間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

帖(畳) | 間取り図や図面記号の意味を写真付き解説

帖(畳)の記号

帖(畳)の記号
(じょう)

畳(じょう)とは「たたみ」ではなく、部屋の広さを示す単位としての性質として表現されます。文字通り「畳(たたみ)」が何枚入る広さなのかを示します。

1帖→1.65㎡ 畳1枚分の広さ。
一般的な住宅のトイレやクローゼットの広さ。

ただし「畳」の広さは地域によって異なる広さがあったり、部屋の大きさに合わせて畳職人がカスタマイズしたりします。

よって一口に「畳」といっても「1畳」が同じ大きさとは限らないのです。

スポンサーリンク

畳の種類

畳の種類

畳の種類

「京間」

西日本で多く使われており、関西・中国・四国・九州がこのタイプです。正式には「京間」といい、関西間とよばれることもあるようです。

大きさ: 1.91m x 0.955m
6畳間の広さ: 10.94m2

「中京間」

文字通り主に愛知・岐阜・三重で多くみられます。ただ近畿や四国、東北でも使用されているようです。
縦6尺、横3尺あるので 正式には「三六間」と呼ばれています。

大きさ: 1.82m x 0.91m
6畳間の広さ: 9.93m2

「江戸間」

文字通り東京を中心とした関東地方をはじめ、静岡以北のエリアで使用されています。
縦の長さが5尺8寸あることから正式には「五八間」といいますが、「関東間」「田舎間」
と呼ばれることもあります。

大きさ: 1.76m x 0.878m
6畳間の広さ: 9.27m2

「団地間」

地域に関係なく。公団住宅・アパート・マンションなどの共同住宅で使用されています。日本が高度成長期にはいって住宅のニーズが高まった頃、多くの団地が建てられたことから生まれた新しい種類です。大きさに一定の基準がありません。ただし多くの場合は縦5尺 横6尺であり正式には「五六間」と呼ばれています。

大きさ: 1.76m x 0.85m
6畳間の広さ: 8.67m2m2

何故これだけの種類大きさや呼び名があるのでしょうか?

理由としては畳サイズの元となる単位「一間(いっけん)」の長さが時代時代で変化したことでしょう。
安土桃山時代には1間が6尺5寸だったものが、秀吉の時代には6尺3寸になり、江戸時代には6尺になったためこのように様々な種類の大きさが出来上がったということです。

スポンサーリンク

賃貸の場合の不動産の表記

賃貸物件の場合は間取り図に「〇畳(帖)」と記載されているものは 1畳=1.62m2以上と不動産表示規約で決まっています。

なぜなら実際の畳数よりも広く表示することが禁止されているためです。

しかしこの表記は注意点があり、不動産会社の間取り図のほとんどは壁芯面積で記載されていることが多いので壁の内側からの寸法では無いという認識はしておく必要があります。

家具の配置などを計画する場合は表記に惑わされず実際の寸法を実測することをおススメします。

 

※帖をテーマにした関連記事は下記をご覧ください。

帖(畳)

帖(畳)の記号

帖(畳)の間取図・図面記号のイラスト
間取図記号一覧へ
間取図の記号・図面集の凡例 解説サイト
こちらの記事では、分譲住宅のパンフレットに記載されている『間取り図の記号』、新築マンションの『図面集の凡例』について解説しています。 クイズ形式でも紹介していますので併せてお楽しみ頂けると共に、各記
間取図記号一覧表・間取図記号クイズ
1.間取り図記号一覧表(解説あり) 「間取り図記号(マーク)」、「間取り図記号名」、「間取り図記号に関する解説文」を掲載しています。 同時に確認できる一覧となっていますので、間...
タイトルとURLをコピーしました