間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

【建築士つぶやく】隈研吾の建築

図面制作スタッフ

日本を代表する建築家『隈研吾』ですが、一般的にはまだまだその存在は知られていないのではないでしょうか。

2020年東京オリンピック、国立競技場の設計で建築家隈研吾の存在はある程度メディアを通じて発信されていますが、それでも元々の計画であった国際コンペ採用案が予算の問題で取りやめられ、当時それを審査していた建築家『安藤忠雄』の方が目立っていたような気がします。

それでも、昨今の日本の代表的な建築を手がけられていることは間違いなく、実はこの建物も隈研吾設計だったというものも沢山存在いたします。

建築士つぶやくの記事一覧

※タップ(クリック)で各記事ページを開きます。

 

間取図・図面の記事カテゴリ一覧

※タップ(クリック)で各カテゴリページを開きます。

 

スポンサーリンク

昨今の日本を代表する隈研吾設計の建物

国立競技場

2020東京オリンピックのメインスタジアムとなる世界に発信する施設の設計に、当初は国際コンペが開催され、隈研吾の設計事務所は選ばれることなく、海外の有名建築家ザハハディッドが選ばれました。ザハハディッドの設計は詳細設計まで進み、これから工事する段階で、予算が大きくオーバーすることが判明し、急遽安倍晋三元首相の判断により白紙撤回となりました。

その後、設計のやり直し、工事をオリンピックまでに完成させる条件のもと再度設計コンペが開催され、隈研吾設計事務所が採用される運びとなりました。
それまでかかった経費や時間を吸収するため、コスト削減と工期短縮が求められた非常に難易度の高い設計となったことは想像に難くありません。

森のスタジアムのコンセプトで設計された競技場は、コストを抑えながらも全国の木を庇の軒裏や、内装に使った素晴らしい設計です。

高輪ゲートウェイ駅

東京の山手線の30番目の駅で、こちらも東京オリンピック開催に合わせてつくられた施設です。
折り紙のような屋根形状で、駅内側からも屋根の折り紙のような複雑な形状が感じられるつくりになっています。
屋根は白い膜が使用され、夜間は駅内側からライトアップされ外部からは白い障子の行燈的な雰囲気が感じられます。

 

スポンサーリンク

最新技術をつかった、日本の伝統的なデザインです。

スターバックス太宰府天満宮店

こちらは隈研吾をしらなくても、建物を知っているヒトは多いのではないでしょうか。
スターバックス太宰府天満宮店。スターバックスの建物はどれも洗練されていて美しいものが多い中、ひときわ異彩を放つスターバックスとしても有名です。

見た目の奇抜さとは裏腹に、日本の伝統技術により釘を一本も使わず組み込まれている地獄組でつくられています。こちらは、建物の耐震上重要な耐震ブレースの役割も果たしています。
その地の木で、日本の伝統的技術を使い、現在のデザインと融合させた美しい建物です。

隈研吾の建築の特徴

隈研吾の建築の特徴は、素材にその地の特徴的なものを利用することです。建築家は自身の作品性があるものが多く、例えば安藤忠雄であればコンクリート打放しを全国どこに建てても同じように使用します。

一方、隈研吾の建築のつくり方は、その地にある材を上手く建築に取り入れているような感じがします。

建築士つぶやくの記事一覧

※タップ(クリック)で各記事ページを開きます。

 
 
ニックネーム
one archi

現在の主な作業
一級建築士試験に一発合格し、組織設計事務所にて主に学校、公民館、道の駅、発電所等の幅広い用途の公共建築物の設計を行なっている。

自己紹介
芸術学部建築学科を卒業後、ハウスメーカーメーカーにて住宅の設計販売に携わる。一級建築士事務所開設を夢に、ハウスメーカーを退職し資格学校へ通うが、そこで現職場の先輩にスカウトされ組織設計事務所に所属する事になる。一級建築士の他に、インテリアプランナー、建築積算士、casbee評価員の有資格者である。2020年、実務経験と建築知識を活かして建築系のWEBライターとして始動。

おすすめ書籍紹介
 

く読まれている記事

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\建築資材を学ぶ・極める/

建築資材TOPはコチラ