間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

建具表とはどんな図面?記載されている内容・建具性能の見方

 「建具表」とは建具の形状や仕様などをリスト化したものです。

じゃあ建具って何ってなりますよね。建具とは扉、戸、ドア、窓、障子、襖など建物の開口部に付けられた開閉して部屋を仕切るものです。可動部分と枠部分を合わせた総称です。

木製建具と金属製建具があります。それらの仕様をリスト化しているものが「建具表」というわけです。

スポンサーリンク

 「建具表」の概要

「建具表」は姿図を利用して面材や枠材・金物について記載されており、見積もりをより正確なものとするために必要です。一つの建物に対して多くの建具が存在しているため、それら一つ一つの建具に対して仕様を決める必要があります。

また「建具表」をみればどのような建具なのか詳細を知ることができます

建具の詳細例
・防火設備なのか否かガラスは入っているのか?
・ガラスの厚み、ガラスは網入りか透明か?
・型板か、LOW-Eが使われているのか?
・ハンドルの形状は握り玉かレバーハンドルか?
・鍵は必要か?ドアクローザーは? etc.

また、建具のみ平面図で表すキープランという図面もあります。これは建具の場所を表す図面が必要なためで、キープランと建具表は整合させる必要があります。キープランを見ながら建具表を確認します。

また、建具の性能も記載されています。建具の性能はその建具設置高さ、建物の形状や立地条件により建具に求められる性能が違います。

記載される建具の性能
【耐風圧性】【気密性】【水密性】【遮音性】など

建主がじっくり建具表を見ることはあまりないかもしれませんが、施工業者に的確に設計者の計画を伝達するためのものであるといえます。どのような建具を製作しそれをどこに取り付けるのか?それらを建具表を見ながら確認を行います。

建具表

キープラン

スポンサーリンク

建具性能の見方

以下に主な建具の性能についての説明をしていきます。

【耐風圧性能】の見方

窓、ドアがどれくらい風圧に耐えられるかを示します

サッシに要求される耐風圧強度はサッシの地上高さによる予想速度圧、建物の形状による風力係数、地域別軽減係数、建物の立地条件により求められます。

つまり、サッシの取り付け高さや建物の形状、建物が建てられている地域や立地により決められるということです。それによりガラスの厚みも窓の大きさにより決定されます。

JIS等級等級との対応値(参考)風速換算値
S-1800Pa風速は36m/sに該当します。
S-21,200Pa風速は44m/sに該当します。
S-31,600Pa風速は51m/sに該当します。
S-42,000Pa風速は57m/sに該当します。
S-52,400Pa風速は62m/sに該当します。
S-62,800Pa風速は67m/sに該当します。
S-73,600Pa

風速は76m/sに該当します。

※SはStructureの頭文字です

選択の目安
階高高さh風圧力(C=0.8)対応するJIS等級
1F約3m約800Pa

S-1

2F約6m約1,200PaS-2
3F約9m約1,600PaS-3

【気密性】の見方

サッシの隙間からどの程度の空気の出入りがあるかを示す性能です。

風が吹くと室内外に気圧差が生じ、隙間風が生じます。この隙間風を規制する性能を気密性能といいます。隙間から入ってくる空気の量が少ないほうが性能が良いということです。

気密性が高いメリット
① 冷暖房における熱負荷が少ない → 省エネにつながる
② 内外部の騒音における遮音性能が良くなる → 静寂さ

一方で、気密性が高いと換気不十分による問題も生じますので定期的な換気が必要です。
24時間換気設備等は義務付けられているので設置する必要があります。

JIS等級気密等級線(参考)対応サッシ・ドア
A-1A-1等級線室内建具など
A-2A-2等級線室内建具など
A-3A-3等級線一般サッシ・ドア群
A-4A-4等級線断熱・防音サッシ・ドア群

※AはAirの頭文字です

【水密性】の見方

屋内への雨水浸入をどの程度防げるかを示す性能です。

一般の戸建ての場合 W-2,W-3等級が必要となってきます。

W-3等級とは1時間当たり240mmの降雨時に風速20m/s程度の風が吹いてもサッシから雨水浸入がないという性能です。

雨水浸入判断は窓枠を超えて屋内に雨水が入ることとされています。

JIS等級圧力差(参考)風速換算置
W-1100PA風速は9〜15m/sに該当します。
W-2150PA風速は11〜19m/sに該当します。
W-3250PA風速は14〜24m/sに該当します。
W-4350PA風速は16〜29m/sに該当します。
W-5500PA風速は20〜35m/sに該当します。
必要等級の目安
水密性能のJIS等級W-1W-2W-3W-4W-5
選択の目安市街地住宅  
 郊外住宅 
  低層ビル
   中高層ビル

【遮音性】の見方

屋内・外への音の出入りをどの程度遮るかを示す性能です。

例えば T-1等級の窓では25dBの音を遮る性能を持っており、室外で80dBの音を55dBまで下げることができる性能です。T-2でになると30dBの音を遮ります。数字が大きいほど性能が良いということです。

JIS等級遮音等級線住宅性能表示精度等級区分
T-1T-1等級線等級2
T-2T-2等級線等級3
T-3T-3等級線等級3
T-4T-4等級線等級3
騒音レベルとサッシの遮音性
騒音レベル身近にある騒音環境
120 〜 100自動車の警笛
電車が通るガード下
聴力機能障害 
100 〜 80電車の中
ボーリング場
きわめてうるさい 
80 〜 60

幹線道路の交差点
バスの走行音

うるさい80dB
T-1(25) 55dB
T-2(30) 50dB
60 〜 40静かな事務所
静かな公園
普通
40 〜 20郊外深夜
ささやき
静か 
20 〜 0呼吸の音きわめて静か 

その他断熱性や防火性等々の機能もあります。
ひとことに「建具表」といってもこれだけの意味、情報がこめられているのです。

タイトルとURLをコピーしました