間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

給水装置工事主任技術者のおすすめ通信講座9つを徹底比較!

給水装置工事主任技術者 通信講座 現場技術系の講座・教育

給水装置とは、水道事業者の施設である排水管から分岐して設けられた給水管や給水管に直結する給水用具のことです。給水装置工事は、給水装置の設置または変更の工事をいい、給水装置の新設・改造・修繕及び撤去の工事の全てが含まれています。給水装置工事主任技術者は、給水装置工事主任技術者試験(国家試験)に合格し、交付申請によって厚生労働大臣より給水装置工事主任技術者免状の交付を受けることで資格を取得できます。ここでは、給水装置工事主任技術者のおすすめ通信講座3選を徹底比較しています。

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

このページの目次
スポンサーリンク
  1. 給水装置工事主任技術者の通信講座おすすめランキング
    1. 【第1位】SATの給水装置工事主任技術者通信講座
    2. 【第2位】CIC日本建設情報センターの給水装置工事主任技術者通信講座
    3. 【第3位】日建学院の給水装置工事主任技術者通信講座
  2. 給水装置工事主任技術者通信講座の選び方のポイント
    1. 【選び方のポイント1】講座の費用や期間
    2. 【選び方のポイント2】教材や講義の内容
    3. 【選び方のポイント3】学習カリキュラム
    4. 【選び方のポイント4】サポート体制の充実
    5. 【選び方のポイント5】キャンペーンの充実
    6. 【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度
    7. 【選び方のポイント7】会社の信頼性
    8. 【選び方のポイント8】合格率
    9. 【選び方のポイント9】口コミ・評判
  3. 給水装置工事主任技術者の通信講座の比較
    1. 給水装置工事主任技術者通信講座を料金比較
    2. 給水装置工事主任技術者通信講座を期間比較
    3. 給水装置工事主任技術者通信講座を教材・講義内容比較
    4. 給水装置工事主任技術者通信講座をサポート面から比較
    5. 給水装置工事主任技術者通信講座のキャンペーン情報を比較
    6. 給水装置工事主任技術者通信講座の教育訓練給付金制度を比較
    7. 給水装置工事主任技術者通信講座を会社の信頼性で比較
    8. 給水装置工事主任技術者通信講座を合格率で比較
    9. 給水装置工事主任技術者通信講座の口コミ・評判で比較
  4. 給水装置工事主任技術者は通信と独学どちらがおすすめ?
  5. 給水装置工事主任技術者の試験日・試験内容と合格率
  6. 給水装置工事主任技術者の通信講座に関するQ&A

給水装置工事主任技術者の通信講座おすすめランキング

給水装置工事主任技術者資格の通信講座をランキング形式で以下の表にまとめました。
 
順位 会社・講座名 特徴 価格
第1位

SAT
の給水装置工事主任技術者通信講座

・スマホで撮影して質問が可能
・30日間の返金保証がある
・不合格者へのサポート期間延長フォロー付き
e-ラーニング講座/34,800円
DVD講座/49,800円
e-ラーニング+DVD講座/54,800円
第2位

CIC日本建設情報センター
の給水装置工事主任受験対策講座

・個人での申し込みも可能
・開講期間は教材発送日の翌日から60日間
Web講座/33,500円
DVD講座/34,500円
通学講座/36,500円
第3位

日建学院
の給水装置工事主任技術者通信講座

・試験のポイントが理解しやすい映像講座
・出題傾向を徹底分析、わかりやすいオリジナル教材
・相乗効果を最大限に引き出す学習サイクル
通学講座:給水設置工事主任技術者コース/220,000円
Web講座:給水設置工事主任技術者Webコース/220,000円
通学講座・Web講座:直前コース/100,000円

 

【第1位】SATの給水装置工事主任技術者通信講座

SAT

SATは、現場や技術系の資格取得を専門とした通信教育講座の会社です。給水装置工事主任技術者だけでなく、電気三種や建築士など数多くの講座を開講しています。最短合格したい人や、暗記学習を手軽にしたい人、図表やイラストで資格的に学習したい人におすすめの通信講座です。

項目 給水装置工事主任技術者講座
価格 e-ラーニング講座/34,800円
DVD講座/49,800円
e-ラーニング+DVD講座/54,800円
期間

視聴期限:2025年10月31日まで

目指せる資格

給水装置工事主任技術者

教材の特徴 ・図解も充実した業界初のフルカラーテキスト
・ハイビジョン講義
・Eラーニングの動画講義
・隙間時間を有効活用できる暗記カード
学習カリキュラム ・講座ガイダンス
・テキスト冊子① 120ページ
・テキスト冊子② 130ページ
・過去問題集 5年間分
・動画視聴
 基礎講座DVD6枚(約13時間)
 過去問題DVD5枚(約9.5時間)
・動画視聴
 eラーニング(DVDと同じ時間数)
・スマートEシステム
 講義音声ダウンロード
 講師への質問
 確認問題 など
サポート体制 ・30日間返金保証
・破損・不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時、サポート期間延長サービス
キャンペーン

×

教育訓練給付金制度 ⚪︎
(Eラーニング+web講座のみ・人材開発支援助成金も利用可能)

SATの給水装置工事主任技術者通信講座の4つの特徴

SATは知識ゼロから最短3日間で合格ラインに到達できるように、過去の出題傾向を徹底分析しています。合格に必要な情報だけをぎゅっと濃縮しており、わかりやすく解説されているので効率よく勉強を進めることが可能です。

【特徴1】価格について
  • e-ラーニング講座/34,800円
  • DVD講座/49,800円
  • e-ラーニング+DVD講座/54,800円
【特徴2】期間について

eラーニング講座は、申し込みから2025年10月31日まで視聴が可能です。質問サポート期限も2025年10月31日までできます。ただ、教育訓練給付制度申請のための期間は、講座申し込みから1年間のため、この期間がすぎないように注意しましょう。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、給水装置工事主任技術者です。

【特徴4】教材の特徴について
  • 講座ガイダンス
  • テキスト冊子① 120ページ
  • テキスト冊子② 130ページ
  • 過去問題集 5年間分
  • 動画視聴
    基礎講座DVD6枚(約13時間)
    過去問題DVD5枚(約9.5時間)
  • 動画視聴
    eラーニング(DVDと同じ時間数)
  • スマートEシステム
    講義音声ダウンロード
    講師への質問
    確認問題 など

e-ラーニングのみ、DVDのみ、e-ラーニング+DVDの組み合わせによってテキストも変わってくるため、注文前に内容を確認するようにしましょう。

 

 

最短距離で合格へSATの給水装置工事主任技術者通信講座

 

 

【第2位】CIC日本建設情報センターの給水装置工事主任技術者通信講座

CIC日本建設情報センター

CIC日本建設情報センターは1998年10月に設立された会社で、建設業に特化した教育や研修のソリューションが事業内容です。他にも以下のような事業に取り組んでいます。

  • 国家試験である1・2級施工管理技士(国土交通省が建設業法に基づき実施)及び建設・設備関連資格、不動産等の受験予定者を対象とした講習会(一般オープン講座、オーダーメイド企業内研修)等の技術教育
  • 建設業に特化した「経営」「技術」など、実践ノウハウの習得を目的としたセミナーの実施
  • 建設系企業を対象としたスキルアップ教育研修事業およびコンサルティング事業
  • インターネットによる施工管理技士国家試験の情報発信と受験対策講座及び受験準備用図書の販売などウェブ上でのサービス提供
  • eラーニング教材の制作・配信・運営等建設業(技術および資格対策)に係る教育ツールの開発促進

全ての受講生が合格するために、短期集中型講座を開講するなどの取り組みで、受講者の学びやすさを提供しています。

項目 給水装置工事主任技術者講座
価格 Web講座/33,500円
DVD講座/34,500円
通学講座/36,500円
期間

試験当日まで視聴可能

目指せる資格

給水装置工事主任技術者

教材の特徴 ・個人での申し込みも可能
・開講期間は教材発送日の翌日から60日間
学習カリキュラム

第1編 第1章 公衆衛生概論
    第2章 水道行政
    第3章 給水装置工事法
    第4章 給水装置の構造及び性能
    第5章 給水装置計画論
    第6章 給水装置工事事務論

第2編 第1章 給水装置の概要
    第2章 給水装置施工管理法

サポート体制

・メールサポート(10回まで)

キャンペーン

オリジナル模擬試験

教育訓練給付金制度

×

CIC日本建設情報センターの給水装置工事主任技術者通信講座の4つの特徴

CIC日本建設情報センターは、Web講座・DVD講座・通学講座の3コースを用意しており、自分に合う学習スタイルを選ぶことができます。団体での申込の場合は、値引き対応もしているので、会社で複数人で受ける場合は団体申し込みもおすすめです。

【特徴1】価格について

価格については以下の通りです。

  • Web講座/33,500円
  • DVD講座/34,500円
  • 通学講座/36,500円
【特徴2】期間について

Webの配信期限は、申し込みから試験当日までです。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、給水装置工事主任技術者です。

【特徴4】教材の特徴について

教材は以下の通りです。

  • スタートアップガイド
  • 給水装置工事主任技術者 講義要点テキスト(2024年度版)
  • 給水装置工事主任技術者試験 年度別過去問題集(2024ねんどばん)
  • 受験対策資料(受験ガイダンス&精選問題集)
  • 模擬試験(問題・解答解説/自己採点式)
  • 映像教材(Web/DVD)
    Webコース:配信ページ
    DVDコース:DVD4枚組

教材の発送予定は2024年6月上旬です。

 

【第3位】日建学院の給水装置工事主任技術者通信講座

日建学院

日建学院とは、通学も可能な資格学校です。合格にこだわり続けて50年以上あり、クオリティと学習効果の高い「映像講義」や合格に直結する「オリジナル教材」、万全のサポート体制が特徴です。受講スタイルも、通学か自宅かで選べるので、自分に合った勉強方法で合格に近づけます。

項目

通学講座 給水設置工事主任技術者コース

Web講座 給水設置工事主任技術者Webコース 通学講座・Web講座 直前コース
価格 220,000円 220,000円 100,000円
期間 4月ごろから自宅学習開始(最短学習期間は2ヶ月)
目指せる資格 給水装置工事主任技術者
教材の特徴 ・試験のポイントが理解しやすい映像講座
・出題傾向を徹底分析、わかりやすいオリジナル教材
・相乗効果を最大限に引き出す学習サイクル
学習カリキュラム

■4月中旬〜8月下旬 基本自宅学習 全5回
・自宅学習で基本知識を身につける
 公衆衛生概論・水道行政・給水装置の概要
 給水装置工事法
 給水装置の構造および性能
 給水装置計画論
 給水装置工事事務論・給水装置施工管理法

■8月下旬 合格講座 全8回
・映像学習&テストで合格力を養成する
 公衆衛生概論
 水道行政
 給水装置の概要
 給水装置工事法
 給水装置の構造および性能
 給水装置計画論
 給水装置工事事務論
 給水装置施工管理法

■9月下旬 直前講座 全7回
・問題解説講義+模擬試験+直前講義で万全の態勢づくり
 問題解説講義(4回)
 模擬試験(学科1・2/各1回)
 直前講義(1回)

 

■9月下旬 直前講座 全7回
・問題解説講義+模擬試験+直前講義で万全の態勢づくり
 問題解説講義(4回)
 模擬試験(学科1・2/各1回)
 直前講義(1回)

サポート体制
キャンペーン 早期特典付き(給水装置コース・給水装置Webコースのみ)2023年度問題・解答解説集の無料進呈
教育訓練給付金制度

日建学院の給水装置工事主任技術者通信講座の4つの特徴

日建学院では、通学・Web講座のどちらかが選べます。短期学習したい方には、直前コースというものもあるので、じっくり勉強したいのか、短期集中で勉強したいのかなど、自分のペースに合わせて学習が可能です。通学講座とWeb講座は、早く申し込みをすれば早期特典も付いています。

【特徴1】価格について

価格はそれぞれ以下のようになります。

  • 通学講座 給水設置工事主任技術者コース/220,000円
  • Web講座 給水設置工事主任技術者Webコース/220,000円
  • 通学講座・Web講座 直前コース/100,000円
【特徴2】期間について

4月ごろから自宅学習を開始できますが、最短学習期間2ヶ月で合格ラインを目指せます。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、給水装置工事主任技術者です。

【特徴4】教材の特徴について

教材の内容とカリキュラムは以下のようになります。

<教材>

  • 受験対策テキスト
  • 受験対策問題集
  • 自宅学習用教材セット
  • 宿題
  • テスト

 

<カリキュラム 通学・Web講座の場合>

  • 4月中旬〜8月下旬 基本自宅学習 全5回
    ・自宅学習で基本知識を身につける
     公衆衛生概論・水道行政・給水装置の概要
     給水装置工事法
     給水装置の構造および性能
     給水装置計画論
     給水装置工事事務論・給水装置施工管理法
  • 8月下旬 合格講座 全8回
    ・映像学習&テストで合格力を養成する
     公衆衛生概論
     水道行政
     給水装置の概要
     給水装置工事法
     給水装置の構造および性能
     給水装置計画論
     給水装置工事事務論
     給水装置施工管理法
  • 9月下旬 直前講座 全7回
    ・問題解説講義+模擬試験+直前講義で万全の態勢づくり
     問題解説講義(4回)
     模擬試験(学科1・2/各1回)
     直前講義(1回)

 

<カリキュラム 直前講座の場合>

  • 9月下旬 直前講座 全7回
    ・問題解説講義+模擬試験+直前講義で万全の態勢づくり
     問題解説講義(4回)
     模擬試験(学科1・2/各1回)
     直前講義(1回)

 

スポンサーリンク

給水装置工事主任技術者通信講座の選び方のポイント

ここでは、給水装置工事主任技術者通信講座の選び方を以下の9つのポイントに分けて紹介しています。

  1. 講座の費用や期間
  2. 教材や講義の内容
  3. 学習カリキュラム
  4. サポート体制の充実
  5. キャンペーンの充実
  6. 教育訓練給付金制度
  7. 会社の信頼性
  8. 合格率
  9. 口コミ・評判

では、さっそく見ていきましょう。

 

【選び方のポイント1】講座の費用や期間

ランキング各社の給水装置工事主任技術者の受講費用と期間を表にまとめてみました。※費用はすべて税込

会社名 費用 期間
SAT e-ラーニング講座/34,800円
DVD講座/49,800円
e-ラーニング+DVD講座/54,800円

視聴期限:2025年10月31日まで

CIC日本建設情報センター Web講座/33,500円
DVD講座/34,500円
通学講座/36,500円

試験当日まで視聴可能

日建学院 通学講座 給水設置工事主任技術者コース/220,000円
Web講座 給水設置工事主任技術者Webコース/220,000円
通学講座・Web講座 直前コース/100,000円
4月ごろから自宅学習開始
(最短学習期間は2ヶ月)

 

最も高い講座は、日建学院の通学講座・Web講座の220,000円です。最も安い講座は、CIC日本建設情報センターのWeb講座33,500円です。サポートの内容や受講期間の長さで金額も変わってくるようなので、どのくらいの勉強時間を使って受験勉強をしたいかによって選ぶようにしましょう。

 

【選び方のポイント2】教材や講義の内容

給水装置工事主任技術者は合格率が30〜45%程度で、独学でも合格できない資格ではありません。ただ、独学の場合、わからないところがあると誰にも聞けないというデメリットがあるため、通信講座で効率よく勉強していくことをおすすめします。SATやCIC日本建設情報センターでは、申し込みしたその日から学習できるので、じっくりと勉強したい方には良いでしょう。

 

【選び方のポイント3】学習カリキュラム

通信講座は、自分でスケジュールを立てて学習を進めていく必要があります。そのため、自分が一番学習を続けられる学習スケジュールかどうかが重要です。SATでは通勤時間の合間にも勉強できるようなカリキュラムとなっています。また、CIC日本建設情報センターでもじっくり時間をかけたい人と最短で合格力を身につけたい人で受験の目安を参考に掲載しています。日建学院は、通学で学習もできるため、わからないところをその場で講師に質問もできます。スケジュールを参考にして、自分に合った勉強法を探してみましょう。

 

【選び方のポイント4】サポート体制の充実

各社の給水装置工事主任技術者通信講座のサポート体制はどうなっているのでしょうか。サポートの中でも、質問サービスと添削回数について表にまとめました。
 
会社名 質問サービス 添削回数
SAT

・スマホで撮影して質問可能

CIC日本建設情報センター

・メールサポート(10回まで)

日建学院

・無料質問3回まで可能

 

それぞれ独自のサポート内容が整えられています。

 

【選び方のポイント5】キャンペーンの充実

現在キャンペーンを実施している会社をまとめています。

会社名 キャンペーン内容
SAT

CIC日本建設情報センター

オリジナル模擬試験

日建学院 早期特典付き(給水装置コース・給水装置Webコースのみ)2023年度問題・解答解説集の無料進呈

 

キャンペーン内容を比較して、受講したい講座を選ぶのも良いでしょう。

 

【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度

教育訓練給付金制度を受けられるかどうかを表にまとめました。

会社名 教育給付金制度
SAT ⚪︎
(Eラーニング+web講座のみ・人材開発支援助成金も利用可能)
CIC日本建設情報センター

日建学院

 

SATでは、eラーニング+web講座のみ教育訓練給付金制度の対象です。また、人材開発支援助成金も利用できるので、受講料が35〜70%ほどやすくなる可能性もあります。CIC日本建設情報センターと日建学院は、教育訓練給付金制度を受けられるかどうか不明のため事前に問い合わせをしてから講座を決めることをおすすめします。

 

【選び方のポイント7】会社の信頼性

通信講座を利用する際は、対面でのやりとりがほとんどありません。そのため、気になる点がある場合に会社が信頼できるかどうかが重要なポイントとなるでしょう。会社の信頼性を判断するポイントとしては通信講座の開講数や給水装置工事主任技術者関連の資格に強いかなどが重要になります。どの通信講座も多くの合格者を出している大手の会社です。合格率やどの分野が得意かなど、それぞれの会社の特性があるのでその特性を理解した上で受講する講座を選ぶようにしましょう。

 

【選び方のポイント8】合格率

給水装置工事主任技術者資格の合格率は、30〜45%程度です。合格するためには、出題される60問中40問に正答することが必須となります。CICでは、最短ルートで合格できる対策講座を提供しているので、短期講座で合格を目指したい方にはおすすめします。

 

【選び方のポイント9】口コミ・評判

各社の給水装置工事主任技術者通信講座の口コミをまとめてみました。良い口コミ、悪い口コミそれぞれ紹介していますので参考にして下さい。(口コミは一部抜粋しています)

SATの給水装置工事主任技術者通信講座の口コミ

良い口コミ

・SAT様を、はじめて利用させていただきました、コロナ禍もあり、通信講座で探していたところ、SAT様のeラーニングは、大変わかりやすかったです。 先生の時折り、挟む笑いも最高で楽しく講座を受けることができました。 単位別にわかれており毎朝1時間じっくり 1ヶ月かけて勉強しました。 1.5倍速機能もあり時短で2回みました。  1年目は1発で受かりませんでしたが、リベンジ用で長くeラーニングの利用時間もあるので、大変助かりました。最終は、過去問をやりまくりました。 液化石油ガスの筆記試験対策もあるとよいと感じました。
(公式サイトより)

・最初は、本などで勉強していましたが、自分だけで勉強するには難しく、どうしようか迷っていたときにSATのサイトを見つけました。動画解説がついていて文字を読まなくても、声で解説が聴けたので、頭に入りやすく何度でも繰り返し勉強できました。動画でわかりやすく自分の空き時間に見ることができて、効率よく勉強ができたところがよかったです。試験の直前でも、不安ところはスマホで見ることができ、重い本を持ち歩かなくても見直しができるところもよかったです。本を読むことが苦手なわたしにはSATは自分に合った勉強方だと思います。
(公式サイトより)

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

CIC日本建設情報センターの給水装置工事主任技術者通信講座の口コミ

良い口コミ

・DVDの講義でも繰り返し見れたのでよかったです。
(公式サイトより)

・過去問には十分対策が取れましたが新しい問題に苦戦しました。
(公式サイトより)

悪い口コミ

・テキストがあれば個人で勉強しても同じだと思った。
(公式サイトより)

日建学院の給水装置工事主任技術者通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

 

スポンサーリンク

給水装置工事主任技術者の通信講座の比較

ここで紹介している給水装置工事主任技術者の通信講座を開講している3社について、9つのポイントをまとめたので比較していきましょう。

会社 料金(税込) 期間 教材・講義内容 サポート キャンペーン 教育訓練給付金制度 会社の信頼性 合格率 口コミ・評判
SAT e-ラーニング講座/34,800円
DVD講座/49,800円
e-ラーニング+DVD講座/54,800円

視聴期限:2025年10月31日まで

・図解も充実した業界初のフルカラーテキスト
・ハイビジョン講義
・Eラーニングの動画講義
・隙間時間を有効活用できる暗記カード
・30日間返金保証
・破損・不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時、サポート期間延長サービス

×

⚪︎
(Eラーニング+web講座のみ・人材開発支援助成金も利用可能)

現場・技術系資格専門

・SATのeラーニングはわかりやすく先生も楽しい。1年かけてリベンジできた
・SATの動画解説はわかりやすく、自分のペースで繰り返し学べて効率的
CIC日本建設情報センター Web講座/33,500円
DVD講座/34,500円
通学講座/36,500円

試験当日まで視聴可能

・個人での申し込みも可能
・開講期間は教材発送日の翌日から60日間
・メールサポート(10回まで)

オリジナル模擬試験

×

建設業に特化した人材育成

・DVDの講義でも繰り返し見れたのでよかった
・新しい問題に苦戦したが、過去問で十分対策が取れた
・テキストがあれば個人で勉強しても同じだと思った
日建学院 通学講座 給水設置工事主任技術者コース/220,000円
Web講座 給水設置工事主任技術者Webコース/220,000円
通学講座・Web講座 直前コース/100,000円
4月ごろから自宅学習開始
(最短学習期間は2ヶ月)
・試験のポイントが理解しやすい映像講座
・出題傾向を徹底分析、わかりやすいオリジナル教材
・相乗効果を最大限に引き出す学習サイクル

早期特典付き
(給水装置コース・給水装置Webコースのみ)
2023年度問題・解答解説集の無料進呈

×

大手資格予備校

 

給水装置工事主任技術者通信講座を料金比較

会社名 料金(税込)
SAT e-ラーニング講座/34,800円
DVD講座/49,800円
e-ラーニング+DVD講座/54,800円
CIC日本建設情報センター Web講座/33,500円
DVD講座/34,500円
通学講座/36,500円
日建学院 通学講座 給水設置工事主任技術者コース/220,000円
Web講座 給水設置工事主任技術者Webコース/220,000円
通学講座・Web講座 直前コース/100,000円
 

上記の表より、刈払機取扱作業者安全衛生教育のそれぞれの講座を受講料の高い順に並べてみました。

  1. 日建学院
  2. SAT
  3. CIC日本建設情報センター

日建学院は教材の多さやサポート体制の面から他よりも高い受講料となっています。

 

給水装置工事主任技術者通信講座を期間比較

会社名 期間
SAT

視聴期限:2025年10月31日まで

CIC日本建設情報センター

試験当日まで視聴可能

日建学院 4月ごろから自宅学習開始
(最短学習期間は2ヶ月)

 

日建学院は不明ですが、どの講座もじっくりと長期間かけて受講することが可能です。

 

給水装置工事主任技術者通信講座を教材・講義内容比較

会社名 教材・講義内容
SAT ・30日間返金保証
・破損・不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時、サポート期間延長サービス
CIC日本建設情報センター ・メールサポート(10回まで)
日建学院

 

どの講座のテキストも、図や写真を豊富に使ってわかりやすい内容となってるものが多いです。特に、SATの教材はフルカラーテキストを使って学習の効果を高めています。また、模擬試験対策や質問対応サービスがあるかどうか、添削指導も受けられるか、副教材が充実しているかどうかも講座を選ぶポイントです。

 

給水装置工事主任技術者通信講座をサポート面から比較

会社名 サポート
SAT ・30日間返金保証
・破損・不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時、サポート期間延長サービス
CIC日本建設情報センター ・メールサポート(10回まで)
日建学院

 

質問サービスや添削の他にも、不合格の際の延長添削サポートなど、サポート体制が充実しているものが多くみられます。

 

給水装置工事主任技術者通信講座のキャンペーン情報を比較

会社名 キャンペーン
SAT

×

CIC日本建設情報センター

オリジナル模擬試験

日建学院

早期特典付き
(給水装置コース・給水装置Webコースのみ)
2023年度問題・解答解説集の無料進呈

 

CIC日本建設情報センター・日建学院ではキャンペーンが行われています。

 

給水装置工事主任技術者通信講座の教育訓練給付金制度を比較

会社名 教育訓練給付金制度
SAT ⚪︎
(Eラーニング+web講座のみ・人材開発支援助成金も利用可能)
CIC日本建設情報センター

×

日建学院

×

 

SATは教育訓練給付制度の対象となっています。他2社は情報が見つからなかったため、制度を利用できるかは不明です。事前に問い合わせをして制度を利用できるか確認してから、講座の申し込みをするようにしましょう。

 

給水装置工事主任技術者通信講座を会社の信頼性で比較

会社名 会社の信頼性
SAT

現場・技術系資格専門

CIC日本建設情報センター

建設業に特化した人材育成

日建学院

大手資格予備校

 

どの会社も知名度の高い会社です。特にSATは現場・技術系資格専門として多くの通信講座を開講しています。

 

給水装置工事主任技術者通信講座を合格率で比較

会社名 合格率
SAT
CIC日本建設情報センター
日建学院

 

どの講座も合格率は不明です。

 

給水装置工事主任技術者通信講座の口コミ・評判で比較

会社名 口コミ・評判
SAT ・SATのeラーニングはわかりやすく先生も楽しい。1年かけてリベンジできた
・SATの動画解説はわかりやすく、自分のペースで繰り返し学べて効率的
CIC日本建設情報センター ・DVDの講義でも繰り返し見れたのでよかった
・新しい問題に苦戦したが、過去問で十分対策が取れた
・テキストがあれば個人で勉強しても同じだと思った
日建学院

 

ここで紹介されている各社の口コミについて、テキストのわかりやすさや通勤時などの隙間時間にできるスマホでの練習問題のおかげで合格できたという口コミが多くみられました。良い口コミだけで判断せずにマイナスな口コミも参考にするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

給水装置工事主任技術者は通信と独学どちらがおすすめ?

給水装置工事主任技術者の勉強方法は、独学・専門学校・通信講座の3パターンあります。独学でも勉強することは可能ですが、専門学校や通信講座で効率よく学習することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

給水装置工事主任技術者の試験日・試験内容と合格率

令和6年度の試験日は、10月27日です。試験科目は、以下の通りで、問題数は全部で60問です。

  1.  公衆衛生概論
  2. ② 水道行政
  3. ③ 給水装置の概要
  4. ④ 給水装置の構造及び性能
  5. ⑤ 給水装置工事法
  6. ⑥ 給水装置施工管理法
  7. ⑦ 給水装置計画論
  8. ⑧ 給水装置工事事務論

管工事施工管理の種目に係る1級又は2級の技術検定に合格している場合(管工事施工管理技士1級又は2級の第二次検定に限る。)、上記試験科目のうち「③ 給水装置の概要」及び「⑥ 給水装置施工管理法」の免除を受けることができます。

 

スポンサーリンク

給水装置工事主任技術者の通信講座に関するQ&A

給水装置工事主任技術者通信講座に関するQ&Aをまとめました。

Q. どのくらいの期間の勉強が必要?

A. 給水装置工事主任技術者は平日に1〜2時間ほど、休日は3〜4時間ほどの勉強時間が確保できれば、約1ヶ月で合格に必要な学力に達することができます。通信講座で効率よく勉強していくことをおすすめします。

Q. 給水装置工事主任技術者の受験資格は?

A. 給水装置工事主任技術者を受験するためには、「給水装置工事に関して3年以上の実務経験」が必要です。実務経験には以下のような経験が含まれ、これらの技術習得するためにした見習い中の技術的な経験も含まれます。

 

 

最短距離で合格へSATの給水装置工事主任技術者通信講座

 

 

その他の建築関係の検定・資格

電気系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

土木系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

インテリア系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築模型系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築関連の資格学校


 
 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\建築資格を学ぶ・極める/

建築資格TOPはコチラ