間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

間取図記号一覧表・間取図記号クイズ

間取り図記号には、たくさんの種類があります。 小さな図面の中に、何があるのか正確に表すために間取り図記号は使われていますので、それぞれの特徴をとらえた的確な記号となっています。 よく見てみると「なるほど」と思えるものが多く、興味深いです。 

ここでは、間取り図記号を覚えるためのクイズを用意しました。解説ありのクイズは初級者向き、解説なしのクイズは上級者向きとなっています。 間取り図記号一覧表とクイズはダウンロードできますので、ぜひ便利に楽しく利用してくださいね。

各間取り図記号の意味を解説してるページはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

間取図記号一覧表・間取図記号クイズ

スポンサーリンク

間取り図記号一覧

平面図の記号一覧

記号記号名説明
引き違い窓引き違い窓左右 2 枚のガラス戸をスライドして開閉する窓。左右どちら側も開く事ができ、換気・採光にも有効です。
片引き窓片引き窓片側がはめ殺し窓(FIX窓)や壁の場合に用いられる窓です。片方の窓のみで開閉するため、引き違いと比べて機能面ではやや劣ります。
片開き窓片開き窓左右どちらか一方に開閉するタイプの窓。最も一般的な形式で、通風・採光に有効です。
装飾窓(FIX)装飾窓(FIX)採光・眺望を目的として取り付けられる開閉できない窓。デザインや大きさはある程度自由で飾り窓的な要素もあります。
装飾窓(その他)装飾窓(その他)採光・眺望を目的として取り付けられる開閉できない窓の事です。デザインや大きさはある程度自由で飾り窓的な要素もあります。上げ下げ窓、横すべり窓、内倒し窓、外倒し窓、ルーバー窓、平行突出し窓、オーニング窓等、様々な種類があります。
縦すべり窓縦すべり窓窓枠の上下に設けられたレールに沿って、窓を外側(室外側)にすべり出させて開けるもの。
面格子付窓面格子付窓窓などの開口部に取り付けられた格子のこと。台所、トイレ、浴室の窓や外に面した廊下などに、防犯のために取り付けられる事が多いようです。
シャッターシャッター幅の小さい金属板をすだれ状に組み合わせた、巻き込むことのできる戸。
雨戸雨戸防犯、断熱、遮音、遮光などを目的とし、縁側・窓などの外側に取り付ける戸
片開き戸片開き戸左右どちらか一方に開閉するタイプの戸です。蝶番のついているほうを吊り元といいます。
両開き戸両開き戸左右 2 枚の戸が開閉するタイプの戸です。人の出入りが多いところや、大きな荷物の出し入れが必要な場所に設けられます。
親子扉親子扉2枚のドア幅が大小異なる両開きドアです。日常時は子ドアをロックしておき、親ドアのみを開閉して片開きドア的に使用するのですが、大きな荷物の出し入れが必要な際は子ドアも開けて利用することができます。
引き違い戸引き違い戸左右2枚の戸をスライドして開閉する戸です。押し入れの戸などに見られ3枚や4枚の戸で構成する場合もあります。
片引き戸片引き戸一枚の引き戸を、溝やレースの上に滑らせて開閉する戸です。開けたときに扉が邪魔にならず、すっきりとした印象を与えてくれます。玄関や室内の出入り口の戸などに使われています。
引き込み戸引き込み戸戸をスライドさせて壁の中に引き込みタイプの戸、開閉するためのスペースは少なくてすみますが、引き込むための場所が必要です。
アコーディオンカーテンアコーディオンカーテン楽器のアコーディオンのように伸縮しながら開閉するカーテン状の建具です。
折戸折戸開いたときに折りたためるタイプの戸。開くためのスペースがあまりない場所(浴室)などに用いられます。
2枚折戸2枚折戸

開いたときに折りたためるタイプの戸で2方向に開く戸が 2枚付いています。クローゼットなどによく使われます。

立面図の記号一覧

記号記号名説明
引き違い窓引き違い窓左右 2 枚のガラス戸をスライドして開閉する窓です。左右どちら側も開く事ができ、換気・採光にも有効です。
片引き窓片引き窓片側がはめ殺し窓(FIX窓)や壁の場合に用いられます。片方の窓のみで開閉するため、引き違いと比べて機能面ではやや劣ります。
片開き窓(ドア)片開き窓(ドア)左右どちらか一方に開閉するタイプの窓です。最も一般的な形式で、通風・採光に有効です。
はめ殺し窓(FIX)はめ殺し窓(FIX 窓)採光・眺望を目的として取り付けられる開閉できない窓です。デザインや大きさはある程度自由で飾り窓的な要素もあります。
上げ下げ窓上げ下げ窓上下にスライドして開閉する窓。上下 2 枚とも開くダブルハングと片方だけ開くシングルハングがある。場所を取らずに採光・通風が確保できます。
縦すべり窓縦すべり窓窓枠の上下に設けられたレールに 沿って、窓 を 外側(室内側)にすべり出させて開けるものです。
横すべり窓横すべり窓窓を室外側に押し出して開けるタイプの窓です。窓枠の左右に溝があるので、すべり出すことができます。窓ガラスが庇のようになるため、雨の日も窓が開けられます。
内倒し窓内倒し窓窓の下部を軸として、窓の上部を内側(室内側)に倒して開けるものです。内部側へのみ開閉し、室外側にはみ出さないので、隣合う建物との間隔が狭い場所にも取り付け可能です。
外倒し窓外倒し窓窓の下部を軸として、窓の上部を外側(室外側)に倒して開けるものです。
平行突出し窓平行突出し窓ハンドルを押すと窓が 10cm ほど外側に出る形式です。風が直接入らず、換気がスムーズに行えます。
オーニング窓オーニング窓複数の小窓を連結し、ハンドル操作で開閉する窓です。水平に重ねた複数の細長いガラス板をハンドル操作で開閉する「ルーバー窓」と比べて、機密性や水密性が高いといわれています。
面格子付窓面格子付窓窓などの開口部に取り付けられた格子のことです。台所、トイレ、浴室の窓や外に面した廊下などに、防犯のために取り付けられる事が多いようです。
シャッターシャッター幅の小さい金属板をすだれ状に組み合わせた、巻き込む事のできる戸です。
雨戸雨戸防犯、断熱、遮音、遮光などを目的とし、縁側・窓などの外側に取り付ける戸です。

断面図の記号一覧

記号記号名説明
GLGround LineGL=Ground Line(地上面)の高さです。又はその高さを表す線のことです。
FLFloor LineFL=Floor Line(フロアライン)の略で、床仕上げの上端面のレベルを指します。1FL→1 階フロアライン、2FL→2階フロアライン
軒高軒高柱の上部をつなぐために回す木材を桁とよび、設計上の地盤(GL)から桁の天端までの距離を軒高といいます。2階の桁天端までを、採光の軒高といい、建築基準法の規制の基準になります。
CHCeilling HeightCH=Ceilling Height の略称です。Ceiling とは天井のことで、Heightとは高さのことです。CH=2,400 と書いてあれば天井高さ2.4 メートルあるという意味です。
北側斜線北側斜線北側斜線制限とは、南側にある建物の高さを制限して、北側の敷地の日照や通風を確保するも
のです。
道路斜線道路斜線道路面の日照などを確保するため、建築物の高さを、前面道路の反対側境界線を起点とする一定こう配の斜線の事です。この道路斜線をはみ出して、建物を建てることはできません。
隣地境界線隣地境界線敷地と敷地との境界線のことです。
道路境界線道路境界線敷地と道路の境界線のことで、敷地と道路の管理区域の境界を示しています。建築基準法では原則、道路の幅員は4m(特定の指定地域では6m)となっています。幅員が4mに満たない場合、敷地側に道路境界線を寄せる必要があります。
道路境中心線道路境中心線走路の位置を定める際の基となる中心位置のことです。この道路中心線に幅員を割り当てます。道路中心線が現況の道路の幅の中心位置を通るとは限りません。

配置図の記号一覧

記号記号名説明
主要出入口主要出入口日常的に人が出入りする場所のことです。
BMベンチマークBM=Bench Markの略で、敷地や建物の高さの基準レベル点を指します。BMは、施工時の基準マークになるので、動かないものを基準とします。主にマンホールなどがそれにあたります。
雨水桝雨水桝竪樋を経てからの雨水配水管の接続箇所や配水管の合流地点、配水管の曲がりや排水こう配が変わるところ、道路と敷地との境目付近(最終桝)に、排水設備の維持管理のために設ける桝。
汚水桝汚水桝家庭から出る汚れた水です。接続箇所や配水管の合流地点、配水管の曲がりや排水勾配が変わるところ、道路と敷地との境目付近(最終桝)に、排水設備の維持管理のために設ける桝です。
レベルレベル±0、+100 等の表記になります。BMを基準とした敷地のレベルを表します。レベル 1=1mm。

部屋の広さ(計算方法)の記号一覧

記号記号名説明
帖(畳)帖(畳)1 帖→1.65 ㎡ 畳 1 枚分の広さです。一般的な住宅のトイレやクローゼットの広さです。畳のサイズは関東間、京間、マンションサイズなどがありそれぞれ多少異なります。
㎡㎡ × ㎡で求めた面積の単位です。一般的な関東間の住宅で考えると 1.82m(一間)×0.91m(半間)=1.65 ㎡(1 帖)、1.82m(一間)×1.82m(一間)=3.31 ㎡(1 坪)
坪1 坪=約 3.31 ㎡(畳 2 枚分)
一般的な住宅の UB(ユニットバス)や洗面室の広さです。
㎡→帖㎡ → 帖㎡ ÷1.65
㎡から帖数を知りたい場合の計算方法です。1.65 ㎡ ÷1.65=1 帖(畳1 枚分)
㎡→坪㎡ → 坪㎡ ×0.3025
㎡から坪数を知りたい場合の計算方法です。一般的な住宅の敷地面積→100 ㎡ ×0.3025=30.25 坪
帖→㎡帖 → ㎡帖 ×1.65
帖数から㎡を知りたい場合の計算方法です。1 帖 ×1.65=1.65 ㎡(1 帖は 1.65 ㎡)
坪→㎡坪 → ㎡坪 ×0.3025
坪数から㎡を知りたい場合の計算方法です。一般的な住宅の敷地面積→30.25 坪 ×0.3025=100 ㎡
坪→帖坪 → 帖坪 ×2
坪数から帖数を知りたい場合の計算方法です。1 坪 ×2=2 帖(畳 2枚分)
帖→坪帖 → 坪帖 ÷2
帖数から坪数を知りたい場合の計算方法です。2 帖 ÷2=1 坪(一般的な住宅のUB、洗面室の広さ)
一寸一寸一寸=3.03cm(一尺の 1/10)
3.03cm×10=30.3cm→一尺
一尺一尺一尺→30.3cm(一寸の 10 倍)
三 尺→90.9cm(約 91.0cm→910mm)。一般的な関東間の住宅の寸法基準です。910 モジュールと呼ばれます。
一間一間一間→1.8182m(尺の 6 倍)
六尺畳の長い方の辺の長さ、ふすま2 枚分の長さです。

部屋名・スペース名の記号一覧

記号記号名説明
MBRマスターベッドルームマスターベッドルームです。「主寝室」を表します。洋室のうち最も広いものが主寝室と呼ばれます。
BRベッドルームベッドルームです。「洋室」を表します。
SR(N)サービスルーム ( 納戸 )サービスルーム(納戸)です。採光基準を満たしてない部屋です。居室として認められていない部屋です。多目的ルーム、スペアルーム、フリールームなどがあります。
UBユニットバスユニットバスです。あらかじめ工場で天井や浴槽、壁、床などのパーツを造っておき、それらを現場で組み立てていくバスルームの事です。通常の浴室より施工が早いです。
WICウォークインクローゼットウォークインクローゼットです。おもに寝室に設けられ、人が中を歩けるほどの広さを確保した収納です。
SICシューズインクローゼットシューズインクローゼットです。玄関にある広い収納で、靴やスキー・ゴルフ用品なども収納できます。
RBLルーフバルコニー部屋の真上にある階下の住戸の屋根部分を利用したバルコニーの事です。
RFロフトロフトです。屋根裏部屋を表します。天井の高い部屋の中2階のようなスペースです。
PSパイプスペースパイプスペース。トイレ、キッチン、UB、洗面室から流れる配管を収納するスペースです。
LDKリビングダイニングキッチンリビング(居間)、ダイニング(食事 室)、キッチン(台 所)の意味で、居間・食事室・台所が一体となった空間です。

電気記号の記号一覧

記号記号名説明
スイッチスイッチ部屋の電気など、壁に付いているパチッと押すタイプのスイッチの記号です。
3路スイッチ3路スイッチ3 路スイッチとは、1 つの照明を 2 か所のスイッチでON/OFFできるスイッチのことです。
コンセントコンセント壁についているコンセントの記号です。数字の「2」は差し込み口が2つあるコンセントです。
アース付きコンセントアース付きコンセントコンセント記号の横の「E」はアース(Earth・接地極)を表しています。
防水コンセント防水コンセントコンセント記号の横に「W」があるときは、防雨防水のコンセントになります。W は water の頭文字です。
TVコンセントTV コンセントテレビ用のコンセントの記号です。テレビを見るために必要なコンセントです。
インターホンインターホンインターホンのある外と、家の中で応対するスイッチがある場所に使う記号です。
電話電話電話に使うコンセントの場所を表しています。電話の室内配線の参考にすることができます。
エアコンコンセントエアコンコンセントエアコンを設置するときに使用するコンセントの記号です。壁の高い場所にあることが多いです。
シーリングシーリングシーリングライトを設置できる場所の記号です。天井に設置されています。
ダウンライトダウンライトダウンライトを表す記号です。ダウンライトとは、天井に埋め込まれている小型の照明です。
ブラケットブラケットこの記号ではブラケットライトのある場所を表しています。ブラケットライトとは、壁に取り
付けられている照明のことです。
蛍光灯蛍光灯この記号は、蛍光灯がある場所を表しています。天井に設置されています。
換気扇(天井)換気扇(天井)天井に設置されている換気扇のある場所を表しています。キッチンやお風呂場、トイレなどに設置されます。
換気扇(壁)換気扇(壁)壁に設置されている換気扇を表しています。居室には、換気設備を設置する必要があります。
給気口給気口室内の壁にある吸気口の記号です。外からの空気が取り入れられます。
24時間換気24時間換気24時間換気する吸気口を表す記号です。外気を室内に取り入れます。
分電盤分電盤家のなかにある分電盤を表す記号です。各部屋へ電気を分配し、使用量や漏電の管理をします

間取り図記号一覧表(解説あり)

「間取り図記号(マーク)」、「間取り図記号名」、「間取り図記号に関する解説文」を掲載しています。同時に確認できる一覧となっていますので、間取り図記号に詳しくない方が間取り図を見るときに一枚印刷しておくと便利です。

間取り図記号一覧表(解説なし)

「間取り図記号(マーク)」と「間取り図記号名」の一覧表です。このシートでは、解説文は掲載していませんので、記号(マーク)と間取り図記号名だけすぐに確認したい場合に便利です。

スポンサーリンク

間取り図記号クイズ

ここからは間取り図記号のクイズ問題を掲載します。

間取り図記号クイズ 記号名問題 (解説あり)

間取り図記号のクイズ問題です。「間取り図記号(マーク)」とその解説文が掲載されていますので、 その間取り図記号の名称を空欄の部分に書き込んでみましょう間取り図記号名を覚える際にご利用ください。

間取り図記号クイズ 記号名問題 (解説なし)

間取り図記号のクイズ問題です。間取り図記号(マーク)が掲載されていて、記号名のところが空欄になっているので、自分で書き込んでみましょう。間取り図記号の解説はないので、難易度が高いクイズです。

間取り図記号クイズ 記号(マーク)問題 (解説あり)

間取り図記号のクイズ問題です。間取り図記号名が書いてあるので、その間取り図記号を手書きで書いていく問題です。その間取り図記号の解説も掲載しているのでヒントになります。

間取り図記号クイズ 記号(マーク)問題 (解説なし)

間取り図記号のクイズ問題です。間取り図記号名が書いてあるので、それに対応する間取り図記号を手書きで書いてみましょう。間取り図記号の解説は掲載していないので、難易度が高いクイズとなっています。

間取り図記号合わせクイズ

間取り図記号の組み合わせクイズ問題です。記号名に対応する記号(マーク)を線を引いて結び付けたり、記号(マーク)とその記号の解説を結び付けたりする問題など、様々なパターンで掲載しています。自分のレベルに合わせてクイズを選んでみてください。

こんな間取り図一覧やクイズを作成してほしい!ご要望あればこちらからお問い合わせください。
間取図記号一覧へ
間取図の記号・図面集の凡例 解説サイト
こちらの記事では、分譲住宅のパンフレットに記載されている『間取り図の記号』、新築マンションの『図面集の凡例』について解説しています。 クイズ形式でも紹介していますので併せてお楽しみ頂けると共に、各記
タイトルとURLをコピーしました