間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

『ガス配管図』とはどんな図面?記載されている内容

「ガス配管図」とはどんな図面でしょうか。

この記事では「ガス配管図」の図面の役割や見方について説明します。

スポンサーリンク

ガス配管図とは

住宅で利用されるガスはキッチンのガスコンロ、給湯器へのガスの供給が基本です。

具体的にはガス給湯器からシステムキッチンの流しへの給湯、お風呂への給湯、洗面化粧台への給湯、また温水床暖房への給湯になります。さらに、各室へのガスファンヒーターのガス栓への供給などがあります。

都市ガスの供給エリアでは都市ガスが、それ以外のエリアではプロパンガスが供給されます。

都市ガスの場合は、敷地に接道している道路に埋設されているガス本管より分岐して引込されます。
プロパンガスの場合は、ボンベを住宅の外壁付近にボンベ置き場を設けそこから配管し屋内に引込します。

現在は住宅においてオール電化の普及が進んでいますが、ガスを利用している住宅も多く、これからも存続していくインフラの一つです。

そのガスを引込から供給先までを図面にしたのが「ガス配管図」です。

スポンサーリンク

ガス配管図で表現されるもの

ガス配管図

〇ガス本管 大きさ
道路を埋設しているガス本管より分岐引込

〇ガスメーター 大きさ
ここで本管からのガスを受けて屋内へ供給

〇ガスコック
コンロやファンヒータへ

〇屋外にあるガス給湯器
これらをつなぐ配管を示しています。
この配管ルートに関しては床下を通すのか、壁内を通すのか、天井フトコロを通すのか現場に応じて設計します。

スポンサーリンク

ガスメーターについて

ガスメーターの大きさは号数で表記されるのですが、ガス器具の流量から選定されます。

一般にキッチンのガスコンロと16~24号のガス給湯器の場合は5号メーターで十分ですが、床暖房や温水熱源を併用する場合はガス会社に選定を依頼することをお勧めします。

また、最近のガスメータはガスの過大流量を検知できる安全システムを組込んだマイコンメータが使用されており、遮断機能と警報機能が組み込まれています。

この安全システムはマイコンメータとガス会社とを電話回線で結び遠隔遮断と遠隔通報ができるシステムが用意されており、24h監視センターに接続されているのでいざという時に電話でサポートを受けられます。

例えば、旅行に出かけたのは良いが調理の火を消すのを忘れてしまった場合でも24h監視センターに連絡すれば遠隔でマイコンメータの遮断弁を閉止できます。

タイトルとURLをコピーしました