間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

上げ下げ窓 | 間取り図や図面記号の意味を写真付き解説

上げ下げ窓の記号

上げ下げ窓の記号
(あげさげまど)

上げ下げ窓とは2枚のガラスを並べた縦長の窓で、欧米の住宅で良く用いられるものです。上部のガラスが固定されていて下部のみ上下するシングルハング(片上げ下げ窓)。上下どちらも可動するものをダブルハング(両上げ下げ窓)と呼びます。通常の引き違い窓の上下に動くタイプといえば想像がつくでしょうか? 

従来の掃き出し窓に比べて設置場所が限定されにくくリビング以外にもトイレやキッチンなど様々な場所に使用できるため日本でも上げ下げ窓を採用する住宅が増えているようです。特に横幅に余裕が無く、上下であればスペースが確保できる場所には最適であるといえます。

上げ下げ窓

上げ下げ窓

メリット
気密性、遮音性が高い
上げ下げ窓の特徴は気密性が高いということです。通常よく採用される引き違い窓の場合、横にスライドさせるため窓枠の下に戸車がついているためレール部分に隙間ができてしまうため気密性が低い場合が多いです。それに対して上げ下げ窓の場合井は戸車がいため隙間ができないので気密性が高いということです。気密性が高いことにより断熱性も上がるため気温の低い地方にはメリットが大きいといえます。また気密性が高いことにより空調負荷が少なく省エネに寄与し光熱費の削減に貢献するということです。

防犯性が高い
上げ下げ窓は基本的に引き違い窓より巾が狭く構造上外から開けにくいため、侵入されにくい窓とされています。

デザイン性が高い
デザイン性が高いというのはデザインが豊富ということではなく、外観がスッキリとするということです。上げ下げ窓は引き違い窓と違い構造上縦長になります。よって縦長の形状が建物の外観に合わせると横長の引き違い窓よりもスッキリとしてスマートに納まるということです。

デメリット
掃除がしにくい
上げ下げ窓のデメリットは引き違い窓よりも高さがあるため、特に上の窓部分の清掃がし辛いということです。2階に上げ下げ窓を採用した場合は外側から清掃することが困難なため注意が必要です。

価格が高い
上げ下げ窓は構造が複雑であるためであることと、引き違い窓よりも一般的ではないため通常の窓よりもコストがかかるというデメリットがあります。

開閉が面倒
上げ下げ窓は開閉が面倒であるということです。窓を持ち上げる作業があるということと、ストッパーやレバーなどの操作がプラスアルファであるため手間がかかるということです。

 

上げ下げ窓

上げ下げ窓の記号

上げ下げ窓の間取図・図面記号のイラスト

実際の写真

上げ下げ窓
間取図記号一覧へ
間取図の記号・図面集の凡例 解説サイト
こちらの記事では、分譲住宅のパンフレットに記載されている『間取り図の記号』、新築マンションの『図面集の凡例』について解説しています。 クイズ形式でも紹介していますので併せてお楽しみ頂けると共に、各記
間取図記号一覧表・間取図記号クイズ
1.間取り図記号一覧表(解説あり) 「間取り図記号(マーク)」、「間取り図記号名」、「間取り図記号に関する解説文」を掲載しています。 同時に確認できる一覧となっていますので、間...
タイトルとURLをコピーしました