間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

建築模型の資格学習ができる「諒設計アーキテクトラーニング」の資料請求をしてみた!

この記事では、実際に諒設計アーキテクトラーニングの建築模型講座の資料請求をしてまとめてみました。

今の時代は何でもネットで情報を手に入れる事ができますが、サラッとしか情報が載ってないサイトもありますよね。もっと詳細を知りたいと思うことも多々あると思います。通信講座の資料請求って、どのくらいの情報が載っているのだろう?怪しくないのかな?そこで、思い切って資料請求してみました!資料請求は基本、住所・氏名・電話は必須なので、信頼できる会社に請求したいですよね。信頼のおける会社に絞り、資料請求してみました。

今回は、諒設計アーキテクトラーニングの建築模型講座の資料請求の様子をお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

資料請求の申し込み方法

まずは、資料請求の申し込み方法から紹介します。

Step1.
諒設計アーキテクトラーニングの公式ページから「資料請求ボタン」をクリックします。

Step2.
個人情報の入力画面で詳細を入力します。

必要なのは
・名前
・住所
・電話番号
・メールアドレス

資料請求は2講座選べるので、他に気になる講座があったら一緒に申し込んでもいいかもしれません。

完了すると下記画像の表示になります。

申し込み後は、メールで申し込み内容の確認が来ます。

資料の到着は、お住いの地域にもよりますが、約3~7日前後です。私の場合は、申し込みした4日後に資料が到着しました。申し込み1週間後に、きちんと届いているかの確認メールもきましたよ。

スポンサーリンク

資料到着!早速開けてみましょう!

無事に、メール便で到着しました。
中身はこんな感じです。

同封されていた資料は下記6点
・挨拶文1枚
・模型通信講座の案内
・もう一点頼んだ講座の案内
・ご担当者の名刺
・通信講座徹底ガイド本
・お得な特典のお知らせ

建築模型の通信講座の案内は、ホームページに案内されている内容よりも、かなり詳しく記載されていました。詳細なカリキュラム・セット内容・テキスト・道具一式の写真・分割払いの案内など、より深く講座内容を知る事ができました。おまけの通信講座徹底ガイド本は、通信講座の疑問や発注側企業や卒業生などの声の記事など、読み応えのあるガイド本でした。

申し込みに際しては、ハガキ・電話・Emailなどから申し込めるようです。

スポンサーリンク

資料請求をしてみた感想

実際に資料請求をしてみると、やはり公式サイトよりも詳しい情報が知ることができました!

どんな模型を作るのか?テキストの内容は?道具一式って?公式サイトでは写真が小さくて見辛い部分が、パンフレットだと見易いので、より詳しく知る事ができました。お得な特典チラシも同封されているので、少しでも気になるようでしたら、資料請求してみるのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました