間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)講座のおすすめ通信講座4つを徹底比較!

建築物環境衛生管理技術者 ビル管理士 通信講座 現場技術系の講座・教育

建築物環境衛生管理技術者(通称:ビル管理士)は、建築物の維持管理に関する監督などを行う国家資格です。特定建築物の場合、ビル管理士の選任が義務付けられていることから、常に需要のある資格とも言えます。転職や昇進にも有効な資格でもあるため、業界で働く人には取得をおすすめします。ここでは、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)のおすすめ通信講座4選を徹底比較しています。

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

このページの目次
スポンサーリンク
  1. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の通信講座おすすめランキング
    1. 【第1位】SATの建築物環境衛生管理技術者通信講座
    2. 【第2位】CIC(日本建設情報センター)の建築物環境衛生管理技術者通信講座
    3. 【第3位】JTEXの建築物環境衛生管理技術者通信講座
    4. 【第4位】ヒューマンアカデミーの建築物環境衛生管理技術者通信講座
  2. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の選び方のポイント
    1. 【選び方のポイント1】講座の費用や期間
    2. 【選び方のポイント2】教材や講義の内容
    3. 【選び方のポイント3】学習カリキュラム
    4. 【選び方のポイント4】サポート体制の充実
    5. 【選び方のポイント5】キャンペーンの充実
    6. 【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度
    7. 【選び方のポイント7】会社の信頼性
    8. 【選び方のポイント8】合格率
    9. 【選び方のポイント9】口コミ・評判
  3. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の通信講座の比較
    1. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座を料金比較
    2. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座を期間比較
    3. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座を教材・講義内容比較
    4. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座をサポート面から比較
    5. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座のキャンペーン情報を比較
    6. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の教育訓練給付金制度を比較
    7. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座を会社の信頼性で比較
    8. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座を合格率で比較
    9. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の口コミ・評判で比較
  4. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)は通信と独学のどちらがおすすめ?
  5. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の試験日・試験内容と合格率
  6. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の通信講座に関するQ&A

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の通信講座おすすめランキング

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)資格の通信講座をランキング形式で以下の表にまとめました。
 
順位 会社・講座名 特徴 価格
第1位

SAT
の建築物環境衛生管理技術者通信講座

・スマホで撮影して質問が可能
・30日間の返金保証がある
・不合格者へのサポート期間延長フォロー付き
e-ラーニング講座/44,880円
DVD講座/54,800円
e-ラーニング+DVD講座/59,800円
第2位

CIC
の建築物環境衛生管理技術者通信講座

・忙しい社会人専用「短期集中型カリキュラム」
・講師力の高い授業
・講師質問・メール質問サポート有り
Web講座/38,500円
DVD講座/39,500円
第3位

JTEX
の建築物環境衛生管理技術者通信講座

・技術系の専門通信教育
・統計解析ソフト付きの講座もある
特別受講料/26,400円
一般受講料/28,600円
第4位

ヒューマンアカデミー
の建築物環境衛生管理技術者通信講座

・わかりやすく試験範囲を網羅したテキスト
・過去問題集の組み合わせでの学習
・提出レポートで実力診断有り

28,600円

 

【第1位】SATの建築物環境衛生管理技術者通信講座

SAT

SATは、現場や技術系の資格取得を専門とした通信教育講座の会社です。建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)試験対策だけでなく、電気三種や建築士など数多くの講座を開講しています。最短合格したい人や、暗記学習を手軽にしたい人、図表やイラストで資格的に学習したい人に向いています。

項目 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)講座
価格 ・e-ラーニング講座/44,880円
・DVD講座/54,800円
・e-ラーニング+DVD講座/59,800円
期間

視聴期限:1年間

目指せる資格

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)

教材の特徴 ・図解も充実した業界初のフルカラーテキスト
・ハイビジョン講義
・Eラーニングの動画講義
・隙間時間を有効活用できる暗記カード
学習カリキュラム ・講座ガイダンス
・テキスト冊子①196ページ
・テキスト冊子②180ページ
・テキスト冊子③206ページ
・テキスト冊子④164ページ
・精選問題集256ページ
・過去問題集(10年分)計558ページ
・動画視聴 基礎講座DVD14枚(約32時間)
・動画視聴 過去問題DVD23枚(約40時間)10年間分
・動画視聴 e-ラーニング
・スマートEシステム
  講義音声ダウンロード
  講師への質問
  確認問題
  過去10年間の確認問題 など
サポート体制 ・30日間返金保証
・破損・不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時、サポート期間延長サービス
キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

SATの建築物環境衛生管理技術者通信講座の4つの特徴

SATは知識ゼロから最短30日間で合格ラインに到達できるように、過去の出題傾向を徹底分析しています。合格に必要な情報だけをぎゅっと濃縮しているため、最短で30日で合格までのカリキュラムを終えられるのが特徴です。

【特徴1】価格について

価格は以下のようになります。

  • e-ラーニング講座/44,880円
  • DVD講座/54,800円
  • e-ラーニング+DVD講座/59,800円
【特徴2】期間について

標準学習期間は1年間ですが、先にも述べたように最短30日間で合格ラインに到達できるような内容になっています。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)です。

【特徴4】教材の特徴について

SATの教材は以下になります。

  • 講座ガイダンス
  • テキスト冊子①196ページ
  • テキスト冊子②180ページ
  • テキスト冊子③206ページ
  • テキスト冊子④164ページ
  • 精選問題集256ページ
  • 過去問題集(10年分)計558ページ
  • 動画視聴 基礎講座DVD14枚(約32時間)
  • 動画視聴 過去問題DVD23枚(約40時間)10年間分
  • 動画視聴 e-ラーニング
  • スマートEシステム
    講義音声ダウンロード
    講師への質問
    確認問題
    過去10年間の確認問題 など

e-ラーニングのみ、DVDのみ、e-ラーニング+DVDの組み合わせによってテキストも変わってくるため、注文前に内容を確認するようにしましょう。

 

 

最短距離で合格へSATの建築物環境衛生管理技術者の通信講座

 

 

【第2位】CIC(日本建設情報センター)の建築物環境衛生管理技術者通信講座

CIC(日本建設情報センター)

CIC(日本建設情報センター)は、建設業界に特化した講座と研修を行っており、資格取得と人材育成で業界に貢献しています。「多忙な社会人のために」「効率よく合格する」という新しいコンセプトで提供し、多くの合格者を生み出してきました。また、建設業界の多様な人材育成ニーズに応える企業研修も提供しています。

項目 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)講座
価格 Web講座/38,500円
DVD講座/39,500円
期間

試験日当日まで

目指せる資格

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)

教材の特徴 ・忙しい社会人専用「短期集中型カリキュラム」
・講師力の高い授業
・講師質問・メール質問サポート有り
学習カリキュラム

【Web講座】
収録時間:約16時間予定
第1編 建築物衛生行政概論
第2編 建築物の環境衛生
第3編 室内環境の調整
第4編 建築物の構造概論
第5編 給水及び排水の管理
第6編 清掃
第7編 ねずみ・昆虫等の防除

【DVD講座】
収録時間:約16時間予定(DVD7枚組予定)
第1編 建築物衛生行政概論
第2編 建築物の環境衛生
第3編 室内環境の調整
第4編 建築物の構造概論
第5編 給水及び排水の管理
第6編 清掃
第7編 ねずみ・昆虫等の防除

サポート体制 ・模擬試験、メールサポートなどの実践的な支援体制
・充実の講師陣
・新試験制度に合わせて全面改訂した分かりやすい教材
キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

CIC(日本建設情報センター)の建築物環境衛生管理技術者通信講座の4つの特徴

CICは、厳選されたカリキュラムで、合格ラインを超えることに集中したカリキュラム構成になっています。過去の出題傾向から重点事項を集中的に学習し、模擬試験などの実践的サポートを通じて実力を養うことで合格ラインにクリアする戦略をとっています。合格へ最短ルートで到達する講座を提供しています。

【特徴1】価格について

価格は以下の通りになります。

  • Web講座/38,500円
  • DVD講座/39,500円
【特徴2】期間について

CICは試験日当日まで講座の視聴が可能です。最短ルートで合格できるカリキュラムとなっています。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)です。

【特徴4】教材の特徴について

CICの教材は以下の通りです。

<Web講座>

  • スタートアップガイド
  • ビル管理士 受験要点テキストⅠ・Ⅱ(2024年度版)
  • ビル管理士 科目別問題集(2024年度版)
  • 受験対策資料(受験テクニック集・模擬試験)
  • 配信ページログイン情報

 

<DVD講座>

  • スタートアップガイド
  • ビル管理士 受験要点テキストⅠ・Ⅱ(2024年度版)
  • ビル管理士 科目別問題集(2024年度版)
  • 受験対策資料(受験テクニック集・模擬試験)
  • DVD7枚組

じっくり時間をかけて勉強したい人から最短で合格したい人まで様々な勉強スタイルに合わせられる教材とカリキュラムになっています。

 

【第3位】JTEXの建築物環境衛生管理技術者通信講座

JTEX

JTEXは、技術系資格取得に絞った技術系専門通信教育の大手です。40年の実績と取引企業40,000社以上、受講者数200万人以上の運営実績があります。技術士や電気工事士などの技術系に特化しており、プロフェッショナルが集まった学校です。

項目 ビル管理技術者受験講座
価格 特別受講料 26,400円
一般受講料 28,600円
期間

4ヶ月

目指せる資格

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)

教材の特徴 ・統計解析ソフト付き
・質問にも答えてくれる
学習カリキュラム

■建築物衛生法規等について学ぶ

第1章 建築物衛生行政概論
 建築衛生法(ビル管理法)
 建築物環境衛生管理基準
 ビル管理技術者
 ビル管理に関する法令
 衛生行政組織と行政上の管理事項

第2章 建築物の環境衛生
 空気と浮遊粒子(エアロゾル)
 温熱環境
 音
 振動
 光と照明
 電磁波および電離放射線
 人体と感染症
 人と水

■空調プロセス、空調設備機械等について学ぶ

第3章 空気環境の調整
 熱の基礎
 流体の基礎
 湿り空気
 室内温度、湿度の気流
 空気調和設備
 空気調和設備機器
 換気・排煙設備
 室内環境の測定

■建築物構造、給排水管理などについて学ぶ

第4章 建築物の構造概論
 建築基準法
 建築物の構造
 建築計画の概要
 建築設備・防災設備

第5章 給水及び排水の管理
 給水設備
 給湯設備
 排水・通気設備
 他

■廃棄物の処理・処分等について学ぶ

第6章 清掃
 廃棄物の処理・処分
 ごみの処理と管理
 し尿および雑排水の処理と管理
 ビルクリーニング

第7章 ねずみ・昆虫等の防除
 ねずみの種類と生態
 ねずみの駆除と殺そ剤
 衛生害虫の種類と生態
 衛生害虫の駆除と殺虫剤
 総合的有害生物管理(IPM)
 安全対策と伝染病

サポート体制

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

JTEXの建築物環境衛生管理技術者通信講座の4つの特徴

JTEXは、最近の国家試験に対応し、国家試験の「よく出る問題」が一目でわかる教材となっています。建築物環境衛生管理技術者試験を受験する方のために、短期間に能率良く実力を要請できるように、幅広い試験範囲について、問題を豊富に取り入れてまとめられています。

【特徴1】価格について

価格は、一般受講料が28,600円、特別受講料が26,400円です。

【特徴2】期間について

標準学習期間は4ヶ月です。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)です。

【特徴4】教材の特徴について

JTEXの教材は以下の通りです。

  • 主テキスト3冊+別冊2冊
  • 別冊:「ビル管理試験完全解答」「レポート課題集」
  • レポート回数:4回(Web提出可)

[特に重要][重要]マークで、メリハリのついた学習ができるようになっています。

 

 

最短距離で合格へJTEXの建築物環境衛生管理技術者の通信講座

 

 

【第4位】ヒューマンアカデミーの建築物環境衛生管理技術者通信講座

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、「なりたい自分にきっとなれる。」を応援する大手通信講座会社です。独自に導入された学習サポートプラットフォームで学習を支援したり、無制限の質問サービスを受けられます。

項目 ビル管理技術者受験講座
価格

28.600円

期間

4ヶ月

目指せる資格

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)

教材の特徴 ・わかりやすく試験範囲を網羅したテキスト
・過去問題集の組み合わせでの学習
・提出レポートで実力診断有り
学習カリキュラム

■1か月目学習 建築物衛生法規等について学ぶ

第1章  建築物衛生行政概論 建築衛生法(ビル管理法)
 建築物環境衛生管理基準  
 ビル管理技術者 ビル管理に関する法令  
 衛生行政組織と行政上の管理事項

第2章  建築物の環境衛生 人間の環境条件
 空気の清浄度
 騒音
 振動 照明
 電磁波および電離放射線
 環境と健康

■2か月目学習 空調プロセス、空調設備機械等について学ぶ

第3章 空気環境の調整 湿り空気と空気線図  
 空調負荷  
 空気調和設備機器
 空調方式 熱源方式
 換気・排煙設備
 室内環境の測定

■3か月目学習 建築物構造、給排水管理などについて学ぶ

第4章 建築物の構造概論 建築基準法
 建築物の構造 建築計画の概要
 建築設備・防災設備

第5章 給水及び排水の管理 給水設備
 給湯設備
 排水・通気設備 他

■4か月目学習 廃棄物の処理・処分等について学ぶ

第6章 清掃 廃棄物の処理・処分
 ごみの処理と管理 し尿および雑排水の処理と管理  
 ビルクリーニング

第7章 ねずみ・昆虫等の防除 ねずみの種類と生態
 ねずみの駆除と殺そ剤
 衛生害虫の種類と生態 衛生害虫の駆除と殺虫剤
 安全対策と伝染病

サポート体制

 メインテキストで学習→レポートに取り組み試験対策→修了、国家試験に臨む

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

ヒューマンアカデミーの建築物環境衛生管理技術者通信講座の4つの特徴

ヒューマンアカデミーのビル管理技術者受験講座は効率よく試験講座を目指せるように、初学者にも分かりやすい教材になっています。添削レポートもあるので、試験対策もバッチリです。

【特徴1】価格について

価格は28,600円です。

【特徴2】期間について

標準学習時間は4ヶ月です。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)です。

【特徴4】教材の特徴について

ヒューマンアカデミーの教材は以下の通りです。

  • 主テキスト3冊:上巻、中巻、下巻
  • 別冊2冊:「ビル管理試験完全解答」、「レポート課題集」
  • レポート回数:4 回(初回提出時にマークシートかweb提出のどちらか選択)

 

スポンサーリンク

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の選び方のポイント

ここでは、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の選び方を以下の9つのポイントに分けて紹介しています。

  1. 講座の費用や期間
  2. 教材や講義の内容
  3. 学習カリキュラム
  4. サポート体制の充実
  5. キャンペーンの充実
  6. 教育訓練給付金制度
  7. 会社の信頼性
  8. 合格率
  9. 口コミ・評判

では、さっそく見ていきましょう。

 

【選び方のポイント1】講座の費用や期間

ランキング各社の建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)講座の受講費用と期間を表にまとめてみました。※費用はすべて税込

会社名 費用 期間
SAT ・e-ラーニング講座/44,880円
・DVD講座/54,800円
・e-ラーニング+DVD講座/59,800円

1年間

CIC(日本建設情報センター) Web講座/38,500円
DVD講座/39,500円

試験当日まで

JTEX 特別受講料/26,400円
一般受講料/28,600円

4ヶ月

ヒューマンアカデミー 28,600円

4ヶ月

 

建築物環境衛生管理技術者講座は、最も高い講座はSATのe-ラーニング+DVD講座の59,800円で、最も安いのはJTEXの特別受講料の26,400円です。サポートの内容や受講期間の長さで金額も変わってくるようなので、どのくらいの勉強時間を使って受験勉強をしたいかによって選ぶようにしましょう。

 

【選び方のポイント2】教材や講義の内容

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の試験では、覚える内容も幅広く全てを完璧に覚えるのは難しい試験です。実際に勉強時間には1000時間以上必要とも言われています。そのため、1年間じっくり時間をかけて勉強を進める人もいます。ただ、忙しい方だと時間をかけられない人もいるため、それぞれの講座では短い期間の中、効率よくカリキュラムをこなせるように、要点をまとめたテキストを提供しているのです。

どのような勉強法で進めたいかによって選ぶ通信講座も変わってきます。CICでは、短期間で勉強したい場合のスケジュール、じっくり1年かけて勉強したい場合の方のスケジュールなどを参考にホームページに掲載しているので参考にしてみると良いでしょう。また、SATではいつでも自分の都合の良い時間に勉強できるe-ラーニング講座も用意しているので、通勤時間に勉強することも可能です。

 

【選び方のポイント3】学習カリキュラム

通信講座は、自分でスケジュールを立てて学習を進めていく必要があります。そのため、自分が一番学習を続けられる学習スケジュールかどうかが重要です。SATでは通勤時間の合間にも勉強できるようなカリキュラムとなっています。また、CICでもじっくり時間をかけたい人と最短で合格力を身につけたい人で受験の目安を参考に掲載しています。スケジュールを参考にして、自分に合った勉強法を探してみましょう。

 

【選び方のポイント4】サポート体制の充実

各社の建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座のサポート体制はどうなっているのでしょうか。サポートの中でも、質問サービスと添削回数について表にまとめました。
 
会社名 質問サービス 添削回数
SAT ・30日間返金保証
・破損・不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時、サポート期間延長サービス

CIC(日本建設情報センター)

・講師質問、メール質問サポート

JTEX

・レポート提出4回

ヒューマンアカデミー ・メインテキストで学習→レポートに取り組み試験対策→修了、国家試験に臨む

 

それぞれ独自のサポート内容が整えられています。

 

【選び方のポイント5】キャンペーンの充実

会社名 キャンペーン内容
SAT

×

CIC(日本建設情報センター)

×

JTEX

×

ヒューマンアカデミー

×

 

現在キャンペーンを実施している会社は有りませんでした。

 

【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度

会社名 教育給付金制度
SAT

×

CIC(日本建設情報センター)

×

JTEX

×

ヒューマンアカデミー

×

 

教育訓練給付金制度はどの講座でも利用はできませんでした。

 

【選び方のポイント7】会社の信頼性

通信講座を利用する際は、対面でのやりとりがほとんどありません。そのため、気になる点がある場合に会社が信頼できるかどうかが重要なポイントとなるでしょう。会社の信頼性を判断するポイントとしては通信講座の開講数や建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)関連の資格に強いかなどが重要になります。ヒューマンアカデミーはCMでもよく出てくる大手企業です。また、CICは25年以上建設業界に特化して人材育成に取り組んでいます。それぞれの会社の特性を調べた上で自分に合う通信講座を選びましょう。

 

【選び方のポイント8】合格率

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)資格の合格率は17.7%とかなり低いです。じっくりと勉強して確実に合格したいなら、受講期間の長いSATやCICを選ぶのが良いでしょう。

 

【選び方のポイント9】口コミ・評判

各社の建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の口コミをまとめてみました。良い口コミ、悪い口コミそれぞれ紹介していますので参考にして下さい。(口コミは一部抜粋しています)

SATの建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の口コミ

良い口コミ

・初受験の時は市販で売っていた赤本一冊のみで勉強をしておりましたが、点数が全然届かず不合格でした。 そこで独学では無理である事を痛感し、なにか良い教材はないかと探していたところ、SATの教材を目にしました。 SATの教材は要点がうまくまとまっていてあまり分厚くはなく、カラーページで作られているので読みやすかったです。また、スマホがあればいつでもどこでも過去問に取り組めるので、サクサク勉強を進めていく事ができました。 結果的に令和5年度の試験に合格する事ができました。今後も新しい資格を目指す時は、またSATさんに頼ろうと思います! ありがとうございました!
(公式サイトより)

・SATさんのビル管理士講座は、2021年版、2023年版を購入させて頂きました。おかげさまで、2023年3月の東京講習合格出来ました。講習の旅行に行く前に、地元で講座のテキストと動画を自習しました。知識のインプットや分からない所を辞書的に見たり、とても有用に活用させて頂きました。図、表やイラストも分かりやすく、音声も頭に入って来やすくとても役立ちました。免状が届いた時は嬉しかったです。感謝しています。ありがとうございました。
(公式サイトより)

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

CICの建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

JTEXの建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の口コミ

良い口コミ

・ビル管理の仕事に従事しておりますが、その基礎を改めて勉強する機会になりました。とても充実した期間でした。
(公式サイトより)

・会社の全額補助で受講できた。受講期間が4ヶ月と手頃で最後まで続けることができた。
(公式サイトより)

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

ヒューマンアカデミーの建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

 

スポンサーリンク

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の通信講座の比較

ここで紹介している建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の通信講座を開講している社について、9つのポイントをまとめたので比較していきましょう。

会社 料金(税込) 期間 教材・講義内容 サポート キャンペーン 教育訓練給付金制度 会社の信頼性 合格率 口コミ・評判
SAT e-ラーニング講座/44,880円
DVD講座/54,800円
e-ラーニング+DVD講座/59,800円

1年間

・図解も充実した業界初のフルカラーテキスト
・ハイビジョン講義
・Eラーニングの動画講義
・隙間時間を有効活用できる暗記カード
・30日間返金保証
・破損・不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時、サポート期間延長サービス
× ×

現場・技術系資格専門

・SATの教材は要点がまとまっており、分厚くなく、スマホでの勉強が便利だった
・講座のテキストと動画を自習し、図や表、音声などが分かりやすくて役立った
CIC
(日本建設情報センター)
Web講座/38,500円
DVD講座/39,500円

試験当日まで

・忙しい社会人専用「短期集中型カリキュラム」
・講師力の高い授業
・講師質問・メール質問サポート有り
・模擬試験、メールサポートなどの実践的な支援体制
・充実の講師陣
・新試験制度に合わせて全面改訂した分かりやすい教材
× ×

建設業に特化した人材育成

JTEX 特別受講料/26,400円
一般受講料/28,600円

4ヶ月

・わかりやすく試験範囲を網羅したテキスト
・過去問題集の組み合わせでの学習
・提出レポートで実力診断有り

× ×

大手資格予備校

・基礎を勉強でき、充実した時間になった
・受講期間が4ヶ月と手頃で最後まで続けることができた
ヒューマンアカデミー

28,600円

4ヶ月

・初心者にも優しい丁寧な解説
・学習スタイルに合わせてコースを選べる
・出題頻度が高い問題に特化した内容のため、短時間・短期間で学習
・メインテキストで学習→レポートに取り組み試験対策→修了、国家試験に臨む × ×

大手資格予備校

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座を料金比較

会社名 料金(税込)
SAT e-ラーニング講座/44,880円
DVD講座/54,800円
e-ラーニング+DVD講座/59,800円
CIC(日本建設情報センター) Web講座/38,500円
DVD講座/39,500円
JTEX 特別受講料/26,400円
一般受講料/28,600円
ヒューマンアカデミー

28,600円

 

上記の表より、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)のそれぞれの講座を受講料の高い順に並べてみました。

  1. SAT
  2. CIC
  3. JTEX
  4. ヒューマンアカデミー

SATは教材の多さやサポート体制の面から他よりも高い受講料となっています。

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座を期間比較

会社名 期間
SAT

1年間

CIC(日本建設情報センター)

試験当日まで

JTEX

4ヶ月

ヒューマンアカデミー

4ヶ月

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)のカリキュラムが長いのは1年間のSATです。最短は4ヶ月のJTEXとヒューマンアカデミーです。試験まで余裕がありじっくりと時間をかけて学習を進めたい人にはSATやCIC、短期集中で合格を目指したい人にはJTEXやヒューマンアカデミーがおすすめといえるでしょう。

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座を教材・講義内容比較

会社名 教材・講義内容
SAT ・図解も充実した業界初のフルカラーテキスト
・ハイビジョン講義
・Eラーニングの動画講義
・隙間時間を有効活用できる暗記カード
CIC(日本建設情報センター) ・忙しい社会人専用「短期集中型カリキュラム」
・講師力の高い授業
・講師質問・メール質問サポート有り
JTEX ・わかりやすく試験範囲を網羅したテキスト
・過去問題集の組み合わせでの学習
・提出レポートで実力診断有り
ヒューマンアカデミー ・初心者にも優しい丁寧な解説
・学習スタイルに合わせてコースを選べる
・出題頻度が高い問題に特化した内容のため、短時間・短期間で学習

 

どの講座のテキストも、図や写真を豊富に使ってわかりやすい内容となってるものが多いです。特に、SATの教材はフルカラーテキストを使って学習の効果を高めています。また、模擬試験対策や質問対応サービスがあるかどうか、添削指導も受けられるか、副教材が充実しているかどうかも講座を選ぶポイントです。

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座をサポート面から比較

会社名 サポート
SAT ・30日間返金保証
・破損・不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時、サポート期間延長サービス
CIC(日本建設情報センター) ・模擬試験、メールサポートなどの実践的な支援体制
・充実の講師陣
・新試験制度に合わせて全面改訂した分かりやすい教材
JTEX

ヒューマンアカデミー ・メインテキストで学習→レポートに取り組み試験対策→修了、国家試験に臨む

 

質問サービスや添削の他にも、不合格の際の延長添削サポートなど、サポート体制が充実しているものが多くみられます。

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座のキャンペーン情報を比較

会社名 キャンペーン
SAT

×

CIC(日本建設情報センター)

×

JTEX

×

ヒューマンアカデミー

×

 

2024年4月時点でキャンペーンをしているところは有りません。

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の教育訓練給付金制度を比較

会社名 教育訓練給付金制度
SAT

×

CIC(日本建設情報センター)

×

JTEX

×

ヒューマンアカデミー

×

 

教育訓練給付制度の対象となっている講座はありません。

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座を会社の信頼性で比較

会社名 会社の信頼性
SAT

現場・技術系資格専門

CIC(日本建設情報センター)

建設業に特化した人材育成

JTEX

大手資格予備校

ヒューマンアカデミー

大手資格予備校

 

どの会社も知名度の高い会社です。特にSATは現場・技術系資格専門として多くの通信講座を開口しています。

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座を合格率で比較

会社名 合格率
SAT

CIC(日本建設情報センター)

JTEX

ヒューマンアカデミー

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率は10〜20%前後です。かなり難易度の高い講座のため、自分が効率よく受講できるテキストを選ぶようにしましょう。

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座の口コミ・評判で比較

会社名 口コミ・評判
SAT ・SATの教材は要点がまとまっており、分厚くなく、スマホでの勉強が便利だった
・講座のテキストと動画を自習し、図や表、音声などが分かりやすくて役立った
CIC(日本建設情報センター)
JTEX ・基礎を勉強でき、充実した時間になった
・受講期間が4ヶ月と手頃で最後まで続けることができた
ヒューマンアカデミー

 

ここで紹介されている各社の口コミについて、テキストのわかりやすさや通勤時などの隙間時間にできるスマホでの練習問題のおかげで合格できたという口コミが多くみられました。良い口コミだけで判断せずにマイナスな口コミも参考にするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)は通信と独学のどちらがおすすめ?

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の勉強方法は、独学・専門学校・通信講座の3パターンあります。独学でも勉強することは可能ですが、合格率や10〜20%とかなり低く難易度の高い試験でもあるため、専門学校や通信講座で効率よく学習することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の試験日・試験内容と合格率

令和6年度の試験は、10月6日に開催予定です。試験地は、北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、 福岡県で行っています。試験内容は、以下の7科目から選択式の問題が出題されます。

  1. 建築物衛生行政概論
  2. 建築物の構造概論
  3. 建築物の環境衛生
  4. 空気環境の調整
  5. 給水及び排水の管理
  6. 清掃
  7. ねずみ、昆虫等の防除

上記7科目から180問出題され、65%以上が合格ラインです。つまり、約117問を正解できれば、合格できるということになります。出題される問題のうち約半分程度はテキストを暗記すれば対処できる問題で、残り半分は基本的な知識を元に問題の内容を理解しなければ解けない問題になっています。合格率は10〜20%と低く、難易度がかなり高い試験であることが分かりますね。

 

スポンサーリンク

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の通信講座に関するQ&A

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)通信講座に関するQ&Aをまとめました。

Q. どのくらいの期間の勉強が必要?

A. 第一種建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)試験に合格するためには、一般的には1000時間程度の勉強時間が必要であるといわれます。そのため、1年前からじっくりと勉強を進めていく人もいます。ただ、忙しくて勉強時間を確保するのが難しい人の中には、4ヶ月の短期集中で確実に合格ラインを目指してくる人もいるようです。じっくりやるのか、短期決戦で勉強するのか、どちらが自分に向いているかで勉強期間を決めるようにしましょう。

Q. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の受験資格は?

A. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)は、学歴に関しては制限はありません。ただし、次の用途に供される建築物の当該用途部分に置いて、環境衛生上の維持管理に関する実務に業として2年以上従事しなければ受験資格が発生しません。

建築物の用途

  • ア)興行場(映画館、劇場等)、百貨店、集会場(公民館、結婚式場、市民ホール等)、図書館、博物館、美術館、遊技場(ボーリング場等)
  • イ)店舗、事務所
  • ウ)学校(研修所を含む。)
  • エ)旅館、ホテル
  • オ)その他アからエまでの用途に類する用途
    多数の者の使用、利用に供される用途であって、かつ、衛生的環境もアからエまでの用途におけるそれと類似しているとみられるものをいいます。

ちなみに、建築物における環境衛生上の維持管理に関する実務とは、次の業務をいいます。

  1. 空気調和設備管理
  2. 給水、給湯設備管理 (貯水槽の維持管理を含む。浄水場の維持管理業務を除く。)
  3. 排水設備管理 (浄化槽の維持管理を含む。下水処理場の維持管理業務を除く。)
  4. ボイラ設備管理
  5. 電気設備管理 (電気事業の変電、配電等のみの業務を除く。)
  6. 清掃及び廃棄物処理
  7. ねずみ、昆虫等の防除

自分が受験資格があるかどうかは、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の試験の主催である日本建築衛生管理教育センター国家試験課に問い合わせて確認しましょう。

 

その他の建築関係の検定・資格

電気系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

土木系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

インテリア系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築模型系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築関連の資格学校


 
 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\建築資格を学ぶ・極める/

建築資格TOPはコチラ