間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

【建築士つぶやく】外構照明(エクステリアライト)のデザイン

図面制作スタッフ

夕方、まだ薄くらくなる頃の外構を照らす照明は、建築物や植栽を一段と美しく演出してくれるアイテムです。雨の日であれば、更に床面への反射も加わりより演出度が高まります。また、昼間、それほど目立たなかった建物であっても外構照明の計画がうまく出来ていると、美しく建築に見える場合もあります。

今回は外構照明について、役割や種類、デザイン上のポイントなどについて解説していきたいと思います。

間取図・図面の記事カテゴリ一覧

※タップ(クリック)で各カテゴリページを開きます

 

スポンサーリンク

外構照明(エクステリアライト)の役割

外構照明の役割としては、大きく3つあります。これら3つの観点より、照明のデザインや照らし方も変わってきます。

 1、安全面の観点
 2、防犯面の観点
 3、建物外周りの演出性を高める

1、安全面の観点

そもそも、なぜ建物の外回りに照明を付けることになったのか。それは、安全面の観点からだと考えられます。夜、帰宅するときに、玄関までのアプローチに床面段差や階段がある場合、暗くて見えなければ躓いて怪我をする可能性があります。外構照明は、アプローチ床面を照らして段差や階段の視認性を高め安全に通行出来るようにする役割があります。

また、一昔前は駐車場で車の施錠をする場面では照明が必須でした。今や車に鍵を差す行為は不要となりましたので、駐車場での照明の照らし方は変わりつつあります。

スポンサーリンク

2、防犯面の観点

安全面の次に外構照明の大事な役割として、防犯の役割があります。夜間に、窃盗目的で建物に侵入される被害が最も可能性が高くなります。それは周りが暗く侵入する際に目立たない為です。

建物全体を煌々と照らせば、効果は高くなりますが、イニシャルコストとランニングコスト共に高くなることと、周りから眩しいとの苦情を受ける可能性がありますので、人影が認識出来る程度でも、真っ暗に比べるとかなり効果は高くなります。特に、出入口となりうる所にポイント的に照明を計画することで防犯効果は高くなります。

3、建物外周りの演出性を高める

安全面と防犯面の観点から、配置される照明をいかに美しく演出性を持たせるか。ここは設計者の腕の見せ所となります。演出性を高めるあまり、安全面や防犯面の効果が薄くなってしまわないように気をつけなければなりませんが、ここをうまく計画することで、印象を大きく変えることが出来ます。外構照明は、手頃な価格の割りに工夫次第で大きな効果がありますので、非常に費用対効果の高いアイテムとなります。

スポンサーリンク

外構照明の種類・選ぶ際の注意点

外構照明の種類

外構照明の種類としては、床面からポールを建てるタイプ、床面に埋め込むタイプ、床面に置くタイプ、天井面につけるタイプ、天井面に埋め込むタイプ、壁面につけるタイプ、壁面に埋め込むタイプと沢山種類があります。

選ぶ際の注意点

外構照明を選ぶ際は、屋外用(防水使用)を選ぶ必要があります。特に天井につけるタイプや壁面につけるタイプについては、屋内照明が沢山あり、間違って屋内用の照明を選ぶと、雨に濡れると漏電を起こし、故障する恐れがあります。最近は少なくなりましたが、白熱灯や蛍光灯の照明が存在します。白熱灯や蛍光灯は虫が寄って気やすい光となりますので、出来る限りLED照明を採用することをおススメします。

また、複数個の照明を種類を変えて設置する場合、それぞれの照明の色温度(2700K等記載のあるもの)は合わせることをおススメします。色温度がバラバラですと、統一感がなくなり、安いっぽいデザインとなります。

スポンサーリンク

外構照明のデザインのポイント

美しく魅せる外構照明のデザイン上のポイントは5つです。

1、色温度は統一し低く抑える
2、局所的に使用し、メリハリを効かせる
3、綺麗な面を照らす
4、植栽の影を利用して演出度を高める
5、凹凸のある素材を角度をつけた位置から照らす

1、色温度は統一し低く抑える

上の注意点の所でも挙げましたが、複数台設置する場合は色温度を統一する方が無難です。あえて色温度を変えて、その部分だけを強調させるデザインも考えられなくはないですが、かなりデザイングレードが高く、失敗する可能性が高くなります。

また、住宅の場合色温度は低く抑える方が美しく見えます。色温度は、光の色の見え方を示しています。メーカーや器具によって、様々ですが2000K(ケルビン)~7000K程度まであります。数字が低いと赤く、中間では白く、高いと青くなります。

一般的には下記のイメージです。

炎や夕日1800K~2000K
白熱電球2700K~3000K
蛍光灯5000K~6500K

LEDは上記の色温度を調整することが可能です。

一般的には、オフィスで使われている色温度蛍光灯の5000Kの白い光が使われています。方や、カフェやバー等の雰囲気重視な空間は色温度を2000K~3000K程度の低いものが浸かれています。住宅の外構に使う場合は、オフィス等で使われる白い光よりも炎や夕日のような温かみのある色温度が植栽等にも映えて美しく魅せてくれます。

2、局所的に使用し、メリハリを効かせる

外構照明は全体的にぼんやり照らすよりも、局所的に照らすことで、メリハリが効いて美しく見えます。また、魅せたくない所を暗くすることで、美しい面だけがクローズアップされ、より美しく魅せることができます。

3、綺麗な面を照らす

可能限り、美しい何も障害物のない壁面や天井面を照らすと最も効果的です。更にスポットライト的な角度のある光を局所的に美しい壁面にあてることで、光のラインが壁面に転写され、昼間は見えないラインが夜間だけ現れ、劇的に美しい夜景が出来上がります。

4、植栽の影を利用して演出度を高める

植栽の影を壁面や天井に落とすよう照明を計画することで、演出性が一層高まります。植栽への照明配置は、広葉樹や針葉樹等、植栽によってあてるポイントが異なってきますが、植栽にあった照明計画で、影で演出するだけでなく、植栽が際立ちます。

5、凹凸のある素材を角度をつけた位置から照らす

タイルやレンガ、木材等、凹凸のある素材を斜めの角度のついた位置から照らすことで、素材がより立体的に感じることができます。更に、素材感を十二分に味わえるよう照明器具は出来る限り埋め込みタイプを選択し、光だけが素材を照らしているようにすれば、より演出性は高まります。

スポンサーリンク

まとめ

外構照明は、まずは安全性、防犯面の役割が大事ですが、昼間の表情とは全く異なる夜景を演出することが出来るアイテムです。また、うまく計画することで劇的に美しく演出することが出来ます。特に、外構照明の美しさは、完全に暗くなる時よりも、うす暗くなる夕景に映えます。外構照明は、それほどコストもかかりませんので、手軽に設置することが可能です。家に夕方帰るのが楽しみになるような、外構照明計画考えてみてはいかがでしょうか。

建築士つぶやくの記事一覧

※タップ(クリック)で各記事ページを開きます。

 
 
ニックネーム
one archi

現在の主な作業
一級建築士試験に一発合格し、組織設計事務所にて主に学校、公民館、道の駅、発電所等の幅広い用途の公共建築物の設計を行なっている。

自己紹介
芸術学部建築学科を卒業後、ハウスメーカーメーカーにて住宅の設計販売に携わる。一級建築士事務所開設を夢に、ハウスメーカーを退職し資格学校へ通うが、そこで現職場の先輩にスカウトされ組織設計事務所に所属する事になる。一級建築士の他に、インテリアプランナー、建築積算士、casbee評価員の有資格者である。2020年、実務経験と建築知識を活かして建築系のWEBライターとして始動。

おすすめ書籍紹介
 

く読まれている記事

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\建築資材を学ぶ・極める/

建築資材TOPはコチラ