機械施工技士試験の試験日・試験内容と合格率
  6. 建設機械施工技士の通信講座に関するQ&A

機械建設施工技能士の通信講座おすすめランキング

機械建設施工技能士補資格の通信講座をランキング形式で、以下の表にまとめました。
 
順位 会社・講座名 特徴 価格
1位

独学サポート事務局
の機械技能建設士通信講座

1級
・本試験合格までの受験対策に必要なものがすべて付いたフルパック・第二次試験に必須の工事経験記述
対策

2級
・第一次試験を突破するために必要な教材や資料及びサービスすべてつけていた講座

一級機械建設施工管理技能士【一次・検定二次】フルサポート
36,500円

二級機械建設施工管理技能士
【第一次試験】厳選教材セット
25,700円

2位

建築物価調査会
の建設機械施工技能士通信講座

 

・20年以上の実績がある講習会の講義内容がそのままeラーニングに・出題傾向に基づい
解説

機械建設施工管理技術検定(筆記)受検対策eラーニング講座

1級:
24,200円 (30歳未満)
31,900円 (30歳以上)

2級:
1科目
11,000円 (30歳未満)
14,300円 (30歳以上)

2科目
13,200円 (30歳未満)
17,600円 (30歳以上)

3位

九州建設専門学院
の機械施工技能士通信講座

・初心者でも基礎からわかる万全のカリキュラム
・出題ポイントを絞り、無駄のない最短距離をいく学習方法

1級 1次直前集中講座コース 試験合格講座
114,000円
※早期割引 105,000円

2級 1次直前集中講座コース 試験合格講座
93,000円
※早期割引 85,000円

 

【第1位】独学サポート事務局の建設機械施工技術士通信講座

独学サポート事務局

項目 一級機械建設施工管理技能士
【一次・検定二次】フルサポート
二級機械建設施工管理技能士
【第一次試験】厳選教材セット
価格

36,500円

25,700円

期間

添削提出期限は本試験日の2週間前まで

目指せる資格

1級建設機械施工技能士

2級建設機械施工技能士

教材の特徴 ・記述添削は約20のチェック項目により詳細まで添削。・出題課題論文
全てを希望の内容に沿って作成代行
・とりあえず10年間ずっと過去出題問題と解答
・とりあえず10年間ずっと過去出題問題と解答
学習カリキュラム ・厳選教材(テキスト・問題集)
・記述添削サービス(第二次必須試験の経験記述の作成指導及びプロによる添削チェック[5回])・過去問題ファイル(とりあえず10年間以上過去問題と解答

・模擬試験(本番の試験直前に実力確認と弱点補強のための模擬問題を配布・配信)
・厳選教材(テキスト・問題集)
・過去問題ファイル(とりあえず10年間相当過去出題問題と解答[一次])・模擬試験(本番の試験直前に実力確認と弱点補強のための模擬問題を配布・
配信)
サポート体制 ・実地論文の記述添削サービス5回(1級)
・作文作成代行サービス(1級)
・受験情報対策の提供
・メールによる質問回答や情報配信
・模擬試験
キャンペーン

なし

教育訓練給付金制度

×

 

独学サポート事務局の機械建設技能士通信講座の8つの特徴

独学サポート事務局の機械建設技能士通信講座は、第二次試験に関してウェイトの高い工事経験記述論文問題の対策に力を入れている講座です。 そして、厳選教材と情報配信、メールによる質問の回答で合格をサポートしています。1級に関しては、第一次試験と第二次試験の受験対策に必要な全てをカバーしている内容です。出題傾向を分析した資料をはじめに、厳選されたテキストとほぼ10年間分の過去問特に、記述添削が5回付いているので、プロによる客観的な評価と細部にわたり細やかな指導を受けることができます。人にとっては特に心強いサービスとなっております。

 

【特徴1】価格について

独学サポート事務事務局の機械機械施工技能士通信講座は、一級建設機械施工管理技能士【一次・二次検定】フルサポートが36,500円、二級建設機械施工管理技能士【一次検定】厳選教材セットは25,700円となっております。

【特徴2】期間について

添削課題の提出期限は試験日の2週間前までとなっております。

【特徴3】目指せる資格について

試験に合格後は、1級機械建設施工技能士または2級機械建設施工技能士の資格を取得できます。

【特徴4】教材の特徴について

まず、一級建設機械施工管理技能士通信講座で使用される教材を紹介します。

<一級建設機械施工管理技能士【第一次・二次】検定フルサポートの教材>

  • 厳選教材(テキスト・問題集)
  • 受験対策10資料(出題傾向を分析した資料及び独学学習の指標となる情報配信)
  • 過去問題ファイル(とりあえず10年間相当過去出題と解答[一次・二次])
  • 本試験直前に実力確認と弱点補強のための模擬問題を配布・配信

 

続いて、二級建設機械施工管理技能士通信講座で使用される教材を紹介します。

<二級建設機械施工管理技能士 【第一次試験】厳選教材セットの教材>

  • 厳選教材(テキスト・問題集)
  • 受験対策5資料(出題傾向を分析した資料及び独学学習の指標となる情報配信)
  • 過去問題ファイル(とりあえず10年間相当過去出題と解答[一次])
  • 本試験直前に実力確認と弱点補強のための模擬問題を配布・配信

最短合格を目指すための厳選されたテキストと問題集、模擬問題がセットされています。過去問は、10年間分のテクニックを丁寧に解説しています。また、受験対策のためのあらゆる情報が詰まっていますた資料により、情報面からも合格をサポートしています。

【特徴5】学習カリキュラムについて

独学サポート事務局の機械建設技能士通信講座では、試験に必要な全ての情報を提供しています。厳選されたテキストと課題が付いていますが、事務局推薦のテキストや用語集の紹介も出題傾向や学習の進め方などをまとめたマニュアルがあるので、不安なく万全な試験に臨むことができます。また、1級の講座では5回の記述添削サポートがつきます。学習の総まとめとして、仮定問題にチャレンジしましょう。

【特徴6】サポート体制

単独サポート事務局の機械建設技能士通信講座は、メールで質問することが可能です。あと、1級の講座では添削サポート5回と、作文作成代行サービスを受けることが可能です。

【特徴7】キャンペーンについて

独学サポート事務局の機械建設技能士通信講座では、現在のキャンペーンはありません。

【特徴8】教育訓練給付金制度について

独学サポート事務局の機械建設技能士通信講座は、教育訓練給付金認定の対象講座ではありません。

 

【第2位】建築物価調査会の機械建設施工技能士通信講座

建築物価調査会

建築物価調査会の建設機械施工技能士通信講座についてまとめました。

項目 機械建設施工管理技術検定(筆記)受検対策eラーニング講座
価格 1級:
24,200円 (30歳未満)
31,900円 (30歳以上)
2級:
1科目
11,000円 (30歳未満)
14,300円 (30歳以上)
2級:
2科目
13,200円 (30歳未満)
17,600円 (30歳以上)
期間 2023年4月28日~2024年4月末(予定)
目指せる資格

1級建設機械施工技能士

2級建設機械施工技能士

2級建設機械施工技能士

教材の特徴 ・20年以上の実績がある講習会の講義内容がそのままeラーニングに
・出題傾向に基づいた解説・PCやスマホ、タブレットに対応しているので、スキマ時間を活用して効率的
学習
学習カリキュラム 1級(全9科目+記述式問題対策講座):12~13時間
2級(1科目):5~6時間
2級(2科目):6~8時間
サポート体制

・過去問演習サイトを無料で公開

キャンペーン

なし

教育訓練給付金制度

×

 

建築物価調査会の建設機械施工技能士通信講座の8つの特徴

建築物価調査会建設機械施工技能士通信講座は、出題傾向に基づいた質の高い解説をeラーニング講座によって手軽に学べる講座です。20年以上の実績がある講習会の内容を踏襲しています過去5回で3回以上の課題箇所は赤、2回出題は青と動画内に色分けで表示することで、優先して攻略すべき重要な箇所が一目瞭然で、テキスト「令和5年度版建設」 「機械施工管理技術必須」と並行しています。

また、料金プランは30歳以上か未満によって区別されており、2級は更に1科目か2科目で分けられます。カリキュラムも単純ですので、無理なく計画的に学習を進めることができるのも評判です。結果もきちんと出ており、受講者の合格率はかなり高くなっています。

 

【特徴1】価格について

建築物価調査会の建設機械施工技能士通信講座は、1級の30歳未満は24,200円、30歳以上は31,900円です。2級の1科目で30歳未満は11,000円、30歳以上は14,300円2級の2科目で30歳未満は13,200円、30歳以上は17,600円となっております。

【特徴2】期間について

今年度の受講期間は、2023年4月28日~2024年4月末(予定)となっております。

【特徴3】目指せる資格について

試験に合格後は、 1級または2級建設機械施工技能士の資格が得られます。

【特徴4】教材の特徴について

建築物価調査会の建設機械施工技能士通信講座で使用される教材を紹介します。

  • 「令和5年度版建設機械施工管理技術必須」

試験によく出るポイントを ☆重要で表示しています。 eラーニングは本書をもとに解説しているので、重要な点が非常にわかりやすくなっています。

【特徴5】学習カリキュラムについて

通学講座と異なり、通信講座は自分で学習のスケジュール管理をしないといけません。そのため、続けられるか不安という人も多いかもしれませんね。 、ラーニングなので時間や場所を選ばずに効率良く学習を進めることができます。また、学習管理をスムーズに行うことができたという声が上がっていました。

【特徴6】サポート体制

建築物価調査会の建設機械施工技能士通信講座では、「令和5年度版 建設機械施工管理技術検定試験問題集」から選択一式問題を収録した過去問演習サイトを無料で公開しています。

【特徴7】キャンペーンについて

建築物価調査会の建設機械施工技能士通信講座では、現在キャンペーンはありません。

【特徴8】教育訓練給付金制度について

建築物価調査会の建設機械施工技能士通信講座は、教育訓練給付金認定の対象講座ではありません。

 

【第3位】九州建設専門学院の建設機械施工技能士通信講座

九州建設専門学院

項目 1級 1次直前集中講座コース試験
合格講座
2級 1次直前集中講座コース試験
合格講座
価格 114,000円
※早期割引 105,000円
93,000円
※早期割引 85,000円
期間

申し込み手続き後、通学コースに沿って順次WEB配信開始

申し込み手続き後、通学コースに沿って順次WEB配信開始

目指せる資格

1級建設機械施工技能士

2級建設機械施工技能士

教材の特徴 ・初心者でも基礎からわかる万全のカリキュラム
・出題されるポイントを絞り、無駄のない最短距離をいく学習方法
・初心者でも基礎からわかる万全のカリキュラム
・出題されるポイントを絞り、無駄のない最短距離をいく学習方法
学習カリキュラム

第1回
土木工学(1)(6時間)

第2回
土木工学(2)(6時間)

第3回
機械工学(1)(6時間)

第4回
機械工学(2)(6時間)

第5回
施工管理法・関連法規(6時間)

第6回
実戦模擬試験(1)・解説(3時間)

第7回
実戦模擬試験(2)・解説、2次対策(3時間)

卒業式・祝賀会・謝恩会
令和5年12月17日(日)

第1回
土木工学(1)(6時間)

第2回
土木工学(2)(6時間)

第3回
機械工学(1)(6時間)

第4回
機械工学(2)(6時間)

第5回
施工管理法・関連法規(6時間)

第6回
実戦模擬試験・解説(3時間)

卒業式・祝賀会・謝恩会
令和5年12月17日(日)

サポート体制

・質問サポート(9:00~21:00)

キャンペーン

なし

教育訓練給付金制度

×

 

の機械建設施工技能士通信講座の8つの特徴

九州専門建設学院の機械施工技能士通信講座は、初学者でも基礎からわかる万全なカリキュラムを組んでいます。通学講座で行われている対面生講義をWEB配信より視聴することができます。 「生徒第一主義」をモットーとし、忙しい社会人の為に最大限のむだやムラを省いた講義やテキストによって、合格のために細心の配慮をされた講座を提供しています。また、通学生だけではなく通信講座の受講生にも卒業式、祝賀会、謝恩会が用意されています。これから盛大にお祝いしたいという姿勢によります。

 

【特徴1】価格について

九州建設専門建設学院の機械施工技能士通信講座は、1級 1次直前集中講座コース 試験合格講座が114,000円、2級 1次直前集中講座コース 試験合格講座は93,000円となっております。

【特徴2】期間について

申し込み手続き後、通学コースに沿って順次WEB配信開始

【特徴3】目指せる資格について

試験に合格後は、1級機械建設施工技能士または2級機械建設施工技能士の資格を取得できます。

【特徴4】教材の特徴について

九州建設専門建設学院の機械施工技能士通信講座では、テキストはもちろん受験の手引きもかなり考えやすいものとなっているので、合格までのプロセスを具体的に理解することができます。また、通学生が教室で受けている講義をWEB配信で視聴することができるので、テキストのみで勉強するより教室でも受講しているような臨場感があります。希望者にはオプションでDVDを付けることもできます。

【特徴5】学習カリキュラムについて

九州建設専門建設学院の機械施工技能士通信講座では、1級は全7回36時間、2級は全6回33時間の解説Webを配信しています。内容は、土木工学・機械工学・施工管理法・関連法規・実戦模擬試験・解説となっています。

【特徴6】サポート体制

九州建設専門建設学院の機械施工技能士通信講座は、9:00~21:00の間で学院に質問することが可能です。

【特徴7】キャンペーンについて

九州建設専門学院の機械施工技能士通信講座では、現在キャンペーンはありません。

【特徴8】教育訓練給付金制度について

九州建設専門建設学院の機械施工技能士通信講座は、教育訓練給付金認定の対象講座ではありません。

 

スポンサーリンク

建設機械施工技士通信教育講座の選び方のポイント

ここでは、建設機械施工技士通信教育講座の選び方を以下の9つのポイントに分けて紹介しています。

  1. 講座の費用や期間
  2. 教材や講義の内容
  3. 学習カリキュラム
  4. サポート体制の充実
  5. キャンペーンの充実
  6. 教育訓練給付金制度
  7. 会社の信頼性
  8. 合格率
  9. 口コミ・評判

では、さっそく見ていきましょう。

 

【選び方のポイント1】講座の費用や期間

ランキング各社の建設機械施工技士通信講座の受講費用と期間を表にしています。※費用はすべて税込

会社名 費用 期間
独学サポート事務局

一級建設機械施工管理技士【第一次・二次検定】フルサポート
36,500円

二級 建設機械施工管理技士 【第一次検定】 厳選教材セット
25,700 円

添削提出期限は本試験日の2週間前まで
建物物価調査会

建設機械施工管理技術検定(筆記) 受検対策eラーニング講座
1級:
24,200円 (30歳未満)
31,900円 (30歳以上)

2級:
1科目
11,000円 (30歳未満)
14,300円 (30歳以上)

2科目
13,200円 (30歳未満)
17,600円 (30歳以上)

2023年4月28日~2024年4月末(予定)
九州建設専門学院

1級 1次直前集中講座コース 試験合格講座
114,000円
※早期割引 105,000円

2級 1次直前集中講座コース 試験合格講座
93,000円
※早期割引 85,000円

申込み手続き後、通学コースに沿って順次WEB配信開始
 

3社の平均費用は、1級が51,650円、2級が37,375円となっています。なお、建物物価調査会の2級は、2科目で計算しています。教材の質や副教材の充実度、サポートの手厚さなどで費用は異なるので、安さだけですぐ決めるのではなく講座の内容をよく確認してから選ぶようにしましょう。

 

【選び方のポイント2】教材や講義の内容

建設機械施工技士試験は、学科の合格点が100点満点中60点以上となっています。国家資格の中では合格率の高い資格となっています。過去問を解くことが学習の中心になりますが、二次検定の論文対策は必須となるので、作文が苦手な人は特に独学は厳しいと言えます。独学サポート事務局と建物物価調査会の講座は過去問に手厚くなっていますが、独学サポート事務局では作文対策に力を入れている講座です。まず、添削サポートが5回付いているので、きめ細かで丁寧な指導を受けることができます。

また、作文作成代行サービスにより、受講者に合わせたオリジナル記述文を提供してもらうことが可能です。

 

【選び方のポイント3】学習カリキュラム

通信講座は、自分でスケジュールを立てて学習を進めていく必要がありますよね。ですから、自分が一番学習を続けられるカリキュラムかどうかは重要なポイントです。その点では、建物物価調査会の建設機械施工技士通信講座は、eラーニング なので時間や場所を選ばずに効率よく学習を進めることができます。

 

【選び方のポイント4】サポート体制の充実

各社の建設機械施工技士講座のサポート体制はどうなっているのでしょうか。サポートの中でも、質問サービスと添削回数について表にまとめました。
 
会社名 質問サービス 添削回数
独学サポート事務局

メールにて可

5回 (1級)

建物物価調査会

×

×

九州建設専門学院

可(9:00~21:00)

×

独学サポート事務局では、質問サービスと添削サポートを提供しています。
 
 

【選び方のポイント5】キャンペーンの充実

こちらで紹介している3社について、現在キャンペーンは行っておりません。
 
 

【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度

会社名 教育給付金制度
独学サポート事務局

×

建物物価調査会

×

九州建設専門学院

×

こちらで紹介している3社について、教育給付金制度の対象講座ではありません。
 
 

【選び方のポイント7】会社の信頼性

通信講座を利用する際、対面でのやり取りがほぼ無いことが多いので、困ったことや確認したい事がある時に会社が信頼できるかどうかは重要な点ではないでしょうか。会社の信頼性を判断するポイントとして、サポートの手厚さや合格率なども気になるところではないでしょうか。

独学サポート事務局は、開講18年で延べ58,000人もの受講生をサポートしている実績があります。そして、九州建設専門学院では昭和55年創立以来10,000名の合格者を輩出しており、西日本地区NO.1の合格率を誇っています。また、建物物価調査会でも高い合格率となっています。このように、どの会社においても信頼性のある会社と言えます。

 

【選び方のポイント8】合格率

建設機械施工技士試験の合格率は、令和4年度において1級26.4%、2級43.2%となっています。国家資格の中では合格率が割と高い資格と言えますが、なかでも建物物価調査会のeラーニング講座を受けた受講者の合格率は、1級57.1%、2級79.0%となっています。

 

【選び方のポイント9】口コミ・評判

各社の建設機械施工技士講座の口コミをまとめてみました。良い口コミ、悪い口コミそれぞれ紹介していますので参考にして下さい。(口コミは一部抜粋しています)

独学サポート事務局の建設機械施工技士講座の口コミ

良い口コミ

・一つ一つの情報ファイルの内容が学習方法のポイントをよくついていて大変効率よく学習ができました。
(公式サイトより)

・的確な指導と添削を何度もしていただき、目が覚める思いもしました。大変たよりになり良かったです。
(公式サイトより)

建物物価調査会の建設機械施工技士講座の口コミ

良い口コミ

・スキマ時間で学習できるのが良い。
(公式サイトより)

・学習管理が簡単で計画的に学習できた。
(公式サイトより)

・講習会と異なり自分のペースで学習できる。
(公式サイトより)

九州建設専門学院の建設機械施工技士講座の口コミ

現在、九州建設専門学院の口コミはありません。

建設機械施工技士講座を扱う会社が少ないので口コミ数も多くはありませんが、全体的に良い口コミが多く寄せられています。

 

スポンサーリンク

建設機械施工技士の通信講座の比較

ここで紹介している建設機械施工技士通信講座を開講している3社について、9つのポイントを表にまとめたので比較していきましょう。

会社 料金(税込) 期間 教材・講義内容 サポート キャンペーン 教育訓練給付金制度 会社の信頼性 合格率 口コミ・評判
独学サポート事務局

一級 建設機械施工管理技士【第一次・二次検定】フルサポート
36,500円

二級 建設機械施工管理技士 【第一次検定】 厳選教材セット
25,700 円

添削課題提出期限:試験日の2週間前まで

1級:
・記述添削は約20のチェック項目により細部まで添削。弱点克服
・出題課題論文全てを希望の内容に沿って代行作成
・直近10年間にわたる過去出題問題と解答

2級:
・直近10年間にわたる過去出題問題と解答

・実地論文の記述添削サービス5回(1級)
・作文作成代行サービス(1級)
・受験対策情報の提供
・メールによる質問回答や情報配信
・模擬試験

なし

×

・開講18年で延べ58,000名をサポート

・一つ一つの情報ファイルの内容が学習方法のポイントをよくついていて大変効率よく学習ができた

建物物価調査会

建設機械施工管理技術検定(筆記) 受検対策eラーニング講座

1級:
24,200円 (30歳未満)
31,900円 (30歳以上)

2級:
1科目
11,000円 (30歳未満)
14,300円 (30歳以上)

2級:
2科目
13,200円 (30歳未満)
17,600円 (30歳以上)

2023年4月28日~2024年4月末(予定)

・20年以上の実績がある講習会の講義内容がそのままeラーニングに
・出題傾向に基づいた解説
・PCやスマホ、タブレットに対応しているので、スキマ時間を活用して効率的に学習

・過去問演習サイトを無料で公開

なし

×

・20年以上の実績がある集合型講習会の講義内容を踏襲

・1級57.1%、2級79.0%

・学習管理が簡単で計画的に学習できた

九州建設専門学院

1級 1次直前集中講座コース 試験合格講座
114,000円
※早期割引 105,000円

2級 1次直前集中講座コース 試験合格講座
93,000円
※早期割引 85,000円

申込み手続き後、通学コースに沿って順次WEB配信開始

・初心者でも基礎からわかる万全のカリキュラム
・出題されるポイントを絞り、無駄のない最短距離をいく学習方法

・質問サポート(9:00~21:00)

なし

×

・昭和55年創立以来の伝統と実績

・西日本地区NO.1の合格率
・合格者累計10,000名

 

建設機械施工技士通信講座を料金比較

会社名 料金(税込)
独学サポート事務局

一級 建設機械施工管理技士【第一次・二次検定】フルサポート
36,500円

二級 建設機械施工管理技士 【第一次検定】 厳選教材セット
25,700 円

建物物価調査会

建設機械施工管理技術検定(筆記) 受検対策eラーニング講座

1級:
24,200円 (30歳未満)
31,900円 (30歳以上)

2級:
1科目
11,000円 (30歳未満)
14,300円 (30歳以上)

2級:
2科目
13,200円 (30歳未満)
17,600円 (30歳以上)

九州建設専門学院

1級 1次直前集中講座コース 試験合格講座
114,000円
※早期割引 105,000円

2級 1次直前集中講座コース 試験合格講座
93,000円
※早期割引 85,000円

 

上記の表より、受講料の高い順に並べました。

  1. 九州建設専門学院 (1級)
  2. 九州建設専門学院 (2級)
  3. 独学サポート事務局 (1級)
  4. 建物物価調査会 (1級・30歳以上)
  5. 独学サポート事務局 (2級)
  6. 建物物価調査会 (1級・30歳未満)
  7. 建物物価調査会 (2級2科目・30歳以上)
  8. 建物物価調査会 (2級1科目・30歳以上)
  9. 建物物価調査会 (2級2科目・30歳未満)
  10. 建物物価調査会 (2級1科目・30歳未満)

建物物価調査会では、 30歳以上か未満によって受講料が変わります。九州建設専門学院がダントツで高価な受講料となっています。

 

建設機械施工技士通信講座を期間比較

会社名 期間
独学サポート事務局

添削課題提出期限:試験日の2週間前まで

建物物価調査会

2023年4月28日~2024年4月末(予定)

九州建設専門学院

申込み手続き後、通学コースに沿って順次WEB配信開始

 

独学サポート事務局では、添削提出期限が試験日の2週間前までとなっています。一方、建物物価調査会の受講期間は2023年4月28日~2024年4月末(予定)です。

 

建設機械施工技士通信講座を教材・講義内容比較

会社名 教材・講義内容
独学サポート事務局

1級:
・記述添削は約20のチェック項目により細部まで添削。弱点克服
・出題課題論文全てを希望の内容に沿って代行作成
・直近10年間にわたる過去出題問題と解答

2級:
・直近10年間にわたる過去出題問題と解答

建物物価調査会 ・20年以上の実績がある講習会の講義内容がそのままeラーニングに
・出題傾向に基づいた解説
・PCやスマホ、タブレットに対応しているので、スキマ時間を活用して効率的に学習
九州建設専門学院 ・初心者でも基礎からわかる万全のカリキュラム
・出題されるポイントを絞り、無駄のない最短距離をいく学習方法

 

独学サポート事務局では、 出題傾向を分析した資料をはじめ、厳選されたテキストと直近10年間分の過去問が付属されています。そして、添削サポートや作文作成代行サービスなど論文対策に手厚くなっています。建物物価調査会では、重要ポイントが分かりやすいテキストと講義動画の内容になっています。また、eラーニングですので効率よく学習することができて便利です。

このように、添削指導が手厚いものやオンライン学習が充実しているものなど、各講座それぞれ特色があるので、自分にとってどこを重視するかで比較してみましょう。各講座のホームページには、教材やカリキュラム内容が詳しく掲載されているので、確認して下さいね。

 

建設機械施工技士通信講座をサポート面から比較

会社名 サポート
独学サポート事務局 ・実地論文の記述添削サービス5回(1級)
・作文作成代行サービス(1級)
・受験対策情報の提供
・メールによる質問回答や情報配信
・模擬試験
建物物価調査会

・過去問演習サイトを無料で公開

九州建設専門学院

・質問サポート(9:00~21:00)

 

独学サポート事務局では、質問サービスと添削サポートを提供しています。また、建物物価調査会では「令和5年度版 建設機械施工管理技術検定試験問題集」から択一式問題を収録した過去問演習サイトを無料で公開しています。 九州建設専門学院では、開講時間の9時から21時まで質問を受け付けています。

 

建設機械施工技士通信講座のキャンペーン情報を比較

会社名 キャンペーン
独学サポート事務局

なし

建物物価調査会

なし

九州建設専門学院

なし

 

2023年7月現在でキャンペーンを実施している会社はありません。他にも、今後さまざまなキャンペーンが展開される可能性もあるので、公式ホームページなどで情報をチェックしましょう。

 

建設機械施工技士通信講座の教育訓練給付金制度を比較

会社名 教育訓練給付金制度
独学サポート事務局

×

建物物価調査会

×

九州建設専門学院

×

 

教育訓練給付制度の対象となっている講座はありません。

 

建設機械施工技士通信講座を会社の信頼性で比較

会社名 会社の信頼性
独学サポート事務局

・開講18年で延べ58,000名をサポート

建物物価調査会

・20年以上の実績がある集合型講習会の講義内容を踏襲

九州建設専門学院

・昭和55年創立以来の伝統と実績

 

サポートの手厚さや合格率から信頼性を評価するとしたら、3社ともにそれぞれ信頼できるポイントがあります。独学サポート事務局は、開講18年で延べ58,000人もの受講生をサポートしている実績があり、九州建設専門学院では昭和55年創立以来10,000名の合格者を輩出しており、西日本地区NO.1の合格率を誇っています。また、建物物価調査会でも高い合格率を誇っています。このように、実績や合格率においてどの会社も信頼性のある会社と言えます。

 

建設機械施工技士通信講座を合格率で比較

会社名 合格率
独学サポート事務局

建物物価調査会

・1級57.1%、2級79.0%

九州建設専門学院 ・西日本地区NO.1の合格率
・合格者累計10,000名

 

建設機械施工技士試験の合格率は、2級の学科が60%程度、1級は30%から40%程度となっています。建物物価調査会のeラーニング講座を受けた受講者の合格率は、1級57.1%、2級79.0%と非常に高くなっています。

 

建設機械施工技士通信講座の口コミ・評判で比較

会社名 口コミ・評判
独学サポート事務局

・一つ一つの情報ファイルの内容が学習方法のポイントをよくついていて大変効率よく学習ができた

建物物価調査会

・学習管理が簡単で計画的に学習できた

九州建設専門学院

 

ここで紹介されている各社の口コミについて、添削指導の分かりやすさや効率的に学習できることなどの良い口コミが全体的に多く見られました。今回は特に悪い内容は見られませんでしたが、良い口コミだけで判断するのではなく、時に見受けられるマイナスな口コミも参考にしましょう。

 

スポンサーリンク

建設機械施工技士は通信と独学どちらがおすすめ?

建設機械施工技士の資格を取得するには、通信教育の利用をおすすめします。一般的に、建設機械施工技士の試験の難易度はさほど高くないとは言われていますが、勉強慣れしていない人にとっては大変でしょうし、試験対策を完全に独学で行うのは不安ではないでしょうか。

通信講座では、要点をおさえた分かりやすいテキストや問題集を使って効率よく学習できるカリキュラムが組まれていますし、映像授業や添削指導が手厚い講座もあります。また、Eラーニング等のWebサービスがある講座を利用すれば、移動時間やスキマ時間も勉強タイムにすることができるので、忙しい方でも効率よく学習することができます。ぜひ、自分に合った通信講座を選択して資格取得を目指しましょう。

関連記事建設機械施工技士を目指す方におすすめ参考書・問題集ランキング10選

 

スポンサーリンク

建設機械施工技士試験の試験日・試験内容と合格率

建設機械施工技士試験について、令和5年度の試験日と申込期間を表にまとめました。

  第一次検定(筆記) 第二次検定(実技)
試験実施日 2023年6月18日(日) 8月下旬~9月中旬
申し込み受付期間 2月15日(水)~3月31日(金) 2月15日(水)~3月31日(金)

※試験地(筆記):北海道、岩手、東京、新潟、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄の10地域。

※試験地(実技):北海道、宮城、栃木、埼玉、石川、静岡、愛知、兵庫(2ヵ所)、広島、香川、福岡、沖縄の13地域から、自分が受検する種別の試験を行っている会場を選択

試験概要や合格率など、詳細は下記にまとめていますので、ご確認下さい。

関連記事建設機械施工技士の試験日程や合格率・合格点

 

スポンサーリンク

建設機械施工技士の通信講座に関するQ&A

建設機械施工技士通信講座に関するQ&Aをまとめました。

Q. 建設機械施工技士の仕事は?

A. クレーン車やブルドーザーなど建設機械を使用する工事現場の施工管理を行います。

Q. 建設機械施工技士と土木施工管理技士の違いは何ですか?

A. 建設機械施工技士は、建設機械を用いた現場の施工管理を行います。一方、土木施工管理技士は土木工事全般における施工管理を行います。

Q. 級建設機械施工技士ができることは何ですか?

A. 対象の機械の運転技術や、一般建設業の現場の主任技術者として施工管理を行います。

Q. 工事施工の経験があまりありません。

A. あまり気にすることはありません。むしろ実務と試験内容とは別のものと考えて、必要な受験対策をしっかり行いましょう。

Q. 経験記述は難しいですか?

A. 文章の上手さや工事のレベルは問われませんが、適正な技術者として報告文章が正確に書かれているかどうかが重要になるので、充分な調査と検討をおこなった上で答案作成することを心がけましょう。

 

建設機械施工技士の参考書!

職工所スタッフが厳選した最新のおすすめ参考書・問題集を集めてみました。建設機械施工技士は、建設現場において各種建築機械を用いて工事を行う際に施工管理に携わる資格。建築・土木・インテリア業界で活躍できる資格42選も参考に‼

↓タップしてAmazonで確認する↓

 
 
 
 

その他の建築関係の検定・資格

電気系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

土木系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

インテリア系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築模型系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

現場技術系の講習・教育の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築関連の資格学校


 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\建築資格を学ぶ・極める/

建築資格TOPはコチラ