間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

カンタン厄除け『お掃除』で運気がみるみるアップする方法

厄除けに『お掃除』はとても重要です。ホコリやカビ、チリなどの汚れは邪気を呼び、厄をつけてしまいます。

『掃除』は汚れを落とし身辺を清めるもの、つまり厄除けそのものなのです。

今回はそんな『お掃除』での厄除けについてご紹介したいと思います。手軽にできるものばかりなので、今日から厄除け『お掃除』をぜひ試してみてくださいね!運気アップにお役立ちできると嬉しいです。

スポンサーリンク

簡単にできる!『お掃除』で厄除けのポイント

厄除けは古来、神社やお寺でとり行う祈祷、という意味もありましたが、簡単にできる厄除け術もあるんです!

ここではそんな家庭で手軽に取り入れられる厄除け『お掃除』のポイントをまとめてみました。厄除け『お掃除』は手軽にできて、運気をぐっとアップさせるものばかりですよ。

厄除けポイント ①換気も一緒にする

『お掃除』の際には窓を開けて、換気も一緒にすることが厄除け『お掃除』の基本です。外からの運気も取り入れることができます。

『掃除』をするときはゴミやホコリが舞い上がってしまいます。これを家族が吸い込んでしまうと厄がついてしまいます。また家の中の空気が淀んでいたり、湿気がこもっているのもよくありません。

厄除けポイント ②玄関から『掃除』をはじめる

玄関は家の中で一番最初に運気が入ってくる場所です。なので厄除け『お掃除』は「玄関からはじめる」のがよいです。

運気の入り口である玄関をキレイにすることは、家の厄をブロックすることにもなります。厄除け効果を上げるにはまず玄関から『掃除』ましょう。

厄除けポイント ③モノは極力減らし、置き場所をきめる

まずは部屋全体を見渡して、不要なモノ、出しっ放しのモノをなくしましょう。

もう使わないモノを貯め込んでおいたり、置き場所がなくテーブルや床に出したままのモノがあると、そこからホコリやごみが発生し、厄がついてしまいます

『お掃除』の邪魔にもなるので、モノは極力減らし、必要なモノはいつも整理整頓されるようきちんと置き場所を決めておきましょう。

厄除けポイント ④不用品は「ありがとう」をいって処分する

『お掃除』をするときに出る不用品ですが、処分するときには必ず「ありがとう」とお礼をしておきましょう。今までの感謝を思いながら処分することで、厄落としになります。

メールやファイルなどのデータを整理する際も同じようにするとよいでしょう。使用した物品に感謝をすることで、次回もよりよい品物に巡り合えます。

厄除けポイント ⑤『掃除』した後は、塩で厄除けをする

掃いて拭いて『お掃除』が完了した後は、部屋の厄除けに少量の塩をまくと効果的です。とくに『お掃除』しているときに「一番汚れていたな」と感じた場所にまきましょう。

『お掃除』をして正常な空間になった後、清めパワーのある塩で厄除けをしておくのです。まいた後の塩はほんの少し時間を置いてから、掃除機などで回収しておきましょう。

パワーストーン入りの天然清め塩


パワーストーンが入っている天然の清め塩です。天然海水塩なので海からのパワーが貰えます。
『お掃除』の厄除けとしてピッタリなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

やってはいけない!厄除け『お掃除』のNG項目

厄除け『お掃除』のNG ①床や壁など見えるところだけ『掃除』する

『お掃除』をするとき、床やテーブル目につくところの掃除はもちろん、排水溝や換気扇などパッと目にはみえにくい場所もキレイにしましょう

人目に付きにくい、水回りの排水口、キッチンやトイレの換気扇などがヌルヌルやベトベトのままだと厄が入ってきてしまいます。こまめに『掃除』をして汚れがついていない状態にしましょう。

厄除け『お掃除』のNG ②鏡やシンクなど光るところがくもっている

整理整頓、清潔のための『お掃除』は大前提として、本来ピカピカと光るものも吹き上げて磨いておくのが厄除け『お掃除』です。

ピカピカに磨かれているもの、キラキラと光るものは、幸運の象徴です。鏡やシンク、水道の蛇口など家の中の光るものがホコリをかぶってくすんでいると、運気もくもってしまいます
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

簡単にできる!厄除け『お掃除』や、厄除け『お掃除』のNG項目についてご紹介してまいりました。

どれも手軽にできる厄除け術ばかりなので、ぜひ厄除け『お掃除』を取り入れて、運気をアップしてよりよい毎日を送ってもらえたらなと思います。

タイトルとURLをコピーしました