間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育のおすすめ通信講座6つを徹底比較!

現場技術系の講習・教育

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育とは、細かいホコリなどが舞い続けるような現場作業である「粉じん作業」の中でも特に危険性が高い現場で作業する場合に必要な教育です。細かいホコリの中には人体に悪影響を与える「特定粉じん」もあり、酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を受講しなければ関連する業務に従事することができません。これは労働安全衛生法で定められています。酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の講習を受講することで取得が可能です。

そこで、ここでは酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育のおすすめ通信講座6選を徹底比較しています。

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

このページの目次
スポンサーリンク
  1. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の通信講座おすすめランキング
    1. 【第1位】SATの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育
    2. 【第2位】建設不動産総合研修センターの酸素欠乏・硫化水素業務従事者通信講座
    3. 【第3位】建設技術教育センターの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育
    4. 【第4位】中小建設業特別教育協会の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育
    5. 【第5位】CIC日本建設情報センターの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育
    6. 【第6位】建設業教育協会の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育
  2. 酸素欠乏・硫化水素危険作業教育通信講座の選び方のポイント
    1. 【選び方のポイント1】講座の費用や期間
    2. 【選び方のポイント2】教材や講義の内容
    3. 【選び方のポイント3】学習カリキュラム
    4. 【選び方のポイント4】サポート体制の充実
    5. 【選び方のポイント5】キャンペーンの充実
    6. 【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度
    7. 【選び方のポイント7】会社の信頼性
    8. 【選び方のポイント8】口コミ・評判
  3. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の通信講座の比較
    1. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を料金比較
    2. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を期間比較
    3. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を教材・講座内容比較
    4. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育をサポート面から比較
    5. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育のキャンペーン情報を比較
    6. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の教育訓練給付金制度を比較
    7. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を会社の信頼性で比較
    8. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を合格率で比較
    9. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の口コミ・評判で比較
  4. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の試験日・試験内容と合格率
  5. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の通信講座に関するQ&A

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の通信講座おすすめランキング

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の通信講座をランキング形式で以下の表にまとめました。

順位 会社・講座名 特徴 価格
第1位

SAT
の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座

・労働局確認済みのAI顔認証システムによりいつでもどこでもWEBで受講が可能
・eラーニングシステムでの学習
・ZOOM講義を受講
8,800円
第2位

建設不動産総合研修センター
の酸素欠乏・硫化水素業務従事者通信講座

・全てWEB上で完結できる
・インターネット配信で場所や時間を選ばずに受講可能
・AI顔認証システムを導入することにより個人でも申し込みができる
7,700円
第3位

建設技術教育センター
の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座

・学習者に対する管理義務のある従事者を支援する「安全衛生教育システム」
・顔認証システムにより、いつでもどこでも受講が可能
・Eラーニングでの学習が可能

4,950円

第4位

中小建設業特別教育協会
の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座

・自宅や職場で、パソコンやタブレットで受講可能
・助成金制度がある

9,515円

第5位

CIC日本建設情報センター
の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座

・顔認証システム付きのWeb講座
・登録した顔写真と受講者の顔を照合するため、不正受講があれば講義が自動で停止される

10,500円

第6位

建設業教育協会の酸素欠乏・硫化水素危険作業
特別教育通信講座

・24時間いつでもWEB受講が可能
・書籍25冊以上を執筆している石原哲郎氏が担当講師
・オリジナルテキストはダウンロードして使用

4,950円

 

【第1位】SATの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

SAT

項目 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育
価格

8,800円

期間

視聴期限:60日

目指せる資格

酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者

教材の特徴 ・労働局確認済みのAI顔認証システムによりいつでもどこでもWEBで受講が可能
・eラーニングシステムでの学習
・ZOOM講義を受講
学習カリキュラム

<講座プログラム(7時間9分)>
オリエンテーション:34分

第1編 酸素欠乏及び硫化水素発生の原因:1時間14分
第2編 酸素欠乏症等の症状:1時間4分
第3編 空気呼吸器等の使用の方法:1時間17分
第4編 事故の場合の退避及び救急処置:1時間5分
第5編 関係法令:1時間49分
酸素欠乏症・硫化水素中毒防止対策チェックリスト:6分

<教材と配布資料(印刷任意)>
基本テキスト(PDF):111ページ
受講ガイダンス(PDF):12ページ

サポート体制

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

SATの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の4つの特徴

SATは、現場や技術系の資格取得を専門とした通信教育講座の会社です。職長・安全衛生責任者試験対策だけでなく、電気三種や建築士など数多くの講座を開講しています。最短合格したい人や、暗記学習を手軽にしたい人、図表やイラストで資格的に学習したい人に向いています。

【特徴1】価格について

価格は8,800円です。

【特徴2】期間について

HPより申し込みをしてから60日間が利用可能期間です。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者です。

【特徴4】教材の特徴について

教材、カリキュラムは以下になります。

<講座プログラム(7時間9分)>

  • オリエンテーション:34分
  • 第1編 酸素欠乏及び硫化水素発生の原因:1時間14分
  • 第2編 酸素欠乏症等の症状:1時間4分
  • 第3編 空気呼吸器等の使用の方法:1時間17分
  • 第4編 事故の場合の退避及び救急処置:1時間5分
  • 第5編 関係法令:1時間49分
  • 酸素欠乏症・硫化水素中毒防止対策チェックリスト:6分

 

<教材と配布資料(印刷任意)>

  • 基本テキスト(PDF):111ページ
  • 受講ガイダンス(PDF):12ページ
  • 課題ワークシート解答例(PDF):5ページ
  • 受講ガイダンス(PDF):12ページ

 

 

最短距離で合格へSATの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座

 

 

【第2位】建設不動産総合研修センターの酸素欠乏・硫化水素業務従事者通信講座

建設不動産総合研修センター

項目 酸素欠乏・硫化水素業務従事者
価格

7,700円

期間

講座配信日から60日間

目指せる資格

酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者

教材の特徴 ・24時間いつでもWEB受講が可能
・書籍25冊以上を執筆している石原哲郎氏が担当講師
・オリジナルテキストはダウンロードして使用
学習カリキュラム 第1章 関係法令:1時間
第2章 粉じんの発散防止及び作業場の換気の方法:1時間
第3章 作業場の管理:1時間
第4章 呼吸用保護具の使用の方法:30分
第5章 粉じんによる疾病と健康管理:1時間
サポート体制

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

 

建設不動産総合研修センターの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の特徴

建設不動産総合研修センターは、職場における快適で適切な労働環境の形成と豊かな人材の育成を事業としています。建設不動産業界に属する多くの人々が教育を受講できる機会を増やし、業界の発展に貢献している一般社団法人です。

【特徴1】価格について

受講料は7,700円です。

【特徴2】期間について

受講期間は講座配信日から90日間です。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者です。

【特徴4】教材の特徴について

ダウンロードすることでオリジナルテキストを使用できます。カリキュラムは以下になります。

  • 第1章 関係法令:1時間
  • 第2章 粉じんの発散防止及び作業場の換気の方法:1時間
  • 第3章 作業場の管理:1時間
  • 第4章 呼吸用保護具の使用の方法:30分
  • 第5章 粉じんによる疾病と健康管理:1時間

 

【第3位】建設技術教育センターの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

建設技術教育センター

項目 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育
価格 4,950円
期間

講座配信日から90日間

目指せる資格

酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者

教材の特徴 ・全てWEB上で完結できる
・インターネット配信で場所や時間を選ばずに受講可能
・AI顔認証システムを導入することにより個人でも申し込みができる
学習カリキュラム 第1章 酸素欠乏等の発生の原因(1時間)
第2章 酸素欠乏症等の症状(1時間)
第3章 空気呼吸器等の使用の方法(1時間)
第4章 事故の場合の退避及び救急そ生の方法(1時間)
第5章 その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項(1時間30分)
サポート体制

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

 

建設技術教育センターの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の4つの特徴

建設技術教育センターは、昭和55年に設立された会社で、主に以下のような事業に取り組んでいます。国土交通省が建設業法に基づき実施している国家試験1級・2級施工管理技士(土木・建築・電気・管工事等)の受験予定者のための準備講習会等の技術教育の実施。

  1. 同受験準備用の図書の販売
  2. 同試験の周知活動と受験準備のための総合アシスタンス
  3. 建設業における技術教育の推進と調査研究

建設技術者にとって重要な資格取得・合格のために、合理的な講習を開催しており、確かな実績のある会社と言えるでしょう。

【特徴1】価格について

受講料は4,950円です。

【特徴2】期間について

講座配信日から90日間が受講期間です。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者です。

【特徴4】教材の特徴について

カリキュラムは以下になります。

 

  • 第1章 酸素欠乏等の発生の原因(1時間)
  • 第2章 酸素欠乏症等の症状(1時間)
  • 第3章 空気呼吸器等の使用の方法(1時間)
  • 第4章 事故の場合の退避及び救急そ生の方法(1時間)
  • 第5章 その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項(1時間30分)

 

【第4位】中小建設業特別教育協会の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

中小建設業特別教育協会

項目 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育
価格 9,515円
期間

不明

目指せる資格

酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者

教材の特徴 ・自宅や職場で、パソコンやタブレットで受講可能
・助成金制度がある
学習カリキュラム

◼︎学科
酸素欠乏等の発生の原因(1時間)
酸素欠乏症等の症状(1時間)
空気呼吸器等の使用の方法(1時間)
事故の場合の退避及び救急蘇生の方法(1時間)
その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項(1.5時間)

◼︎実技
なし

サポート体制

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

 

中小建設業特別教育協会の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の4つの特徴

中小建設業特別教育協会は、事業者が従業員に対して行う特別教育・安全衛生教育を中小建設事業所に代わって実施するために設立された協会です。労働災害の防止のための活動を啓蒙・促進し、もって建設業・製造業における労働災害の防止を計ることにより、建設業・製造業の発展に寄与することを目的としています。

【特徴1】価格について

受講料は9,515円です。

【特徴2】期間について

不明です。申し込みしたら早めに学習を開始することをおすすめします。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者です。

【特徴4】教材の特徴について

カリキュラムは以下になります。

<学科>

  • 酸素欠乏等の発生の原因(1時間)
  • 酸素欠乏症等の症状(1時間)
  • 空気呼吸器等の使用の方法(1時間)
  • 事故の場合の退避及び救急蘇生の方法(1時間)
  • その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項(1.5時間)

 

<実技>

  • なし

 

【第5位】CIC日本建設情報センターの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

CIC日本建設情報センター

項目 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育
価格 10,500円
期間

講座配信日から60日間

目指せる資格

酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者

教材の特徴 ・顔認証システム付きのWeb講座
・登録した顔写真と受講者の顔を照合するため、不正受講があれば講義が自動で停止される
学習カリキュラム

カリキュラム・講義内容は、安全衛生特別教育規程第22条(足場の組立て等の業務に係る特別教育)に基づき実施しています。

・酸素欠乏等の発生の原因:1時間13分
・酸素欠乏症等の症状:1時間8分
・空気呼吸器等の使用の方法:1時間13分
・事故の場合の退避及び救急そ生の方法:1時間13分
・その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項:1時間37分

サポート体制

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

 

CIC日本建設情報センターの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の4つの特徴

CIC日本建設情報センターは1998年10月に設立された会社で、建設業に特化した教育や研修のソリューションが事業内容です。他にも以下のような事業に取り組んでいます。

 

  • 国家試験である1・2級施工管理技士(国土交通省が建設業法に基づき実施)及び建設・設備関連資格、不動産等の受験予定者を対象とした講習会(一般オープン講座、オーダーメイド企業内研修)等の技術教育
  • 建設業に特化した「経営」「技術」など、実践ノウハウの習得を目的としたセミナーの実施
  • 建設系企業を対象としたスキルアップ教育研修事業およびコンサルティング事業
  • インターネットによる施工管理技士国家試験の情報発信と受験対策講座及び受験準備用図書の販売などウェブ上でのサービス提供
  • eラーニング教材の制作・配信・運営等建設業(技術および資格対策)に係る教育ツールの開発促進

全ての受講生が合格するために、短期集中型講座を開講するなどの取り組みで、受講者の学びやすさを提供しています。

【特徴1】価格について

受講料は10,500円です。

【特徴2】期間について

講座配信日から60日間が受講期間です。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者です。

【特徴4】教材の特徴について

カリキュラムは以下になります。カリキュラム・講義内容は、安全衛生特別教育規程第22条(足場の組立て等の業務に係る特別教育)に基づき実施しています。

  • 酸素欠乏等の発生の原因:1時間13分
  • 酸素欠乏症等の症状:1時間8分
  • 空気呼吸器等の使用の方法:1時間13分
  • 事故の場合の退避及び救急そ生の方法:1時間13分
  • その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項:1時間37分

 

【第6位】建設業教育協会の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

建設業教育協会

項目 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育
価格 4,950円
期間

講座配信日から90日間

目指せる資格

酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者

教材の特徴 ・24時間いつでもWEB受講が可能
・書籍25冊以上を執筆している石原哲郎氏が担当講師
・オリジナルテキストはダウンロードして使用
学習カリキュラム 第1章 酸素欠乏等の発生の原因  :1時間
第2章 酸素欠乏症等の症状    :1時間
第3章 空気呼吸器等の使用の方法 :1時間
第4章 事故の場合の退避及び救急そ生の方法 :1時間
第5章 その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項:1時間30分
サポート体制

キャンペーン

×

教育訓練給付金制度

×

 

建設業教育協会の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の4つの特徴

建設業教育協会は、教育を通じて労働者の安全と建設業の発展に貢献しています。人材育成のための教育や指導・研修だけでなく、工場運営に関するコンサルティング業務や資格取得のための講座の企画・運営など、建設業のあらゆる教育に携わっているのです。

【特徴1】価格について

受講料は4,950円です。

【特徴2】期間について

講座配信日から90日間が受講期間です。

【特徴3】目指せる資格について

目指せる資格は、酸素欠乏・硫化水素危険作業従事者です。

【特徴4】教材の特徴について

カリキュラムは以下になります。

  • 第1章 酸素欠乏等の発生の原因  :1時間
  • 第2章 酸素欠乏症等の症状    :1時間
  • 第3章 空気呼吸器等の使用の方法 :1時間
  • 第4章 事故の場合の退避及び救急そ生の方法 :1時間

 

スポンサーリンク

酸素欠乏・硫化水素危険作業教育通信講座の選び方のポイント

ここでは、酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の選び方を以下の9つのポイントに分けて紹介しています。

  1. 講座の費用や期間
  2. 教材や講義の内容
  3. 学習カリキュラム
  4. サポート体制の充実
  5. キャンペーンの充実
  6. 教育訓練給付金制度
  7. 会社の信頼性
  8. 口コミ・評判

では、さっそく見ていきましょう。

 

【選び方のポイント1】講座の費用や期間

ランキング各社の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の受講費用と期間を表にまとめてみました。※費用はすべて税込

会社名 費用 期間
SAT

8,800円

60日間

建設不動産総合研修センター

7,700円

60日間

建設技術教育センター

4,950円

90日間

中小建設業特別教育協会

9,515円

不明

CIC日本建設情報センター

10,500円

60日間

建設業教育協会

4,950円

90日間

 

【選び方のポイント2】教材や講義の内容

どの会社の講義も、ネット環境が整っていれば、自宅でいつでも好きな時間に受講が可能です。

 

【選び方のポイント3】学習カリキュラム

ZOOMやeラーニングを利用して自宅から講習できます。実技講習はないため、自宅で映像学習をすることで資格取得が可能です。

 

【選び方のポイント4】サポート体制の充実

各社の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育講座のサポート体制はどうなっているのでしょうか。サポートの中でも、質問サービスと添削回数について表にまとめました。
 
会社名 サポート体制の内容
SAT ・労働局確認済みのAI顔認証システムによりいつでもどこでもWEBで受講が可能
・eラーニングシステムでの学習
・ZOOM講義を受講
建設不動産総合研修センター ・全てWEB上で完結できる
・インターネット配信で場所や時間を選ばずに受講可能
・AI顔認証システムを導入することにより個人でも申し込みができる
建設技術教育センター ・学習者に対する管理義務のある従事者を支援する「安全衛生教育システム」
・顔認証システムにより、いつでもどこでも受講が可能
・Eラーニングでの学習が可能
中小建設業特別教育協会 ・自宅や職場で、パソコンやタブレットで受講可能
・助成金制度がある
CIC日本建設情報センター ・顔認証システム付きのWeb講座
・登録した顔写真と受講者の顔を照合するため、不正受講があれば講義が自動で停止される
建設業教育協会 ・24時間いつでもWEB受講が可能
・書籍25冊以上を執筆している石原哲郎氏が担当講師
・オリジナルテキストはダウンロードして使用

 

【選び方のポイント5】キャンペーンの充実

会社名 キャンペーン内容
SAT

建設不動産総合研修センター

建設技術教育センター

中小建設業特別教育協会

CIC日本建設情報センター

建設業教育協会

 

【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度

会社名 教育給付金制度
SAT

×

建設不動産総合研修センター

×

建設技術教育センター

×

中小建設業特別教育協会

×

CIC日本建設情報センター

×

建設業教育協会

×

 

【選び方のポイント7】会社の信頼性

通信講座を利用する際は、対面でのやりとりがほとんどありません。そのため、気になる点がある場合に会社が信頼できるかどうかが重要なポイントとなるでしょう。会社の信頼性を判断するポイントとしては通信講座の開講数や酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の資格に強いかなどが重要になります。

 

【選び方のポイント8】口コミ・評判

各社の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の口コミをまとめてみました。良い口コミ、悪い口コミそれぞれ紹介していますので参考にして下さい。(口コミは一部抜粋しています)

SATの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の口コミ

良い口コミ

・今回は酸素欠乏・硫化水素の資格を取りました。急に資格を取らなければいけなくなり、仕事も忙しくなかなか時間が取れない中で悩んでいた時に、知り合いからオンライン講義があると聞き調べて一番上に出てきたSATに決めました。スマホやパソコンがあまり得意ではないですが、スムーズに講義を進めることができてありがたかったです。最後に確認のテストもあったので、何度も見直してしっかり内容を理解する必要があるシステムも良かった点だと思います。仕事を休まなくても家や休憩時間に講義を受けられるし、期限も60日ほどあるため、気持ちに余裕を持って受講できました。

・インターネット講習で理解できるか不安でしたが、わかりやすい説明とインカメラでのAI認識システムで集中する事ができました。自分の好きな時間や空いた時間に受講でき、授業の途中でもしおりを挟むことができたので効率よく進めることができました。最後のテストもしっかり聞いて見ていれば解ける問題で安心しました。また次も資格を取る機会があれば利用したいと思います。最後に資格証の発行のはやさには、助かりました。ほしい時にとれるのがインターネットの良さだなと実感しました。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

建設不動産総合研修センターの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

建設技術教育センターの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

中小建設業特別教育協会の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

CIC日本建設情報センターの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

建設業教育協会の酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座の口コミ

良い口コミ

良い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。

 

スポンサーリンク

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の通信講座の比較

ここで紹介している酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の通信講座を開講している5社について、9つのポイントをまとめたので比較していきましょう。

会社 料金(税込) 期間 教材・講座内容 サポート キャンペーン 教育訓練給付金制度 会社の信頼性 合格率 口コミ・評判
SAT

8,800円

60日間

・労働局確認済みのAI顔認証システムによりいつでもどこでもWEBで受講が可能
・eラーニングシステムでの学習
・ZOOM講義を受講
なし × × 現場・技術系資格専門

・今回は酸素欠乏・硫化水素の資格を取りました。急に資格を取らなければいけなくなり、仕事も忙しくなかなか時間が取れない中で悩んでいた時に、知り合いからオンライン講義があると聞き調べて一番上に出てきたSATに決めました。スマホやパソコンがあまり得意ではないですが、スムーズに講義を進めることができてありがたかったです。最後に確認のテストもあったので、何度も見直してしっかり内容を理解する必要があるシステムも良かった点だと思います。仕事を休まなくても家や休憩時間に講義を受けられるし、期限も60日ほどあるため、気持ちに余裕を持って受講できました。

・インターネット講習で理解できるか不安でしたが、わかりやすい説明とインカメラでのAI認識システムで集中する事ができました。自分の好きな時間や空いた時間に受講でき、授業の途中でもしおりを挟むことができたので効率よく進めることができました。最後のテストもしっかり聞いて見ていれば解ける問題で安心しました。また次も資格を取る機会があれば利用したいと思います。最後に資格証の発行のはやさには、助かりました。ほしい時にとれるのがインターネットの良さだなと実感しました。

建設不動産総合研修センター

7,700円

60日間

・24時間いつでもWEB受講が可能
・書籍25冊以上を執筆している石原哲郎氏が担当講師
・オリジナルテキストはダウンロードして使用
なし × × 建設業の発展に貢献する会社

建設技術教育センター

4,950円

90日間

・全てWEB上で完結できる
・インターネット配信で場所や時間を選ばずに受講可能
・AI顔認証システムを導入することにより個人でも申し込みができる
なし × × 建設不動産業界の人材育成に注力

中小建設業特別教育協会

9,515円

不明

・自宅や職場で、パソコンやタブレットで受講可能
・助成金制度がある
なし × × 中小建設業の支援

CIC日本建設情報センター

10,500円

60日間

・顔認証システム付きのWeb講座
・登録した顔写真と受講者の顔を照合するため、不正受講があれば講義が自動で停止される
なし × × 建設業に特化した教育や研修を行う

建設業教育協会

4,950円

90日間

・24時間いつでもWEB受講が可能
・書籍25冊以上を執筆している石原哲郎氏が担当講師
・オリジナルテキストはダウンロードして使用
なし × × 建設業の発展に貢献する会社

 

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を料金比較

会社名 料金(税込)
SAT 8,800円
建設不動産総合研修センター 4,950円
建設技術教育センター 9,515円
中小建設業特別教育協会 10,500円
CIC日本建設情報センター 4,950円
建設業教育協会 7,700円
 

上記の表より、受講料の高い順に並べました。

  1. 中小建設業特別教育協会
  2. 建設技術教育センター
  3. SAT・建設業教育協会
  4. 建設不動産総合研修センター
  5. CIC日本建設情報センター

 

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を期間比較

会社名 期間
SAT

60日間

建設不動産総合研修センター

60日間

建設技術教育センター

90日間

中小建設業特別教育協会

不明

CIC日本建設情報センター

60日間

建設業教育協会

90日間

 

大体60日間・90日間の受講期間がありますが、早めの受講をおすすめします。

 

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を教材・講座内容比較

会社名 教材・講座内容
SAT

<講座プログラム(7時間9分)>
オリエンテーション:34分

第1編 酸素欠乏及び硫化水素発生の原因:1時間14分
第2編 酸素欠乏症等の症状:1時間4分
第3編 空気呼吸器等の使用の方法:1時間17分
第4編 事故の場合の退避及び救急処置:1時間5分
第5編 関係法令:1時間49分
酸素欠乏症・硫化水素中毒防止対策チェックリスト:6分

<教材と配布資料(印刷任意)>
基本テキスト(PDF):111ページ
受講ガイダンス(PDF):12ページ

建設不動産総合研修センター 第1章 関係法令:1時間
第2章 粉じんの発散防止及び作業場の換気の方法:1時間
第3章 作業場の管理:1時間
第4章 呼吸用保護具の使用の方法:30分
第5章 粉じんによる疾病と健康管理:1時間
建設技術教育センター 第1章 酸素欠乏等の発生の原因(1時間)
第2章 酸素欠乏症等の症状(1時間)
第3章 空気呼吸器等の使用の方法(1時間)
第4章 事故の場合の退避及び救急そ生の方法(1時間)
第5章 その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項(1時間30分)
中小建設業特別教育協会

◼︎学科
酸素欠乏等の発生の原因(1時間)
酸素欠乏症等の症状(1時間)
空気呼吸器等の使用の方法(1時間)
事故の場合の退避及び救急蘇生の方法(1時間)
その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項(1.5時間)

◼︎実技
なし

CIC日本建設情報センター

カリキュラム・講義内容は、安全衛生特別教育規程第22条(足場の組立て等の業務に係る特別教育)に基づき実施しています。

・酸素欠乏等の発生の原因:1時間13分
・酸素欠乏症等の症状:1時間8分
・空気呼吸器等の使用の方法:1時間13分
・事故の場合の退避及び救急そ生の方法:1時間13分
・その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項:1時間37分

建設業教育協会 第1章 酸素欠乏等の発生の原因  :1時間
第2章 酸素欠乏症等の症状    :1時間
第3章 空気呼吸器等の使用の方法 :1時間
第4章 事故の場合の退避及び救急そ生の方法 :1時間
第5章 その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項:1時間30分

 

WEB環境があれば自宅で受講が可能なので、比較的学習を進めやすいようになっています。

 

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育をサポート面から比較

会社名 サポート
SAT なし
建設不動産総合研修センター なし
建設技術教育センター なし
中小建設業特別教育協会 なし
CIC日本建設情報センター なし
建設業教育協会 なし

 

どの会社も特にサポートは実施されていないようです。

 

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育のキャンペーン情報を比較

会社名 キャンペーン
SAT

×

建設不動産総合研修センター

×

建設技術教育センター

×

中小建設業特別教育協会

×

CIC日本建設情報センター

×

建設業教育協会

×

 

どの会社もキャンペーンの実施はありませんが、中小建設業特別教育協会は条件を満たせば助成金を受け取れます。

 

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の教育訓練給付金制度を比較

会社名 教育訓練給付金制度
SAT

×

建設不動産総合研修センター

×

建設技術教育センター

×

中小建設業特別教育協会

×

CIC日本建設情報センター

×

建設業教育協会

×

 

どの会社も教育訓練給付金制度は使えません。

 

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を会社の信頼性で比較

会社名 会社の信頼性
SAT 現場・技術系資格専門
建設不動産総合研修センター 建設業の発展に貢献する会社
建設技術教育センター 建設不動産業界の人材育成に注力
中小建設業特別教育協会 中小建設業の支援
CIC日本建設情報センター 建設業に特化した教育や研修を行う
建設業教育協会 建設業の発展に貢献する会社

 

SATは様々な現場・技術系の資格の講座を開講しており、知名度が高いです。

 

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育を合格率で比較

会社名 合格率
SAT
建設不動産総合研修センター
建設技術教育センター
中小建設業特別教育協会
CIC日本建設情報センター
建設業教育協会

 

この講習は受講すれば資格を取得できるので、どの会社で受講しても資格取得は可能です。

 

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の口コミ・評判で比較

会社名 口コミ・評判
SAT

・今回は酸素欠乏・硫化水素の資格を取りました。急に資格を取らなければいけなくなり、仕事も忙しくなかなか時間が取れない中で悩んでいた時に、知り合いからオンライン講義があると聞き調べて一番上に出てきたSATに決めました。スマホやパソコンがあまり得意ではないですが、スムーズに講義を進めることができてありがたかったです。最後に確認のテストもあったので、何度も見直してしっかり内容を理解する必要があるシステムも良かった点だと思います。仕事を休まなくても家や休憩時間に講義を受けられるし、期限も60日ほどあるため、気持ちに余裕を持って受講できました。

・インターネット講習で理解できるか不安でしたが、わかりやすい説明とインカメラでのAI認識システムで集中する事ができました。自分の好きな時間や空いた時間に受講でき、授業の途中でもしおりを挟むことができたので効率よく進めることができました。最後のテストもしっかり聞いて見ていれば解ける問題で安心しました。また次も資格を取る機会があれば利用したいと思います。最後に資格証の発行のはやさには、助かりました。ほしい時にとれるのがインターネットの良さだなと実感しました。

建設不動産総合研修センター

建設技術教育センター

中小建設業特別教育協会

CIC日本建設情報センター

建設業教育協会

 

スポンサーリンク

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の試験日・試験内容と合格率

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育は、規定時間の講習を受講することで修了証が発行され、資格をとることができます。講習の日程は、講習が開催するスケジュールによって異なります。講習会場へ出向く場合、講習日のために予定を開けなければならず、仕事と両立させるのが難しい人もいるかもしれません。

 

スポンサーリンク

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の通信講座に関するQ&A

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育通信講座に関するQ&Aをまとめました。

Q. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の受講方法は?

A. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育は、通常講習・出張講習・Web講習の3つで受講が可能です。通常講習や出張講習では、講習会場へ出向いて受講しなければなりませんが、Web講習では自宅で受講ができます。

Q. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の受験資格は?

A. 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育には、特別な受験資格はありません。満18歳以上であれば、規定時間の講習を受講することで誰でも取得が可能です。

 

 

最短距離で合格へSATの酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育講座

 

 

 

その他の建築関係の検定・資格

電気系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

土木系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

インテリア系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築模型系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築関連の資格学校


 
 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\建築資格を学ぶ・極める/

建築資格TOPはコチラ