間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

熱中症予防労働衛生教育のおすすめ通信講座5つを徹底比較!

熱中症予防労働衛生教育 通信講座 現場技術系の講座・教育

熱中症予防労働衛生教育は、労働者が暑さによる健康被害を防ぐための知識と対策を学ぶ目的で定められた教育です。熱中症予防労働衛生教育を実施することで、労働者の健康と安全を守り、特に夏季や高温の環境で働く人々にとって重要な役割を果しています。熱中症予防労働衛生教育は規定の講習を申込することで誰でも受講が可能です。そこで、ここでは熱中症予防労働衛生教育のおすすめ通信講座5選を徹底比較しています。

 

このページの目次

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

  1. 熱中症予防労働衛生教育の通信講座おすすめランキング
    1. 【第1位】SATの熱中症予防労働衛生教育通信講座
    2. 【第2位】CECCの「熱中症予防管理者」安全衛生WEB講座
    3. 【第3位】中小建設業特別教育協会の熱中症予防労働衛生教育 講習会
    4. 【第4位】CIC(日本建設情報センター)の管理者向け熱中症予防労働衛生教育Web講座
    5. 【第5位】きらめき労働オフィスの熱中症予防労働衛生教育 オンライン講習
  2. 熱中症予防労働衛生教育通信講座の選び方のポイント
    1. 【選び方のポイント1】講座の費用や期間
    2. 【選び方のポイント2】教材や講義の内容
    3. 【選び方のポイント3】学習カリキュラム
    4. 【選び方のポイント4】サポート体制の充実
    5. 【選び方のポイント5】キャンペーンの充実
    6. 【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度
    7. 【選び方のポイント7】会社の信頼性
    8. 【選び方のポイント8】口コミ・評判
  3. 熱中症予防労働衛生教育の通信講座の比較
    1. 熱中症予防労働衛生教育通信講座を料金比較
    2. 熱中症予防労働衛生教育通信講座を期間比較
    3. 熱中症予防労働衛生教育通信講座を教材・講義内容比較
    4. 熱中症予防労働衛生教育通信講座をサポート面から比較
    5. 熱中症予防労働衛生教育通信講座のキャンペーン情報を比較
    6. 熱中症予防労働衛生教育通信講座の教育訓練給付金制度を比較
    7. 熱中症予防労働衛生教育通信講座を会社の信頼性で比較
    8. 熱中症予防労働衛生教育通信講座の口コミ・評判で比較
  4. 熱中症予防労働衛生教育の試験日・試験内容
  5. 熱中症予防労働衛生教育の通信講座に関するQ&A

熱中症予防労働衛生教育の通信講座おすすめランキング

熱中症予防労働衛生教育資格の通信講座をランキング形式で以下の表にまとめました。

順位 会社・講座名 特徴 価格
第1位

SATの熱中症予防労働衛生教育

・AI顔認証システムによりいつでもPCやスマホで受講可
・動画講義を終えたら修了証をアプリが自動発行
・3時間44分のカリキュラム、受講期限は60日

6,820円

第2位

CECC(建築不動産総合研修センター)
の「熱中症予防管理者」安全衛生WEB講座

・AI顔認証システムによりいつでもPCやスマホで受講可
・動画講義を終えたら修了証を発行
・3時間30分のカリキュラム、受講期限は60日

7,700円

第3位

中小建設業特別教育協会
の熱中症予防教育 WEB講習

・AI顔認証システムによりいつでもPCやスマホで受講可
・動画講義を終えたら修了証を発行
・4時間のカリキュラム、受講期限は30日

8,525円

第4位

CIC(日本建設情報センター)
の管理者向け熱中症予防労働衛生教育

・WEBでいつでもどこでも受講可能
・顔認証によるWEB受講
・学科4時間のカリキュラム

7,700円

第5位

きらめき労働オフィス
の熱中症予防労働衛生教育 オンライン講習

・会社からオンライン受講するスタイル(原則10名以上)
・ディスカッションやグループワークあり
・作業者は学科2.5時間、管理者は3.5時間のカリキュラム

9,100円
※10名~11名の場合

 

【第1位】SATの熱中症予防労働衛生教育通信講座

SAT

SATは、現場や技術系の資格取得を専門とした通信教育講座の会社です。危険予知活動・訓練試験対策だけでなく、電気三種や建築士など数多くの講座を開講しています。スキマ時間を利用してスマホから手軽に受講したい人、動画を中心に学習したい人に向いています。

項目 熱中症予防労働衛生教育
価格

6,820円

期間

視聴期限:60日

目指せる資格

熱中症予防労働衛生教育

教材の特徴 ・WEBでいつでもどこでも受講可能
・顔認証によるWEB受講
・熱中症になる人体のメカニズムから予防・対処法まで分かりやすく解説
学習カリキュラム 1. 動画学習
2. 修了証申請
3. 修了証の発行
サポート体制

・アプリ版の修了書デジタルカードを即日発行

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

SATの熱中症予防労働衛生教育通信講座の特徴

SATは業界で初めて顔認証によるWEB受講ができるので、24時間いつでも自分の都合の良い時に勉強が可能です。産業医・労働衛生コンサルタントとして活躍する講師が、熱中症になる人体のメカニズムや適切な予防・対処方法について分かりやすく講義しています。また、動画講座による受講が終了したら、即日でアプリによる修了証が発行されます。

【特徴1】価格について

価格は6,820円です。

【特徴2】期間について

申し込みから60日以内となっています。

【特徴3】目指せる資格について

熱中症予防労働衛生教育を受けることが可能です。

【特徴4】教材の特徴について

講座プログラムと教材は以下の通りです。

<講座プログラム(3時間44分)>

  • 1.熱中症の症状:40分
  • 2.熱中症の予防方法:2時間34分
  • 3.緊急時の救急措置:15分
  • 4.熱中症の事例:15分

 

<教材と配布資料(印刷任意)>

  • 基本テキスト(PDF):90ページ
  • 受講ガイダンス(PDF):12ページ

 

 

最短距離で合格へSATの熱中症予防労働衛生教育講座

 

 

【第2位】CECCの「熱中症予防管理者」安全衛生WEB講座

CECC

CECC(建築不動産総合研修センター)

CECC(建築不動産総合研修センター)は、職場の適切な労働環境の形成と豊かな人材育成のための教育を提供しています。安全衛生WEB講座、資格対策WEB講座、即戦実務WEB講座のカテゴリがあり、どの講座もWEBで学習が完結できます。

項目 「熱中症予防管理者」安全衛生WEB講座
価格

7,700円

期間

視聴期限:60日

目指せる資格

熱中症予防労働衛生教育

教材の特徴 ・WEBでいつでもどこでも受講可能
・顔認証によるWEB受講
・3時間30分のカリキュラム
学習カリキュラム

■ 学科教育
・熱中症の症状 (30分)
・熱中症の予防方法 (150分)
・緊急時の救急処置 (15分)
・熱中症の事例 (15分)

■ 実技教育
・労働安全衛生法等の規定により実技教育不要

サポート体制

・修了証の発行

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

CECC(建築不動産総合研修センター)の熱中症予防労働衛生教育通信講座の特徴

CECCの「熱中症予防管理者」安全衛生WEB講座は、SATと同様にAI顔認証システムを導入しており、受講者の希望に合わせて個別受講・集合教育から選択できます。ただし、集合業育は企業単位での申込となります。

【特徴1】価格について

価格は7,700円です。

【特徴2】期間について

受講期限は60日間です。

【特徴3】目指せる資格について

熱中症予防労働衛生教育を受講できます。

【特徴4】教材の特徴について

カリキュラムは以下の通りです。

<学科教育>

  • ・熱中症の症状 (30分)
  • ・熱中症の予防方法 (150分)
  • ・緊急時の救急処置 (15分)
  • ・熱中症の事例 (15分)

 

<実技教育>

  • 労働安全衛生法等の規定により実技教育不要

3時間30分のカリキュラムとなっています。

 

【第3位】中小建設業特別教育協会の熱中症予防労働衛生教育 講習会

中小建設業特別教育協会

項目 熱中症予防労働衛生教育 講習会
価格

8,525円

期間

視聴期限:30日間

目指せる資格

熱中症予防労働衛生教育

教材の特徴 ・WEBでいつでもどこでも受講可能
・顔認証によるWEB受講
・3.5時間のカリキュラム
学習カリキュラム

<学科>
熱中症の症状 0.5時間
熱中症の予防方法 2.5時間
熱中症の事例及び関係法令等 0.5時間
(学科計3.5時間)

<実技> 
なし

サポート体制

・修了証の発行

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

中小建設業特別教育協会の熱中症予防労働衛生教育通信講座の特徴

中小建設業特別教育協会は東京労働局の登録学習機関です。安全作業に必要な知識と技能を身につけるための各種技能講習や法令に基づいた教育を、講習会やWEB講座で提供しています。

【特徴1】価格について

価格は8,525円です。

【特徴2】期間について

受講期限は30日間です。

【特徴3】目指せる資格について

熱中症予防労働衛生教育を受講できます。

【特徴4】教材の特徴について

カリキュラムは以下の通りです。

<学科>

  • 熱中症の症状    0.5時間
    熱中症の予防方法 2.5時間
    熱中症の事例及び関係法令等 0.5時間

 

<実技>
なし

3.5時間のカリキュラムとなっています。

 

【第4位】CIC(日本建設情報センター)の管理者向け熱中症予防労働衛生教育Web講座

中小建設業特別教育協会

CIC日本建設情報総合センターは、建設業資格講座のパイオニアとして25年の実績がある会社です。施工管理技士をはじめ、安全衛生教育や設備関連資格、建設・職場衛生関連資格の講座を提供しています。

項目 管理者向け熱中症予防労働衛生教育Web講座
価格

7,700円

期間

視聴期限:60日間

目指せる資格

熱中症予防労働衛生教育

教材の特徴 ・WEBでいつでもどこでも受講可能
・顔認証によるWEB受講
・学科4時間のカリキュラム
学習カリキュラム 熱中症の症状:30分
熱中症の予防方法:2時間30分
緊急時の救急処置:15分
熱中症の事例:15分
サポート体制

・修了証の発行

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

中小建設業特別教育協会の熱中症予防労働衛生教育通信講座の特徴

CIC(日本建設情報センター)の管理者向け熱中症予防労働衛生教育Web講座は、約4時間の動画講義で熱中症の予防について学ぶカリキュラムとなっています。PDFの講義資料と映像教材を用いて、ポイントを押さえて分かりやすく学習できます。

【特徴1】価格について

価格は7,700円です。

【特徴2】期間について

視聴期限は60日間です。

【特徴3】目指せる資格について

熱中症予防労働衛生教育を受講できます。

【特徴4】教材の特徴について

カリキュラムは以下の通りです。

  • 熱中症の症状:30分
  • 熱中症の予防方法:2時間30分
  • 緊急時の救急処置:15分
  • 熱中症の事例:15分

4時間のカリキュラムとなっています。

 

【第5位】きらめき労働オフィスの熱中症予防労働衛生教育 オンライン講習

中小建設業特別教育協会

きらめき労働オフィスは、中央労働災害防止協会が認める講師によるオンライン講座を受講できる会社です。オンラインでもディスカッションやグループワークが可能で、より密度の濃い講習となっています。

項目 熱中症予防労働衛生教育 オンライン講習
価格 10名~11名9,100円(管理者)
12名~13名8,800円(管理者)
14名~16名8,600円(管理者)
17名~19名8,400円・作業者は7,300 円
20名以上 別途見積
期間

作業者は学科2.5時間、管理者は3.5時間

目指せる資格

熱中症予防労働衛生教育

教材の特徴 ・会社からオンライン受講するスタイル(原則10名以上)
・ディスカッションやグループワークあり
・作業者は学科2.5時間、管理者は3.5時間のカリキュラム
学習カリキュラム

作業者は学科2.5時間、管理者は3.5時間

サポート体制

・修了証の発行

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

きらめき労働オフィスの熱中症予防労働衛生教育通信講座の特徴

きらめき労働オフィスは中央労働災害防止協会が認める講師によるライブ配信講義を提供しています。集団で会社から受講できますし人数により割引料金となるので、オンライン環境さえ整っていれば企業側にもメリットとなっています。

【特徴1】価格について

価格は人数によって異なり、8,400円~9,100円です。20名以上は見積りとなります。

【特徴2】期間について

受講時間は、作業者が学科2.5時間、管理者は3.5時間のカリキュラムとなっています。

【特徴3】目指せる資格について

熱中症予防労働衛生教育を受講できます。

【特徴4】教材の特徴について

カリキュラムは以下の通りです。なお、作業者向けと管理者向けとカリキュラムが異なります。

<作業者向け>

  • 熱中症の症状(30分)
    ・熱中症の概要
    ・職場における熱中症の特徴
    ・体温の調節
    ・体液の調節
    ・熱中症が発生する仕組みと症状
  • 熱中症の予防方法(1時間30分)
    ・WBGT値の意味
    ・現場での熱中症予防活動(熱への順化、水分及び塩分の摂取、服装、日常の健康管理等)
  • 緊急時の救急処置(15分)
    ・緊急時の救急措置
  • 熱中症の事例(15分)
    ・熱中症の災害事例

 

<管理者向け>

  • 熱中症の症状(30分)
    ・熱中症の概要
    ・職場における熱中症の特徴
    ・体温の調節
    ・体液の調節
    ・熱中症が発生する仕組みと症状
  • 熱中症の予防方法(2時間30分)
    ・WBGT値(意味、基準値に基づく評価)
    ・作業環境管理(WBGT値の低減、休憩場所の 整備等)
    ・作業管理(作業時間の短縮、熱への順化、水分 及び塩分の摂取、服装、作業中の巡視等)
    ・健康管理(健康診断結果に基づく対応、日常の 健康管理、労働者の健康状態の確認、身体の状況の確認等)
    ・労働衛生教育(労働者に対する教育の重要性、 教育内容及び教育方法)
    ・熱中症予防対策事例
  • 緊急時の救急処置(15分)
    ・緊急連絡網の作成及び周知
    ・緊急時の救急措置
  • 熱中症の事例(15分)
    ・熱中症の災害事例

作業者向けが学科2.5時間、管理者向けは3.5時間のカリキュラムとなっています。

 

熱中症予防労働衛生教育通信講座の選び方のポイント

ここでは、熱中症予防労働衛生教育通信教育講座の選び方を以下の8つのポイントに分けて紹介しています。

  1. 講座の費用や期間
  2. 教材や講義の内容
  3. 学習カリキュラム
  4. サポート体制の充実
  5. キャンペーンの充実
  6. 教育訓練給付金制度
  7. 会社の信頼性
  8. 口コミ・評判

では、さっそく見ていきましょう。

 

【選び方のポイント1】講座の費用や期間

ランキング各社の熱中症予防労働衛生教育通信講座の受講費用と期間を、それぞれで表にまとめてみました。※費用はすべて税込

会社名 費用 期間
SAT

6,820円

60日

CECC

7,700円

60日

中小建設業特別教育協会

8,525円

30日

CIC(日本建設情報センター)

7,700円

60日

きらめき労働オフィス 9,100円
※10名~11名の場合
作業者は学科2.5時間
管理者は学科3.5時間

 

熱中症予防労働衛生教育資格講座がある5社の平均費用は、7,969円でした。CECCとCIC日本建設情報センターが平均に近くなっています。

 

【選び方のポイント2】教材や講義の内容

熱中症予防労働衛生教育について実践的に学べる講座となっています。いずれの講座も、期限内に動画視聴して講座を受講することで修了証が発行されます。オンライン受講はスマホから24時間いつでも受講可能ですので、忙しい人でも学習時間を確保しやすく便利です。

 

【選び方のポイント3】学習カリキュラム

通信講座は、自分でスケジュールを立てて学習を進めていく必要があります。そのため、自分が一番学習を続けられる学習スケジュールかどうかが重要です。紹介した4つの講座はWEBでの受講が可能です。また、SATをはじめAI顔認証システムが導入されていることで通勤中の電車の中や本業終わりの夜など、自分の都合が良い時に受講が可能です。

 

【選び方のポイント4】サポート体制の充実

各社の熱中症予防労働衛生教育講座のサポート体制はどうなっているのでしょうか。サポートの中でも、質問サービスと添削回数について表にまとめました。
 
会社名 質問サービス 添削回数
SAT

CECC

中小建設業特別教育協会

CIC日本建設情報センター

きらめき労働オフィス

 

基本的に質問サービスや添削はありませんが、CIC日本建設情報総合センターでは学習システム内で質問が可能です。

 

【選び方のポイント5】キャンペーンの充実

会社名 キャンペーン内容
SAT

×

CECC

×

中小建設業特別教育協会

×

CIC日本建設情報センター

×

きらめき労働オフィス

×

 

こちらで紹介している5社のうち、現在キャンペーンを実施している会社はありません。

 

【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度

会社名 教育給付金制度
SAT

×

CECC

×

中小建設業特別教育協会

×

CIC日本建設情報センター

×

きらめき労働オフィス

×

 

教育訓練給付金制度を利用できる講座はありません。

 

【選び方のポイント7】会社の信頼性

通信講座を利用する際は、対面でのやりとりがほとんどありません。そのため、気になる点がある場合に会社が信頼できるかどうかが重要なポイントとなるでしょう。会社を信頼性を判断するポイントとしては通信講座の開講数や熱中症予防労働衛生教育関連の資格に強いかなどが重要になります。SATは様々なオンライン通信講座を開講している会社です。会社設立は2013年と比較的新しいですが、工業系や技術系の資格に絞って開講しており、専門性の高さが伺えます。

 

【選び方のポイント8】口コミ・評判

各社の熱中症予防労働衛生教育通信講座の口コミをまとめてみました。良い口コミ、悪い口コミそれぞれ紹介していますので参考にして下さい。(口コミは一部抜粋しています)

SATの熱中症予防労働衛生教育通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

CECCの熱中症予防労働衛生教育通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

中小建設業特別教育協会の熱中症予防労働衛生教育通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

CIC日本建設情報センターの熱中症予防労働衛生教育通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

きらめき労働オフィスの熱中症予防労働衛生教育通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

 

熱中症予防労働衛生教育の通信講座の比較

ここで紹介している熱中症予防労働衛生教育の通信講座を開講している5社について、9つのポイントをまとめたので比較していきましょう。

会社 料金(税込) 期間 教材・講義内容 サポート キャンペーン 教育訓練給付金制度 会社の信頼性 口コミ・評判
SAT

6,820円

60日

・AI顔認証システムによりいつでもPCやスマホで受講可
・動画講義を終えたら修了証をアプリが自動発行
・3時間44分のカリキュラム、受講期限は60日
・アプリ版の修了書デジタルカードを即日発行 × ×

現場・技術系資格専門

CECC

7,700円

60日

・AI顔認証システムによりいつでもPCやスマホで受講可
・動画講義を終えたら修了証を発行
・3時間30分のカリキュラム、受講期限は60日
・修了証の発行 × ×

公益機関や非営利団体等に対して、無償(又は特別価格)で講座を提供

中小建設業特別教育協会

8,525円

30日

・AI顔認証システムによりいつでもPCやスマホで受講可
・動画講義を終えたら修了証を発行
・4時間のカリキュラム、受講期限は30日
・修了証の発行 × ×

東京労働局登録教習機関

CIC日本建設情報センター

7,700円

60日

・WEBでいつでもどこでも受講可能
・顔認証によるWEB受講
・学科4時間のカリキュラム
・修了証の発行 × ×

25年の実績において建設業資格講座を提供

きらめき労働オフィス

9,100円

※10名~11名の場合

作業者は学科2.5時間

管理者は学科3.5時間

・会社からオンライン受講するスタイル(原則10名以上)
・ディスカッションやグループワークあり
・作業者は学科2.5時間、管理者は3.5時間のカリキュラム
・修了証の発行 × ×

労働安全衛生法に基づく各種講習を実施

 

熱中症予防労働衛生教育通信講座を料金比較

会社名 料金(税込)
SAT

6,820円

CECC

7,700円

中小建設業特別教育協会

8,525円

CIC日本建設情報センター

7,700円

きらめき労働オフィス

9,100円
※10名~11名の場合

 

上記の表より、熱中症予防労働衛生教育のそれぞれの講座を受講料の高い順に並べてみました。

  1. きらめき労働オフィス
  2. 中小建設業特別教育協会
  3. CECC、CIC日本建設情報センター
  4. SAT

CECCとCIC日本建設情報センターは同立となっています。また、きらめき労働オフィスは受講人数によって費用が変わります。11名以下は9,100円で、12名以上は人数に応じて安くなっていきます。

 

熱中症予防労働衛生教育通信講座を期間比較

会社名 期間
SAT

60日

CECC

60日

中小建設業特別教育協会

30日

CIC日本建設情報センター

60日

きらめき労働オフィス 作業者は学科2.5時間
管理者は学科3.5時間

 

SATでは、3時間44分のカリキュラムを60日間の受講期間内に受講します。また、きらめき労働オフィスは、作業者向けと管理者向けで受講時間が異なります。

 

熱中症予防労働衛生教育通信講座を教材・講義内容比較

会社名 教材・講義内容
SAT ・AI顔認証システムによりいつでもPCやスマホで受講可
・動画講義を終えたら修了証をアプリが自動発行
・3時間44分のカリキュラム、受講期限は60日
CECC ・AI顔認証システムによりいつでもPCやスマホで受講可
・動画講義を終えたら修了証を発行
・3時間30分のカリキュラム、受講期限は60日
中小建設業特別教育協会 ・AI顔認証システムによりいつでもPCやスマホで受講可
・動画講義を終えたら修了証を発行
・4時間のカリキュラム、受講期限は30日
CIC日本建設情報センター ・WEBでいつでもどこでも受講可能
・顔認証によるWEB受講
・学科4時間のカリキュラム
きらめき労働オフィス ・会社からオンライン受講するスタイル(原則10名以上)
・ディスカッションやグループワークあり
・作業者は学科2.5時間、管理者は3.5時間のカリキュラム

 

どの講座もカリキュラム内容はほぼ同じとなっています。WEB環境があればどこでも受講が可能なので、比較的学習を進めやすいようになっています。SATをはじめ、AI顔認証システムによりいつでもPCやスマホで受講可能です。

 

熱中症予防労働衛生教育通信講座をサポート面から比較

会社名 サポート
SAT ・アプリ版の修了書デジタルカードを即日発行
CECC ・修了証の発行
中小建設業特別教育協会 ・修了証の発行
CIC日本建設情報センター ・修了証の発行
きらめき労働オフィス ・修了証の発行

 

熱中症予防労働衛生教育通信講座のキャンペーン情報を比較

会社名 キャンペーン
SAT

×

CECC

×

中小建設業特別教育協会

×

CIC日本建設情報センター

×

きらめき労働オフィス

×

 

2024年5月現在、キャンペーンを実施している講座はありません。

 

熱中症予防労働衛生教育通信講座の教育訓練給付金制度を比較

会社名 教育訓練給付金制度
SAT

×

CECC

×

中小建設業特別教育協会

×

CIC日本建設情報センター

×

きらめき労働オフィス

×

 

教育訓練給付制度の対象となっている講習はありませんでした。

 

熱中症予防労働衛生教育通信講座を会社の信頼性で比較

会社名 会社の信頼性
SAT

現場・技術系資格専門

CECC

公益機関や非営利団体等に対して、無償(又は特別価格)で講座を提供

中小建設業特別教育協会

東京労働局登録教習機関

CIC日本建設情報センター

25年の実績において建設業資格講座を提供

きらめき労働オフィス

労働安全衛生法に基づく各種講習を実施

 

SATは現場・技術系を中心に講座を開講しており、その分野ではかなり知名度が高いと言えるでしょう。

 

熱中症予防労働衛生教育通信講座の口コミ・評判で比較

会社名 口コミ・評判
SAT

CECC

中小建設業特別教育協会

CIC日本建設情報センター

きらめき労働オフィス

 

熱中症予防労働衛生教育通信講座に関して口コミのある講座がありませんでした。

 

熱中症予防労働衛生教育の試験日・試験内容

熱中症予防労働衛生教育は、規定の講習を受講することで学習することができます。講習の日程は、各講習の定められた受講期間内にオンラインで自由に受講します。SATをはじめ、受講期間内なら24時間どこからでも受講でき、講座を修了すると修了証が発行されます。

 

熱中症予防労働衛生教育の通信講座に関するQ&A

熱中症予防労働衛生教育通信講座に関するQ&Aをまとめました。

Q. 熱中症予防労働衛生教育は必須でしょうか?

A. 現状の法令では、熱中症予防労働衛生教育に受講義務はありません。ただし、今後の法改正により受講義務が追加される可能性があるので、関係法令等を適宜確認するようにしてください。

Q. 熱中症予防労働衛生教育の受講対象者は?

A. 熱中症予防労働衛生教育の受講対象者は、屋外作業者・高温環境で働く人々・夏季に作業が増える職種・管理者や監督者・新入社員や若手労働者などが含まれます。これらの人々が教育を受けることで、熱中症のリスクを減らし、安全で健康的な労働環境を維持することができます。

 

 

最短距離で合格へSATの熱中症予防労働衛生教育講座

 

 

その他の建築関係の検定・資格

電気系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

土木系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

インテリア系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築模型系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築関連の資格学校


 
 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\建築資格を学ぶ・極める/

建築資格TOPはコチラ