間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

図面制作スタッフ

スタッフA 図面制作スタッフ
ニックネーム:one archi
現在の主な作業:一級建築士試験に一発合格し、組織設計事務所にて主に学校、公民館、道の駅、発電所等の幅広い用途の公共建築物の設計を行なっている。

【自己紹介】

芸術学部建築学科を卒業後、ハウスメーカーメーカーにて住宅の設計販売に携わる。
一級建築士事務所開設を夢に、ハウスメーカーを退職し資格学校へ通うが、そこで現職場の先輩にスカウトされ組織設計事務所に所属する事になる。
一級建築士の他に、インテリアプランナー、建築積算士、casbee評価員の有資格者である。
2020年、実務経験と建築知識を活かして建築系のWEBライターとして始動。

 

間取図・図面の記事カテゴリ一覧

※タップ(クリック)で各カテゴリページを開きます

 

制作現場の声

【建築士つぶやく】隈研吾の建築

日本を代表する建築家『隈研吾』ですが、一般的にはまだまだその存在は知られていないのではないでしょうか。2020年東京オリンピック、国立競技場の設計で建築家隈研吾の存在はある程度メディアを通じて発信されていますが、それでも元々の計画であっ...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】サイディング外壁材

住宅の外壁に最も多く採用されているサイディング。ハウスメーカーでは大手から中堅に限らず、ほとんどのメーカーがサイディング外壁を採用し標準仕様となっています。サイディングを製造するサイディングメーカーからのOEMであったり、ハウスメーカー独自...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】安藤忠雄のコンクリート打放し

コンクリート打放しの建物が世に徐々に浸透し、コンクリート打放しに対するイメージは変わりつつあるのではないでしょうか。一昔前であれば、コンクリート打放しと聞くと現場途中のコンクリートや、土木擁壁などの冷たい・荒々しいなどのマイナスのイメージが...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】マンションリノベーション

マンションリノベーションは、新築では出せない味わい深い雰囲気をつくる場合があります。とくに、古いものと新しいものが美しく対比しているインテリアには何か不思議な魅力を感じます。既存躯体の荒々しい表情や、何十年と使われてきた建材の古びた感じが新...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】建物の色彩計画(アースカラー)

建物の外装や内装には、塗装やクロスなど様々な場面で色を検討することになります。地域によっては、景観上の配慮すべき部分に限って条例によって外装材の色の選択幅が決められているところもあります。建物の外装色は、街の景観形成において色彩は大きな影響...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】軒のない屋根デザイン

今までの日本の建築は、雨水が壁面に伝わらないように軒を深くしたデザインが主流でしたが昨今、軒のないデザインが増えつつあります。それは屋根材や外壁材の防水技術の進歩に加え、デザイン性の高い建物の要望が増えてきていることにあると考えられます。軒...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】斜面地の建築

日本では、山地の面積が全体の2/3を占め、起伏に富んだ地形が特徴です。建物を建てられているのは残り1/3の平地がほとんどではありますが、あえて起伏のある斜面地へ建築する場合があります。斜面地はその特殊条件から建物の形状に変化を与え、平地には...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】環境に配慮した建築

環境配慮やエコ、省エネ、SDGsなど最近特に耳にするようになってきました。建築に関する法律でも「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」が改定され、大規模なビルに適用されていた省エネ計算が、小さな規模の住宅にまで求められるようになってきまし...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】薪ストーブの魅力

炎の揺らぎに魅力が感じられる薪ストーブですが、暖房器具としての機能もあり最近注目されつつあるようです。インテリアとしても、黒鉄の素材感がアクセントになり非日常的な空間をつくり上げることができます。今回は薪ストーブを導入することのメリット・デ...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】鋼製扉の魅力

住宅の扉で使われる材料としては、木製若しくはアルミ製が一般的ではありますが、鉄やステンレス等の鋼製も稀に使われることがあります。一般的に使用される木製やアルミ製については、汎用性、流通性、経済性の観点から最も多く使われる理由になっています。...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】インテリアグリーン

インテリアグリーンでまず思い浮かべるのは観葉植物だと思います。昨今特に、巣ごもり需要の影響を受け、観葉植物の需要も一気に上がっていると言われています。インテリアを彩る植物『インテリアグリーン』は、観葉植物だけでなく、坪庭のグリーンや、借景を...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】タイルの種類とそれぞれの表情

耐久性や耐火性、耐水性に優れ使い勝手のよいタイルですが、タイルにも様々な種類、造られ方による表情の違いなどあり、土を焼いてつくり上げる陶器と同様に一期一会のような非常に表情深い魅力的な材です。今回はタイルの種類による、それぞれの特徴につ...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】水盤のある建築

美術館やハイクラスな住宅にある水盤。実はエンターテイメント性の高い、見た目だけのものではありません。意匠性に加え、リラックス効果や省エネ効果もある水盤。昔からの日本庭園の意匠性にも通じています。今回は、水盤のもたらす効果、水盤を実現する技術...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】スターバックスのデザイン

全国に展開するチェーン店でありながらも、同じデザインで統一されることはなく、それぞれの地域・環境に合わせてデザインされています。どの店舗のデザインについても、安定して美しい外観、インテリア空間を造っています。スターバックスには、店舗をデザイ...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】パンチング(孔あき加工)パネルのデザイン

建築材料として、階段やバルコニー手摺などの落下防止柵に使用されるパンチングパネルですが、昨今はパンチングの技術向上により様々なデザインに使われはじめています。街のビル群を見ていると、パンチングの機能性を上手く活用しながらデザインしているもの...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】中高層ビルのファサード

オフィスや商業施設などの中高層ビルのファサードは、その街の顔となり得るものです。建物用途、必要とされる機能、敷地や建物に適用される法規、地盤などによる技術的条件から導き出される建物ボリュームを、周辺環境の地にどのように馴染ませ、施設らしさを...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】美しい傾斜天井

屋根の形状をそのまま室内側でも感じられる傾斜天井は、吹抜けと同じ様に視線が上方に広がるため開放感があり、その空間をより広く感じさせる効果があります。また、天井面が傾斜することで四角い空間に大きな変化を与えてくれます。傾斜天井は空間の広が...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】日本の美しい温泉建築

日本には、沢山の美しい温泉建築があります。日本の温泉建築が圧倒的な美しさを放つ理由は、建築が美しいのではなく、建築の自然への寄り添い方が徹底しているところにあります。美しさや非現実的さが足りないと感じられる温泉建築もありますが、それは、...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】畳のデザイン

日本では馴染みある床材の畳ですが、地べたに座る和の生活様式がベッドやソファーでの生活様式と変わり、畳の必要性が少なくなっています。冠婚葬祭も自宅ですることも少なくなり、客間としての必要性もなくなりました。素材としては、室内でつかわれる床材の...
続きを読む
制作現場の声

【建築士つぶやく】外構照明(エクステリアライト)のデザイン

夕方、まだ薄くらくなる頃の外構を照らす照明は、建築物や植栽を一段と美しく演出してくれるアイテムです。雨の日であれば、更に床面への反射も加わりより演出度が高まります。また、昼間、それほど目立たなかった建物であっても外構照明の計画がうまく出来て...
続きを読む
スポンサーリンク
間取職工所をフォローする

く読まれている記事

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました