間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

電気主任技術者のおすすめ通信講座10選を徹底比較!

電気主任技術者 おすすめ通信講座 建築関連の資格

電気主任技術者とは、電気工事における現場の保安や責任者として電気事業法に基づき設置義務のある国家資格です。特に、通称「電験三種」と呼ばれる第三種電気主任技術者は電気関連の業務で必須となっています。このように、とても需要のある資格ではありますが合格率が10%を切ることもある難易度の高い資格のため、独学で合格を目指すことは大変難しいかもしれません。そこで、上手に活用したいのが通信講座ですよね。通信講座は、忙しい方でも時間や場所を選ばずに学習することができます。

ここでは、電気主任技術者のおすすめ通信講座10選を徹底比較しています。費用や学習カリキュラムなど、選び方のポイントを徹底比較しながらまとめています。この記事を参考にして、ぜひご自分に最適な通信講座を探して下さいね。それでは、さっそく見ていきましょう。

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

このページの目次
スポンサーリンク
  1. 電気主任技術者の通信講座おすすめランキング
    1. 【第1位】ユーキャンの電気工事士通信講座
    2. 【第2位】JTEXの電気主任技術者通信講座
    3. 【第3位】たのまなの電気主任技術者通信講座
    4. 【第4位】SATの電気主任技術者通信講座
    5. 【第5位】TACの電気主任技術者通信講座
    6. 【第6位】日建学院の電気主任技術者通信講座
    7. 【第7位】東京電気技術教育センターの電気主任技術者通信講座
    8. 【第8位】資格センター/e-DENの電気主任技術者通信講座
    9. 【第9位】CIC日本建設情報センターの電気主任技術者通信講座
    10. 【第10位】能センの電気主任技術者通信講座
  2. 電気主任技術者通信教育講座の選び方のポイント
    1. 講座の費用や期間
    2. 教材や講義の内容
    3. 学習カリキュラム 
    4. サポート体制の充実
    5. キャンペーンの充実
    6. 教育訓練給付金制度
    7. 会社の信頼性
    8. 合格率
    9. 口コミ・評判
  3. 電気主任技術者の通信講座の比較
    1. 電気主任技術者通信講座を料金比較
    2. 電気主任技術者通信講座を期間比較
    3. 電気主任技術者通信講座を教材・講義内容比較
    4. 電気主任技術者通信講座をサポート面から比較
    5. 電気主任技術者通信講座のキャンペーン情報を比較
    6. 電気主任技術者通信講座の教育訓練給付金制度を比較
    7. 電気主任技術者通信講座を会社の信頼性で比較
    8. 電気主任技術者通信講座を合格率で比較
    9. 電気主任技術者通信講座の口コミ・評判で比較
  4. 電気主任技術者は通信と独学どちらがおすすめ?
  5. 電気主任技術者試験の試験日・試験内容と合格率
  6. 電気主任技術者の通信講座に関するQ&A

電気主任技術者の通信講座おすすめランキング

価格や特徴について、以下の表にまとめました。

順位 会社・講座名 特徴 価格
第1位 ユーキャンの電気主任技術者
通信講座
・重要ポイントをまとめたオリジナルテキスト
・副教材の「やさしい数学」があるので数学が苦手な人でも分かりやすい
・デジタル学習サイト「学びオンラインプラス」でいつでも学習できる
・メールや郵便で質問サービスあり
・標準学習期間12ヶ月+次期の試験月まで指導サポートあり

電験三種講座
一括払い:69,000円(税込)
分割払い:4,980円(税込)×14回

第2位 JTEXの電気主任技術者
通信講座
・3ステップで理解を深めるオリジナルテキスト
・オリジナル過去問題集付き
・レポート課題で丁寧な添削指導
・電子ブック問題集でどこでも知識の確認(電験三種)

電験三種徹底マスターコース
46,200円(税込)

電験二種受験合格講座
一般受講料:48,400円(税込)
特別受講料:46,200円(税込)

第3位 たのまなの電気主任技術者
通信講座
・重要点をまとめた初心者にもわかりやすいテキスト
・過去問題はDVDソフトに収録
・レポート提出で添削指導
・ユーキャンよりも安価

電験三種受験講座
一括払い:33,000円(税込)
分割払い:月々3,400円(税込)

電験二種受験合格講座
一括払い:46,200円(税込)
分割払い:月々4,800円(税込)

第4位 SATの電気主任技術者
通信講座
・フルカラーのオリジナルテキストで見やすく分かりやすい
・「Eラーニングシステム」を利用してスマホやパソコンからいつでも学習
・数学・電気が苦手でも理解しやすい「猫でも分かる電気講座シリーズ」を使用
・スマホやZOOMを利用した質問サービス
・不合格時も安心のサポート延長サービス

第三種電気主任技術者講座
E講座:119,680円(税込)
DVD講座:141,680円(税込)
E講座+DVD講座:152,680円(税込)

第二種電気主任技術者
E講座:195,800円(税込)
DVD講座:217,800円(税込)
E講座+DVD講座:239,800円(税込)

第5位 TACの電気主任技術者
通信講座
・フルカラーのTACオリジナル市販テキストを使用
・ミニテスト、トレーニング問題、実力テストで知識のアウトプット
・公開模試

第三種電気主任技術者
4科目完全合格コース<電気数学なし>
Web通信講座:255,000円(税込)
DVD通信講座:295,000円(税込)

第二種電気主任技術者
ストレート合格コース
Web通信講座:180,000円(税込)
DVD通信講座:220,000円(税込)

第6位 日建学院の電気主任技術者
通信講座
・過去問題を中心としたテキストで試験対策
・丁寧で分かりやすい日建学院オリジナルの映像講義

第三種電気主任技術者問題解説コース
33,000円(税込)
※キャンペーン価格(6月20日まで):26,400円

第7位 東京電気技術教育センター
の電気主任技術者通信講座
・基礎数学や基礎物理など基礎論理を徹底して学習
・実際の現場と同じ電気設備を使った体験講座あり
・実務経験豊富な講師陣による添削や質問サポートが受けられる

電験第3種コース
10,000円(税込)/日

電験第2種コース
12,000円(税込) /日

電験第1種コース
12,000円(税込) /日

第8位 資格センター/e-DEN
の電気主任技術者通信講座
・4科目で学ぶ内容を1冊にまとめた「電験三種 完全攻略」を使って効率的に学習
・合格点である60点から80点を目指す
・難問や奇問は除いて高頻出の問題を対策

電験三種合格道場 完全攻略コース
DVD:132,000円(税込)
オンライン:
6か月受講料(税込)58,100円
12か月受講料(税込)99,000円

電験二種ToKoToN講座
DVD:132,000円(税込)
オンライン:
6か月受講料(税込)82,300円
12か月受講料(税込)140,250円

第9位 CIC日本建設情報センター
の電気主任技術者通信講座
・Web講座とDVD講座から学習スタイルを選べる
・各分野で受講生から最も支持されている講師による解説

電験三種
97,000円(Web講座)
98,000円(DVD講座)

第10位 能センの電気主任技術者
通信講座
・担当講師が執筆したオリジナルテキストで80点以上を目指す
・自宅学習にも使える解説付き問題集や4科目分の添削課題が学習をサポート

第三種電気主任技術者(電験三種)
オンライン:148,500円(税込) 
通信講座:46,200円(税込)
オンライン+通信講座:143,000円(税込)

 

【第1位】ユーキャンの電気工事士通信講座

ユーキャン

CMでもおなじみ、ユーキャンの通信講座です。ユーキャンの電気主任技術者通信講座は、「電験三種講座」になります。

項目 電験三種講座
価格 一括払い:69,000円(税込)
分割払い:4,980円(税込)×14回
期間 12か月
目指せる資格 第三種電気主任技術者
教材の特徴 ・重要ポイントをまとめたオリジナルテキスト
・副教材の「やさしい数学」があるので数学が苦手な人でも分かりやすい
・デジタル学習サイト「学びオンラインプラス」でいつでも学習できる
・標準学習期間12ヶ月+次期の試験月まで指導サポートあり
学習カリキュラム ①1~3か月目:「理論」の科目から学習スタート
②4~6か月目:「機械」の科目を学習
③7~9か月目:「電力」の科目を学習
④10~11か月目:「法規」
⑤12か月目:「過去問題集」や「公式活用ナビ」で総復習
⑥受験
サポート体制 ・メールや郵便で質問サービスあり
・法改正情報をはじめ、試験に関係する最新情報のお知らせ
・「学びオンラインプラス」の利用でより知識の定着が高まる
・標準学習期間12ヶ月+次期の試験月まで指導サポートあり
キャンペーン なし
教育訓練給付金制度
 

ユーキャンの電験三種講座の8つの特徴

ユーキャンの電験三種講座は、学習サポートの手厚さが評判です。添削問題や模擬試験をはじめ、学びオンラインプラスによるスマホ学習や法改正など最新の情報を迅速に提供してくれるなど、あらゆる面から合格に向けて学習サポートしてくれます。独学では不安という方にも、質問サービスがあるので疑問点を解決できます。受講価格はやや高めにはなりますが、豊富な副教材や開講実績30年を誇る安定の講座で万全の対策をしたい方にはおすすめです。

 

【特徴1】価格について

ユーキャンの電験三種講座は、一括払いで69,000円(税込)、分割14回払いで税込 69,720円(税込)です。教育訓練給付制度が利用できるので、条件を満たせば最大で合計金額の20%が支給されてお得に受講できます。

【特徴2】期間について

ユーキャンの電験三種講座は、標準学習期間12か月です。更に、次期の試験月まで添削や質問などすべての指導サービスを受けることができます。

【特徴3】目指せる資格について

ユーキャンの電験三種講座は、第三種電気主任技術者を目指すことができます。

【特徴4】教材の特徴について

電験三種講座で使用される教材を紹介します。

  • メインテキスト6冊、副教材
    「やさしい数学」、「公式活用ナビ」、過去問題集、添削課題10回(第7~10回は「総合模擬試験」)、ガイドブック

良質な教材と評判のユーキャンのテキストは、効率よく合格を狙える内容となっています。メインテキストは、試験の実施科目に合わせて4科目で6冊の構成となっており、過去の出題傾向を徹底分析して試験によく出るポイントをまとめています。各レッスンのはじめに各章の学習ポイントをまとめているので、何を学習するのかが一目瞭然です。初心者にも理解しやすいようにイラストや図を豊富に用いています。また、難しい表現を避けた解説と専門用語をより詳しく説明しているので、とても分かりやすいと評判です。

ユーキャンは副教材も充実しています。「やさしい数学」は高校理系の数学をやさしく解説しています。合否のカギを握るのは、試験問題の約6割を占める計算問題と言われているので、数学が苦手な人や忘れてしまっている人も、「やさしい数学」や「公式活用ナビ」に取り組むことで安心して対策することができます。

学習の総仕上げには過去問題集を活用しましょう。問題のレベルは本番と同等なので、繰り返し解くことで実力アップにつながります。また、ユーキャン受講生限定の学習サイト「学びオンラインプラス」では、スマホやパソコンからいつでもミニテストを受けられるので、スキマ時間を上手に利用しながら知識の定着力アップができますよ。

【特徴5】学習カリキュラムについて

通学講座と異なり、通信講座は自分で学習のスケジュール管理をしないといけません。そのため、続けられるかどうか不安という人も多いかもしれませんよね。でも、ユーキャンの電験三種講座は自分専用のスケジューリングをしてくれるので安心して受講できます。万が一予定より学習が遅れてしまっても、自動でスケジュールをリカバリー作成してくれるので、慌てずに続けることができます。

【特徴6】サポート体制

独学で学習していると、分からないところがあるとつい後回しにしてしまいがちかもしれません。しかし、ユーキャンでは受講期間中メールや郵便で講師に質問ができるので、そのような心配もありません。あと、添削問題を定期的に提出することで受けられる丁寧な添削指導があります。電験三種講座の添削課題10回のうち、第7~10回は総合模擬試験となります。時間配分や出題形式など試験のシミュレーションができるので、試験対策を万全にすることができます。また、受講生専用のWebサービス「学びオンラインプラス」を活用することで、苦手な問題や弱点の克服につながります。

【特徴7】キャンペーンについて

ユーキャンの電験三種講座では、現在キャンペーンはありません。

【特徴8】教育訓練給付金制度について

ユーキャンの電験三種講座は、教育訓練給付金制度の対象講座です。制度を利用するための一定の条件を満たした人が対象講座を受講して修了すると講座料金の20%が支給されるので、第三種電気主任技術者の資格取得がお得になります。

 

【第2位】JTEXの電気主任技術者通信講座

JTEX

 
項目 電験三種徹底マスターコース 電験二種受験合格講座
価格 一般受講料:46,200円(税込)
特別受講料:44,000 円(税込)
一般受講料:48,400円(税込)
特別受講料:46,200円(税込)
期間 11か月(22か月まで在籍可) 6か月(12か月まで在籍可)
目指せる資格 第三種電気主任技術者 第二種電気主任技術者
教材の特徴 ・理論・電力・機械・法規の全4科目を基礎から徹底的に学習
・重要ポイントはカラー刷りで分かりやすいテキスト
・付属のDVDには最新試験まで網羅した過去問を収録の他、ゲームモードもあり飽きずに学習できる工夫あり
・ベテラン講師陣により、重要事項の指摘、計算上のテクニック、誤解しやすい箇所のアドバイスを徹底指導
・現場の知識を盛り込んだ応用力の高いテキスト
学習カリキュラム ①1~3か月目 理論1・2
②4〜6か月 電力1・2
③7〜9か月 機械1・2
④10・11か月 法規
①1~3か月目(上巻・中巻)が学科試験対策
②4か月目(下巻)が技能試験対策
サポート体制 ・11回のレポート提出による添削指導
・最長22か月まで在籍可能
・質問券(2枚)を利用して講師にできる
・除籍後1年に限り、同じ講座を割引価格で受講可能
・10回のレポート提出による添削指導(必修課題6回、自由提出課題4回)
・質問券(2枚)を利用して講師にできる
・除籍後1年に限り、同じ講座を割引価格で受講可能
キャンペーン なし
教育訓練給付金制度 ×
 

JTEXの電気主任技術者通信講座の7つの特徴

JTEXは、技術系資格試験対策講座をメインに扱っています。JTEXの電気主任技術者通信講座は、講座のラインナップが豊富なのでニーズに合わせて選びやすいのが特徴です。ここでは、電験三種徹底マスターコースと電験二種受験合格講座を紹介していきます。

電験三種徹底マスターコースの特徴は、11か月かけて試験に必要な理論・電力・機械・法規の全4科目を基礎から徹底的に学習するコースとなっています。レポートの提出回数も11回となっており、1か月に一度のペースで提出しますが、在籍期間は最長22か月となっているので余裕をもって取り組めるよう配慮されています。模擬テストや重要用語が収録されたDVDや、4年分の過去問と解説が収録された電子ブックなどの副教材も充実しているので、難しいと言われる電験三種の合格を力強くサポートしてくれる内容となっています。

電験二種受験合格講座の特徴は、電験三種に合格した人の次の目標となる電験二種の合格に向けて、経験豊富な講師陣が監修しています。良質な演習問題も盛り込まれたテキストとなっており、本番の試験問題に通ずる応用力を高めることができます。そして、電験三種より広範囲にわたる出題範囲を効率的に学習していける内容です。

 

【特徴1】価格について

電験三種徹底マスターコースは、一般受講料が46,200円(税込)で特別受講料は44,000円(税込)となっています。電験二種受験合格講座の一般受講料は48,400円(税込)で、特別受講料は46,200円(税込)です。特別受講料とは、法人や団体受講にあてはまります。ですので、個人の方は一般受講料になります。

【特徴2】期間について

電験三種徹底マスターコースの標準学習期間は11ヶ月、電験二種受験合格講座の標準学習期間は6か月となっています。どちらの講座も標準学習期間の2倍の期間まで在籍することはできますが、基本的には期間内にテキストや課題を修了するよう学習をすすめていきましょう。

【特徴3】目指せる資格について

電験三種徹底マスターコースは第三種電気主任技術者、電験二種受験合格講座は第二種電気主任技術者です。

【特徴4】教材の特徴について

まず、電験三種徹底マスターコースで使用される教材を紹介します。

<電験三種徹底マスターコースの教材>

  • テキスト7冊(理論:2冊・電力:2冊・機械:2冊・法規:1冊)
  • 別冊2冊:「学習をはじめるまえに」「前年問題と解答・解説」
  • オリジナル模擬テスト・解答解説(別送)
  • 模擬試験シミュレーションソフトDVD-ROM
  • 電子ブック問題集(過去4年分の問題と解答・解説)
  • レポート11回(理論:3回・電力:3回・機械:3回・法規:2回)
  • 過去問題集1冊

テキストは図や写真が豊富で分かりやすいテキストと充実の副教材で、難関と言われる電験三種の合格をサポートします。なかでも、模擬試験シミュレーションソフトDVD-ROM「media5 Premier 6 第三種電気主任技術者試験」は、資格・試験ジャンルNo.1の実績を誇る教材になっており、最新試験まで網羅された過去問が収録されています。繰り返し解くことで学習成果のチェックとや弱点攻略ができます。他にも、「単語帳」機能やゲームモードもあるのでさまざまな点から学習をサポートしてくれます。

 

続いて、電験二種受験合格講座の教材を紹介します。

<電験二種受験合格講座の教材>

  • テキスト5冊+別冊1冊
  • 別冊:「学習をはじめるまえに」
  • レポート10

現場の知識を盛り込んだ応用力の高い内容の教材となっています。テキストは、「本文解説」→「例題・解説」→「章末問題」の学習ステップを繰り返すことで、試験に通用する応用力を確実に高めていきます。

【特徴5】サポート体制

第一種電気工事士合格講座と第二種電気工事士受験講座ではそれぞれレポートを提出する課題があるので、丁寧な添削を受けることで客観的にフィードバックを得ることが可能です。また、質問券2枚を利用して講師に直接質問することができるので、疑問点を解消してから次の学習に進むことができます。

【特徴6】キャンペーンについて

JTEXの電気主任技術者通信講座では、現在キャンペーンはありません。

【特徴7】教育訓練給付金制度について

JTEXの電気主任技術者通信講座は、教育訓練給付金制度の対象講座ではありません。

 

 

 

 

【第3位】たのまなの電気主任技術者通信講座

たのまな

たのまなの電気主任技術者通信講座は、電験三種受験講座と電験二種受験合格講座があります。

項目 電験三種受験講座 電験二種受験合格講座
価格 一括払い:33,000円(税込)
分割払い:月々3,400円(税込)
一括払い:46,200円(税込)
分割払い:月々4,800円(税込)
期間 6か月(12か月までサポート受けられる)
目指せる資格 第三種電気主任技術者 第二種電気主任技術者
教材の特徴 ・重要点をまとめた初心者にもわかりやすいテキスト
・過去問題はDVDソフトに収録
・レポート提出で添削指導
・ユーキャンよりも安価
・高頻出の問題を重点的に学習できるテキスト
・最難関の二次試験対策は、自由提出課題の添削でテキストの執筆講師から直々に指導
学習カリキュラム ①講座テキスト(理論1、理論2、電力、機械1、機械2、法規の順番)
②レポート提出
③過去問題
④DVDで最終確認
①講座テキスト(理論、電力、機械1、機械2、法規・施設管理、二次試験対策の順番)
②必修レポート提出
③自由レポート提出
④章末問題を解く
サポート体制 ・インターネット、郵送、FAXで質問可
・添削指導が受けられる(6回まで)
・「再チャレンジ制度」で同一講座を半額
・継続割、紹介割、ペア割、セット割など割引制度が充実
・インターネット、郵送、FAXで質問可
・「質問券」を利用して郵送で質問可(2回)
・添削指導が受けられる(必修課題6回、自由提出課題4回)
・「再チャレンジ制度」で同一講座を半額
・継続割、紹介割、ペア割、セット割など割引制度が充実
キャンペーン なし
教育訓練給付金制度 ×
 

たのまなの電気主任技術者通信講座の7つの特徴

たのまなの電験三種受験講座は、「本文解説」→「例題」→「章末問題」の3ステップカリキュラムで合格に向けて着実に力をつけていける講座です。電験三種の難易度は易しいものではありませんが、3ステップを繰り返すことで、あやふやな点なく理解力を高めて合格力を身につけます。電験二種受験合格講座は、合格までに平均4~5年かかるといわれる難関資格の電験二種試験合格に向けて体系的カリキュラムで学ぶ受験講座です。電力技術の権威と言われる東京大学名誉教授の関根泰次先生監修による講座で、市販のテキストでは難しい効果的な学習ができます。

また、たのまなは再チャレンジ制度やセット割など割引制度が充実しているので、以前講座を受講したもののリタイアしてしまった人や、同時に他の受講を考えている人の資格取得をバックアップしてくれる点も嬉しいですよね。

 

【特徴1】価格について

電験三種受験講座は一括払いで33,000円(税込)、分割払いで月々3,400円(税込)となります。電験二種受験合格講座は46,200円(税込)で、分割払いで月々4,800円(税込)です。どちらも一括払いとなっています。

【特徴2】期間について

標準学習期間は6ヶ月となっているので、6ヶ月でテキストや課題を修了するよう学習をすすめていきましょう。でも、万が一遅れてしまってもサポート期間は12か月あるので安心して受講できます。

【特徴3】目指せる資格について

電験三種受験講座は第三種電気主任技術者、電験二種受験合格講座は第二種電気主任技術者です。

【特徴4】教材の特徴について

まず、電験三種受験講座で使用される教材を紹介します。

<電験三種受験講座の教材>

  • メインテキスト6冊
  • レポート課題(全6回)
  • 過去問題集
  • DVD

メインテキストは、理論1、理論2、電力、機械1、機械2、法規の6冊になります。各テキストには「学習のポイント」を掲載し、この科目の重要点や出題の傾向が一目瞭然です。重要な公式や用語はカラーで分かりやすくなっており、特に補足が必要なところは詳しく解説されています。また、章末問題では平成7年から現在までの過去問題から頻度の高い問題を扱っているので、出題傾向を知ることができます。

過去問題が収録されたDVDは、学習の総仕上げと弱点補強に役立ちます。単語帳機能もついているので、重要用語の確認に便利です。テキスト学習の他にもレポート課題が6回あるので、丁寧な添削指導を受けることができます。自分の得意不得意の分野を把握して、苦手なところや間違ったところは克服して次に繋げていきましょう。

 

続いて、電験二種受験合格講座の教材を紹介します。

<電験二種受験合格講座の教材>

  • メインテキスト5冊
  • 別冊「学習をはじめるまえに」
  • レポート課題(必修課題6回、自由提出課題4回分)

出題傾向を分析されたテキストは、広範囲にわたる出題範囲をよりきめ細やかにカバーしています。例題を取り入れた解説と各章末問題で一次試験対策をし、二次試験対策は問題集形式の構成です。計算問題の解き方も分かりやすく解説されています。また、新技術にも対応しているので万全の試験態勢で臨めます。別冊には、学習の進め方やコツなどがまとめられているので、これを読めばスムーズにカリキュラムを進めることができるので便利です。

【特徴5】サポート体制

インターネット、郵送、FAXで何度でも質問できるので、疑問点をそのままにしておくことなく学習を進めることができます。また、途中で辞めてしまった講座をリベンジする場合に半額で受けられる「再チャレンジ制度」や、継続割、紹介割、ペア割、セット割など利用すと受講料金が10%オフになります。

【特徴6】キャンペーンについて

たのまなの電気工事士通信講座では、現在キャンペーンはありません。

【特徴7】教育訓練給付金制度について

たのまなの電気工事士通信講座は、教育訓練給付金制度の対象講座ではありません。

 

最短距離で合格へたのまなの電気主任技術者講座

 

【第4位】SATの電気主任技術者通信講座

SAT

 
項目 第三種電気主任技術者 第二種電気主任技術者
価格 E講座:119,680円(税込)
DVD講座:141,680円(税込)
E講座+DVD講座:152,680円(税込)
E講座:195,800円(税込)
DVD講座:217,800円(税込)
E講座+DVD講座:239,800円(税込)
期間 4 / 6 / 12ヶ月 2024年11月30日まで
目指せる資格 第三種電気主任技術者 第二種電気主任技術者
教材の特徴 ・フルカラーで読みやすいテキスト
・「猫でも分かるシリーズ」で数学が苦手な人でも分かりやすく学習
・全科目のテキストも講義も同じ講師が担当し、学習内容を関連づけて解説しているので理解しやすい
・Eラーニングシステムで効率的な学習ができる
・スキマ時間を有効活用できる暗記カード
・フルカラーで図解も豊富な読みやすく、最新の法改正にも対応したテキスト
・教室で授業を受けているかのような臨場感あふれる講義と、丁寧な解説
・Eラーニングシステムで効率的な学習ができる
・スキマ時間を有効活用できる暗記カード
学習カリキュラム ①理論
②機械
③電力
④法規
⑤過去問題
①理論
②機械
③電力
④法規
⑤電力・管理 (計算)
⑥機械・制御
⑦過去問題
サポート体制 ・ZOOM 質問は受講期間中に1回15分 / 5回まで無料
・スマホから30回まで質問可能
・30日間の返金保証
・破損や不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時、動画視聴期限および質問サポートが2025年9月30日まで1年間延長(一括セットのみ)

・スマホから30回まで質問可能
・30日間の返金保証
・破損や不具合DVDの1年間交換サービス
・不合格時、動画の視聴期限・質問サポートが2025年11月30日まで1年間延長

キャンペーン なし
教育訓練給付金制度 ×
 

SATの電気主任技術者通信講座の特徴

SATの電気主任技術者通信講座は、テキスト・DVD・Eラーニングのさまざまな教材で基礎、過去問題、模擬試験を徹底指導していきます。フルカラーで図表が多く分かりやすさを重視したテキストと、ベテラン講師による丁寧な解説動画で、初心者でも分かりやすく学習を進めることができます。講座にはEラーニング講座、DVD講座、両方のセット講座から選んで受講できます。

また、最新のEラーニングシステムが充実しているので、講義・暗記・復習・テストまでPCやスマホからいつでも学習できます。1講義10分から20分前後でまとめられていて見やすく倍速視聴も可能なので、スキマ時間を有効活用できます。分からないところはスマホから写真を添付して質問できるので、言葉では表わすのが難しい問題も簡単に質問できるので便利ですし、第三種電気主任技術者ではZOOM質問サービスがあるので講師からマンツーマン指導を受けられます。

あと、SATは返品や返金保証、不合格時のサポート期間延長など補償制度が充実している点も安心できます。受講料は高めですが、プロによる徹底したカリキュラムと教材と充実のサポートを受けられる点では納得できる講座と言えます。

 

 

最短距離で合格へSATの電気主任技術者講座

 

 

【第5位】TACの電気主任技術者通信講座

TAC

 
項目 第三種電気主任技術者 第二種電気主任技術者
価格 4科目完全合格コース<電気数学なし>
Web通信講座:255,000円(税込)
DVD通信講座:295,000円(税込)
ストレート合格コース
Web通信講座:180,000円(税込)
DVD通信講座:220,000円(税込)
期間 9ヶ月~12ヶ月 8ヵ月~10ヵ月
目指せる資格 第三種電気主任技術者 第二種電気主任技術者
教材の特徴 ・基礎から始めて上期・下期2回の受験で合格を目指すコース
・一般的な電験対策講座カリキュラムの2倍以上の講義で且つ効率的に合格を目指す
・フルカラーで分かりやすいテキスト。また、ブラインドシートで暗記対策もできる
・1次も2次もしっかり対策できるオールインワンコース
・電験二種で必要となる「数学」の基礎からスタート
・2次(記述)試験対策の答案練習ができる
・フルカラーで分かりやすいテキスト。また、ブラインドシートで暗記対策もできる
学習カリキュラム

理論18回
機械19回
電力17回
法規9回
過去問特訓8回

全71回

数学
理論
1次総まとめ
2次プレ答練
電力・管理
機械・制御
2次総まとめ

全79回

サポート体制 ・全国模試全2回無料(2023年度上期向け・下期向け)
・オプション講座過去問特訓全8回(各科目2回)無料
・WEB・電話・メール・質問カード(郵送)で質問可
・オンライン質問で講師に直接質問可
・「i-support」で試験に関わる情報がタイムリーに分かる
・2次直前答練(全8回)
・WEB・電話・メール・質問カード(郵送)で質問可
・オンライン質問で講師に直接質問可
・「i-support」で試験に関わる情報がタイムリーに分かる
キャンペーン なし
教育訓練給付金制度 ×
 

TACの電気主任技術者通信講座の特徴

TACの電気主任技術者通信講座は、開講時期や学習レベルに合わせて最適なコースを選ぶことができます。ここでは、第三種電気主任技術者の4科目完全合格コース(電気数学なし)と、第二種電気主任技術者のストレート合格コースをピックアップしました。どちらもWebかDVD講座から選択できます。

電験三種の初学者におすすめは、4科目完全合格コースです。全範囲の基礎を効率的に学んでいきます。数学・電気の基礎的な内容と演習を加えた丁寧な講義で試験に必要な知識を習得していきます。更に、オプション講座では頻出問題で類題に対応できる力を身につけていきます。また、試験直前対策には予想全国公開模試を活用しましょう。電験二種を目指す方は、1次も2次もしっかり対策できるストレート合格コースがおすすめです。重点ポイントを絞った講義と2次試験(記述)の答案練習で合格を目指します。

 

【第6位】日建学院の電気主任技術者通信講座

日建学院

 
項目 第三種電気主任技術者
価格 第三種電気主任技術者問題解説コース:33,000円(税込)
※キャンペーン価格(6月20日まで):26,400円
期間 3か月
目指せる資格 第三種電気主任技術者
教材の特徴 ・過去問題480題をわかりやすく解説する講座
・試験のポイントが詰まった分かりやすい映像講義
学習カリキュラム 理論:13時間
電力:14時間
機械:15時間
法規:9時間
受験のための電気数学:4時間
サポート体制 早期入学特典で、前年8月試験翌日~当年5月下旬まで前年度版の視聴が可能
キャンペーン 6月20日まで20%OFFの26,400円
受講生紹介制度あり
教育訓練給付金制度 ×
 

日建学院の電気主任技術者通信講座の特徴

日建学院の電気主任技術者通信講座は、電気工学科の講師陣が過去問題480題を徹底解説しています。試験は出題範囲が広いので独学ではポイントを絞ることが難しい内容も、効率的に学習できます。映像講義では図や画像を多用して理解しやすい構成となっています。教材はダウンロード配信(PDFファイル)となっており、問題も繰り返しプリントアウトして利用できるのであらたに問題集を用意する必要はありません。1日1~2時間の学習を目安として2~3カ月で全科目を履修する講座ですので、短期間で第三種電気主任技術者の合格を目指したい人におすすめの講座です。

 

【第7位】東京電気技術教育センターの電気主任技術者通信講座

東京電気技術教育センター

東京電気技術教育センターの電気主任技術者講座はどのコースも通学講座のみとなっていますが、YouTubeチャンネルに講座の動画がコンパクトにまとめられているので、紹介しておきます。

項目 電験第3種コース 電験第2種コース 電験第1種コース
価格  10,000円(税込) /日 12,000円(税込) /日 12,000円(税込) /日
期間 7か月 9ヶ月 9ヶ月
目指せる資格 第三種電気主任技術者 第二種電気主任技術者 第一種電気主任技術者
教材の特徴 ・合格の近道といわれる基礎数学、基礎物理などの基礎的な知識の徹底
・実際に機器が設備されているので構造が理解しやすい
・実務経験豊富な講師陣による分かりやすい講義
・国内研修センターの中でも唯一の実習機材、測定器等で実習できる
学習カリキュラム

理論(1)
電力
機械
法規
理論(2)

一次受験講座
理論(1)
電力
機械
法規
理論(2)

二次試験受験講座
電力・管理
機械・制御

一次受験講座
理論(1)
電力
機械
法規
理論(2)

二次試験受験講座
電力・管理
機械・制御

サポート体制 講座を欠席した場合の受講料は返済
キャンペーン なし
教育訓練給付金制度 ×

 

東京電気技術教育センターの電気主任技術者通信講座の特徴

東京電気技術教育センターの電気主任技術者講座は、第三種から第一種まで目指せるコースが用意されています。東京電気技術教育センターでは、電気主任技術者や技術士といった電気のプロとして必要な資格を学べます。講座では、合格に必須な基礎理論の理解の徹底や、実際の機器を用いて構造と原理を学習していきます。センターには国内でも屈指の研修設備がそろっており、実際の機材や測定器を目で見て触れることで、テキストによる知識以上の理解を深めることができそうです。実体験を通して学びを深めていくことができるのは、対面講座ならではの魅力ですね。

また、東京電気技術教育センターのYouTubeチャンネルには、実際の講義をそのまま撮影した動画がアップされています。どの講義動画も10分程度にまとめられているので、ちょっとした時間に確認として視聴するのもおすすめですよ。

 

【第8位】資格センター/e-DENの電気主任技術者通信講座

資格センター/e-DEN

 
項目 電験三種合格道場 完全攻略コース 電験二種ToKoToN講座
価格

DVD:132,000円(税込)

オンライン:
6か月受講料(税込)58,100円
12か月受講料(税込)99,000円

DVD:132,000円(税込)

オンライン:
6か月受講料(税込)82,300円
12か月受講料(税込)140,250円

期間 6か月~12か月 6か月~12か月
目指せる資格 第三種電気主任技術者 第二種電気主任技術者
教材の特徴

・講師歴40年以上のベテラン不動弘幸先生が板書をしながら解説する王道の講義スタイル
・1冊で4科目を学習する、要点を整理したテキスト

・科目別・分野別に短く区切って講義を行うので弱点を克服できる
・図面や公式、重要点はズームアップした画面で見やすく表示
・テキストは、担当講師の不動弘幸先生著「電験二種完全攻略 一次試験対応・二次試験対応」を使用
学習カリキュラム 理論 15.0時間
機械 13.5時間
電力 12.0時間
法規 9.5時間

一次試験対応
理論 14.5時間
機械 11.0時間
電力 7.5時間
法規 7.0時間

二次試験対応
電力・管理、機械・制御 29.0時間 

サポート体制 ・電験三種の講座では全国唯一の「受講料の40%が還付される特定一般教育訓練給付制度」に認定されている講座
・質問サポート(FAX、郵送、e-Mail)1科目10問まで
・通学講座やZoomなど、講義動画以外のコンテンツで受講生をサポート

・質問サポート(FAX、郵送、e-Mail)1科目10問まで
・通学講座やZoomなど、講義動画以外のコンテンツで受講生をサポート

キャンペーン なし なし
教育訓練給付金制度
 

資格センター/e-DENの電気主任技術者通信講座の特徴

資格センター/e-DENの電気主任技術者通信講座は、大きく分けると電験三種講座と電験二種講座がありますが、初学者から直前対策まで目的に合わせて幅広く対応した講座を細かく用意しています。ここでは、はじめて電験三種にチャレンジする方でも効率よく学習できる「電験三種合格道場 完全攻略コース」と、電験二種の一次と二次試験に対応した「電験二種ToKoToN講座」を紹介しています。講師歴40年以上のベテラン不動弘幸先生によるテンポの良い講義と、板書をしながら進めていく授業方式で、おさえるべきポイントを目で見て耳で聞きながら効率よく覚えていくことができます。

また、資格センター/e-DENの電験三種合格道場の講座は、全国の電験講座において特定一般教育訓練給付制度に認定されている唯一の講座です。受講料の40%が還付されるので、とてもお得に電験三種を目指すことができるのでおすすめですよ。

 

【第9位】CIC日本建設情報センターの電気主任技術者通信講座

CIC

 
項目 電験三種
価格 Web講座:97,000円
DVD講座:98,000円
期間 Web講座は試験当日まで視聴可
目指せる資格 第三種電気主任技術者
教材の特徴 ・過去問題を徹底分析して、出題可能性が高い内容に的を絞られたテキスト
・最短時間で試験に必要な学習ができるカリキュラム
学習カリキュラム 理論:約18時間
電力:約14時間
機械:約16時間
法規:約10時間
サポート体制 ・メールで質問可
・人材開発支援助成金の対象講座
キャンペーン なし
教育訓練給付金制度
 

CIC日本建設情報センターの電気主任技術者通信講座の特徴

CIC日本建設情報センターの電気主任技術者通信講座は、Web講座とDVD講座から選ぶことができ、分かりやすい教材で短期間で合格をめざす講座です。Web講座はスマホからも視聴できるので、移動時間に活用したり試験前の最終確認もできるので便利ですし、一方でDVD講座は通信料を気にすることなく視聴したい方におすすめです。また、教育訓練給付金制度も利用できますし、事業者で申請する場合は人材開発支援助成金の制度を利用すれば事業者の規模によって受講料の30%から45%が助成されるので、とてもお得に受講することができます。

 

【第10位】能センの電気主任技術者通信講座

能セン

 
項目 第三種電気主任技術者(電験三種)
価格 オンライン:148,500円(税込) 
通信講座:46,200円(税込)
オンライン+通信講座:143,000円(税込)
期間 オンライン講座は試験当日まで視聴可
通信講座は6か月
目指せる資格 第三種電気主任技術者
教材の特徴 ・担当講師が執筆したオリジナルテキストで80点以上を目指す
・自宅学習にも使える解説付き問題集や4科目分の添削課題、総合模試が学習をサポート
学習カリキュラム 理論:約100時間
電力:約60時間
機械:約60時間
法規:約40時間
総合模試:約8時間
サポート体制 ・前回と同じ科目の受講申込み(一部関連科目)で、受講料が3割OFF
・令和4年上期から引き続き受講の場合は半額
キャンペーン なし
教育訓練給付金制度
 

能センの電気主任技術者通信講座の特徴

能センの電気主任技術者通信講座は、担当講師が執筆したオリジナルテキストと解説付き問題集や4科目分の添削課題により、80点以上の得点で合格を目指す内容です。出題傾向や法改正の変更に対応しながら、効率的に学習を進めることができます。そして、使用するテキストはほとんどの講座で担当講師が執筆しているので、分かりやすく的確な解説を聞くことができます。

また、能センの第三種電気主任技術者(電験三種)は、通信講座にオンライン講座を通常料金の8割でセットしたお得な講座もあります。オンライン講座は通学講座の授業を収録しているので、その場で授業を受けているような臨場感の中で勉強できますし、パソコンやスマホから時間と場所を選ばずに視聴できます。テキストと問題集だけでは不安な方は、ぜひオンライン+通信講座をおすすめします。

 

スポンサーリンク

電気主任技術者通信教育講座の選び方のポイント

ここでは、電気主任技術者通信教育講座を選び方を以下の9つのポイントに分けて紹介しています。

  1. 講座の費用や期間
  2. 教材や講義の内容
  3. 学習カリキュラム
  4. サポート体制の充実
  5. キャンペーンの充実
  6. 教育訓練給付金制度
  7. 会社の信頼性
  8. 合格率
  9. 口コミ・評判

では、さっそく見ていきましょう。

 

講座の費用や期間

ランキング各社の電気主任技術者通信講座の受講費用と期間を、第三種種電気主任技術者と第二種電気主任技術者それぞれ表にしています。それでは、第三種電気主任技術者について見ていきましょう。

<第三種電気主任技術者> ※費用はすべて税込

会社名 費用 期間
ユーキャン 69,000円(一括払い) 12か月
JTEX 46,200円 11か月(22か月まで在籍可)
たのまな 33,000円 6か月(12か月まで在籍可)
SAT E講座:119,680円
DVD講座:141,680円
E講座+DVD講座:152,680円
4 / 6 / 12か月
TAC Web通信講座:255,000円
DVD通信講座:295,000円
9か月~12か月
日建学院 33,000円
※キャンペーン価格(6月20日まで):26,400円
3か月
東京電気技術教育センター 10,000円/日
※通学講座のみ
7か月
資格センター/e-DEN

DVD:132,000円

オンライン:
6か月受講料58,100円
12か月受講料99,000円

6か月~12か月
CIC日本建設情報センター 97,000円(Web講座)
98,000円(DVD講座)
Web講座は試験当日まで視聴可
能セン オンライン:148,500円 
通信講座:46,200円
オンライン+通信講座:143,000円
・オンライン講座は試験当日まで視聴可
・通信講座は6か月

 

通信講座のない東京電気技術教育センターを除いて、第三種電気主任技術者資格講座のある9社の平均費用は、107,042円となりました。SATとTAC、資格センター/e-DEN、CIC日本建設情報センターはWebとDVDコースがあるので、DVDコースで計算しています。また、能センはオンライン講座で計算しています。第三種電気主任技術者資格講座の受講料の相場は通信から通学も含めて3万円代から30万円と言われているので、通学講座よりも安価になっていると言えます。

続いて、第二種電気主任技術者について見てみましょう。

<第二種電気主任技術者>※費用はすべて税込

会社名 費用 期間
JTEX 48,400円 11か月(22か月まで在籍可)
たのまな 46,200円 6か月(12か月まで在籍可)
SAT E講座:195,800円
DVD講座:217,800円
E講座+DVD講座:239,800円
4 / 6 / 12か月
TAC Web通信講座:180,000円
DVD通信講座:220,000円
9か月~12か月
東京電気技術教育センター 12,000円/日
※通学講座のみ
7か月
資格センター/e-DEN

DVD:132,000円

オンライン:
6か月受講料82,300円
12か月受講料140,250円

6か月~12か月
能セン オンライン:148,500円 
通信講座:46,200円
オンライン+通信講座:143,000円
・オンライン講座は試験当日まで視聴可
・通信講座は6か月

 

通信講座のない東京電気技術教育センターを除いて、第二種電気主任技術者講座のある7社の平均費用は、116,071円となっています。第一種電気主任技術者の表と同様に、SATとTAC、資格センター/e-DEN、CIC日本建設情報センターはWebとDVDコースがあるので、DVDコースで計算しています。また、能センはオンライン講座で計算しています。第三種電気主任技術者講座よりも若干ですが費用が高くなっています。教材の質や副教材の充実度、サポートの手厚さなどで費用は異なるので、安さだけですぐ決めるのではなく講座の内容をよく確認してから選ぶようにしましょう。

 

教材や講義の内容

電気主任技術者試験に必要な知識は、専門的なことが多い上に覚えることも多く数学の知識も必要になるので、要点をおさえた分かりやすいテキストが必要です。あと、イラストや図解が多かったりフルカラーで見やすいといった視覚的な配慮も欲しいところです。また、eラーニングやオンライン講座が充実していると、時間や場所を選ばず効率的に学習することができて、まとまった学習時間を確保することが難しい人には便利です。SATや能センの電気主任技術者通信講座は、オンライン講座と通信講座がセットになった講座があるので、テキストやDVDの学習だけでは不安がある人には特におすすめです。

 

学習カリキュラム 

通信講座は、自分でスケジュールを立てて学習を進めていく必要がありますよね。ですから、自分が一番学習を続けられるカリキュラムかどうかは重要なポイントです。その点では、ユーキャンの講座は自分専用の学習スケジュールを立ててくれるので、自分でスケジュールを立てるのが苦手な人にとっては安心して学習を進めることができます。また、日建学院は3か月で第三種電気主任技術者合格を目指すカリキュラムになっていますので、短期集中で効率よく合格を目指したい人におすすめの学習カリキュラムと言えます。また、SATは自分のスケジュールに合わせて4か月、6か月、12か月から選ぶことができます。

 

サポート体制の充実

各社の電気主任技術者講座のサポート体制はどうなっているのでしょうか。サポートの中でも、質問サービスと添削回数について表にまとめました。

会社名 質問サービス 添削回数
ユーキャン メール・郵便で可 ×
JTEX 郵送のみ可。2回まで 11回
たのまな インターネット、郵送、FAXで質問可 6回
SAT

・スマホ撮影でも可、30回まで

・ZOOM 質問は受講期間中に1回15分 / 5回まで無料

×
TAC

・WEB・電話・メール・質問カード(郵送)で質問可

・オンライン質問で講師に直接質問可

×
日建学院 × ×
東京電気技術教育センター × ×
資格センター/e-DEN

・質問サポート(FAX、郵送、e-Mail)1科目10問まで

×
CIC日本建設情報センター メールで質問可 ×
能セン メールで質問可 ×

 

質問サービスが充実しているのはSAT、添削サービスの回数が最も多いのはJTEXとなっています。

 

キャンペーンの充実

こちらで紹介している10社のうち、2023年4月現在でキャンペーンを実施している会社は日建学院のみになっています。

会社名 キャンペーン内容
日建学院 キャンペーン価格(6月20日まで)20%OFF

 

日建学院は、6月20日まで33,000円の受講料が20%OFFの26,400円となるのでお得です。

 

教育訓練給付金制度

各社の電気主任技術者講座の教育給付金制度について表にしました。

会社名 教育給付金制度
ユーキャン
JTEX ×
たのまな ×
SAT
TAC
日建学院 ×
東京電気技術教育センター ×
資格センター/e-DEN
CIC日本建設情報センター
能セン

 

教育給付金制度を利用できるのは、10社中ユーキャン、SAT、TAC、資格センター/e-DEN、CIC日本建設情報センター、能センの6社となっています。中でも、資格センター/e-DENは、電験三種の講座において全国で唯一「特定一般教育訓練給付制度」の対象となっています。教育給付金制度は20%の給付に対し、 特定一般教育訓練給付制度は40%となるので、大変お得です。

 

会社の信頼性

通信講座を利用する際、対面でのやり取りがほぼ無いことが多いので、困ったことや確認したい事がある時に会社が信頼できるかどうかは重要な点ではないでしょうか。会社の信頼性を判断するポイントとして、通信講座の開講数や電気主任技術者または電気系資格につよいかなどが重要になります。

ユーキャンやTACは、CMでもおなじみの大手企業です。ユーキャンは開講数が100以上あり、開講40年のキャリアを持ちます。他にも、日建学院は50年、CIC日本建設情報センターも20年のキャリアを誇ります。また、SATは現場・技術系資格専門としているので、電気主任技術者資格取得に関しても強みがあります。これらの理由から、ユーキャン、TAC、日建学院、CIC日本建設情報センター、SATは会社の信頼性が高いと言えます。

 

合格率

電気主任技術者資格の合格率は例年平均10%を下回っていることが多く、電気系資格の中でも難易度の高い試験となっています。令和3年度の第三種電気主任技術者の合格率は11.5%、第二種では一次試験が26%、二次試験が17%となっており、第一種では一次試験が31%、二次試験は8%でした。年度によってバラつきがあるものの、電気の基礎知識から応用力や計算力を問われる問題が広範囲から出題されるので、やみくもに勉強していては合格は難しいでしょう。

こちらで紹介している上位10社どの講座においても、ポイントを絞った学習カリキュラムに沿って試験に必要な勉強ができる内容となっています。その中でも、通信講座大手のユーキャンは充実した教材とサポートの手厚さから多くの合格実績を誇っています。

 

口コミ・評判

各社の電気主任技術者の講座の口コミをまとめてみました。良い口コミ、悪い口コミそれぞれ紹介していますので参考にして下さい。(口コミは一部抜粋しています)

 

ユーキャンの口コミ

 

良い口コミ

・・通信講座は初めてでしたので、TVでよく見かける大手を選びました。最初は費用がどの程度掛かるか心配でしたが、無料パンフレット等である程度費用を確認できてから申し込めたので、安心して利用することができました。通学とは違って自分のペースで勉強できること、また丁寧に添削もしてくださるので、想像以上に上達が早かったです。またなんといっても教材が分かりやすく、事前に自分で買っていた参考書よりもはるかに分かりやすかったです。
(みん評公式サイトより)

・ユーキャンの教材は試験に合格するための的確な解法・回答を教えてくれるものでした。独学ではわかりにくい得点を取りやすい範囲を教えてくれるため、非常に実践的な教材だと言えると思います。何と言っても教材ですので自分のペースで出来るということも大きかったです。その反面、あくまで自分自身を律してコツコツと物事に取り組めるタイプの人でないと、無駄にしてしまいがちであるとも思います。私には非常に合っていたようで、試験も無事合格できました!
(みん評公式サイトより)

悪い口コミ

・謳い文句が素晴らしいので主任技術者の講座を受講しましたが、お知らせは来るが特に意味が無くほぼ放置に近いので残念でした。カスタマーセンターも質問の回答が曖昧で問い合わせの意味がありませんでした。完全初心者にはこの講座は厳しいかもしれません。
(みん評公式サイトより)

・受講し、問い合わせの質問をしたところ、もうこれ以上連絡してこないでくださいとの旨の連絡をもらいました。悲しいです。
(みん評公式サイトより)

JTEXの口コミ

良い口コミ

・初学者ですが電験三種取得に向けて取り組んでおります。JTEXさんの受講書籍が凄くわかりやすく、受講することで日々の学習を後押ししてくれて大変助かっています。
(公式サイトより)

・レポート提出もあり、意欲的に勉強できた。テキストが見易く、分かりやすい。機械では、添削+用語集が返送されて、良かった。
(公式サイトより)

悪い口コミ

・おかげで電験三種に合格できました。昨年12月に学習開始し、9月の試験までに全レポートを提出し、大きな力となりました。テキストの記載内容は必要十分でしたが、挿絵がやや不満。特に電力、機械分野は解説動画(機器や現象)をネットとコラボで見られると良いと感じた。
(公式サイトより)

・最低限の数学や電気の知識がある方向けの内容と感じました。
(公式サイトより)

たのまなの口コミ

良い口コミ

・まだまだ始めたばかりですが、昔を思い出しながら勉強しています。各問題ともどのように回答を導くかがわかりやすく説明されており、非常にわかりやすい。
(公式サイトより)

友達がたのまなを利用して資格を取得したと教えてくれたので、私も申し込みをしました。インターネットから手続きをしたところ、申し込みをした4日後にはもうテキストが届きすぐに学習に取り掛かれて良かったです。テキストは基本的なことから応用まで、実に幅広い内容で勉強になることばかりでした。初心者でも気軽に取りかかれる工夫があちこちにあり、初めて勉強が楽しいと思いました。
(みん評より)

悪い口コミ

・値段に対して、サポート度合い、教材内容が薄く感じる。お金ある人、独学だと不安な人なら買ってみるのはありだけど、無理してまでたのまなで注文しなくても良いように感じる。また、購入前はどんなことにもサポートします!という姿勢を感じたが、いざ購入してしまえば生徒任せ。流石営業だな、と感じた。
(みん評より)

・先方のオンラインが見れなかったりで散々問い合わせしてもなかなか解決できず、そもそも生徒を集める前に解決しとくべきなのに。なかなか解決しないため、解約したい旨伝えました。のになかなか連絡とれずメールの返信も帰ってこない。しばらくお待ちくださいと返信帰ってきてもその後連絡なかなかこない。解約金目当てで引き延ばしてる。
(みん評より)

SATの口コミ

良い口コミ

・テキストと問題集がセットになっていたので、問題でわからない場合、テキストで復習できることがよかったです。またテキストも丁寧で優しいもので取り組みやすかったです。
(公式サイトより)

・まず、過去に市販の教材を購入したことがありましたが、難易度が高くいまいち理解出来ませんでした。 しかし、SATの教材は、今まで買ったどの教材よりも分かりやすく、簡単に理解することが出来ました。 講義も全く無駄がなく、スマホで見ることが出来て手軽でした。 過去問題の解説も大変分かりやすかったです。 合格まで最低の手段だと確信しております。
(公式サイトより)

悪い口コミ

・・要点を絞りすぎて三角関数の公式が少なすぎと感じました。√cos2乗θ+sin2乗θ=1ぐらい公式として掲載してもらえたら、過去問題の解説もすんなり納得できていたと思います。
(「普通科電験ブログ」より)

・過去問題の解説動画で、講義動画で説明していない内容もある。
(「普通科電験ブログ」より)

TACの口コミ

良い口コミ

・・演習講義では過去問だけでなく、オリジナル問題も出題されるので、実力を試すのにはちょうど良いと思ったことと、 みんなが欲しかったシリーズのテキストがとてもわかりやすく、TACは質が高いと思ったので、受講しました。
(公式サイトより)

・家でゆっくり見れるWebフォローを活用しました。尾上講師の演習講義が、解説が画像付きで理解が容易でよかったです。
(公式サイトより)

悪い口コミ

・受付対応がひどすぎる。しっかり仕事されてる他の職員の方が可愛そう。申込で対応がヒドイと先の講義のモチベーションにひびく。考え直さないと生徒も減ってる今、潰れるのでは。
(みん評より)

・資格取得で受講しました。不合格でしたが別の学校で再チャレンジ後合格しました。
(みん評より)

・ここは窓口対応が雑すぎて不快でした。授業、テキスト、論文添削どれも満足できず酷い。適当。
(みん評より)

・不合格で返金してもらうことができれば満足するかと。受講を検討される方は当然のことながらよく考えて受講すべき。
(みん評より)

日建学院の口コミ

良い口コミ

・会社勤めをしながらの勉強ですので、テキスト中心(休みが不規則なので、スクールには通いにくい)です。そういった状況の中で、Web講座を提供しているのは助かりました。時間を選ばず、勉強できるというのは不規則な生活をしている私にはぴったりです。また、テキストのみでの勉強と併用して、映像での刺激を得るというのは理解が深まる気がします。こんな時代なので、自宅で勉強できる(密を避ける)というのもGoodです!映像もアニメーションを用いているので、けっこう飽きないですよ。
(みん評より)

悪い口コミ

悪い口コミはありませんでした。

良い口コミ

 

 

悪い口コミ

・映像授業、無駄なことは教えず淡々とやるのは良いけど早いし質問できないし先生が常に付いている訳ではないので分からない事を聞けないので置いていかれるし眠くなる。(みん評より)

 

東京電気技術教育センターの口コミ

良い口コミ

・先生は塚崎先生でした。経歴がすごい方で持っている資格もすごい。学校をやっていますが全くお金に執着がない感じです。講座のお金は当日集めるのですが封筒を回して自分の名前にチェックを入れるだけです。
(「ビルメン万事解決」より)

・全部行くと10万円近く掛かると思いますが電気全般の事が学習できるので絶対にお値段以上のものが得られます。
(「ビルメン万事解決」より)

悪い口コミ

悪い口コミはありませんでした。

資格センター/e-DENの口コミ

良い口コミ

・計算が苦手な人でも対応できるであろう解説の仕方はされています。不動先生は分かりやすい講義が特長ですので、数学が苦手でもしっかりと講義を聞けば理解はできます。
(「電験破-でんけんぱ-」より)

・不動先生の講義は分かり易く、またDVDでの講義であるため理解できないところは繰り返し聞き理解できるまで確認できる。この繰り返しが今回の合格につながったものと考えています。
(公式サイトより)

悪い口コミ

悪い口コミはありませんでした。

CIC日本建設情報センターの口コミ

現在まだ口コミはありません。

能センの口コミ

現在まだ口コミはありません。

 

大手企業で受講者数も多いユーキャンやTAC、第3位のたのまなは良い口コミもある中で厳しい意見も多く目立ちました。教材や講座の内容というよりも、受付対応の悪さに関するものが多かったです。せっかく講座が良いものでも、残念ですよね。また、JTECやSATの口コミからは、要点がまとめられている一方で、ある程度の基礎知識が頭に入っていないと全くの初学者にとっては難しい点もあると見受けられました。

 

スポンサーリンク

電気主任技術者の通信講座の比較

ここで紹介している電気主任技術者通信講座を開講している10社について、9つのポイントを表にまとめたので比較していきましょう。

会社 料金(税込) 期間 教材・講義内容 サポート キャンペーン 教育訓練給付金制度 会社の信頼性 合格率 口コミ・評判
ユーキャン

電験三種講座
一括払い:69,000円(税込)
分割払い:4,980円(税込)×14回

12か月

・重要ポイントをまとめたオリジナルテキスト

・副教材の「やさしい数学」があるので数学が苦手な人でも分かりやすい

・デジタル学習サイト「学びオンラインプラス」でいつでも学習できる

・メールや郵便で質問サービスあり

・標準学習期間12ヶ月+次期の試験月まで指導サポートあり

・メールや郵便で質問サービスあり

・法改正情報をはじめ、試験に関係する最新情報のお知らせ

・「学びオンラインプラス」の利用でより知識の定着が高まる

・標準学習期間12ヶ月+次期の試験月まで指導サポートあり

なし 開講数100以上、40年のキャリア。通信講座最大手。 多くの合格実績を持つ

・なんといっても教材が分かりやすく、事前に自分で買っていた参考書よりもはるかに分かりやすかった

・カスタマーセンターも質問の回答が曖昧

JTEX

電験三種徹底マスターコース
46,200円(税込)

電験二種受験合格講座
一般受講料:48,400円(税込)
特別受講料:46,200円(税込)

電験三種
11か月(22か月まで在籍可)

電験二種
6か月(12か月まで在籍可)

・3ステップで理解を深めるオリジナルテキスト

・オリジナル過去問題集付き

・レポート課題で丁寧な添削指導

・電子ブック問題集でどこでも知識の確認(電験三種)

・レポート提出による添削指導

・受講期間の2倍まで在籍可能

・質問券(2枚)を利用して講師にできる

・除籍後1年に限り、同じ講座を割引価格で受講可能

なし ×

・テキストが見易く、分かりやすい

・最低限の数学や電気の知識がある方向けの内容

たのまな

電験三種受験講座
一括払い:33,000円(税込)
分割払い:月々3,400円(税込)

電験二種受験合格講座
一括払い:46,200円(税込)
分割払い:月々4,800円(税込)

6か月(12か月までサポート受けられる)

・重要点をまとめた初心者にもわかりやすいテキスト

・過去問題はDVDソフトに収録

・レポート提出で添削指導

・ユーキャンよりも安価

・インターネット、郵送、FAXで質問可

・添削指導が受けられる

・「再チャレンジ制度」で同一講座を半額

・継続割、紹介割、ペア割、セット割など割引制度が充実

なし

×

・初心者でも気軽に取りかかれる工夫があちこちにある

・値段に対して、サポート度合い、教材内容が薄く感じる

SAT

第三種電気主任技術者講座
E講座:119,680円(税込)
DVD講座:141,680円(税込)
E講座+DVD講座:152,680円(税込)

第二種電気主任技術者
E講座:195,800円(税込)
DVD講座:217,800円(税込)
E講座+DVD講座:239,800円(税込)

第三種
4 / 6 / 12ヶ月

第二種
2024年11月30日まで

・フルカラーのオリジナルテキストで見やすく分かりやすい

・「Eラーニングシステム」を利用してスマホやパソコンからいつでも学習

・数学・電気が苦手でも理解しやすい「猫でも分かる電気講座シリーズ」を使用

・スマホやZOOMを利用した質問サービス

・不合格時も安心のサポート延長サービス

・スマホから30回まで質問可能

・30日間の返金保証

・破損や不具合DVDの1年間交換サービス

・不合格時、動画視聴期限および質問サポートが1年間延長(一括セットのみ)

なし 現場・技術系資格専門

・テキストが丁寧で優しいく取り組みやすい

・過去問題の解説動画で、講義動画で説明していない内容があった

TAC

第三種電気主任技術者
4科目完全合格コース<電気数学なし>
Web通信講座:255,000円(税込)
DVD通信講座:295,000円(税込)

第二種電気主任技術者
ストレート合格コース
Web通信講座:180,000円(税込)
DVD通信講座:220,000円(税込)

第三種
9ヶ月~12ヶ月

第二種
8ヵ月~10ヵ月

・フルカラーのTACオリジナル市販テキストを使用

・ミニテスト、トレーニング問題、実力テストで知識のアウトプット

・公開模試

・WEB・電話・メール・質問カード(郵送)で質問可

・オンライン質問で講師に直接質問可

・「i-support」で試験に関わる情報がタイムリーに分かる

なし 開講40年のキャリアと圧倒的な受講者数と合格者数

・みんなが欲しかったシリーズのテキストがとてもわかりやすい

・受付対応がひどい

日建学院

第三種電気主任技術者問題解説コース
33,000円(税込)
※キャンペーン価格(6月20日まで):26,400円

3か月

・過去問題を中心としたテキストで試験対策

・丁寧で分かりやすい日建学院オリジナルの映像講義

・早期入学特典で、前年8月試験翌日~当年5月下旬まで前年度版の視聴が可能

キャンペーン価格(6月20日まで)20%OFF × 50年の実績

・映像にアニメーションを用いているので飽きない

・疑問点をそその場で聞けないのは不便

東京電気技術教育センター

電験第3種コース
10,000円(税込)/日

電験第2種コース
12,000円(税込)/日

電験第1種コース
12,000円(税込) /日

第三種
7か月

第二種・第一種
9か月

・基礎数学や基礎物理など基礎論理を徹底して学習

・実際の現場と同じ電気設備を使った体験講座あり

・実務経験豊富な講師陣による添削や質問サポートが受けられる

・講座を欠席した場合の受講料は返済

なし ×

・費用はかかるが全講座通して受講する価値はある内容

資格センター/e-DEN

電験三種合格道場 完全攻略コース
DVD:132,000円(税込)
オンライン:
6か月受講料(税込)58,100円
12か月受講料(税込)99,000円

電験二種ToKoToN講座
DVD:132,000円(税込)
オンライン:
6か月受講料(税込)82,300円
12か月受講料(税込)140,250円

6か月~12か月

・4科目で学ぶ内容を1冊にまとめた「電験三種 完全攻略」を使って効率的に学習

・合格点である60点から80点を目指す

・難問や奇問は除いて高頻出の問題を対策

・電験三種の講座では全国唯一の「受講料の40%が還付される特定一般教育訓練給付制度」に認定されている講座

・質問サポート(FAX、郵送、e-Mail)1科目10問まで

・通学講座やZoomなど、講義動画以外のコンテンツで受講生をサポート

なし

・数学が苦手でもしっかりと講義を聞けば理解できる内容

・DVDは繰り返すことで理解を深めることができる

CIC日本建設情報センター

電験三種
97,000円(Web講座)
98,000円(DVD講座)

Web講座は試験当日まで視聴可

・Web講座とDVD講座から学習スタイルを選べる

・各分野で受講生から最も支持されている講師による解説

・メールで質問可

・人材開発支援助成金の対象講座

なし 20年の実績
能セン

第三種電気主任技術者(電験三種)
オンライン:148,500円(税込)
通信講座:46,200円(税込)
オンライン+通信講座:143,000円(税込)

・オンライン講座は試験当日まで視聴可

・通信講座は6か月

・担当講師が執筆したオリジナルテキストで80点以上を目指す

・自宅学習にも使える解説付き問題集や4科目分の添削課題が学習をサポート

・前回と同じ科目の受講申込み(一部関連科目)で、受講料が3割OFF

・令和4年上期から引き続き受講の場合は半額

なし

 

電気主任技術者通信講座を料金比較

上記の表より、電気主任技術者に対応している講座について受講料の高い順に、第三種電気主任技術者講座と第二種電気主任技術者の講座別に並べました。なお、東京電気技術教育センターは通学講座のみとなっているので、比較からは外しています。

第三種電気主任技術者講座

  1. TAC (DVD通信講座)
  2. TAC (Web通信講座)
  3. SAT (E講座+DVD講座)
  4. 能セン (オンライン)
  5. 能セン (オンライン+通信講座)
  6. SAT (DVD講座)
  7. 資格センター/e-DEN (DVD)
  8. SAT (E講座)
  9. 資格センター/e-DEN (オンライン:12か月)
  10. CIC日本建設情報センター (DVD講座)
  11. CIC日本建設情報センター (Web講座)
  12. ユーキャン
  13. 資格センター/e-DEN (オンライン:6か月)
  14. JTEX・能セン(通信講座)
  15. たのまな
  16. 日建学院

 

第二種電気主任技術者講座

  1. SAT (E講座+DVD講座)
  2. TAC (DVD通信講座)
  3. SAT (DVD講座)
  4. SAT (E講座)
  5. TAC (Web通信講座)
  6. 能セン (オンライン)
  7. 能セン (オンライン+通信講座)
  8. 資格センター/e-DEN (オンライン:12か月)
  9. 資格センター/e-DEN (DVD)
  10. 資格センター/e-DEN (オンライン:6か月)
  11. JTEX
  12. たのまな・能セン

第三種電気主任技術者講座ではTAC(DVD通信講座)が、第二種電気主任技術者講座ではSAT(E講座+DVD講座)が最も高い費用となっています。また、全体を通してDVD講座は高めとなっている印象です。第三種の日建学院では、33,000円のところ6月20日までキャンペーン価格で26,400円と非常にお得な料金となっています。たのまなは、第三種と第二種ともに安価となっています。

 

電気主任技術者通信講座を期間比較

第三種電気主任技術者と第二種電気主任技術者ともに、受講期間が長いのはJTEXとなっています。また、SATは自分のスケジュールに合わせて4・6・12か月から選択することができます。あと、たのまなは6か月のカリキュラムですが、最長12か月まで在籍することができます。一方で、最短は3か月の日建学院となっています。試験まで余裕がありじっくりと12か月以上かけて学習を進めたい人にはJTECやSATを、3か月の短期集中で合格を目指したい人は日建学院がおすすめと言えます。

 

電気主任技術者通信講座を教材・講義内容比較

どの講座のテキストも、図や写真を豊富に使って分かりやすい内容となっているものが多いです。数学の知識と広範囲にわたる出題範囲を効率よく学習できるように重点ポイントを絞って解説されているものが多いです。SATやTACの教材はフルカラーテキストを使い学習の効果を高めています。また、ユーキャンの副教材「やさしい数学」は、数学が苦手な人でも学習を進めることができるので好評です。また、SATはEラーニングシステムが充実しているので、移動時間やちょっとしたスキマ時間を有効活用して学習の時間に充てることができます。

各講座の公式ホームページにはテキストや教材の内容が写真で紹介されているものあります。自分にとって学習しやすそうなテキストかどうか、必要なものが含まれているかどうかを確認して選びましょう。

 

電気主任技術者通信講座をサポート面から比較

質問サービスや添削の他にも、Web動画やEラーニングなどのサポートが充実している講座が多く見られます。特に、SATはスマホの写真を送信して質問できたり、Web上で演習問題を解いたりできるなどのWebサービスがとても充実しています。他にも、返品、返金保証や不合格時のサポート期間延長など補償制度が用意されています。具体的には、講座の内容に満足できない場合の30日間返金保証、DVD破損時に購入から1年間は無料で交換、不合格時は質問回数が初期状態にリセットされる制度です。

あと、JTEXとたのまなはレポート提出による添削指導があります。通信講座ではどうしても一方通行になりがちな学習ですが、添削指導を受けることで講師から直接指導を受けることができるので、弱点やスキルアップの役に立ちそうです。また、資格センター/e-DENの電験三種の講座は、全国唯一の「受講料の40%が還付される特定一般教育訓練給付制度」に認定されています。通常の教育給付金制度は20%となるので、大変お得な制度となっています。

 

電気主任技術者通信講座のキャンペーン情報を比較

2023年4月現在でキャンペーンを実施している会社は、日建学院のみとなっています。6月20日まで33,000円の受講料が20%OFFの26,400円となるのでお得です。日建学院以外でも、今後さまざまなキャンペーンが展開される可能性もあるので、公式ホームページなどで情報をチェックしましょう。

 

電気主任技術者通信講座の教育訓練給付金制度を比較

教育訓練給付制度の対象となっているのは、ユーキャン、SAT、TAC、資格センター/e-DEN、CIC日本建設情報センター、能センの6社となっています。制度を利用できる対象の方は、受講料の20%が支給されるのでお得に受講できます。自分が対象かどうかまず確認してみましょう。

 

電気主任技術者通信講座を会社の信頼性で比較

企業の規模からいうと、ユーキャンやTACは大手企業で知名度の高さもあります。また、日建学院はキャリア50年にわたる実績があります。この3社より規模と知名度は劣りますが、SATは試験の合否による保証があるので、講座の内容に自信を持って提供している会社と言えます。

 

電気主任技術者通信講座を合格率で比較

電気主任技術者資格の合格率は、年によってバラつきはあるものの平均して10%程度と難しい試験になっています。出題範囲は広範囲にわたるので、ポイントを押さえて効率よく学習することが重要となってきます。どの講座においても、学習カリキュラムに沿って試験に必要な知識を習得できる内容となっています。中でも、ユーキャンの電気主任技術者通信講座は、豊富な教材とサポートで多くの合格者を輩出している人気の講座となっています。

 

電気主任技術者通信講座の口コミ・評判で比較

ここで紹介されている各社の口コミについて、分かりやすいテキストや講義DVDのおかげで理解を深めることができたなどの口コミが全体的に多く見られました。良い口コミだけで判断するのではなく、時に見受けられるマイナスな口コミも参考にしましょう。

マイナスの口コミの中には、講座の内容というより受付や事務局側の対応に関して悪い印象のものが多く見られました。通信講座なので直接窓口と関わることはないかもしれませんが、何かトラブルや困ったことがあった時の会社側の対応という点では、他人事ではないかもしれません。そういった対応に関する口コミは、ユーキャンやTACなど大手の企業に目立ちました。受講者も多くランキング上位であるだけに、もっと受講生一人ひとりに寄り添った丁寧な姿勢が求められているのかもしれません。

またJTEXの口コミでは、簡潔な解説にこだわるあまり初学者にとっては理解が難しい点があるといった内容も見られました。

 

スポンサーリンク

電気主任技術者は通信と独学どちらがおすすめ?

電気主任技術者の資格を取得するには、通信教育の利用をおすすめします。一般的に、電気主任技術者の合格に必要な勉強時間は、第三種電気主任技術者で9か月から1年程度で1000時間、第二種電気主任技術者は約600時間と言われていますが、理系出身かどうか、理数系科目の得手不得手でも変わってくるでしょう。広範囲にわたる試験範囲の学習を独学で行うのは不安ではないでしょうか。

通信講座では、要点をおさえた分かりやすいテキストや問題集を使って効率よく学習できるカリキュラムが組まれていますし、疑問点は質問や添削サービスを利用して解消することができるので、安心して受講することができます。また、Eラーニング等のWebサービスがある講座を利用すれば、移動時間やスキマ時間も勉強タイムにすることができるので、忙しい方でも効率よく学習することができます。

ぜひ、自分に合った通信講座を選択して資格取得を目指しましょう。

関連記事電気主任技術者(電験三種)のおすすめ参考書・問題集ランキング10選

 

スポンサーリンク

電気主任技術者試験の試験日・試験内容と合格率

令和5年度の試験日と申込期間を表にまとめました。

    第三種(上期) 第三種(下期) 第二種・一種
試験実施日 筆記試験(CBT) 7月6日(木)~7月30日(日) 2024年2月1日(木)~2月25日(日)
筆記試験 8月20日(日) 2024年3月24日(日) 8月19日(土)
技能試験 11月12日(日)
申し込み受付期間 5月15日(月)〜6月1日(木) 11月13日(月)〜11月30日(木) 5月15日(月)〜6月1日(木)

※第二種・一種は、 CBT方式なし

試験概要や合格率など、詳細は下記にまとめていますので、ご確認下さい。

関連記事電気主任技術者の試験日程や合格率・合格点

 

スポンサーリンク

電気主任技術者の通信講座に関するQ&A

電気主任技術者通信講座に関するQ&Aをまとめました。

Q.第三種電気主任技術者 最短の勉強方法を教えてください。

A. いかに早く範囲の広い分野から要点を取り入れて自身のものとし、問題を解けるようになるかがカギとなります。

Q.第三種電気工事士 4科目をどの順番に学習すればよいでしょうか。

A. 効率的なのは、理論→機械→電力→法規の順です。機械は理論の知識を、電力は理論と機械を、法規は理論と機械と電力の知識を前提としているからです。ですから、まずは全科目の土台になる「理論」から学習しましょう。

Q.文系出身でも電験三種に合格できますか。

A. 高校の数学の知識が必要になるので、数学や物理に苦手意識がなければ問題なく学習をすすめることができるでしょう。数学が苦手な人は、分数・√や指数・対数・一次二次方程式・三角関数・二次元ベクトルなどの復習から入ることをおすすめします。

Q.電験三種と電験二種はどのくらい試験のレベルが違いますか?

A. 電験三種は工業高校レベル、電験二種は大学卒業レベルと言われています。

Q.電気主任技術者と電気工事士の違いは何ですか?

A. 電気主任技術者は現場における保安や監督業務に必要な資格で、電気工事士は電気工事を行うために必要な資格となります。

 

電験三種おすすめ参考書・問題集

職工所スタッフが厳選した最新のおすすめ参考書・問題集を集めてみました。電検三種はビルや工場などに設置されている高圧電気設備の保守管理・監督を行うための国家資格。「 電気主任技術者のおすすめ通信講座10選を徹底比較 」も参考にしてくださいね‼

↓タップしてAmazonで確認する↓

 
 

その他の建築関係の検定・資格

電気系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

土木系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

インテリア系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築模型系の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

現場技術系の講習・教育の資格一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

建築関連の資格学校


 
 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\建築資格を学ぶ・極める/

建築資格TOPはコチラ