間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

ガーデンカートのおすすめ人気ランキング15選【種類・選び方】

ガーデンカート 人気おすすめランキング 家具・インテリア

ガーデンカートは、ガーデン用品を一気にまとめて運べるとても便利なワゴンです。また、カートに腰掛けて草むしりなどの作業をするのにも役立ちます。ここでは、ガーデンカートの選び方と通販で売られているおすすめのガーデンカートを紹介します。

 

ガーデンカートの売れ筋チェック

ショッピングモールで探す

※こちらのボタンリンク先は、アフィリエイトプログラムを使って商品を紹介しており、直接の販売は行っておりません。リンク先サイトで提供される情報、サービス、または掲載商品については一切の責任を負いません。
▶︎免責事項の詳細

 

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

このページの目次
スポンサーリンク

ガーデンカートとは?

ガーデンカートとは、草むしりなどの庭作業の際に腰掛けられるベンチ式のカートのことを指します。足腰が痛くならずに長時間使えるのでとても便利です。また、土や種などのガーデン用品をまとめて運ぶための台車としても使えます。広い庭でもガーデンカートがあれば、荷物を楽々運びながらガーデニングを楽しめますね。

 

スポンサーリンク

ガーデンカートの種類

ガーデンカートにはさまざまな種類があります。以下にいくつか一般的なガーデンカートの種類を挙げてみます。

プッシュカート

プッシュカート

ハンドルを使って手動で押すことで移動させるタイプのガーデンカートです。軽量で使いやすく、小規模な作業や移動に適しています。

 

Amazonの売れ筋で確認ガーデンカート プッシュカート一覧

 

 

プルカート

プルカート

ハンドルを使って引っ張ることで移動させるタイプのガーデンカートです。大容量の荷物や重い物を運ぶのに適しています。

 

Amazonの売れ筋で確認ガーデンカート プルカート一覧

 

 

折りたたみカート

折りたたみカート

使用しないときにコンパクトに折りたたむことができるカートです。収納や持ち運びに便利で、場所を取らずに保管できます。

 

Amazonの売れ筋で確認ガーデンカート 折りたたみカート一覧

 

 

多輪カート

多輪カート

複数の車輪を備えたカートで、安定性が高く重い物や不安定な地形でもバランスよく移動できます。

 

Amazonの売れ筋で確認ガーデンカート 多輪カート一覧

 

 

タイヤ付きカート

タイヤ付きカート

大きな空気タイヤを備えたカートで、不整地や草地などの移動に適しています。タイヤの特性によっては、滑りにくく安定した移動が可能です。

 

Amazonの売れ筋で確認ガーデンカート タイヤ付きカート一覧

 

 

ダンプカート

ダンプカート

荷台が傾斜可能で、ハンドル操作で荷物を容易に排出できるカートです。土や砂利の移動や、ゴミや葉の集める作業などに便利です。

 

Amazonの売れ筋で確認ガーデンカート ダンプカート一覧

 

 

カート付き座席

カート付き座席

荷台に座席が付いており、座りながら作業や移動ができるタイプのガーデンカートです。長時間の作業や休憩時に快適さを提供します。

 

Amazonの売れ筋で確認ガーデンカート カート付き座席一覧

 

 

これらは一般的なガーデンカートの種類の一部ですが、実際にはさまざまなデザインや機能が存在します。使用目的や必要な機能に合わせて、最適なガーデンカートを選ぶことが重要です。

 

スポンサーリンク

ガーデンカートの選び方

ガーデンカートは通販やホームセンターでもたくさんの種類が売られています。購入する際にどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで、ここではガーデンカートの選び方について解説します。

 

【ガーデンカートの選び方1】耐荷重

ガーデンカートを選ぶ際の重要な要素の一つは、耐荷重能力です。以下にガーデンカートの耐荷重を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

  1. 使用目的に応じた耐荷重を選ぶ: ガーデンカートの使用目的に応じて必要な耐荷重を考慮しましょう。重い土や石、荷物などを運ぶ場合は、より大きな耐荷重能力が必要です。通常、ガーデンカートの商品情報や仕様には耐荷重が明記されていますので、それを参考に選びましょう。

  2. 予想される最大荷重を考慮する: ガーデンカートを使用する際に運ぶであろう荷物の重さを予測しましょう。荷物の種類や大きさによって重さは異なるため、一度に運ぶであろう最大の荷重を見積もって選びましょう。余裕を持って耐荷重を選ぶことで、安全かつ効率的な作業が可能となります。

  3. 耐久性を重視する: ガーデンカートは長期間にわたって頻繁に使用されることがありますので、耐久性も重要な要素です。耐荷重能力だけでなく、カートの素材や構造の強度、溶接箇所なども確認しましょう。頑丈な作りのガーデンカートは、長期間にわたって頼りになるパートナーとなります。

  4. ブランドや口コミを参考にする: ガーデンカートの耐荷重性能は、ブランドや製品の品質によって異なることがあります。信頼性の高いブランドや口コミを参考にすることで、耐久性や耐荷重性能の高いガーデンカートを選ぶことができます。

以上のポイントを考慮しながら、ガーデンカートの耐荷重を選ぶと、作業効率や安全性を確保することができます。

 

【ガーデンカートの選び方2】容量

ガーデンカートを選ぶ際のもう一つの重要な要素は、容量です。以下にガーデンカートの容量を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

  1. 使用目的に応じた容量を選ぶ: ガーデンカートの使用目的に合わせて必要な容量を考慮しましょう。庭の草や枝の運搬やガーデニング用具の収納など、どれくらいの物を運ぶかを想定して容量を選びましょう。大きな容量を持つカートは、一度に多くの物を運ぶことができますが、場所を取ることもありますので注意が必要です。

  2. 荷物の大きさを考慮する: カートに運ぶであろう荷物の大きさも考慮しましょう。長いものや大型の物を運ぶ場合には、広い荷台やカートのデザインが必要です。カートの内寸や形状を確認して、運搬する物のサイズに合わせた容量を選びましょう。

  3. ユーザビリティを考慮する: カートの容量が多いほど一度にたくさんの物を運べますが、重くなりすぎて操作が困難になることもあります。自身の体力や操作のしやすさを考慮し、使いやすい容量を選ぶことも重要です。

  4. コンパクトさを考慮する: カートの容量は大切ですが、収納時のコンパクトさも考慮しましょう。使わないときに収納する場合や、車に積んで運ぶ場合などに、カートのサイズが重要となります。折りたたみや分解が可能なカートなど、収納性に優れたデザインを選ぶと便利です。

  5. 耐久性を確認する: カートの容量は、荷物の重さに耐えられるだけでなく、長期間の使用にも耐えられる頑丈な作りであることも重要です。カートの素材や構造の強度、ホイールの耐荷重などを確認し、耐久性を重視しましょう。

以上のポイントを考慮しながら、ガーデンカートの容量を選ぶと、作業効率や利便性を確保することができます。自身のニーズや使い方に合わせて、最適な容量のガーデンカートを選びましょう。

 

【ガーデンカートの選び方3】タイヤの大きさ

ガーデンカートを選ぶ際の重要な要素の一つは、タイヤの大きさです。以下にガーデンカートのタイヤの大きさを選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

  1. 地形と使用環境を考慮する: ガーデンカートを使用する地形や環境に合わせて、タイヤの大きさを選びましょう。不整地や草地、砂利などのアウトドア環境では、大きなタイヤが必要です。一方、平坦な地面や室内での使用では、小さなタイヤでも問題ありません。

  2. 荷物の重さとバランスを考慮する: ガーデンカートに乗せる荷物の重さとバランスも重要です。重い荷物を運ぶ場合や不均等な荷物を運ぶ場合は、大きなタイヤがバランスを保ちやすくなります。適切なタイヤサイズを選ぶことで、安定した移動と操作が可能です。

  3. 操作のしやすさを考慮する: タイヤの大きさは、操作のしやすさにも影響を与えます。大きなタイヤは、障害物や起伏のある地形でもスムーズに移動できる傾向があります。また、大きなタイヤは一般的に安定性が高く、操作に必要な力も分散されます。

  4. 耐久性とメンテナンスを考慮する: タイヤの大きさによって、耐久性やメンテナンスの頻度も異なります。大きなタイヤは通常、より頑丈で耐久性が高く、悪条件下でもより長く持ちます。また、タイヤの種類によっては空気圧の調整やパンク修理が必要な場合もありますので、メンテナンスの手間も考慮しましょう。

  5. ポータビリティを考慮する: タイヤの大きさは、ガーデンカートのポータビリティにも影響を与えます。大きなタイヤはカートの全体的なサイズを大きくし、収納や移動時にスペースを必要とします。必要に応じて、収納や車への積み込みが容易なタイヤサイズを選びましょう。

これらのポイントを考慮しながら、ガーデンカートのタイヤの大きさを選ぶと、より使いやすいカートを選ぶことができます。

 

【ガーデンカートの選び方4】使い勝手の良さ

ガーデンカートを選ぶ際の重要な要素の一つは、使い勝手の良さです。以下にガーデンカートの使い勝手を考慮する際のポイントをいくつかご紹介します。

  1. ハンドルの高さと調整機能: ガーデンカートのハンドルの高さは、使用者の身長や体格に合わせて調整可能なものが望ましいです。長時間使用する場合や、腰や背中の負担を軽減するために、適切な高さのハンドルが重要です。ハンドルの調整範囲や簡単な調整方法を確認しましょう。

  2. 操作性と機動性: ガーデンカートの操作性と機動性も重要な要素です。スムーズに曲がることができるか、狭い場所や曲がり角での操作が容易かどうかを確認しましょう。また、ハンドルやホイールの動きが軽く、簡単に操作できるかも重要なポイントです。

  3. ブレーキの有無と使い勝手: ガーデンカートには一部のモデルでブレーキ機能が備わっていることがあります。長い下り坂や斜面での制御や停止が必要な場合、ブレーキは便利です。ブレーキの位置や操作方法、使い勝手を確認し、安全な使用ができるかを考慮しましょう。

  4. 収納性と持ち運びの便利さ: ガーデンカートの収納性と持ち運びの便利さも重要な要素です。折りたたみ式や分解可能なカートは、収納時や車への積み込み時に場所を取らず、持ち運びが容易です。収納時のコンパクトさや持ち運び時の軽さを確認しましょう。

  5. 耐久性とメンテナンス: ガーデンカートは頻繁に使用されるため、耐久性が求められます。頑丈な素材や堅牢な構造を持つカートを選びましょう。また、メンテナンスが容易で、清掃や部品交換が簡単に行えるかも確認しましょう。

これらのポイントを考慮しながら、自身のニーズや使用環境に合った使い勝手の良いガーデンカートを選ぶと、作業効率や快適性を向上させることができます。

 

【ガーデンカートの選び方5】デザイン

ガーデンカートを選ぶ際の要素の一つとして、デザインも重要な要素です。以下にガーデンカートのデザインを考慮する際のポイントをいくつかご紹介します。

  1. 視覚的な魅力: ガーデンカートは庭や外の環境で使用することが多いため、視覚的な魅力があるデザインを選ぶことができます。自身の好みや庭のスタイルに合ったデザインやカラーを選んで、庭の雰囲気に調和させることができます。

  2. 機能性と使いやすさ: デザインだけでなく、機能性と使いやすさも重要です。使い勝手の良いデザインであることが、作業の効率化や快適性に繋がります。例えば、使いやすいハンドルや荷物の出し入れがしやすいデザインなど、機能的な要素も考慮しましょう。

  3. 耐久性と品質: デザインだけでなく、耐久性と品質も重要です。頑丈な素材や丈夫な作りのガーデンカートを選ぶことで、長期間使用することができます。また、品質の高い製品は、デザインだけでなく機能性や耐久性にも優れています。

  4. 収納や保管時の便利さ: ガーデンカートは収納や保管時にも場所を取りますので、デザインによって収納や保管の便利さが異なります。折りたたみや分解が可能なデザインや、コンパクトに収納できるデザインを選ぶと、場所を節約することができます。

  5. メンテナンスのしやすさ: デザインによって、メンテナンスのしやすさも異なります。清掃や部品交換が簡単に行えるデザインを選ぶと、長期間にわたって美しい状態を保つことができます。

これらのポイントを考慮しながら、自身の好みや使い勝手に合ったデザインのガーデンカートを選ぶと、より満足度の高い選択ができます。

 

スポンサーリンク

ガーデンカートのおすすめ人気ランキング15選

ここから、通販でおすすめのガーデンカートをランキング形式で紹介します。では、早速見ていきましょう。

 

【第1位】グリーンパル GP フィールドカート 回転座面付

腰掛けられて荷物も運べる便利なカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第1位は、「グリーンパル GP フィールドカート 回転座面付」です。腰掛ける円盤部分は回転するので、腰掛けたまま体の向きを360度変えることが可能です。タイヤも大きめなので、ガタガタ道でも移動しやすいのが良い点です。耐荷重は80kgなので、ガーデニング用の土や砂利などもカートに積んで運べます。

ブランド グリーンパル
カラー グリーン
サイズ 30.5D x 51W x 29.5H cm
耐荷重 80kg

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第2位】ベストコ フィールドカート トレー付 ボタニカルスタイル

収納トレーもついた便利な収納付きガーデンカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第2位は、「ベストコ フィールドカート トレー付 ボタニカルスタイル」です。座面が広いので大きい体格の人も座りやすそうです。収納部分にはトレーがついており道具を分別しながら収納できます。移動できるように取っ手もついているのがとても便利ですね。

ブランド ベストコ
カラー ブラウン
サイズ 30.5D x 51W x 28.5H cm
耐荷重 80kg

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第3位】グリーンパル フィールドカートJr. ブルー

小回りのきく小さめのガーデンカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第3位は、「グリーンパル フィールドカートJr. ブルー」です。腰掛けメインのガーデンカートです。小さめサイズなので、使用しないときは倉庫や土間収納にしまってもかさばりにくいです。重い鉢を乗せて移動させるのにも使えます。

ブランド グリーンパル
カラー ブルー
サイズ 20.0 × 25.5 × 36.0 cm
耐荷重

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第4位】GICOOL ミニ キャリーワゴン 46L キャリーカート

アウトドアでも使えるおしゃれなキャリーワゴン
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第4位は、「GICOOL ミニ キャリーワゴン 46L キャリーカート」です。荷物を運ぶためのキャリーワゴンです。キャンプやバーベキューなどで大きな荷物を運んだり、小さな子供を乗せて使うこともできますが、ガーデン用品を運ぶのにも役立ちそうです。使わないときは、折りたたんで収納できるので邪魔にもなりません。

ブランド GICOOL
カラー 黒・青
サイズ 92D x 45W x 63H cm
耐荷重 60kg

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第5位】ガーデンカート ローリングスツール

背もたれ付きのガーデンカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第5位は、「ガーデンカート ローリングスツール」です。背もたれがついており、傘や日傘も取り付けできるので雨の日や日差しが強い日にも庭作業ができます。360度回転が可能で、座面は高さ調整も可能です。

ブランド XiuLi
カラー グリーン
サイズ 48D x 33W x 36H cm
耐荷重

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第6位】Uholan 折りたたみ式カート

使わないときはコンパクトにたためるカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第6位は、「Uholan 折りたたみ式カート」です。ガーデン用品の重い荷物も楽々運べる台車です。耐荷重は150kgなのでガーデン用品だけでなく重い荷物を運ぶ際にも大活躍します。大きな鉢植えを動かす際にも、このカートの上に載せれば手軽に運べるでしょう。

ブランド Uholan
カラー
サイズ 60 x 39 x 82 cm
耐荷重 150kg

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第7位】TMZ アウトドア用 キャリーカート

耐荷重120kgのマルチキャリー
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第7位は、「TMZ アウトドア用 キャリーカート」です。アウトドア用ですが、大きな荷物も運べるのでガーデンカートとしても使えそうです。ダブルブレーキがついているので傾斜のある道があっても、しっかりと車輪が止まってくれます。

ブランド TMZ
カラー スカイブルー・グレー
サイズ 121D x 60W x 100H cm
耐荷重 120kg

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第8位】アビテ アグレーアーブル カート L

庭をよりおしゃれにするガーデンカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第8位は、「アビテ アグレーアーブル カート L」です。かわいい鉢植えを載せてディスプレイするおしゃれなガーデンカートです。このカートをひとつ庭先に置くだけでもぐっと雰囲気が変わります。実用性はないので、ガーデニングのアクセントとして使いたい方におすすめです。

ブランド アビテ
カラー
サイズ 50D x 28W x 51H cm
耐荷重

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第9位】WHITSUNDAY ガーデンカート

ハンドルバーの角度調整が可能なガーデンカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第9位は、「WHITSUNDAY ガーデンカート」です。ガーデン、アウトドア、キャンプ、ピクニックなどさまざまな場面で使えるワゴンです。折りたたみ式なので使わない時もかさばりにくいです。また、ハンドルバーは角度調整や高さ調整が可能なので、使いやすい角度と高さで荷物を運べます。

ブランド WHITSUNDAY
カラー グリーン
サイズ 78.7 x 58.4 x 21.6 cm
耐荷重

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第10位】M.O.L キャリートラック

見た目も可愛く実用性もあるキャリートラック
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第10位は、「M.O.L キャリートラック」です。耐久性抜群のスチール製の荷台で、水や摩擦に強いです。また、汚れにくいのでお手入れもしやすいのが特徴です。フラットな荷台なので安定して運搬でき、大型タイヤは不整地でも安定しています。ハンドルは回転・角度調節もできます。

ブランド ミナトワークス
カラー クリーム・ブラック
サイズ 積載面サイズ:350×810mm
荷台深さ:90mm
荷台高さ:380mm
全高:800mm
耐荷重 80kg

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第11位】下村企販 フィールドカート

小さいサイズの腰掛けガーデンカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第11位は、「下村企販 フィールドカート」です。小さいサイズなので、狭い場所でも使いやすく庭作業の負担を減らしてくれます。固めの地面で使うのに最適です。中央のクローバーの模様が可愛らしいです。

ブランド 下村企販
カラー グリーン
サイズ 約幅32.5×奥行25×高さ17.8cm
耐荷重

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第12位】South Light  アウトドアワゴン

女性でも持ちやすい重さのワゴン
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第12位は、「South Light  アウトドアワゴン」です。アウトドア、キャンプ、ガーデンで使える荷物運び用のワゴンです。折り畳めば手提げのようにして運ぶこともできます。また、従来12kg程度の重さがあるワゴンですが、このワゴンは約5.2kgなので女性でも持ち運びがしやすい重さです。耐荷重も80kgで、小回りのきく小さなタイヤ、前輪のダブルストッパーもあって安心・安全に使用できます。

ブランド South Light
カラー アイボリー
サイズ 70D x 50W x 92H cm
耐荷重 80kg

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第13位】セーブ・インダストリー らくらくカート

園芸用品の収納もできる優秀なカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第13位は、「セーブ・インダストリー らくらくカート」です。ガーデニングに必要な用品は全て収納でき、庭作業での腰の負担も軽減してくれます。収納の深さがあってたくさん収納できる反面、少し座面は高めです。

ブランド セーブ・インダストリー
カラー
サイズ 31 x 51 x 28 cm
耐荷重 80kg

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第14位】GARDENA ガーデンカート

庭掃除で頼れる大容量のガーデンカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第14位は、「GARDENA ガーデンカート」です。このガーデンカートは、ゴミ袋の設置ができて庭の雑草や落ち葉をすぐに収集できるのが便利です。サイドにはほうきやクワを差し込める場所もあるので、ゴミと一緒に持ち運びできます。フタ部分はちり取りとしても使えます。ガーデンだけでなく、重たい荷物を運ぶ際にも大活躍です。

ブランド GARDENA
カラー ターコイズブルー
サイズ 51.2D x 15.9W x 38.5H cm
耐荷重

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

【第15位】Sunnydaze ユーティリティ スチール ガーデンカート

合金鋼でできた網状デザインのガーデンカート
ガーデンカートのおすすめ人気ランキング第15位は、「Sunnydaze ユーティリティ スチール ガーデンカート」です。合金鋼でできた網状デザインのガーデンカートです。タイヤは大きめなのでガタガタ道でも使いやすく、大きな鉢植えや重たい土も手軽に運べます。おしゃれな見た目なので、ガーデニングのアクセントとして使うのも良いかもしれませんね。

ブランド Sunnydaze Decor
カラー ブラック
サイズ 94 x 54 x 12.7 cm
耐荷重

 

「ガーデンカート」の売れ筋商品を確認する

 

エクステリアの種類一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

通販系カテゴリ一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

 
スポンサーリンク
 
間取職工所をフォローする
間取職工所
 
 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\家具・インテリアを学ぶ・極める/

家具・インテリアTOPはコチラ