間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

公害防止管理士資格試験の試験日・試験内容と合格率

公害防止管理者とは、製造業や電気供給業など特定の工場において、燃料や原材料の検査や騒音・振動の発生施設の改善、排出水や地下浸透水の汚染状態の測定、煤煙の量や特定粉塵の濃度の測定、排出ガスや排出水に含まれるダイオキシン類の量の測定などの業務を管理する者です。

この記事では、公害防止管理士について「試験概要」「合格率」「お勧のテキスト」をまとめています。

スポンサーリンク

公害防止管理士 試験概要

公害防止管理者の資格を取得するには、国家試験に合格するほか「公害防止管理者等資格認定講習」を受講し終了試験に合格する方法があります。講習の仮申込みの段階で書類審査があり、仮申込みには「技術資格」「学歴及び実務経験資格」のいずれかが必要となります。

受験受付期間

2020年7月1日(水)〜7月31日(金)

試験日

2020年10月4日(日)

合格発表

2020年12月15日

試験内容

五肢択一式

(大気1~4種)
1)公害総論:50分
2)大気概論:35分
3)大気持論:50分
4)ばいじん・粉じん特論:50分
5)大気有害物質特論(1、2種):35分
6)大規模大気特論(1、3種):35分
(特定・一般粉じん)
1)公害総論:50分
2)大気概論:35分
3)ばいじん・粉じん特論(特定):50分
4)ばいじん・一般粉じん特論(一般):35分
(水質1~4種)
1)公害総論:50分
2)水質概論:35分
3)汚水処理特論:75分
4)水質有害物質特論(1、2種):50分
大規模水質特論(1、3種):35分
(騒音・振動)
1)公害総論:50分
2)騒音・振動概論:75分
3)騒音・振動特論:90分
(ダイオキシン)
1)公害総論:50分
2)ダイオキシン類概論:50分
3)ダイオキシン類特論:75分
(公害防止主任管理者)
1)公害総論:50分
2)大気・水質概論:35分
3)大気関係技術特論:60分
4)水質関係技術特論:60分

講習

公害防止管理者等資格認定講習
資格区分により異なります。2~4日間。

試験地

札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

試験の受験料
8,700円(非課税)
大気関係第1種公害防止管理者
大気関係第3種公害防止管理者
水質関係第1種公害防止管理者
水質関係第3種公害防止管理者
ダイオキシン類関係公害防止管理者
公害防止主任管理者

8,200円(非課税)
大気関係第2種公害防止管理者
大気関係第4種公害防止管理者
水質関係第2種公害防止管理者
水質関係第4種公害防止管理者
騒音・振動関係公害防止管理者
特定粉じん関係公害防止管理者
一般粉じん関係公害防止管理者

講習の受講料(各非課税)
大気関係第1種公害防止管理者: 37,500円
大気関係第2種公害防止管理者: 29,000円
大気関係第3種公害防止管理者: 31,500円
大気関係第4種公害防止管理者: 22,500円
水質関係第1種公害防止管理者: 37,500円
水質関係第2種公害防止管理者: 29,000円
水質関係第3種公害防止管理者: 31,500円
水質関係第4種公害防止管理者: 22,500円
騒音・振動関係公害防止管理者: 35,000円
特定粉じん関係公害防止管理者: 17,000円
一般粉じん関係公害防止管理者: 16,000円
ダイオキシン類関係公害防止管理者: 29,000円
公害防止主任管理者: 42,500円

免除科目

■同一の資格区分を受験する場合に適用される科目別合格制度
受験した試験区分の一部の「科目」に合格すると、同じ試験区分を受験する場合に限り、最初に合格した年を含め3年まで、該当の科目免除を受けることができます。

■他の資格区分を受験する場合に適用される科目別合格制度
ある試験区分に合格し資格を取得した場合、別の試験区分を受験する際、既に合格している資格区分の試験科目と同一の試験科目について免除されます。年限はありません。

■「公害防止管理者等資格認定講習」の修了による資格付与
認定講習を受講し、修了試験に合格した場合、国家試験に合格した場合と同等の資格が付与されます。

※認定講習の聴講免除制度に関して
平成18年度以降の国家試験または認定講習で、ある試験区分に合格し資格を取得した場合、新たに別の講習区分を受講する際、既に取得区分と共通する科目の講義の聴講の免除を受けられます。修了試験はすべての科目範囲を受ける必要があります。

合格基準

■筆記試験
年限内に、各資格区分の必要な試験科目の全てに合格(60%以上)。

■認定講習
以下の条件を全て満たすこと。
1)規定の講習時間を聴講する。
2)修了試験を受験し、修了基準を満たす。

 

スポンサーリンク

合格率

全区分
実施年受験者数合格者数合格率
2019年23,507人6,189人26.3%
2018年22,741人6,183人27.2%
2017年24,322人6,024人24.8%
2016年24,690人6,382人25.8%
2015年25,562人6,525人25.5%
大気関係第1種公害防止管理
実施年受験者数合格者数合格率
2019年4,982人1,173人23.5%
2018年4,938人1,618人32.8%
2017年5,393人1,678人31.1%
大気関係第2種公害防止管理
実施年受験者数合格者数合格率
2019年206人36人17.5%
2018年210人52人24.8%
2017年213人60人28.2%
大気関係3種公害防止管理者
実施年受験者数合格者数合格率
2019年1,004人143人14.2%
2018年981人259人26.4%
2017年1,033人221人21.4%
大気関係4種公害防止管理者
実施年受験者数合格者数合格率
2019年1,377人179人13.0%
2018年1,354人328人24.2%
2017年1,373人274人20.0%
水質関係第1種公害防止管理者
実施年受験者数合格者数合格率
2019年8,181人2,850人34.8%
2018年7,749人2,010人25.9%
2017年8,209人2,070人25.2%
水質関係第2種公害防止管理者
実施年受験者数合格者数合格率
2019年1,390人258人18.6%
2018年1,264人154人12.2%
2017年1,382人167人12.1%
水質関係第3種公害防止管理
実施年受験者数合格者数合格率
2019年690人200人29.0%
2018年668人210人31.4%
2017年755人161人21.3%
水質関係第4種公害防止管理者
実施年受験者数合格者数合格率
2019年2,639人443人16.8%
2018年2,643人603人22.8%
2017年2,806人380人13.5%
騒音・振動関係公害防止管理者
実施年受験者数合格者数合格率
2019年1,552人431人27.8%
2018年1,496人335人22.4%
2017年1,496人367人24.5%
特定粉じん関係公害防止管理者
実施年受験者数合格者数合格率
2019年287人107人37.3%
2018年260人119人45.8%
2017年304人103人33.9%
一般粉じん関係公害防止管理者
実施年受験者数合格者数合格率
2019年299人68人22.7%
2018年303人88人29.0%
2017年362人66人18.2%
ダイオキシン類関係公害防止管理者
実施年受験者数合格者数合格率
2019年808人293人36.3%
2018年792人389人49.1%
2017年906人446人49.2%
公害防止主任管理者
実施年受験者数合格者数合格率
2019年92人8人8.7%
2018年83人18人21.7%
2017年100人31人31.0%

 

スポンサーリンク

公害防止管理士試験の参考書・問題集のおすすめ

公害防止管理者島国家試験正解とヒント 2015年〜2019年度

直近5年間分を収録して、各問題の正解と簡潔なヒントで解説しています。出題傾向をつかめるように過去の関連出題を例示しています。

公害防止管理者試験 大気関係合格テキスト 2020〜2021年度版

大気関係のわかりやすい対策書です。試験範囲が広く各試験科目でも深い知識を問う問題があるのが、この試験の特徴です。試験の全体像を素早く把握し、合格に必要な知識を短期間で習得できるように試験の全範囲をコンパクトにまとめました。

公害防止管理者試験 水質関係 攻略問題集 2021〜2022年度版

水質関係のわかりやすい問題集です。2020年までの過去6年分の試験問題を整理・分類して重要度と頻出箇所がすぐにわかるようになっています。

 

その他の資格一覧


タイトルとURLをコピーしました