間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

1級土木施工管理技士資格試験の試験日・試験内容と合格率

東日本大震災以降の除染工事や造成工事などの復興工事において、近年特に需要の高まっている、1級土木施工管理技士の資格は、一般財団法人全国建設研修センターが実施している国家試験です。

年1回、学科と実地の試験が行われます。

1級と2級に分かれています。
1級は、河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道などの土木工事において現場の管理を行います。施工計画を作成し、工程の管理、安全の管理、技術の管理を任されます。

この記事では、「2021年度試験概要」「合格率」「1級土木施工管理技士資格お勧めテキスト」についてまとめています。

スポンサーリンク

2021年度 1級土木施工管理技士 試験概要

申込受付期間

2021年3月17日(水)〜3月31日(水)

申込用紙の販売開始日

2021年 2月26日(金)から

「第一次・第二次検定」600円(送料別)
「第一次検定のみ」600円(送料別)
「第二次検定のみ」600円(送料別)

※インターネット申込の場合は申込書の購入は必要ありません。

試験日程

1級第一次検定
試験日 2021年7月4日(日) 合格発表日 2021年8月19日(木)

1級第二次検定
試験日 2021年10月3日(日) 合格発表日 2022年1月14日(金)

試験地

札幌、釧路、青森、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、岡山、広島、高松、福岡、那覇の13地区

受験料

第一次検定 10,500円(学科)
第二次検定 10,500円(実地)

受験資格

・1年以上の指導監督的実務経験年数
●大学の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
●大学の指定学科以外を卒業後、4年6か月以上の実務経験
●短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、5年以上の実務経験
●短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年6か月以上の実務経験
●高等学校の指定学科を卒業後、10年以上の実務経験
●高等学校の指定学科以外を卒業後、11年6か月以上の実務経験
●上記以外の者は15年以上の実務経験
●2級土木施工管理技術検定合格者で5年以上の者は合格後、5年以上の実務経験
●2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者は高等学校の指定学科を卒業後、9年以上の実務経験
●2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、10年6か月以上の実務経験
●2級土木施工管理技術検定合格者で5年未満の者はその他で14年以上の実務経験
・専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある者
●2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年以上の者は合格後、1年以上の専任の主任技術者経験を含む3年以上の実務経験
●2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年以上の実務経験
●2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は高等学校の指定学科を卒業後、7年以上の実務経験
●2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、8年6か月以上の実務経験
●2級土木施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者はその他で12年以上の実務経験
●上記以外の者は高等学校の指定学科を卒業後、8年以上の実務経験
●上記以外の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、11年以上の実務経験
●上記以外の者はその他で13年以上の実務経験
・第一次試験免除者
●令和2年度1級土木施工管理技術検定・学科試験の合格者
●技術士法(昭和58年法律第25号)による第2次試験のうち技術部門を建設部門、上下水道部門、農業部門(選択科目を「農業農村工学」とするものに限る。)、森林部門(選択科目を「森林土木」とするものにる。)、水産部門(選択科目を「水産土木」とするものに限る。)又は総合技術監理部門(選択科目を建設部門若しくは上下水道部門に係るもの、「農業農村工学」「森林土木」又は「水産土木」とするものに限る。)に合格した者で、第1次検定の合格を除く1級土木施工管理技術検定・第2次検定の受検資格を有する者(技術士法施行規則の一部を改正する省令(平成15年文部科学省令第36号)による改正前の第2次試験のうち技術部門を建設部門、水道部門、農業部門(選択科目を「農業土木」とするものに限る)、林業部門(選択科目を「森林土木」とするものに限る)、又は水産部門(選択科目を「水産土木」とするものに限る。)の合格した者を含む。また、技術士法施行規則の一部を改正する省令(技術士法施行規則の一部を改正する省令(平成29年文部科学省令第45号)による改正前の第2次試験のうち技術部門を建設部門、上下水道部門、農業部門(選択科目を「農業土木」とするものに限る)、森林部門(選択科目を「森林土木」とするものに限る)、水産部門(選択科目を「水産土木」とするものに限る。)又は総合技術監理部門(選択科目を建設部門若しくは上下水道部門に係るもの、「農業土木」、「森林土木」又は「水産土木」とするものに限る。)に合格した者を含む。)

(注)実務経験年数の算定基準日 上記2)の実務経験年数は、1級第1次検定の前日(令和3年7月3日(土))までで計算するものとする。

スポンサーリンク

試験科目

出題範囲は土木工学等・施工管理法・法規の3科目からなり、四肢択一式で96問出題されます。必須問題は35問、選択問題は61問中30問解答しますので、96問中65問を解答する試験となります。

学科

土木工学:
1.土木一式工事の施工に必要な土木工学、電気工学、電気通信工学、機械工学及び建築学に関する一般的な知識を有すること。
2.設計図書に関する一般的な知識を有すること。

施工管理法:
土木一式工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する一般的な知識を有すること。

法規:
建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を有すること。

実地

施工管理法:
1.土質試験及び土木材料の強度等の試験を正確に行なうことができ、かつ、その試験の結果に基づいて工事の目的物に所要の強度を得る等のために必要な措置を行なうことができる高度の応用能力を有すること。
2.設計図書に基づいて工事現場における施工計画を実施することができる高度の応用能力を有すること。

スポンサーリンク

合格率

 学科試験実地試験
年度合格率合格率
2003年49.9%62.3%
2004年37.8%57.6%
2005年49.2%56.2%
2006年51.2%30.7%
2007年50.8%36.7%
2008年70.5%25.9%
2009年50.9%19.1%
2010年53.0%18.5%
2011年40.8%20.8%
2012年54.8%34.6%
2013年60.0%35.3%
2014年58.5%39.5%
2015年54.6%37.3%
2016年55.0%36.7%
2017年66.2%30.0%
2018年55.6%34.5%

 

スポンサーリンク

1級土木施工管理技士試験の参考書・問題集のおすすめ

1級土木施工管理技士 過去問コンプリート

2020年版。最新過去問8年分を学科試験・実地試験ともに完全収録しています。
選択肢ごとに詳細な解説がついているので、理解深めるのに役立ちます。巻末についている経験記述の攻略法は、必見です。工事の選び方から記入上の注意、事前準備の仕方まで完全網羅しています。

1級土木施工管理技術検定試験問題解説集録版

2020年版。1級土木施工管理技術検定の学科試験を受験される方のための問題集です。過去7年間の出題問題を集録しています。巻頭に出題傾向一覧にしているため学習対策に便利です。

その他の資格一覧


タイトルとURLをコピーしました