間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

仕様書(仕上表)とは?記載されている内容と見方

設計図の中でも特に重要な部分である「仕様書」

仕様書とは(仕上表)とはどういう役割があり、どのような見方をしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

仕様書の役割

「仕様書」とは図面というより記載されている通り内外装の仕上げが記載されている一覧表です。

平面図断面図立面図だけでは全ての仕上材料や仕様を表現するのは難しく、また一枚の図面にそこまで情報量を詰め込むととても見づらい図面となってしまいます。そのため、どの場所のどの部位に何が使われているのかを一目見て知ることのできる非常に重要な図面です。

仕様書の具体的な内容
○内装:壁、天井、床等の仕上げ材の種類や仕様または名称etc
○外装:外壁、屋根などの仕上げ材や仕様
○設備:キッチン、トイレ、風呂、洗面 等の仕様、給排気設備の仕様等
    ガス設備
○電気:照明器具、分電盤、火災警報器、通信設備、インタホン等
○基礎:基礎の種類等

上記が一覧表にまとめて記載されています。

施主側の視点では計画段階において、仕上材の決定事項を確認する際に利用したり、竣工後であっても仕上げ材に何が使われていたのかを確認したりといったように利用されます。

設計や施工側としては仕上げ材の決定事項の漏れの無いようにするためのチェックとして利用したり、工事の際の材料発注時の確認や施工時の確認に利用したりと、その建物を建築するすべての人が利用する重要な役割を果たす図面です。

スポンサーリンク

仕様書の見方

「仕様書」の見方とはいうものの、そこまで難しいものではありません。

下記 内装の仕様書で例を上げると室名が一番左の欄に記載されており、その室名に対して「壁・天井・床」と部位ごとに仕上げ材の仕様が記載されています。

一目みてわかりやすくなっております。

しかし、仕上材の種類や仕様が専門的な用語でよくわからなかったり、メーカーの商品名で記載されていてわかりにくい場合があります。

その場合は受注者である建設会社や設計会社に納得いくまで聞き、打合せし計画を進めていくことが重要です。不明なまま放っておくと、竣工後に仕上材について調べたい時に仕様書を見て確認するときに「これ何やったかな?」というような事態になりかねません。(まあその際は受注者に聞くかネットで検索するかすれば良いのですが・・・)

ただ、計画段階ではよく理解しておきたいものです。住宅の購入は一生の買い物になります。面倒くさくてもここは手を抜かずに抑えておきたいポイントだと思います。

以下は外部仕上げ表と内部仕上げ表の一例です。

外部仕上げ

外部仕上げ

内部仕上げ

内部仕上げ

タイトルとURLをコピーしました