間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

【建築士つぶやく】「土」を使った建築デザイン実例

図面制作スタッフ

間取図・図面の記事カテゴリ一覧

※タップ(クリック)で各カテゴリページを開きます

 

スポンサーリンク

土を使った建築について思ふこと

道の駅ましこ

上の写真は道の駅ですが、やさしい雰囲気で、明るく開放的で素敵ですよね。どこに土が!?ですが、写真中央の壁面と床面に地元の土が使われています

「土を使った建築」と聞くと昔ながらの土壁をイメージする方が多いかと思いますが、こんな素敵な空間をつくることも出来ます。古くから使われる技法ですがスタイリッシュで美しいですよね。

道の駅ましこ

この建築は、2020年日本建築学会賞を受賞したMOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO設計の「道の駅 ましこ」で、建築地の風景や風土を継承するコンセプトで地域の特徴である里山や、田んぼの風景、土の恵みで暮らしている風土を建築に表現しているものです。

地域に対してスケールアウトするような規模ですが、屋根勾配を里山の稜線に合わせ、屋根を分割し山々の重なりを表現することで人のスケールに近づき地域にも馴染む建築になっています。美しい!素晴らしい!

土壁

「土を使った建築」は上写真のような土壁のイメージですよね。あまり美しさは感じられませんが、歴史もあり、調湿性や断熱性、防火性等の機能面に優れた素材です。先の例の道の駅では、地域の特徴を表現する為の一つでもありましたが、日本では昔から地域で土を活かした建築デザインがありました。

土壁

昔は現在のような工場で大量生産したものを、トラックや船を使って建築地まで運んで組み上げることは出来ませんでしたので、その地にある材料である木や土を使って造ることが当たり前でした。その中で土は地域によって含まれている成分が異なり、それぞれの地域の特徴が滲み出る材料のひとつだったと思います。

その土を使った技法は地域の職人さんが継承していけば美しい町並みがもっと日本に溢れていたと思いますが、技法の継承ができず職人さんが減少し続けていると聞きます。

土を建築に使う場合、大きく下記の2つの方法があります。

土を水や他の材料と練り混ぜて使う左官系のもの
土を焼いて成型したものを積み上げるもの

左官系のもの

まずは、土を水や他の材料と練り混ぜて使う左官系のものについてです。

左官壁

左官系の壁については、古くから一般住宅でもよく使われてきた技法でありましたが、施工出来る職人の減少、施工に時間がかかる、施工が悪ければ経年でひび割れや剥がれが生じる等の理由で土を使った左官壁の需要が一気に減り、代わりに施工性が良く、コストも安いクロスの需要が高まり、最近の住宅では殆どがクロス壁に変わりました。また、クロスも木目調や左官調のものがあり、見た目は殆ど分からないほどよく出来ています。

ただし、一部の職人や建築家、土壁の魅力に惹かれるお施主様によって、今も土を使った左官壁は無くなることなく存在します。現に今年の建築学会賞にも選ばれております。

土を使った壁は調湿作用や断熱性、見た目の温かみ等のメリットがあり、見直されはじめ徐々に広まって来ていると感じます。

それは、大手ハウスメーカーが珪藻土を使った壁を採用することや、大河ドラマ真田丸で有名になった左官職人挾土秀平さんやTV番組情熱大陸に出演された久住有生さんの影響もあり、土の魅力が一般の方にも広く理解されて来ているのではないかと思います。

土の調湿作用は、四季のある日本には適した材料で、湿気の多い日は土が湿気を吸収してくれ、乾燥している日は土に含まれる水分が放出されます。そこに暮らす人に優しい建築材料ですね。

土を水等で練り混ぜて使う壁のなかでも、一般的に認知されているのは、厚み数ミリから数十ミリ程度の土を下地の壁に塗る左官壁だと思われますが、厚み150ミリ以上の土を積み上げる版築壁もあります。

版築壁

版築壁の詳しくは別の機会で解説したいと思いますが、非常に手間と時間とコストがかかる工法です。版築壁も古くからある工法で中国の万里の長城もこの工法が採用されており、歴史もある工法です。土が層をなしている表情が素朴な味わいを出しています。薄塗りの左官壁同様に、人の手で造られた感が伝わる所が、人を惹きつける魅力になっているのではないかと考えています。

土を焼いて成型したもの

次に土を焼いて成型したものです。

版築壁

土を焼いて成型したものですが、日本の代表的なものですと瓦とレンガです。

土は高温で焼くことで、土に含まれるカルシウムなどの物質が化合し、土粒子の間に溶けて入り込み、冷めると固体化し土粒子同士を結合して成型されます。

この瓦やレンガについても、その地域で採取される土の成分により色が変わってくると言われています。その地域の特徴がそのまま建築材料として出来上がるのは非常に面白いですよね。瓦とレンガについては、別物と思われるかもしれませんが、実は作る工程はまったく同じです。

薬剤を入れずに焼いて窯から出てくる色は土の色で瓦もレンガ同じで形が違うだけです。瓦については、窯で焼いたあと、燻製(クンセイ)することで燻瓦(イブシガワラ)となります。実は、レンガも同様に燻製すると、瓦のような燻銀(イブシギン)の色になります。

土はその地を表すことのできる特徴をもった材料で、昔から建築に使われてきましたが、現在では安全性や耐久性等の検証も行い、土のもつ調湿性や温かみを活かした建築が作られることになってきました。本年度、建築学会賞を受賞した「道の駅ましこ」のように今後もこのようなその地に馴染む建築を目指して設計していきたいものです。

建築士つぶやくの記事一覧

※タップ(クリック)で各記事ページを開きます。

 
 
ニックネーム
one archi

現在の主な作業
一級建築士試験に一発合格し、組織設計事務所にて主に学校、公民館、道の駅、発電所等の幅広い用途の公共建築物の設計を行なっている。

自己紹介
芸術学部建築学科を卒業後、ハウスメーカーメーカーにて住宅の設計販売に携わる。一級建築士事務所開設を夢に、ハウスメーカーを退職し資格学校へ通うが、そこで現職場の先輩にスカウトされ組織設計事務所に所属する事になる。一級建築士の他に、インテリアプランナー、建築積算士、casbee評価員の有資格者である。2020年、実務経験と建築知識を活かして建築系のWEBライターとして始動。

おすすめ書籍紹介
 

く読まれている記事

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\建築資材を学ぶ・極める/

建築資材TOPはコチラ