間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

【建築士つぶやく】木造建築物の工法いろいろ

図面制作スタッフ

日本では馴染みのある木造建築は、在来の軸組工法に始まり枠組み工法や集成材を使った工法、CLT工法など時代の変化に合わせ、新しい工法が次々と開発されています。日本は世界でも稀に見る自然災害の多い地域で、建築に求められる性能は世界でもトップクラスとも言われています。特に地震が多く発生することから、揺れに対して柔軟であることが重要であったため、石や煉瓦を積んで造られる組積造よりも、木を組み合わせて造られる柔軟な木構造の方が理にかなっていたと考えられます。

また、木造には調湿作用があり、日本のように季節によって湿度が変化する気候に最も適した工法でもあります。そんな地震や気候に対応した木造は、古くから日本では馴染みのある工法ではありますが、環境配慮の観点から世界中で木造が再び注目され、新しい工法が開発されつつあります。

建築士つぶやくの記事一覧

※タップ(クリック)で各記事ページを開きます。

 

間取図・図面の記事カテゴリ一覧

※タップ(クリック)で各カテゴリページを開きます。

 

スポンサーリンク

木造の耐久性

建築を造る工法として、木造以外に煉瓦や石などを積んで造られる組積造や、鉄で造られる鉄骨造、鉄筋とコンクリートで造られるRC造があります。これら建築をつくる木・煉瓦・石・鉄・RCの中で、素材自体としてのもっとも耐久性が弱いのが木です。木は、雨や紫外線などにより経年劣化し朽ちてしまうことがあります。また白アリ被害の可能性があるのも特徴です。

そこで、日本の建築は雨や紫外線などに木が当たらないように軒を深く出す形状に工夫されています。またシロアリ被害に合わないよう、床下の換気が十分行き届くような高床式に工夫されています。また、木造は容易にメンテナンス出来る特徴があります。日本の木造建築は劣化すればそこだけ取り替えられることを考慮されてつくられており、建築的な工夫とメンテナンスを施すことで100年以上も健全な状態でいることも可能で、ある意味耐久性が高い工法とも言えます。

 

スポンサーリンク

軸組在来工法

木造の中で最も多く造られている工法は、軸組在来工法です。古くから使われている工法で歴史があり、時代と共に徐々に変化してきています。世界で現存する最も古い木造建築は法隆寺とされていますが、法隆寺も軸組在来工法で建てられています。昔の軸組在来工法は釘などの金物は一切使用されず、木組みだけで構成されていましたが、現在の軸組み工法では、金物を使用し木材同士が緊結されるようになりました。この変化は職人の減少と、大量生産が出来ること、経済性が高いことから金物を使った木造が現在は主流となっています。

 

スポンサーリンク

大断面集成材

戸建住宅規模の木造は、軸組み在来工法が主流となっていますが、オフィスや体育館、庁舎や道の駅などの規模の大きくなる建物では、大きな柱のない空間が要求されることから、軸組在来工法での実現が難しく、いままでであれば鉄骨造やRC造が主流でありました。ただし、環境配慮の観点や木の温もりのある空間をつくる意匠的な観点から大規模建築物を木造でつくる技術が開発され大断面集成材が生まれました。大断面集成材は、接着剤を使って木材を圧着させて造られたもので、大空間を実現するだけでなく、自由な形状のものをつくることが可能な工法です。

 

スポンサーリンク

CLT工法

CLT工法は、木材を繊維方向が直交するように積層接着した板状のもので、壁や床などの面状に木材を使用することができることが特徴です。大断面集成材は主に柱や梁に使われることに対して、CLTは壁や床、天井などに使われることが多くあります。面状に使用されることで、木材使用量が他の工法に比べて多くなるため、環境配慮の観点で注目されている技術です。また、耐震壁にも使えることもあり、通常であれば耐震壁は隠される宿命にあるものが、木材で出来ていることから、意匠的に耐震壁を見せて使用されることもあります。

建築士つぶやくの記事一覧

※タップ(クリック)で各記事ページを開きます。

 
 
ニックネーム
one archi

現在の主な作業
一級建築士試験に一発合格し、組織設計事務所にて主に学校、公民館、道の駅、発電所等の幅広い用途の公共建築物の設計を行なっている。

自己紹介
芸術学部建築学科を卒業後、ハウスメーカーメーカーにて住宅の設計販売に携わる。一級建築士事務所開設を夢に、ハウスメーカーを退職し資格学校へ通うが、そこで現職場の先輩にスカウトされ組織設計事務所に所属する事になる。一級建築士の他に、インテリアプランナー、建築積算士、casbee評価員の有資格者である。2020年、実務経験と建築知識を活かして建築系のWEBライターとして始動。

おすすめ書籍紹介
 

 

く読まれている記事

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\制作現場のつぶやき/

制作現場の声TOPはコチラ