間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

1・2級土木施工管理技士のおすすめ通信講座6選を徹底比較!

1・2土木施工管理技士 通信講座 土木系の資格

1・2級土木施工管理技士とは、日本における施工管理技士のひとつで国家資格です。土木工事の施工管理を行い、施工計画や作業工程、安全や品質、コストなど現場における様々な管理をする仕事です。1と2級がありますが、対応できる工事現場の規模が違います。1・2級土木施工管理技士は難関の資格とまでは言いませんが、特定の科目を履修していない初学者にとっては片手間の勉強で簡単にパスできる試験ではないので、独学で目指すよりも通信講座を上手に活用しましょう。通信講座は、忙しい方でも時間や場所を選ばずに学習することができます。

ここでは、1・2級土木施工管理技士のおすすめ通信講座7選を徹底比較しています。費用や学習カリキュラムなど、選び方のポイントをまとめています。この記事を参考にして、ぜひご自分に最適な通信講座を探して下さいね。それでは、さっそく見ていきましょう。

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

このページの目次
スポンサーリンク
  1. 1・2級土木施工管理技士の通信講座おすすめランキング
    1. 【第1位】JTEXの1・2級土木施工管理技士通信講座
    2. 【第2位】ヒューマンアカデミー(たのまな)の1・2級土木施工管理技士通信講座
    3. 【第3位】独学サポート事務局の1・2級土木施工管理技士通信講座
    4. 【第4位】CIC日本建設情報センターの1・2級土木施工管理技士通信講座
    5. 【第5位】SATの1・2級土木施工管理技士通信講座
    6. 【第6位】日建学院の1・2級土木施工管理技士通信講座
  2. 1・2級土木施工管理技士通信教育講座の選び方のポイント
    1. 【選び方のポイント1】講座の費用や期間
    2. 【選び方のポイント2】教材や講義の内容
    3. 【選び方のポイント3】学習カリキュラム
    4. 【選び方のポイント4】サポート体制の充実
    5. 【選び方のポイント5】キャンペーンの充実
    6. 【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度
    7. 【選び方のポイント7】会社の信頼性
    8. 【選び方のポイント8】合格率
    9. 【選び方のポイント9】口コミ・評判
  3. 1・2級土木施工管理技士の通信講座の比較
    1. 1・2級土木施工管理技士通信講座を料金比較
    2. 1・2級土木施工管理技士通信講座を期間比較
    3. 1・2級土木施工管理技士通信講座を教材・講義内容比較
    4. 1・2級土木施工管理技士通信講座をサポート面から比較
    5. 1・2級土木施工管理技士通信講座のキャンペーン情報を比較
    6. 1・2級土木施工管理技士通信講座の教育訓練給付金制度を比較
    7. 1・2級土木施工管理技士通信講座を会社の信頼性で比較
    8. 1・2級土木施工管理技士通信講座を合格率で比較
    9. 1・2級土木施工管理技士通信講座の口コミ・評判で比較
  4. 1・2級土木施工管理技士は通信と独学どちらがおすすめ?
  5. 1・2級土木施工管理技士試験の試験日・試験内容と合格率
  6. 1・2級土木施工管理技士の通信講座に関するQ&A

1・2級土木施工管理技士の通信講座おすすめランキング

1・2級土木施工管理技士資格の通信講座をランキング形式で、以下の表にまとめました。
 
順位 会社・講座名 特徴 価格
第1位

JTEXの1・2級土木施工管理技士
通信講座

・第二次検定の合格に欠かせない経験記述のレポートあり
・主テキストと問題集のシンプルな構成
・ポイントをおさえた2色刷りのテキスト
・実践力が身につく問題集
・第一次検定と第二次検定に分かれた教材(テキスト・レポート)で分かりやすい(1級)
・第一次検定から第二次検定にあわせたスケジュールで学習(1級)

2級土木施工管理技士受験合格講座
特別受講料:27,500 円
一般受講料:29,700 円

1級土木施工管理技士受験合格講座
特別受講料:31,900 円
一般受講料:34,100 円

第2位

ヒューマンアカデミー(たのまな)
の1・2級土木施工管理技士通信講座

・すべて2色刷りで、年次版のテキスト(毎年春、新年度版に切替)
・第一次検定はマークシート、第二次検定は記述式(講師による添削)という実際の国家試験に即したレポートで学習
・経験記述の添削指導を受けることができる

2級土木施工管理技士受験合格講座
29,700円

1級土木施工管理技士受験合格講座
34,100円

第3位

独学サポート事務局
の1・2級土木施工管理技士通信講座

・出題傾向を分析した資料と独学をサポートする学習マニュアル付き
・第二次検定必須の経験記述の指導と添削あり
・直近10年間にわたる過去出題問題と解答
・模擬試験で試験直前に実力確認と弱点補強ができる
・希望者にはオプション講座も充実

2級土木施工管理技士
第一次・二次検定 独学サポート
24,000円

1級土木施工管理技士
第一次・二次検定 独学サポート
26,000円

第4位

CIC日本建設情報センター
の1・2級土木施工管理技士通信講座

・本試験突破の合格力を養成する短期集中型実戦講座
・過去の出題分析に基づく最重要項目に的を絞った講義
・新試験制度に沿って「知識」と「能力」の論点をテキストに一元化
・過去問演習による本試験を想定した具体的対策

土木施工管理技士 2級(一次・二次)
Webコース:40,000円
DVDコース:41,000円

土木施工管理技士 1級(一次)
Webコース:39,000円
DVDコース:40,000円

土木施工管理技士 1級(二次)
Webコース:27,000円
DVDコース:28,000円

第5位

SATの1・2級土木施工管理技士
通信講座

・フルカラーで見やすく、要点が凝縮されたコンパクトなテキスト
・最新のシステムを駆使した講義動画とEラーニングシステムで効率的な学習
・知識だけでは難しい経験記述も、答案事例集の活用で効果的に学習(二次)

2級(一次・二次)・1級(一次)
Eラーニング:43,780円
DVD講座:49,280円
Eラーニング+DVD講座:54,780円

1級(二次)
Eラーニング:38,280円
DVD講座:43,780円
Eラーニング+DVD講座:49,280円

第6位

日建学院の1・2級土木施工管理技士
通信講座

・出題傾向を徹底分析した分かりやすい教材
・土木施工の基本ポイントを学習できるマンガテキスト付き(2級)
・経験記述の記述ポイントや留意事項をまとめた二次対策テキストと演習問題(2級)
・新試験制度対応の最新講座で施工管理法の応用能力に関する出題(新科目)(1級)

2級土木施工管理技士
ストレート合格パック:385,000円
一次・二次Webコース: 275,000円

1級土木施工管理技士
一次Webコース:
一般 308,000円
学生 198,000円

二次本科Webコース:165,000 円

 
 

【第1位】JTEXの1・2級土木施工管理技士通信講座

JTEX

JTEXの1・2級土木施工管理技士通信講座についてまとめました。

項目 2級土木施工管理技士受験合格講座 1級土木施工管理技士受験合格講座
価格 特別受講料:27,500 円
一般受講料:29,700 円
特別受講料:31,900 円
一般受講料:34,100 円
期間

4か月(8か月までは在籍可)

6か月(12か月までは在籍可)

目指せる資格

2級土木施工管理技士

1級土木施工管理技士

教材の特徴 ・第二次検定の合格に欠かせない経験記述のレポートあり
・主テキストと問題集のシンプルな構成
・ポイントをおさえた2色刷りのテキスト
・実践力が身につく問題集
・第一次検定と第二次検定に分かれた教材(テキスト・レポート)で分かりやすい
・第二次検定の合格に欠かせない経験記述のレポートあり
・ポイントをおさえた2色刷りのテキスト
・実践力が身につく問題集
・第一次検定から第二次検定にあわせたスケジュールで学習
学習カリキュラム

①第一次検定:土木一般
②第一次検定:専門土木
③第一次検定:共通工学、土木法規
④第一次検定:施工管理法(知識・能力)

第二次検定:学科記述(自由提出)

①第一次検定:土木一般
②第一次検定:専門土木
③第一次検定:土木法規
④第一次検定:共通工学、施工管理法(知識・能力)
⑤第一次検定:施工管理法(基礎・知識)、施工管理法(応用能力)
⑥第二次検定:学科ガイダンス、学科記述(自由提出)
サポート体制 ・受講期間の2倍の期間まで在籍可能
・質問券を利用して講師に質問可
・除籍後1年以内に限り同じ講座を割引料金で受講可
キャンペーン なし
教育訓練給付金制度 ×
 

JTEXの1・2級土木施工管理技士通信講座の8つの特徴

JTEXの1・2級土木施工管理技士対策講座は、2級土木施工管理技士受験合格講座と1級土木施工管理技士受験合格講座が用意されています。要点をおさえたテキストでそれぞれの級の試験内容に沿った学習をして、過去問演習により得点力を高めます。また、第二次検定対策のレポートは試験と同じ形式となっているので、本試験に通用する実践力を身につけることができますよ。自由提出とはなっていますが、万全な対策のために課題は全て提出しましょう。余分な副教材はなく、テキストとレポート提出によってシンプルに学習を進めていく講座です。

 

【特徴1】価格について

JTEXの1・2級土木施工管理技士対策講座は、2級の一般受講料は 29,700 円(税込)です。特別受講料とは、法人で申し込む場合の価格で 27,500 円になります。一方、1級は一般が 34,100円、特別が31,900 円 となります。1級の方がそれぞれ4,400円ほど高くなっています。

【特徴2】期間について

標準学習期間は2級が4か月、1級は6か月となります。ただし、標準学習期間の2倍まで在籍可能ですので、2級は8か月、1級は12か月までは在籍可能です。

【特徴3】目指せる資格について

1級と2級それぞれ、「第一次検定」と「第二次検定」の両方に合格後、1級土木施工管理技士または2級土木施工管理技士の資格が得られます。ただし、1級には学歴や実務経験など受験資格が必要となります。

【特徴4】教材の特徴について

まず、2級土木施工管理技士対策講座で使用される教材を紹介します。

<2級土木施工管理技士の教材>

  • 主テキスト1冊:「要点テキスト」
  • 別冊:「出題分類別問題集」
  • レポート回数:必修課題4回、自由提出課題2回

 

続いて、1級土木施工管理技士対策講座で使用される教材を紹介します。

<1級土木施工管理技士の教材>

  • 主テキスト:2冊「第一次検定」、「第二次検定」
  • 別冊:「問題集」
  • レポート回数:必修課題6回、自由提出1回

メインテキストと問題集、レポート提出によるシンプルな内容です。テキストは2色刷りのカラーで図表も用いられており、要点がよくまとめられています。また、単元毎に学習のポイントが示されていたり、大事なところは赤字になっているのも分かりやすい特徴です。JTEXの講座は余計な副教材がないので、テキストに集中して要点を学習できます。シンプルな内容で試験合格を目指したい人におすすめの教材となっています。

【特徴5】学習カリキュラムについて

通学講座と異なり、通信講座は自分で学習のスケジュール管理をしないといけません。そのため、続けられるかどうか不安という人も多いかもしれませんよね。JTEXの1・2級土木施工管理技士通信講座は、受講者専用マイページで受講状況や添削レポートの成績などが確認できるので、安心です。

【特徴6】サポート体制

JTEXでは、質問券を利用して講師に質問可能です。あと、標準学習期間の2倍まで在籍可能なので、学習のペースが遅れてしまった場合でも余裕をもって取り組むことができます。また、何らかの事情で在籍期間内に修了できず除籍となった場合、除籍後1年以内に限り同じ講座を割引料金で受講することができます。

【特徴7】キャンペーンについて

JTEXの1・2級土木施工管理技士通信講座では、現在キャンペーンはありません。

【特徴8】教育訓練給付金制度について

JTEXの1・2級土木施工管理技士通信講座は、教育訓練給付金制度の対象ではありません。

 

最短距離で合格へJTEXの1・2級土木施工管理技士講座

 

 

【第2位】ヒューマンアカデミー(たのまな)の1・2級土木施工管理技士通信講座

ヒューマンアカデミー(たのまな)

項目 2級土木施工管理技士受験合格講座 1級土木施工管理技士受験合格講座
価格

一括払い:29,700円

一括払い:34,100円

期間

4か月(8か月までは在籍可)

6か月(12か月までは在籍可)

目指せる資格

2級土木施工管理技士

1級土木施工管理技士

教材の特徴 ・すべて2色刷りで、年次版のテキスト(毎年春、新年度版に切替)
・第一次検定はマークシート、第二次検定は記述式(講師による添削)という実際の国家試験に即したレポートで学習
・経験記述の添削指導を受けることができる
・各種割引サービスあり
・すべて2色刷りで、年次版のテキスト(毎年春、新年度版に切替)
・第一次検定はマークシート、第二次検定は記述式(講師による添削)という実際の国家試験に即したレポートで学習
・経験記述の添削指導を受けることができる
・各種割引サービスあり
学習カリキュラム

◆1か月目 第一次検定:土木一般
◆2か月目 第一次検定:専門土木
◆3か月目 第一次検定:共通工学
◆4か月目 第一次検定:施工管理

<自由提出>
第二次検定:
・経験記述の書き方
・経験記述文例集

◆1か月目 第一次検定:土木一般
◆2か月目 第一次検定:専門土木
◆3か月目 第一次検定:土木法規
◆4か月目 第一次検定:共通工学
◆5か月目 第一次検定:施工管理 (工程管理から)
◆6か月目 第二次検定:
・受験のためのガイダンス
・学科記述

<自由提出>
・経験記述の書き方

サポート体制 ・質問は無制限
・無料オンラインセミナーの開催
・再チャレンジ制度でと同一の講座が半額
・継続(リピート購入)割引サポートで10%OFF
・紹介割引で10%OFF
・セット割引で2講座目以降10%OFF
・ペア割引で10%OFF
・ヒューマンアカデミーコミュニティで情報交換ができる
キャンペーン

なし

教育訓練給付金制度

×

 

ヒューマンアカデミー(たのまな)の1・2級土木施工管理技士通信講座の特徴

ヒューマンアカデミー(たのまな)の1・2級土木施工管理技士通信講座は、テキストと過去問題集の他にレポートや質問券など相方向性の学習ができる講座です。系統立てた学習と客観的評価で、合格をめざせる内容です。テキストとレポートは第一次検定と第二次検定に分かれた教材になっているので使いやすいですし、経験記述のレポートが含まれているので第二次検定対策も万全にできます。任意提出となってはいますが、ほとんどの受講生は提出しており、丁寧な添削指導が受けられるので大変評判良いものとなっています。

また、ヒューマンアカデミー(たのまな)は、各種割引サービスが充実していますので、学びたいという意欲のある人にとってお得で嬉しいですよね。あと、ヒューマンアカデミーコミュニティで情報交換ができるので、同じ目標を持った受講生とのつながることでモチベーションアップも期待できそうです。

 

【特徴1】価格について

2級は29,700円(税込)、1級は34,100円(税込)です。

【特徴2】期間について

標準学習期間は2級が4か月、1級は6か月となります。ただし、標準学習期間の2倍まで在籍可能ですので、2級は8か月、1級は12か月までは在籍可能です。

【特徴3】目指せる資格について

1級と2級それぞれ、「第一次検定」と「第二次検定」の両方に合格後、1級土木施工管理技士または2級土木施工管理技士の資格が得られます。ただし、1級には学歴や実務経験など受験資格が必要となります。

【特徴4】教材の特徴について

まず、2級土木施工管理技士講座で使用される教材を紹介します。

<2級土木施工管理技士の教材>

  • 主テキスト2冊「要点テキスト第一次検定」、「実戦セミナー第二次検定」
  • 別冊:「即戦問題集」
  • レポート回数:必修課題4回、任意提出課題2回

 

続いて、1級土木施工管理技士講座で使用される教材を紹介します。

<1級土木施工管理技士の教材>

  • 主テキスト2冊「要点テキスト第一次検定」、「実戦セミナー第二次検定」
  • 別冊:「即戦問題集」
  • レポート回数:必修課題 6 回、任意提出課題 1 回

ヒューマンアカデミー(たのまな)のテキストは分かりやすくする工夫が随所に凝らされています。2色刷りで見やすく、図表が多いので理解しやすい内容となっています。あと、学習ポイントと出題傾向が載っているので、他の参考書を用意することなくテキストひとつでおさえるべき重点ポイントを頭に入れることができます。また、1か月ごとにレポート提出があるので、学習の理解度と弱点を把握することが可能です。そして、即戦問題集を繰り返し解くことで知識の定着と得点力アップにつながります。

【特徴5】学習カリキュラムについて

主テキスト「要点テキスト第一次検定」を、1か月目学習の範囲から順番に学習していきましょう。1か月の学習時間の目安は16時間(4日×4時間)となっています。1か月の学習範囲が終わったら、レポートを提出して知識の理解度を確認します。このステップを繰り返していきます。任意提出課題についても積極的に取り組んでいきましょう。

【特徴6】サポート体制

ヒューマンアカデミー(たのまな)の1・2級土木施工管理技士通信講座は、手厚いサポートが充実しています。レポート課題も豊富で、2級は必修課題4回と任意提出課題2回の計6回、1級は必修課題 6回、任意提出課題 1 回の計7回あります。また、質問回数に制限がないのも嬉しいですね。質問はインターネットフォーム、メール、郵送、FAXから受付します、

【特徴7】キャンペーンについて

ヒューマンアカデミー(たのまな)の1・2級土木施工管理技士通信講座では、現在キャンペーンはありません。

【特徴8】教育訓練給付金制度について

ヒューマンアカデミー(たのまな)の1・2級土木施工管理技士通信講座は、教育訓練給付金制度の対象講座ではありません。

 

最短距離で合格へたのまなの1・2級土木施工管理技士講座

 

 

【第3位】独学サポート事務局の1・2級土木施工管理技士通信講座

独学サポート事務局

項目 2級土木施工管理技士
第一次・二次検定 独学サポート
1級土木施工管理技士
第一次・二次検定 独学サポート
価格

24,000円

26,000円

期間

申込手続完了日より二次試験日・前々日迄

申込手続完了日より二次試験日・前々日迄

目指せる資格

2級土木施工管理技士

1級土木施工管理技士

教材の特徴 ・出題傾向を分析した資料と独学をサポートする学習マニュアル付き
・第二次検定必須の経験記述の指導と添削あり
・直近10年間にわたる過去出題問題と解答
・模擬試験で試験直前に実力確認と弱点補強ができる
・希望者にはオプション講座も充実
学習カリキュラム

テキスト・問題集・二次対策教材・添削5回・過去問・模擬試験

サポート体制 ・メールで質問可
・新規試験情報配信
・添削5回
キャンペーン

『実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント』を無料配布中

教育訓練給付金制度

×

 

独学サポート事務局の1・2級土木施工管理技士通信講座の7つの特徴

独学サポート事務局の1・2級土木施工管理技士通信講座は、厳選された教材と情報配信、質問回答によって自宅での受験対策学習をサポートする講座です。特に、第二次検定でウェイトの高い工事経験記述問題の作成指導サービスに力を入れており、独学では気付くことのできない細かい点までチェックされることで作文力のアップにつながります。そして、独学サポート事務局は合格するための情報提供が細やかです。出題傾向を分析した資料や独学をサポートする学習マニュアルがあることで、合格に向けた効率的な学習をサポートしてくれます。更に、今なら通常教材に加えて『実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント』が無料で付いてくるのも嬉しいですね。

また、オプションで分野別のテキストや問題集が購入できる他、施工経験記述の作文作成代行DXが用意されています。これは、最新の出題課題に沿って受講者に合せたオリジナル記述文を作成し提供してくれるサービスとなっているため、工事経験がなかったり文章の苦手な人には最適のオプション講座となっています。

 

【特徴1】価格について

独学サポート事務局の1・2級土木施工管理技士通信講座は、2級が24,000円(税込)、1級は26,000円(税込)となります。

【特徴2】期間について

受講期間は、1級と2級どちらも申込手続完了日より二次試験日・前々日迄となっています。

【特徴3】目指せる資格について

1級と2級それぞれ、「第一次検定」と「第二次検定」の両方に合格後、1級土木施工管理技士または2級土木施工管理技士の資格が得られます。ただし、1級には学歴や実務経験など受験資格が必要となります。

【特徴4】教材の特徴について

1・2級土木施工管理技士通信講座で使用される教材を紹介します。

  • テキスト
  • 問題集
  • 二次対策教材
  • 受験対策10資料(出題傾向を分析した資料及び独学学習の指標となる情報配信)
  • 『実践!セコカン 確実に合格を勝ち取るための11のポイント』
  • 過去問題ファイル(直近10年間にわたる過去出題問題と解答[一次・二次])
  • 模擬試験:本番の試験直前に実力確認と弱点補強のための模擬問題を配布・配信

独学サポート事務局の1・2級土木施工管理技士通信講座の教材は、テキストや問題集に加えて試験に合格するための豊富な情報がつまった資料が付属されているので、知識の他にも試験対策に必要なポイントを学ぶことができます。

【特徴5】サポート体制

独学サポート事務局の1・2級土木施工管理技士通信講座は、プロによる添削指導が5回付いているので、独学では分からない客観的評価を受けることができます。また、疑問点はメールで質問が可能です。そして、最新の試験情報を随時提供しているので、試験事情の変化にも慌てずに対応することができるので安心です。

【特徴6】キャンペーンについて

独学サポート事務局の1・2級土木施工管理技士通信講座では、通常教材に加えて『実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント』を無料で配布しています。

【特徴7】教育訓練給付金制度について

独学サポート事務局の1・2級土木施工管理技士通信講座は、教育訓練給付金制度の対象講座ではありません。

 

【第4位】CIC日本建設情報センターの1・2級土木施工管理技士通信講座

CIC

項目 土木施工管理技士
2級(一次・二次)
土木施工管理技士
1級(一次)
土木施工管理技士
1級(二次)
価格 Webコース:40,000円
DVDコース:41,000円
Webコース:39,000円
DVDコース:40,000円
Webコース:27,000円
DVDコース:28,000円
期間

試験日当日まで

試験日当日まで

試験日当日まで

目指せる資格

2級土木施工管理技士

1級土木施工管理技士

1級土木施工管理技士

教材の特徴 ・本試験突破の合格力を養成する短期集中型実戦講座
・重要ポイントと過去の出題分析に基づき、合格対策のみに的を絞った講義
・模擬試験による知識の総チェックと弱点強化
・施工経験記述文の添削指導
・本試験突破の合格力を養成する短期集中型実戦講座
・重要ポイントと過去の出題分析に基づき、合格対策のみに的を絞った講義
・本試験突破の合格力を養成する短期集中型実戦講座
・施工経験記述文の添削指導
・重要ポイントと過去の出題分析に基づき、合格対策のみに的を絞った独自のプログラム
学習カリキュラム

映像通信講座・施工経験記述添削1回
収録時間:約15時間

DVDコースは7枚組

土木一般 / 専門土木 / 法規 / 共通工学 / 施工管理法
収録時間:約12時間

DVDコースは5枚組

映像通信講座・施工経験記述添削1回
収録時間:約7時間

DVDコースは3枚組

サポート体制 ・添削1回
・願書取り寄せ無料サービス(提出期日7日前までにお申込みの方限定)

・添削1回

キャンペーン

なし

教育訓練給付金制度

×

 

CIC日本建設情報センターの1・2級土木施工管理技士通信講座の特徴

CIC日本建設情報センターの1・2級土木施工管理技士通信講座は、2級(一次・二次)、1級(一次)、1級(二次)の3講座用意されています。試験傾向に基づいて、得点力を身につけていくカリキュラムとなっており、「理解」と「暗記」を使いわけてメリハリのある講義を展開していきます。広範囲にわかる学習単元のすべてを深く理解することは非効率的であり、合格点を取るには割り切って丸暗記して覚えることも重要だからです。

テキストは新試験制度に対応して全面改訂しており、効率的に分かりやすく学習できる構成となっています。出題傾向や考え方のポイントを講義で学んだ後は、実際にどのように出題されているのかを過去問題集を解くことで実践的に学ぶことができます。そして、二次試験対策では添削サービスも1回付いているので、客観的にみて改善すべき点を教えてもらえます。より添削を受けたい方には、3回の添削が追加される添削充実コースもおすすめです。

 

【第5位】SATの1・2級土木施工管理技士通信講座

SAT

項目 2級(一次・二次) 1級(一次) 1級(二次)
価格 Eラーニング:43,780円
DVD講座:49,280円
Eラーニング+DVD講座:54,780円
Eラーニング:43,780円
DVD講座:49,280円
Eラーニング+DVD講座:54,780円
Eラーニング:38,280円
DVD講座:43,780円
Eラーニング+DVD講座:49,280円
期間

標準学習期間:1年間

※eラーニングの視聴期限は2024年12月31日まで
※質問サポート期限は2024年12月31日まで

標準学習期間:1年間

※eラーニングの視聴期限は2024年12月31日まで
※質問サポート期限は2024年12月31日まで

標準学習期間:1年間

※eラーニングの視聴期限は2024年12月31日まで
※質問サポート期限は2024年12月31日まで

目指せる資格

2級土木施工管理技士

1級土木施工管理技士

1級土木施工管理技士

教材の特徴 ・フルカラーで見やすく、要点が凝縮されたコンパクトなテキスト
・最新のシステムを駆使した講義動画とEラーニングシステムで効率的な学習
・知識だけでは難しい経験記述も、答案事例集の活用で効果的に学習
・フルカラーで見やすく、要点が凝縮されたコンパクトなテキスト
・最新のシステムを駆使した講義動画とEラーニングシステムで効率的な学習
・フルカラーで見やすく、要点が凝縮されたコンパクトなテキスト
・最新のシステムを駆使した講義動画とEラーニングシステムで効率的な学習
・知識だけでは難しい経験記述も、答案事例集の活用で効果的に学習
学習カリキュラム

講座ガイダンス
テキスト4冊
過去問題集(5年分)
精選問題集
経験記述添削3回分
経験記述添削答案集
動画視聴約33.8時間

スマートEシステム
・講義音声ダウンロード
・講師への質問
・確認問題 など

講座ガイダンス
テキスト3冊
過去問題集(5年分)
精選問題集
動画視聴約30時間

スマートEシステム
・講義音声ダウンロード
・講師への質問
・確認問題 など

講座ガイダンス
テキスト1冊
過去問題集(5年分)
精選問題集
経験記述添削3回分
経験記述添削答案集
動画視聴約13時間

スマートEシステム
・講義音声ダウンロード
・講師への質問 など

サポート体制 ・スマートeシステムによる質問は10回まで無料
・30日間の返金保証
・破損や不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時のサポート期間6か月延長
・資料請求で各講座のサンプルテキストをプレゼント
・経験記述の答案事例集プレゼント
・スマートeシステムによる質問は10回まで無料
・30日間の返金保証
・破損や不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時のサポート期間6か月延長
・資料請求で各講座のサンプルテキストをプレゼント
・スマートeシステムによる質問は10回まで無料
・30日間の返金保証
・破損や不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時のサポート期間6か月延長
・資料請求で各講座のサンプルテキストをプレゼント
・経験記述の答案事例集プレゼント
キャンペーン

なし

なし

なし

教育訓練給付金制度
※Eラーニング+DVD講座のみ

※Eラーニング+DVD講座のみ

※Eラーニング+DVD講座のみ
 

SATの1・2級土木施工管理技士通信講座の特徴

SATのテキストはフルカラーで視覚的にも見やすく、内容も要点をしぼってコンパクトにまとめられています。他社の参考書とくらべると非常に薄いテキストですが、最小の努力で最大の効果が発揮できるように設計されているので、効率的に試験対策ができる内容となっています。また、最新のEラーニングシステムにより、講義の視聴はもちろんスケジュール管理や暗記対策までスマホでできるので便利です。また、講義映像の質にもこだわり、専用スタジオで収録された高品質の映像授業を視聴することができます。1講義が10分から30分以内と短いので、スキマ時間を利用して無理なく取り組める内容となっています。

あと、SATは返品や返金保証、不合格時のサポート期間延長など補償制度が充実しているので、安心して受講できます。そして、二次対策付きの講座には経験記述の答案事例集がプレゼントとなっています。29名以上の添削事例が掲載されているため、記述が苦手な人でも答案の傾向を掴むことができますよ。

 

 

最短距離で合格へSATの1・2級土木施工管理技士講座

 

 

【第6位】日建学院の1・2級土木施工管理技士通信講座

日建学院

項目 2級土木施工管理技士 1級土木施工管理技士
価格

ストレート合格パック:385,000 円
一次・二次Webコース: 275,000 円

一次Webコース:
一般308,000 円
学生198,000 円

二次本科Webコース: 165,000 円

期間 ストレート合格パック:約7ヵ月
一次・二次Webコース:約4ヵ月・29回
一次Webコース: 約4ヵ月・28回
二次本科Webコース:約2ヶ月・15回
目指せる資格

2級土木施工管理技士

1級土木施工管理技士

教材の特徴

共通の特徴:
・出題傾向を徹底分析した分かりやすい教材
・土木施工の基本ポイントを学習できるマンガテキスト付き
・経験記述の記述ポイントや留意事項をまとめた二次対策テキストと演習問題

ストレート合格パック:
・年間を通して受験対策を準備できる講座

一次・二次Webコース:
・効率よくWebで学習できるカリキュラム
・毎回の講義範囲を宿題で予習し、講義受講後のテストで理解度を確認する学習サイクル
・新試験制度対応の最新講座

共通の特徴:
・出題傾向を徹底分析した分かりやすい教材

一次Webコース:
・新試験制度対応の最新講座で施工管理法の応用能力に関する出題(新科目)
・試験によく出る重要用語をイラスト付きでわかりやすくまとめた用語集

二次本科Webコース:
・記述式問題対策と重要問題解説の「2段階学習」
・新試験制度対応の最新講座で、施工管理法の知識に関する出題が追加
・経験記述事例研究集が付属

学習カリキュラム

ストレート合格パック:
一次試験対策
基本自宅学習[全5回]
基礎講座[全5回]
一次試験(6月試験)対策講座[全10回]
総仕上げ講座[全3回]

二次試験対策講座[全11回]

一次・二次Webコース:
基本自宅学習[全5回]
基礎講義[全5回]
総合対策講座[全20回]
総仕上げ講座[全4回]

一次Webコース:
基本自宅学習[全5回]
基礎講義[全5回]
合格講座[全16回]
直前講座[全8回]

二次本科Webコース:
自宅学習
記述式問題対策講座 [全8回]
重要問題解説講座 [全7回]

サポート体制

・人材開発支援助成金制度の対象講座(Webコースのみ)

・人材開発支援助成金制度の対象講座

キャンペーン

早期入学特典(Webコースのみ)で、開講前~開講前日までWeb講義を無償提供

なし

教育訓練給付金制度

 

日建学院の1・2級土木施工管理技士通信講座の特徴

日建学院の1・2級土木施工管理技士通信講座は、2級では一次・二次Webコース、1級は一次Webコースと二次本科Webコースがあります。試験のポイントがよく分かる映像講義と、出題傾向を分析したテキストで、知識と理解度を深めていきます。予習・講義・実力養成テスト・テスト解説・見直し学習のサイクルを繰り返すことで、試験突破力を高めていく講座です。

2級のストレート合格パックは7か月かけてじっくりと試験勉強に取り組みたい人向け、一次・二次Webコースは4か月の短期集中で取り組みたい人におすすめのカリキュラムとなっています。一方、1級の学習期間は、一次Webコースと二次本科Webコース合わせて約6か月です。また、日建学院の1・2級土木施工管理技士通信講座では教育訓練給付金制度を利用できます。

 

スポンサーリンク

1・2級土木施工管理技士通信教育講座の選び方のポイント

ここでは、1・2級土木施工管理技士通信教育講座の選び方を以下の9つのポイントに分けて紹介しています。

  1. 講座の費用や期間
  2. 教材や講義の内容
  3. 学習カリキュラム
  4. サポート体制の充実
  5. キャンペーンの充実
  6. 教育訓練給付金制度
  7. 会社の信頼性
  8. 合格率
  9. 口コミ・評判

では、さっそく見ていきましょう。

 

【選び方のポイント1】講座の費用や期間

ランキング各社の1・2級土木施工管理技士通信講座の受講費用と期間を、1級と2級それぞれ表にしています。

<1級試験>
それでは、1級試験について見ていきましょう。※費用はすべて税込
会社名 費用 期間
JTEX

34,100 円

6か月(12か月までは在籍可)

ヒューマンアカデミー(たのまな)

34,100円

6か月(12か月までは在籍可)

独学サポート事務局

26,000円

申込手続完了日より二次試験日・前々日迄

CIC日本建設情報センター

一次
Webコース:39,000円
DVDコース:40,000円

二次
Webコース:27,000円
DVDコース:28,000円

試験日当日まで

SAT

一次
Eラーニング:43,780円
DVD講座:49,280円
Eラーニング+DVD講座:54,780円

二次
Eラーニング:38,280円
DVD講座:43,780円
Eラーニング+DVD講座:49,280円

標準学習期間:1年間
※eラーニングの視聴期限は2024年12月31日まで
※質問サポート期限は2024年12月31日まで

日建学院

一次Webコース:
一般308,000 円
学生198,000 円

二次本科Webコース:
 165,000 円

一次Webコース: 約4ヵ月・28回
二次本科Webコース:約2ヶ月・15回

 

1級試験講座のある6社の平均費用は、121,377円となりました。CIC日本建設情報センターとSATはDVD講座で計算しており、日建学院の一次Webコースは一般料金で計算しています。また、日建学院は、6社の中で最も高い学費になっています。

 

<2級試験>
それでは、2級試験について見ていきましょう。※費用はすべて税込
会社名 費用 期間
JTEX

29,700 円

4か月(8か月までは在籍可)

ヒューマンアカデミー(たのまな)

29,700円

4か月(8か月までは在籍可)

独学サポート事務局

24,000円

申込手続完了日より二次試験日・前々日迄

CIC日本建設情報センター Webコース:40,000円
DVDコース:41,000円

試験日当日まで

SAT

Eラーニング:43,780円
DVD講座:49,280円
Eラーニング+DVD講座:54,780円

標準学習期間:1年間
※eラーニングの視聴期限は2024年12月31日まで
※質問サポート期限は2024年12月31日まで

日建学院 ストレート合格パック:385,000 円
一次・二次Webコース: 275,000 円
ストレート合格パック:約7ヵ月
一次・二次Webコース:約4ヵ月・29回

 

2級試験講座のある6社の平均費用は、83,213円となっています。CIC日本建設情報センターとSATはDVD講座で計算しており、日建学院はストレート合格パックで計算しました。1級試験講座よりも費用が安くなっています。教材の質や副教材の充実度、サポートの手厚さなどで費用は異なるので、安さだけですぐ決めるのではなく講座の内容をよく確認してから選ぶようにしましょう。

 

【選び方のポイント2】教材や講義の内容

1・2級土木施工管理技士試験では、第一次検定はマークシート方式の筆記試験、第二次検定は記述式の試験となります。出題は広範囲にわたるので、計画的に学習を進めていく必要があります。また、第二次検定の経験記述においては、筆記試験の知識に加えて自分の経験を分かりやすく伝える作文力が求められます。イラストや図解が多かったりフルカラーで見やすいといった視覚的な配慮でいうと、JTEXやヒューマンアカデミー(たのまな)、SATのテキストはフルカラーなので、とても見やすい内容となっています。

また、二次試験の経験記述ではきめ細やかな添削指導をしてくれる講座がおすすめです。ヒューマンアカデミー(たのまな)と独学サポート事務局は、添削指導が付いているので作文が苦手な人でも安心して取り組むことができます。そのほか、Eラーニングシステムや副教材の内容など各講座によって特徴があるので、自分にとって何が必要かを考えて選ぶようにしましょう。

 

【選び方のポイント3】学習カリキュラム

通信講座は、自分でスケジュールを立てて学習を進めていく必要がありますよね。ですから、自分が一番学習を続けられるカリキュラムかどうかは重要なポイントです。その点では、SATの講座はEラーニングシステムが充実しているので、スマホひとつで学習管理ができます。あと、独学サポート事務局は、自分で効率的に学習するためのマニュアルが付いているので、それにしたがって進めていけば安心です。

また、CIC日本建設情報センターでは、とにかく合格対策のみに的を絞って効率的に得点力を身につけていく講座です。理解すべきところと暗記で覚えてしまった方がいいところを割り切って進めていけるので、限られた期間の中で合格を目指すことができますよ。

 

【選び方のポイント4】サポート体制の充実

各社の1・2級土木施工管理技士講座のサポート体制はどうなっているのでしょうか。サポートの中でも、質問サービスと添削回数について表にまとめました。

 
会社名 質問サービス 添削回数
JTEX

質問券で可

×

ヒューマンアカデミー(たのまな)

無制限

1級:必修課題 6 回、任意提出課題 1 回
2級:必修課題4回、任意提出課題2回
独学サポート事務局

メールで可

5回

CIC日本建設情報センター

×

1回

SAT

10回まで無料

×

日建学院

×

×

 

JTEX、ヒューマンアカデミー(たのまな)は、質問サービスが無制限となっています。また、添削サービスについては、ヒューマンアカデミー(たのまな)が最も多い回数となっています。よって、質問サービスと添削回数ともに最も多いのは、ヒューマンアカデミー(たのまな)です。

 

【選び方のポイント5】キャンペーンの充実

こちらで紹介している6社のうち、2023年5月現在でキャンペーンを実施している会社は、独学サポート事務局と日建学院の2社となっています。

会社名 キャンペーン
独学サポート事務局 ・『実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント』を無料配布中
日建学院

・早期入学特典(2級Webコースのみ)で、開講前~開講前日までWeb講義を無償提供

 

【選び方のポイント6】教育訓練給付金制度

会社名 教育給付金制度
JTEX

×

ヒューマンアカデミー(たのまな)

×

独学サポート事務局

×

CIC日本建設情報センター

×

SAT

※Eラーニング+DVD講座のみ

日建学院

 

教育給付金制度を利用できるのは、6社中でSATと日建学院の2社となっています。

 

【選び方のポイント7】会社の信頼性

通信講座を利用する際、対面でのやり取りがほぼ無いことが多いので、困ったことや確認したい事がある時に会社が信頼できるかどうかは重要な点ではないでしょうか。会社の信頼性を判断するポイントとして、通信講座の開講数や1・2級土木施工管理技士資格につよいかなどが重要になります。JTEXは300講座以上の開講数を持ち、52年の経験と400名の講師で合格をサポートしています。SATは現場・技術系資格専門としているので、1・2級土木施工管理技士資格取得に関しても強みがあります。また、日建学院は40年、CIC日本建設情報センターは24年の実績があります。

これらの理由から、開講数や1・2級土木施工管理技士資格の強みで会社の信頼性を評価するならJTEX、SAT、日建学院、CIC日本建設情報センターと言えます。

 

【選び方のポイント8】合格率

1・2級土木施工管理技士試験の合格率は、1級の一次検定は合格率55%から60%程度、二次検定が合格率30%程度となっています。また、2級の一次検定では67%程度、二次検定が39%程度の合格率です。こちらで紹介している上位10社どの講座においても、学習カリキュラムに沿って試験に必要な勉強をこなしていけば合格できる内容となっていますが、その中でも、日建学院では多数の合格者数を誇っています。

 

【選び方のポイント9】口コミ・評判

各社の1・2級土木施工管理技士講座の口コミをまとめてみました。良い口コミ、悪い口コミそれぞれ紹介していますので参考にして下さい。(口コミは一部抜粋しています)

JTEXの1・2級土木施工管理技士講座の口コミ

良い口コミ

・テキストは、2級土木施工管理技士の試験に合格するために必要な知識が過不足なく体系的に整理されており、学習しやすかったです。

・土木技術者として必要な知識を、2級土木施工管理技士の受験対策を通して新たに身につけたり、大学・大学院での知識の学び直しができたことが良かったです。
(公式サイトより)

ヒューマンアカデミー(たのまな)の1・2級土木施工管理技士講座の口コミ

良い口コミ

・教材がわかりやすい。勉強スケジュールも添付されているので、困らない。
(みん評より)

・普通に取り組めば合格できるようなカリキュラムがきちんと組んである。
(みん評より)

悪い口コミ

・勧誘電話がしつこい。
(みん評より)

・申し込み後は一点、事務の対応が冷たい。そして煩雑。
(みん評より)

・e-ラーニングの音声が不具合多い。
(みん評より)

独学サポート事務局の1・2級土木施工管理技士講座の口コミ

良い口コミ

・一つ一つの情報ファイルの内容が学習方法のポイントをよくついていて大変効率よく学習ができました。これぞインターネット時代の利の産物なのだと感心しております。
(公式サイトより)

・作文作成をお願いしました。その後、自分自身の現場に当てはめ、自分自身のオリジナルの内容を作成し、何度も添削して頂きました。疑問を持った所も試験直前まできっちりアドバイスを頂いた結果、無事に合格する事ができました。本当にありがとうございました。
(公式サイトより)

・特に「受験の心得」「実践!セコカン・・・」はとても役に立ち、本番で落ち着いて望むことができました。
(公式サイトより)

・経験の浅い私でも合格することが出来、すばらしいカリキュラムで構成されていると思います。
(公式サイトより)

CIC日本建設情報センターの1・2級土木施工管理技士講座の口コミ

良い口コミ

・勉強効率が上がり、大変参考になった。
(公式サイトより)

・問題集の中身が的確かつピンポイントでわかりやすかった。
(公式サイトより)

・二次検定の添削指導がすごく役立った。
(公式サイトより)

悪い口コミ

・DVDの講義部の音声が小さく反響気味で聞き取りづらかった。

SATの1・2級土木施工管理技士講座の口コミ

良い口コミ

・SATの教材はカラーでわかりやすく、冊子とデータを用意していただいたので、冊子には受講中のメモを書くことができ、PDFを使用し移動中等に復習することができました。 講義については、動画・音声での講義を用意していただいており、シーンに応じて使い分けることができました。映像も音声も他社に比べて非常に質がよく、ストレスを感じることは全く無かったです。
(公式サイトより)

・動画講義がとても丁寧に解説して頂いた事で 記憶に残る勉強法が出来たと思っております。 テキストも重要視ポイントが解りやすく 繰り返し予習と復習をすることで文章を作成する 力がついたと感じました。
(公式サイトより)

悪い口コミ

・音声学習とDVD学習がやはり良かった。しかし、誤植や間違い、説明があいまいな部分もあり残念だった。
(公式サイトより)

・テキスト、DVD共によさそうだが、添削が少ない。
(公式サイトより)

日建学院の1・2級土木施工管理技士講座の口コミ

良い口コミ

・Web受講で時間を短縮して効率的に学習できた。
(公式サイトより)

・実際の工事の様子や、工事機械などが画像で見られるので、イメージが掴みやすいです。問題集は過去の出題傾向を分析し、出題頻度の高い問題を重点的にピックアップされているので、効率的に勉強できます。更に、この試験の最大の難関である経験記述についても例文が豊富に掲載されているので、とても参考になります。
(みん評より)

悪い口コミ

・映像授業、無駄なことは教えず淡々とやるのは良いけど早いし質問できないし先生が常に付いている訳ではないので分からない事を聞けないので置いていかれるし眠くなる。

・初心者向けのコースでも教材自体の料金がやや高いかなとは思います。
(みん評より)

 

スポンサーリンク

1・2級土木施工管理技士の通信講座の比較

ここで紹介している1・2級土木施工管理技士通信講座を開講している6社について、9つのポイントを表にまとめたので比較していきましょう。

会社 料金(税込) 期間 教材・講義内容 サポート キャンペーン 教育訓練給付金制度 会社の信頼性 合格率 口コミ・評判
JTEX

2級土木施工管理技士受験合格講座
特別受講料:27,500 円
一般受講料:29,700 円

1級土木施工管理技士受験合格講座
特別受講料:31,900 円
一般受講料:34,100 円

2級
4か月(8か月までは在籍可)

1級
6か月(12か月までは在籍可)

・第二次検定の合格に欠かせない経験記述のレポートあり
・主テキストと問題集のシンプルな構成
・ポイントをおさえた2色刷りのテキスト
・実践力が身につく問題集
・第一次検定と第二次検定に分かれた教材(テキスト・レポート)で分かりやすい(1級)
・第一次検定から第二次検定にあわせたスケジュールで学習(1級)
・12か月まで在籍可能
・質問券を利用して講師に質問可
・除籍後1年以内に限り同じ講座を割引料金で受講可

なし

×

開講数300以上と52年の経験

・必要な知識が過不足なく体系的に整理されている

ヒューマンアカデミー(たのまな)

2級土木施工管理技士受験合格講座
29,700円

1級土木施工管理技士受験合格講座
34,100円

2級
4か月(8か月までは在籍可)

1級
6か月(12か月までは在籍可)

・すべて2色刷りで、年次版のテキスト(毎年春、新年度版に切替)
・第一次検定はマークシート、第二次検定は記述式(講師による添削)という実際の国家試験に即したレポートで学習
・経験記述の添削指導を受けることができる
・質問は無制限
・無料オンラインセミナーの開催
・再チャレンジ制度でと同一の講座が半額
・継続(リピート購入)割引サポートで10%OFF
・紹介割引で10%OFF
・セット割引で2講座目以降10%OFF
・ペア割引で10%OFF
・ヒューマンアカデミーコミュニティで情報交換ができる

なし

×

・普通に取り組めば合格できるようなカリキュラム
・e-ラーニングの音声が不具合多い
独学サポート事務局

2級土木施工管理技士
第一次・二次検定 独学サポート
24,000円

1級土木施工管理技士
第一次・二次検定 独学サポート
26,000円

申込手続完了日より二次試験日・前々日迄

・出題傾向を分析した資料と独学をサポートする学習マニュアル付き
・第二次検定必須の経験記述の指導と添削あり
・直近10年間にわたる過去出題問題と解答
・模擬試験で試験直前に実力確認と弱点補強ができる
・希望者にはオプション講座も充実
・メールで質問可
・新規試験情報配信
・添削5回

・『実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント』を無料配布中

×

・一つ一つの情報ファイルの内容が学習方法のポイントをよくついていて大変効率よい

CIC日本建設情報センター

土木施工管理技士 2級(一次・二次)
Webコース:40,000円
DVDコース:41,000円

土木施工管理技士 1級(一次)
Webコース:39,000円
DVDコース:40,000円

土木施工管理技士 1級(二次)
Webコース:27,000円
DVDコース:28,000円

試験日当日まで

・本試験突破の合格力を養成する短期集中型実戦講座
・過去の出題分析に基づく最重要項目に的を絞った講義
・新試験制度に沿って「知識」と「能力」の論点をテキストに一元化
・過去問演習による本試験を想定した具体的対策
・添削1回
・願書取り寄せ無料サービス(2級のみ。提出期日7日前までにお申込みの方限定)

なし

×

24年の実績

・二次検定の添削指導がすごく役立った
・DVDの講義部の音声が小さく反響気味で聞き取りづらかった
SAT

2級(一次・二次)・1級(一次)
Eラーニング:43,780円
DVD講座:49,280円
Eラーニング+DVD講座:54,780円

1級(二次)
Eラーニング:38,280円
DVD講座:43,780円
Eラーニング+DVD講座:49,280円

・フルカラーで見やすく、要点が凝縮されたコンパクトなテキスト
・最新のシステムを駆使した講義動画とEラーニングシステムで効率的な学習
・知識だけでは難しい経験記述も、答案事例集の活用で効果的に学習(二次)
・30日間の返金保証
・破損や不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時のサポート期間6か月延長

なし

×

現場・技術系資格専門

・テキストも重要視ポイントが解りやすい
・添削が少ない
日建学院

2級土木施工管理技士
ストレート合格パック:385,000円
一次・二次Webコース: 275,000円

1級土木施工管理技士
一次Webコース:一般308,000円
学生198,000円
二次本科Webコース:165,000円

2級 ストレート合格パック:約7ヵ月

1級 一次Webコース: 約4ヵ月・28回

・出題傾向を徹底分析した分かりやすい教材
・土木施工の基本ポイントを学習できるマンガテキスト付き(2級)
・経験記述の記述ポイントや留意事項をまとめた二次対策テキストと演習問題(2級)
・新試験制度対応の最新講座で施工管理法の応用能力に関する出題(新科目)(1級)

・人材開発支援助成金制度の対象講座(Webコースのみ)

早期入学特典(2級Webコースのみ)で、開講前~開講前日までWeb講義を無償提供

40年の実績

2022年2級土木施工管理技士二次検定合格者数1072名

・経験記述についても例文が豊富に掲載されていて参考になる

 

1・2級土木施工管理技士通信講座を料金比較

会社名 料金(税込)
JTEX

2級土木施工管理技士受験合格講座
特別受講料:27,500 円
一般受講料:29,700 円

1級土木施工管理技士受験合格講座
特別受講料:31,900 円
一般受講料:34,100 円

ヒューマンアカデミー(たのまな)

2級土木施工管理技士受験合格講座
29,700円

1級土木施工管理技士受験合格講座
34,100円

独学サポート事務局

2級土木施工管理技士
第一次・二次検定 独学サポート
24,000円

1級土木施工管理技士
第一次・二次検定 独学サポート
26,000円

CIC日本建設情報センター

土木施工管理技士 2級(一次・二次)
Webコース:40,000円
DVDコース:41,000円

土木施工管理技士 1級(一次)
Webコース:39,000円
DVDコース:40,000円

土木施工管理技士 1級(二次)
Webコース:27,000円
DVDコース:28,000円

SAT

2級(一次・二次)・1級(一次)
Eラーニング:43,780円
DVD講座:49,280円
Eラーニング+DVD講座:54,780円

1級(二次)
Eラーニング:38,280円
DVD講座:43,780円
Eラーニング+DVD講座:49,280円

日建学院

2級土木施工管理技士
ストレート合格パック:385,000円
一次・二次Webコース: 275,000円

1級土木施工管理技士
一次Webコース:一般308,000円
学生198,000円
二次本科Webコース:165,000円

 

上記の表より、受講料の高い順に1級試験講座と2級試験講座別に並べました。

1級試験講座の受講料高い順

  1. 日建学院 (一次Webコース:一般)
  2. 日建学院 (一次Webコース:学生)
  3. SAT(Eラーニング+DVD講座)
  4. SAT(DVD講座)
  5. SAT(Eラーニング)
  6. CIC日本建設情報センター(DVDコース)
  7. CIC日本建設情報センター(Webコース)
  8. JTEX・ヒューマンアカデミー(たのまな)
  9. 独学サポート事務局

2級試験講座の受講料高い順

  1. 日建学院(ストレート合格パック)
  2. SAT(Eラーニング+DVD講座)
  3. SAT(DVD講座)
  4. SAT(Eラーニング)
  5. CIC日本建設情報センター(DVDコース)
  6. CIC日本建設情報センター(Webコース)
  7. JTEX・ヒューマンアカデミー(たのまな)
  8. 独学サポート事務局

受講スタイルや添削指導の有無で、受講料は大きく変わってきます。特に二次検定対策においては、経験記述対策があるので、添削指導が受けられる講座も見られます。どちらの級も共通で、最も費用が高いのは日建学院となっています。一方で、独学サポート事務局は添削指導が付いていながら相場よりかなり安価となっています。

 

1・2級土木施工管理技士通信講座を期間比較

会社名 期間
JTEX 2級:4か月(8か月までは在籍可)
1級:6か月(12か月までは在籍可)
ヒューマンアカデミー(たのまな) 2級:4か月(8か月までは在籍可)
1級:6か月(12か月までは在籍可)
独学サポート事務局

申込手続完了日より二次試験日・前々日迄

CIC日本建設情報センター

試験日当日まで

SAT

日建学院 2級 ストレート合格パック:約7ヵ月
1級 一次Webコース: 約4ヵ月・28回

 

受講期間で比較してみると、最も短いのは1級ではJTEX、ヒューマンアカデミー(たのまな)、日建学院がそれぞれ6か月となっています。また、2級ではJTEX、ヒューマンアカデミー(たのまな)、日建学院の一次・二次Webコースが4か月となっています。一方、最も長いのはどちらの級においてもSATで、1年間の受講期間となっています。試験まで余裕がありじっくりと試験対策の学習を進めたい人にはSATを、短期集中で合格を目指したい人はJTEX、ヒューマンアカデミー(たのまな)、日建学院がおすすめと言えます。

 

1・2級土木施工管理技士通信講座を教材・講義内容比較

会社名 教材・講義内容
JTEX ・第二次検定の合格に欠かせない経験記述のレポートあり
・主テキストと問題集のシンプルな構成
・ポイントをおさえた2色刷りのテキスト
・実践力が身につく問題集
・第一次検定と第二次検定に分かれた教材(テキスト・レポート)で分かりやすい(1級)
・第一次検定から第二次検定にあわせたスケジュールで学習(1級)
ヒューマンアカデミー(たのまな) ・すべて2色刷りで、年次版のテキスト(毎年春、新年度版に切替)
・第一次検定はマークシート、第二次検定は記述式(講師による添削)という実際の国家試験に即したレポートで学習
・経験記述の添削指導を受けることができる
独学サポート事務局 ・出題傾向を分析した資料と独学をサポートする学習マニュアル付き
・第二次検定必須の経験記述の指導と添削あり
・直近10年間にわたる過去出題問題と解答
・模擬試験で試験直前に実力確認と弱点補強ができる
・希望者にはオプション講座も充実
CIC日本建設情報センター ・本試験突破の合格力を養成する短期集中型実戦講座
・過去の出題分析に基づく最重要項目に的を絞った講義
・新試験制度に沿って「知識」と「能力」の論点をテキストに一元化
・過去問演習による本試験を想定した具体的対策
SAT ・フルカラーで見やすく、要点が凝縮されたコンパクトなテキスト
・最新のシステムを駆使した講義動画とEラーニングシステムで効率的な学習
・知識だけでは難しい経験記述も、答案事例集の活用で効果的に学習(二次)
日建学院 ・出題傾向を徹底分析した分かりやすい教材
・土木施工の基本ポイントを学習できるマンガテキスト付き(2級)
・経験記述の記述ポイントや留意事項をまとめた二次対策テキストと演習問題(2級)
・新試験制度対応の最新講座で施工管理法の応用能力に関する出題(新科目)(1級)

 

JTEXやヒューマンアカデミー(たのまな)、SATのテキストはフルカラーですので視覚的にインプットしやすい点が魅力です。あと、SATはEラーニングシステムで講義視聴や学習管理が可能なので、通勤時間やスキマ時間を有効活用して学習に取り組むことができる点が便利です。それから、ヒューマンアカデミー(たのまな)と独学サポート事務局は、添削指導が付いているので経験記述対策が万全に行えます。

このように、テキストがフルカラーで見やすいもの、オンライン学習が充実しているもの、添削指導が手厚いものなど各講座それぞれ特色があるので、自分にとってどこを重視するかで比較してみましょう。各講座のホームページには、教材やカリキュラム内容が詳しく掲載されているので、確認して下さいね。

 

1・2級土木施工管理技士通信講座をサポート面から比較

会社名 サポート
JTEX ・12か月まで在籍可能
・質問券を利用して講師に質問可
・除籍後1年以内に限り同じ講座を割引料金で受講可
ヒューマンアカデミー(たのまな) ・質問は無制限
・無料オンラインセミナーの開催
・再チャレンジ制度でと同一の講座が半額
・継続(リピート購入)割引サポートで10%OFF
・紹介割引で10%OFF
・セット割引で2講座目以降10%OFF
・ペア割引で10%OFF
・ヒューマンアカデミーコミュニティで情報交換ができる
独学サポート事務局 ・メールで質問可
・新規試験情報配信
・添削5回
CIC日本建設情報センター ・添削1回
・願書取り寄せ無料サービス(2級のみ。提出期日7日前までにお申込みの方限定)
SAT ・30日間の返金保証
・破損や不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時のサポート期間6か月延長
日建学院

・人材開発支援助成金制度の対象講座(Webコースのみ)

 

質問サービスや添削の他にも、受講期限の延長やWeb動画やEラーニングなどのサポートが充実している講座が多く見られます。Eラーニングなどのサポートが充実しているのは、SATです。例えば、SATはスマホの写真を送信して質問できたり、Web上で演習問題を解いたりできて便利です。他にも、返品、返金保証や不合格時のサポート期間延長など補償制度が用意されています。あと、ヒューマンアカデミー(たのまな)では再チャレンジ制度やセット割などの割引サポートが豊富な点がお得です。また、独学サポート事務局は添削が5回と、一人でも学習を進められるマニュアルが付いています。

 

1・2級土木施工管理技士通信講座のキャンペーン情報を比較

会社名 キャンペーン
JTEX

なし

ヒューマンアカデミー(たのまな)

なし

独学サポート事務局

・『実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント』を無料配布中

CIC日本建設情報センター

なし

SAT

なし

日建学院

早期入学特典(2級Webコースのみ)で、開講前~開講前日までWeb講義を無償提供

 

2023年5月現在でキャンペーンを実施している会社は、独学サポート事務局と日建学院の2社となっています。独学サポート事務局では、『実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント』を無料配布しており、これが受験に役立ったという声があります。今後もさまざまなキャンペーンが展開される可能性もあるので、公式ホームページなどで情報をチェックしましょう。

 

1・2級土木施工管理技士通信講座の教育訓練給付金制度を比較

会社名 教育訓練給付金制度
JTEX

×

ヒューマンアカデミー(たのまな)

×

独学サポート事務局

×

CIC日本建設情報センター

×

SAT

×

日建学院

 

教育訓練給付制度の対象となっているのは、SATと日建学院の2社となっています。SATでは、対象となるのがEラーニング+DVD講座のみとなっているので注意しましょう。制度を利用できる対象の方は、受講料の20%が支給されるのでお得に受講できます。自分が対象かどうかまず確認してみて下さいね。

 

1・2級土木施工管理技士通信講座を会社の信頼性で比較

会社名 会社の信頼性
JTEX

開講数300以上と52年の経験

ヒューマンアカデミー(たのまな)

独学サポート事務局

CIC日本建設情報センター

24年の実績

SAT

現場・技術系資格専門

日建学院

40年の実績

 

企業の実績から信頼性を比較すると、JTEXは52年の実績と300以上の講座数を持っています。また、SATは現場・技術系資格専門としているので、1・2級土木施工管理技士資格取得に関しても強みがあります。また、日建学院は40年、CIC日本建設情報センターは24年の実績があります。

 

1・2級土木施工管理技士通信講座を合格率で比較

会社名 合格率
JTEX

ヒューマンアカデミー(たのまな)

独学サポート事務局

CIC日本建設情報センター

SAT

日建学院

2022年2級土木施工管理技士二次検定合格者数1072名

 

1・2級土木施工管理技士試験の合格率は、1級の一次検定は合格率55%から60%程度、二次検定が合格率30%程度となっています。また、2級の一次検定では67%程度、二次検定が39%程度の合格率です。そのような中で、日建学院における2022年の合格者数は、1級で1894名、1072名となっており、多数の合格者を輩出しています。

 

1・2級土木施工管理技士通信講座の口コミ・評判で比較

会社名 口コミ・評判
JTEX

・必要な知識が過不足なく体系的に整理されている

ヒューマンアカデミー(たのまな) ・普通に取り組めば合格できるようなカリキュラム
・e-ラーニングの音声が不具合多い
独学サポート事務局 ・一つ一つの情報ファイルの内容が学習方法のポイントをよくついていて大変効率よい
CIC日本建設情報センター ・二次検定の添削指導がすごく役立った
・DVDの講義部の音声が小さく反響気味で聞き取りづらかった
SAT ・テキストも重要視ポイントが解りやすい
・添削が少ない
日建学院 ・経験記述についても例文が豊富に掲載されていて参考になる

 

ここで紹介されている各社の口コミについて、講座の内容が分かりやすく効率的に学習できたなどの良い口コミが全体的に多く見られましたが、良い口コミだけで判断するのではなく、時に見受けられるマイナスな口コミも参考にしましょう。ヒューマンアカデミー(たのまな)の口コミの中には、質問が無制限とあるものの質問ができなかったり、思うようなサポートを受けられなかったという声が上がっていました。

 

スポンサーリンク

1・2級土木施工管理技士は通信と独学どちらがおすすめ?

1・2級土木施工管理技士の資格を取得するには、通信教育の利用をおすすめします。一般的に、1・2級土木施工管理技士の試験合格に必要な勉強時間は、1級試験は500時間から700時間程度、2級試験は100時間程度とされています。特定の学科を履修していない人ですと、実務経験以上に多くの勉強時間が必要になりますし、それらを完全に独学で行うのは不安ではないでしょうか。

通信講座では、要点をおさえた分かりやすいテキストや問題集を使って効率よく学習できるカリキュラムが組まれていますし、二次検定講座では経験記述の添削サポートが手厚い講座が多くなっています。また、Eラーニング等のWebサービスがある講座を利用すれば、移動時間やスキマ時間も勉強タイムにすることができるので、忙しい方でも効率よく学習することができます。

ぜひ、自分に合った通信講座を選択して資格取得を目指しましょう。

関連記事1・2級土木施工管理技士を目指す方におすすめ参考書・問題集ランキング10選

 

スポンサーリンク

1・2級土木施工管理技士試験の試験日・試験内容と合格率

令和5年度の試験日と申込期間を表にまとめました。

  1級第1次検定 1級第2次検定 2級(第1次検定のみ)前期 2級(第1次検定のみ)後期 2級(第1次&2次・2次のみ)
受験申込

2023年3月17日(金)~2023年3月31日(金)

2023年3月17日(金)~2023年3月31日(金)

2023年3月1日(水)~2023年3月15日(水)

2023年7月5日(水)~2023年7月19日(水)

2023年7月5日(水)~2023年7月19日(水)

試験日

2023年7月2日(日)

2023年10月1日(日)

2023年6月4日(日)

2023年10月22日(日)

2023年10月22日(日)

合格発表

2023年8月9日(水)

2024年1月12日(金)

2023年7月4日(火)     

2023年11月30日(木)

【1次】2023年11月30日(木)
【2次】2024年2月7日(水)

※試験地は、札幌、釧路、青森、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、岡山、広島、高松、福岡、那覇の13地区(試験地については近郊都市も含みます。)

試験概要や合格率など、詳細は下記にまとめていますので、ご確認下さい。

関連記事1級土木施工管理技士資格試験の試験日・試験内容と合格率

関連記事2級土木施工管理技士資格試験の試験日・試験内容と合格率

 

スポンサーリンク

1・2級土木施工管理技士の通信講座に関するQ&A

1・2級土木施工管理技士通信講座に関するQ&Aをまとめました。

Q.経験記述は難しいでしょうか?

A. 文章の上手さやテーマソースの良し悪し、経験した工事のレベルなどは問われませんが、求められているものが何なのか、誰に向けて、何のために書かれるものなのかを考えて、充分な調査と検討をおこなった上で答案作成することを心がけましょう。

Q.工事施工の経験がありませんが大丈夫でしょうか?

A. 受験者の中にはそういった方が多いので、必要な試験対策を行えば大丈夫です。むしろ、実務経験が豊富だからといって試験にパスしやすいとは限らないので、実務と試験内容とは別のものと考えましょう。

Q.土木施工管理技士試験の受験資格を知りたいので教えて下さい。

A. 学歴・実務経験年数の組み合わせによって受験資格が得られます。なお、実務経験がまったくない方は受験できませんので、試験実施機関の定める実務経験を確認し、受験して下さい。

Q.土木施工管理技士取得のメリットは?

A.企業の技術力評価につながりますので、昇給や報奨金などの優遇措置を設ける会社が多いようです。また、1級の資格者は「監理技術者」、2級の資格者は「主任技術者」にそれぞれ就くことができ、責任ある仕事を任される立場になります。

Q.土木施工管理技士は女性が活躍できる資格ですか?

A. 土木施工管理技士の男女比は、9:1です。まだまだ男性優位の世界といえますが、受験者と合格者ともに年々女性の割合は増えています。

 

土木施工管理技士の参考書・問題集

職工所スタッフが厳選した最新のおすすめ参考書・問題集を集めてみました。土木施工管理技士は、土木工事の施工管理を行う仕事です。「 1・2級土木施工管理技士のおすすめ通信講座6選を徹底比較 」も参考にして合格を勝ち取ってくださいね‼

↓タップしてAmazonで確認する↓

 
 
 
 

その他の建築関係の検定・資格

電気系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

インテリア系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築模型系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

現場技術系の講習・教育の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築関連の資格学校


 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\建築資格を学ぶ・極める/

建築資格TOPはコチラ