間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

装飾窓(FIX) | 間取り図や図面記号の意味を写真付き解説

装飾窓(FIX)の記号

装飾窓(FIX)の記号
(そうしょくまど FIX)

FIX窓とは窓枠に直接ガラスをはめこみ、開閉できないように固定した窓のこと。

「はめ殺し窓」とも呼ばれ、採光が主な目的の場合に用います。
丸型や正方形、長方形など様々な形状を用いることができます。

メリット
① 大きな窓にできるので視界が広くなる
一般的な開閉式の窓の場合、窓の大きさは制限されますが、FIX窓にはその心配が無く大きく開放的な窓を表現することができます。

② デザイン性が高い。いわゆる装飾できる窓である
例えば細長い窓、丸い窓、ひし形の窓。等々デザインの窓を表現することができます。

③ 空調負荷軽減することができる
窓を開閉しないので、室内の空気が外に逃げることがありません。開閉可能な窓よりも温度変化が小さく、温度調節を効率よく行うことができます。

④ 落下事故の心配がない
開閉が無いため落下事故の心配がありません。採光だけが目的である場合はFIX窓にすることがおすすめです。

以上のようなメリットがある反面、次のようなデメリットもあります。

デメリット
① 換気ができません
窓の開閉ができないため換気ができません。換気の必要な室には使わないようにしましょう。

② 清掃が困難
内側は清掃容易に清掃できますが、開閉不可能なため外側からしか清掃できません。よって、1階部分であれば清掃可能ですが、2階以上の高所になると清掃が困難になります。メンテナンスを考慮して設置個所を検討することが大切です。

また、留意すべき事項として、FIX窓は意匠上や採光を確保するため大きくなりがちなため、エアコンなどで空調された室内の空気が逃げやすいことが挙げられます。

空調負荷が大きくなってしまうので、断熱性におけるウィークポイントとなります。

この問題を解決するためには、ガラスをLOW-Eペアガラスにしたり、遮熱フィルムを施工したり、または二重サッシにするなどの方法で対策できます。

装飾窓(FIX)

装飾窓(FIX)の記号

装飾窓(FIX)の間取図・図面記号のイラスト

実際の写真

装飾窓(FIX)
間取図記号一覧へ
間取図の記号・図面集の凡例 解説サイト
こちらの記事では、分譲住宅のパンフレットに記載されている『間取り図の記号』、新築マンションの『図面集の凡例』について解説しています。 クイズ形式でも紹介していますので併せてお楽しみ頂けると共に、各記
間取図記号一覧表・間取図記号クイズ
1.間取り図記号一覧表(解説あり) 「間取り図記号(マーク)」、「間取り図記号名」、「間取り図記号に関する解説文」を掲載しています。 同時に確認できる一覧となっていますので、間...
タイトルとURLをコピーしました