間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

坪 | 間取り図や図面記号の意味を写真付き解説

坪の記号

坪の記号
(つぼ)

「坪」とは尺貫法による面積の単位です。明治時代に定義され、400/121平方メートルとされています。

1坪=約3.31㎡(畳2枚分)
一般的な住宅のUB(ユニットバス)や洗面室の広さ

一辺が6尺(1間)の正方形の面積であり約3.305m2です。1畳(中京間)が1.65m2なので1坪=2畳になります。つまり、畳2枚で一坪ということになります。

1間=6尺

1間=6尺

ちなみに、全国の住宅の床面積の平均値は2018年時点で約38坪です。1坪は約3.3m2なので126.8m2となるので、38坪以上あれば大きい家であると言えますね。一つの目安として覚えておいてもいいかもしれません。

また、住宅だけでなく、その土地の広さも坪で表します。「坪単価」という言葉を耳にしたことがあると思います。これは土地の価格をあらわす呼び方で、不動産業界では一般的な言葉です。土地の価格がすぐに分かるので、ものさしとして使われています。

スポンサーリンク

なぜ「坪」が使われるのか?

これは戦前まで用いられてきた「尺貫法」という度量制度の名残であると言えます。

「寸」「尺」「間」「歩」等々、尺貫法の単位がありますが、未だに一般的に使われているのがこの「坪」ではないでしょうか?

海外投資家向けに書かれた英文の不動産鑑評価書にも「坪」(tsubo)が表記されているのです。「坪」表記はさりげなく国際化しているのです。

このように「坪」は不動産業界にしみついた単位であり、今後もなくなることは無いのではないでしょうか。

※坪をテーマにした関連記事は下記をご覧ください。

坪

坪の記号

坪の間取図・図面記号のイラスト
間取図記号一覧へ
間取図の記号・図面集の凡例 解説サイト
こちらの記事では、分譲住宅のパンフレットに記載されている『間取り図の記号』、新築マンションの『図面集の凡例』について解説しています。 クイズ形式でも紹介していますので併せてお楽しみ頂けると共に、各記
間取図記号一覧表・間取図記号クイズ
1.間取り図記号一覧表(解説あり) 「間取り図記号(マーク)」、「間取り図記号名」、「間取り図記号に関する解説文」を掲載しています。 同時に確認できる一覧となっていますので、間...
タイトルとURLをコピーしました