間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

2DKってどんな間取り? 2DKと1DK、2DKと2K、2DKと3Kとの違いを丁寧に解説

2DKっていったいどんな間取りなの?

そんな疑問にお応えすべく、本記事では2DKの解説から、2DK1DK2DK2LDK2DK2K2DK3Kとの違い等をお伝えします。

2DKイメージ

スポンサーリンク

2DKの定義

2DKとは、2人分の寝室と2人分のダイニング(食事室)とキッチンのある間取りです。プライベートスペースを居住者それぞれに確保できることで、カップルだけでなく兄弟や友達同士、様々な生活スタイルに対応することが可能です。

2人分のダイニングとは6畳以上10畳未満のスペースを指しているので、ダイニングテーブルやテレビ、ちょっとした食器棚を置くには十分な広さですが、ソファを置いてゆったりとくつろげる空間を求めるのであれば少し手狭かもしれません。

こちらは1980年代に流行った間取りのため、比較的築年数の経過したお手頃な物件が多いといえます。その分内装や設備が古いものもありますが、2人暮らしをはじめる最初の賃貸物件としてはうってつけの間取りになります。

スポンサーリンク

2DKの間取図

それでは、実際に間取図で確認してみましょう。

2DKの間取図

2DK

2DKの間取図

2DK

最も多いのが玄関から直接ダイニングに入り、水廻りやそれぞれの部屋(寝室)に入る間取りとなります。ダイニングを中心に生活する人に適していて、2人で暮らしていてもコミュニケーションを取りやすく、ちょっと贅沢なひとり暮らしの時には寝室とは別に趣味の部屋や仕事部屋を持つことが出来ます。

間取りによっては寝室の一部屋をDKと一体的に使うこともできるため、1LDKのような使い方をすることもできます。普段は1LDKのような使い方をして、例えば友人が泊まりに来たときには気兼ねなくソファのあるリビング上のスペースを利用してもらうこともできます。寝室間にも扉があると、広い1DKとすることもできます。

その他にそれぞれのスペースが完全に分けられている間取りもありますので、こういった間取りでは住人同士の動線の交差を避けることが可能です。

また2DKとは言っても洋室(寝室)の広さが等しいとは限らないので、ひとり暮らしの場合には書斎にするなり、収納に使うなり、寝室+遊び心のある、より自由な使い方が考えられます。

スポンサーリンク

2DKと間違えやすい間取り図の種類を解説

2DKと1DKとの違い

初めにお話した通り、2DKの場合6畳以上10畳未満の2人分のダイニングスペースが必要です。1DKのときには1人分のダイニングスペースとして4.5畳以上あれば十分だと考えられてます。

実際の間取図で確認してみましょう。

2DKの間取図

2DK

1DKの間取図

1DK

1DKの間取図

1DK

1DKの中にも色々とタイプがありますが、重要なのは洋室への動線となります。寝室とダイニングを一体で使えるタイプか、それぞれ別部屋として使えるタイプがあります。

2人暮らしをはじめるとき、2人の生活スタイルや起床・就寝の習慣がわからないのであれば、ある程度独立した空間がある方がよいと言えます。1DKでも生活するのに問題はありませんが、もう一部屋自由に使える部屋があると安心感があります。

中には2DKの一部屋の寝室を一体利用する場合と1LDKで迷う方もいますが、ダイニングスペースと洋室の違いはほとんどの場合収納の有無だと言えます。もちろんLDKの間取りの方が共有スペースの一体感はありますが、同じ広さで同じような使い方ができるのであれば、収納が多いに越したことはありません。

2DKと2LDKとの違い

2DKと2LDKの違いは単純にダイニングスペースの広さです。名前の通り生活の中心となるリビングスペース(居間)をつくる広さがあるかということです。10畳以上であればダイニングテーブルの他にソファやテレビボードを置くことも十分にできますし、自由なレイアウトを楽しむことも出来ます。

日常的に友人を呼ぶ機会が多く、子供が生まれてもそのまま住み続けたいと考えたときには2部屋+広い共有スペースのある2LDKとするのがよいでしょう。ただし2LDKは比較的築浅の物件も多く、たった数畳の違いで家賃が割高となることが多いです。

家賃を抑えたいのであれば2DKとする方が良いでしょう。

ここで間取図を確認してみましょう。

2DKの間取図

2DK

2LDKの間取図

2LDK

2LDKの間取図

2LDK

間取り図を見るとLDKの場合キッチンスペースが広くとられていることがわかります。

共有スペースを大きく確保したい方向けの間取りということで、キッチンも使いやすく収納などが置ける間取りになっていることが多いです。特にカウンタータイプのキッチンは見通しがよく料理好きな方には好まれます。

プライベートのスペースを重視したいか、共有スペースを豊かにしたいか、毎日の暮らしの中でどこでどうやって過ごす時間が長いのかをイメージして家賃とのバランスを考えるのが良いでしょう。

2DKと2Kとの違い

2DKと2Kは、キッチンのある部屋の広さに違いがあります。

キッチンのある部屋が6畳以上ないと、ダイニングスペースがある2DKとは言えないのですが、一般的な2人掛けダイニングテーブルの広さは80cm×80cmですので、4畳程度あればテーブルを置くこともできます。2Kの場合は、洋室の1部屋をダイニングとして、もう一部屋を寝室として使うアイデアも良いでしょう。

調理中の匂いをダイニングに持って行きたくないと考えるのであれば、キッチンと寝室、若しくは寝室をダイニングとして使用する2Kという間取りも良いですが、キッチン単独の部屋に空調設備、つまりエアコンがないのが普通です。真夏の昼間や真冬の夜に料理をする場合も考えると、やはりダイニングキッチンとして一定のスペースが確保され、エアコン等の空調設備がある2DKという間取りには大きなメリットがあります。

実際の間取図を確認してみましょう。

2DKの間取図

2DK

2Kの間取図

2K

2Kの間取図

2K

参考の間取図を確認すると、2Kのキッチンスペースの広さに対して、2DKのキッチンスペースの広さが6帖以上あることがわかると思います。

2人暮らしのそれぞれプライベートな空間と、コミュニケーションのとれる空間とどちらも欲しいのであればやはりダイニングスペースは欠かせないものだと思います。

2DKと3Kとの違い

3Kと聞いてすぐに間取りを思い浮かべられる人は少ないかもしれません。それもそのはず、3Kの間取りとは洋室(寝室)3部屋と6畳未満のキッチンスペースがある間取りになりますが、あまり見かけることはありません。

まずは間取図を確認してみましょう。

2DKの間取図

2DK

3Kの間取図

3K

洋室2部屋と和室が1部屋、これをつなぐようにキッチンスペースがありますが、この広さで3人が同時に料理をしたり食事をしたりするイメージは浮かびません。

他人同士のシェアハウスや昔の学生寮でしたら、コミュニケーションのための空間は必要ないのかもしれません。また実際には隣の洋室と一体利用を考えるのかもしれませんが、それであれば余計な壁や段差がなく見通しの良いダイニングスペースがある方が自由な空間の使い方を考えることができます。

スポンサーリンク

2DK間取りのまとめ

2DKは最近の新築マンションではあまり見られない間取りのため、築年数のある建物であることが多いでしょう。水廻りや内装、建物全体の設備の有無などをよく確認した上で満足できるのであれば、一人一人の生活スタイルに合せた最適な暮らしを、手を伸ばしやすい家賃で手に入れることができます。

そのときどきの暮らし方に合せて、自由なレイアウトや使い方を考える楽しみも生まれます。そのためには部屋同士のつながりや動線が重要になってくるので、内覧をする際には、扉の位置と各部屋の関係性もよく見てみるとよいでしょう。 

スポンサーリンク

2DKプラン集

当サイトでは、今までに50万をこえる間取図を作成してきました。こちらでは、2DKの間取図を紹介します。PDFでダウンロードも可能です。プラン集としてご利用ください。

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

  • 2DKの間取図

    2DK

タイトルとURLをコピーしました