間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

【建築士つぶやく】建築に木を使う有効性

図面制作スタッフ

2025年の万博に向けて、建築家の藤本壮介さん設計により大きな木造リングの建設が進んでいます。一方で、万博に反対する声も沢山あり、建設自体をストップさせようとする動きもあります。その反対派の意見のなかで、なぜ「木造なのか」が多く見られます。

 

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

スポンサーリンク

万博で木造が批判を受ける理由

木造が特筆して批判を受ける理由は以下です。

  • 国産材だけで出来ていない
  • 伝統工法と言って釘やボルトが使われている
  • 建設費が高い

計画当初は、主に国産材を利用することで日本の林業復興に役立つとされていましたが、設計で見込まれる部材サイズが、国産材では対応することが困難であることがわかり、海外産の木材を使用することになっています。また、伝統的な貫工法を採用していることを掲げていましたが、実際は構造力学的に貫工法だけでは成立しなかったため、一部釘やボルトなどの金物が使用されることになりました。

なによりも目立っているのが建設費です。当初の計画予算をはるかに上回る建設費になり、半年間だけの建物にそれだけの税金を投入する必要があるのかとの意見があります。ここまでが、木造を批判する側の意見ですが、木を建築に使う有効性も十分にあることも事実です。

 

スポンサーリンク

建築に木を使う有効性

 

建築に木を使う有効性は以下の通りです。

  • CO2削減に寄与する
  • 持続可能な技術
  • 何よりも木のもつ見た目のインパクトは大きい

 

 

木材は、自然界にいる時には二酸化炭素(CO2)を吸収し続けています。また、伐採して建材として使われる時には、木材中にCO2が固定され空気中に放出されないことが分かっています。さらに、木材を使うことで森林の循環が活性化され、自然と共生される持続可能な技術です。今回の万博で使用される大屋根リングは建築面積が約6万m2、高さが12m、内径が約615m、リングの幅は約30m、1周が約2kmとスケールが圧倒的です。このスケールを木造ですることは、日本技術を世界に発信する素晴らしいメッセージになると思います。

 

建築士つぶやくの記事一覧

※タップで各記事ページが開きます。

建築に木を使う有効性ぬるっとした建築耐震安全性の構造部材を活かしたデザイン浮遊感のある建築側溝のデザイン手法4選玄関アプローチに使う床材ガラスブロックしっとりを感じる建築手すりの端部のこぎり屋根の建築ドアノブの色と素材蛇篭をつかった建築オフィスの木製カウンター老いる建築モルタルとコンクリートエクステリアの照明軽やかで透明感のある階段心地よい低い天井金属系の外壁サウナコンクリート打放しの仕上げ谷口吉生の建築ペンダント照明エクステリアと日本の風景オフィスグリーン門構え木目天井間接照明樹種の違い低い重心の空間通路のデザイン透過と反射アルミを使った建築ゆらぎを感じる素材曲線を用いた建築タスクアンビエント照明バイオフィリック書棚シューズクローク大階段駅の建築トラス構造ハイサイドライト玄関ドアコンクリートブロック電柱のある風景とない風景コンクリートと木とレンガベンチや椅子木造建築物の工法いろいろ内藤廣の建築窓周りの省エネ化植物が似合う建築インテリア仕上げ金属屋根スロープを組み入れた美しい建築隈研吾の建築サイディング外壁材安藤忠雄のコンクリート打放しマンションリノベーション建物の色彩計画軒のない屋根デザイン斜面地環境配慮薪ストーブ鋼製扉インテリアグリーンタイル水盤スターバックスパンチング(孔あき加工)パネル中高層ビルのファサード美しい傾斜天井美しい温泉建築畳のデザイン外構照明のデザイン土間、板の間、畳の間の和の床材照明や太陽の光坪庭京町家の魅力フローリングの魅力水を屋内に取り込む建築技術モチーフを纏った建築窓の種類別デザインダブルの外皮乾式外壁材平屋建築建物緑化木製建具金属の意匠吹き抜け空間消防署道の駅舗装緑化コーナー部手すり木質空間巾木建具枠水切りコンクリート打放し住宅杉板の外装材天井のない天井キッチン工場建築格子サイン屋根ガラスお風呂見切り階段天井と照明雨水を見せる方法
 
 
ニックネーム
one archi

現在の主な作業
一級建築士試験に一発合格し、組織設計事務所にて主に学校、公民館、道の駅、発電所等の幅広い用途の公共建築物の設計を行なっている。

自己紹介
芸術学部建築学科を卒業後、ハウスメーカーメーカーにて住宅の設計販売に携わる。一級建築士事務所開設を夢に、ハウスメーカーを退職し資格学校へ通うが、そこで現職場の先輩にスカウトされ組織設計事務所に所属する事になる。一級建築士の他に、インテリアプランナー、建築積算士、casbee評価員の有資格者である。2020年、実務経験と建築知識を活かして建築系のWEBライターとして始動。

 

 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\制作現場のつぶやき/

制作現場の声TOPはコチラ