間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

展開図とはどんな図面?記載されている内容と見方

「展開図」とはどのような図面なのでしょうか?どのように展開するの?

下記に説明していきます。

スポンサーリンク

展開図の説明 

「展開図」とは室内から見た立面図です。
室内の中心に立った時に東、西、南、北のそれぞれ4面の立面を表したものです。

各部屋天井高さ、窓の位置、高さ、出入口、建具の開閉方向、什器との関係性、設備機器との位置関係、仕上げ寸法等々様々な情報が記載されています。またスイッチやコンセントの配置も図示します。

要は空間の使い勝手を決める大切な図面であるといえます。

スポンサーリンク

展開図の役割

展開図は建主とのコミュニケーションをとるのに、より一層活躍する図面であるといえます。なぜなら展開図は什器(日常生活用の器具、家具を示す)と関わりが深いからです。

例えば、キッチンを外壁に面して計画した場合は窓とシステムキッチン、流し台の高さ吊戸の高さ等密接に関係してきます。窓、家具、設備機器の配置が一目でわかります。

それらを表現するために室内側から見た図面で記載するのです。それにより窓の高さやヨリを調整することにもなります。

このように展開図は内部の詳細、家具の配置、設備機器の配置(キッチンや洗面化粧台、トイレの便器等々)を細かい寸法まで検討し、建主に理解をしてもらうためにも重要な図面であるといえます。

スポンサーリンク

展開図の例

展開図サンプル①

例えば キッチンの展開図の場合、キッチンの配置を平面的に決めたものを展開図に表してみることで、冷蔵庫のコンセントの高さをどのくらいにすれば良いか適切に決めることができます。また上記吊戸棚とシステムキッチンの天端の高さを決めることにより、その間の高さ部分に明り取り用の窓や電子レンジの配置を決めることができます。

さらに袖壁、垂れ壁高さのイメージもこの展開図に図示し寸法を決めることができます。

展開図サンプル2

展開図サンプル③

上記はコンセントや給気口の配置高さを、実際の机の高さを想定して決めます。
また開口高さについても、机に座ってワークをする姿をイメージしてどのあたりに配置するかを検討します。

タイトルとURLをコピーしました