間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

コンポスターのおすすめ人気ランキング15選【種類・選び方】

コンポスター 人気おすすめランキング 家具・インテリア

コンポスターは、生ごみの処理ができるだけでなく、ガーデニングの土づくりもできる道具です。環境にやさしいエコなアイテムですが、どうやって使うものかよく知らない方も多いはずです。そこでここでは、コンポスターのメリット・デメリット、選び方について解説します。通販でおすすめの商品についても紹介していますので、ご覧ください。

 

コンポスターの売れ筋チェック

ショッピングモールで探す

※こちらのボタンリンク先は、アフィリエイトプログラムを使って商品を紹介しており、直接の販売は行っておりません。リンク先サイトで提供される情報、サービス、または掲載商品については一切の責任を負いません。
▶︎免責事項の詳細

 

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

スポンサーリンク

コンポスターって何?

コンポスターは、落ち葉や枯れ草、野菜クズなどを微生物によって分解・発酵させることで作られたコンポスト(堆肥)を入れる専用の容器のことです。一般の家庭では、野菜の切れ端や庭の落ち葉、雑草などをコンポスターに入れて堆肥を作ることもあります。

 

スポンサーリンク

コンポスターを利用するメリット

コンポスターを利用するメリットをいくつか紹介します。

  • 野菜クズなどの生ごみを再利用できてゴミの消費が減る
  • ゴミ袋代を減らせる
  • コンポスターの設置による助成金が得られる可能性がある
  • 栄養豊富な堆肥を自作できる
  • 作った堆肥をガーデニングや家庭菜園に使える
  • 環境に優しくてエコ
  • ゴミが減るので自治体の焼却処分するための手間や費用が減る
  • ゴミが減って二酸化炭素の排出量が削減される

以上のようにコンポスターはメリットの多いエコなアイテムです。世界的に環境問題に取り組んでいる今、コンポスターも環境にやさしい取り組みとして注目されています。

 

スポンサーリンク

コンポスターを利用するデメリット

続いてデメリットです。

  • 悪臭・害虫が発生する可能性がある
  • 野菜クズや落ち葉などを細かく刻んだり、土をかき混ぜる手間がある
  • 微生物によって分解できない生ごみは容器に入れることができない
  • 堆肥ができるまで時間がかかる
  • コンポスターの種類によっては広い設置スペースが必要な場合がある

以上のようなものがあります。

 

スポンサーリンク

コンポスターの種類

コンポスターは、有機廃棄物を分解して堆肥(コンポスト)を作るための装置です。いくつかの異なるタイプのコンポスターがあります。以下にいくつかの一般的なコンポスターの種類を示します。

家庭用コンポスター

家庭用コンポスター

主に個人や家庭で使用される小型のコンポスターです。一般的にはプラスチック製の容器で、庭やバルコニーなどに置くことができます。有機廃棄物を迅速に分解するために、通気性と保温性が考慮されています。

 

Amazonの売れ筋で確認家庭用コンポスター一覧

 

 

ルーバーコンポスター

ルーバーコンポスター

木製や金属製のパネルで作られた箱型のコンポスターです。パネル間には隙間があり、通気性が高く、自然な循環が促進されます。通常、大規模な庭や農場で使用されます。

 

Amazonの売れ筋で確認ルーバーコンポスター 一覧

 

 

タンブラーコンポスター

タンブラーコンポスター

回転式のコンポスターで、ドラムや容器に有機廃棄物を入れ、手動または電動で回転させることができます。回転によって有機物がよく混ざり、分解が促進されます。手軽な操作と比較的短い分解時間が特徴です。

 

Amazonの売れ筋で確認タンブラーコンポスター 一覧

 

 

ワームコンポスター

ワームコンポスター

レッドワーム(赤虫)を利用して有機廃棄物を分解するコンポスターです。専用の容器内に赤虫を飼育し、廃棄物を与えることで堆肥を作ります。小規模な屋内でも使用できるため、都市部の住宅でも人気があります。

 

Amazonの売れ筋で確認ワームコンポスター一覧

 

 

これらは一般的なコンポスターの種類の一部です。利用可能なスペースや個々のニーズに合わせて、最適なコンポスターを選ぶことが重要です。

 

スポンサーリンク

コンポスターの選び方

これからコンポスターの購入を検討されている方に向けて、コンポスターの選び方を紹介します。コンポスターにはさまざまな種類があるので、これから解説するそれぞれの選び方を参考にしてみてください。

 

【コンポスターの選び方1】屋外で使うか室内で使うか

コンポスターには、屋外で使用するためのものと屋内で使用するためのものがあります。屋外用のコンポスターは、庭の雑草や落ち葉など、比較的大きな有機廃棄物も処理できるように設計されています。そのため、一般的には大型のサイズや容量を持つものが多く見られます。これらのコンポスターは広いスペースが必要で、庭やガーデンに設置されることが一般的です。

一方、屋内用のコンポスターは、主にキッチンや室内で使用するために設計されています。小型でコンパクトなサイズが特徴であり、キッチンカウンターやバルコニーなどの限られたスペースにも置くことができます。これらのコンポスターは、生ごみや食品のくずなどの小さな有機廃棄物を効果的に分解することができます。屋内用コンポスターは、独特の設計やフィルターシステムによって臭いを抑えることができる場合もあります。

このように、コンポスターは使用環境や処理する廃棄物の種類に応じて、屋外用と屋内用という異なるタイプが存在しています。それぞれのタイプは、使い勝手や容量、臭いの管理などにおいて異なる特徴を持っています。

 

【コンポスターの選び方2】容量

自分の家で実際に使用する場合、作りたい堆肥にどのようなゴミを含めるか、そしてそれをどこで利用したいのかをよく考えることが重要です。使用場所や廃棄物の種類に応じて、コンポスターの容量も異なってきます。庭で使用する場合は、100リットル以上の大型タイプが適しています。ベランダで利用する場合は、100リットル以下の中型タイプがおすすめです。屋内で使用する場合は、10リットル以下の容量が適しています。自分の目的に合わせて適切な容量を選ぶことで、効果的に堆肥を作ることができます。注意深く計画し、コンポスターの容量と使用場所を適切に調整しましょう。

 

【コンポスターの選び方3】処理方法

 コンポスターはさまざまな処理方法があります。表にまとめてみましたので、ご覧ください。

土中式
  • 底面に穴が空いたタイプ。
  • 土の中の微生物を活用するタイプなので、かき混ぜる手間が少なくて大量に処理が可能。

土中式のコンポスターの一覧

回転式
  • ハンドルを回してゴミをかき混ぜるタイプ。
  • 手が汚れずに素早く堆肥づくりが可能。

回転式のコンポスターの一覧

ミミズ式
  • ミミズをコンポストに入れて堆肥を作るタイプ。
  • 良質な堆肥ができて臭いも少ないが、ミミズが苦手な人には扱いが難しい。

ミミズ式のコンポスターの一覧

ダンボール式
  • 自宅にあるダンボールでできるコンポスター。
  • 低予算で気軽に始められる。

ダンボール式のコンポスターの一覧

密閉式
  • 密閉した容器に生ごみや発酵促進剤などを入れて発酵させるタイプ。
  • 強い発酵臭と悪臭を感じる人も多いので、マンションでは取り扱いに注意が必要。

密閉式のコンポスターの一覧

バイオ式電動生ごみ処理機
  • 電気を使って温風で生ごみを乾燥させて堆肥化したり、炭化させるタイプのコンポスター。
  • 自動で回転するタイプもある。
  • 手軽で室内にも設置が可能だが、本体は高価で電気代がかかる。
  • 音が気になる人もいる。

バイオ式電動生ごみ処理機のコンポスターの一覧

バッグ型
  • 専用のバッグに基材と生ごみを入れてよくかき混ぜて使うタイプ。
  • 虫が入りにくいファスナー仕様で、コンパクトなので都会のベランダでも使いやすい。

バッグ型のコンポスターの一覧

 

スポンサーリンク

コンポスターのおすすめ人気ランキング15選

ここからは、通販でおすすめのコンポスター15選を紹介します。では、早速見てみましょう。

 

【第1位】ONESTEP コンポスター

360度回転で手を汚さずに楽に作業できる
コンポスターのおすすめ人気ランキング第1位は、「ONESTEP コンポスター」です。回転式のコンポスターで容量は70Lあります。省スペースでも使いやすいデザイン設計されているので、雨の日でも手軽に移動が可能です。密閉度が高いので、混ぜる時の臭いや汚れが気になりにくいのもメリットのひとつです。

材質 ポリプロピレン
ブランド ONESTEP
容量 70L
カラー グリーン・ブラック
サイズ 60L x 30W x 73H cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第2位】WeBirth コンポスト

おしゃれなバッグ式のコンポスター
コンポスターのおすすめ人気ランキング第2位は、「WeBirth コンポスト」です。容量57Lのおしゃれなバッグ式コンポスターです。コンポスターの他に、シャベルなどのガーデン用品と爪付き手袋も付属されているので、届いてすぐに堆肥作りに取り掛かれます。初心者でも扱いやすく、スタイリッシュなデザインはどこにおいても邪魔になりにくいです。

材質 ポリプロピレン
ブランド WeBirth
容量 75L
カラー ブラック
サイズ 21L x 20.5W x 9H cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第3位】LifeRed コンポスト

有機堆肥が作れるコンポスター
コンポスターのおすすめ人気ランキング第3位は、「LifeRed コンポスト」です。北欧や欧州、オーストラリアなどの大型ホームセンターで売られている人気商品です。容量は250Lもあるので、広い庭の落ち葉や雑草も一気に入れることができます。蓋も大きいの大量のゴミも入れやすいです。

材質 ポリプロピレン
ブランド Life Red
容量 250L
カラー ブラック
サイズ 60.7L x 60.5W x 82.5H cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第4位】LifeRed 回転式コンポスト

雨風にも強いポリカーボネート製
コンポスターのおすすめ人気ランキング第4位は、「LifeRed 回転式コンポスト」です。回転式で大容量160Lのコンポスターです。雨風に強く、紫外線安定化処理を施したポリカーボネートが使われているので耐久性抜群です。曝気穴と深いフィンで設計されているので、換気をしやすく酸素を取り込みやすい仕様になっています。

材質 ポリプロピレン
ブランド Life Red
容量 160L
カラー ブラック
サイズ 57.5 x 57.5 x 22.5 cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第5位】seathestars コンポスト

広い庭の落ち葉や雑草も投入できる大型コンポスター
コンポスターのおすすめ人気ランキング第5位は、「seathestars コンポスト」です。300Lの大型コンポスターは、広い庭のガーデニング用として大活躍します。落ち葉や雑草、家庭で出る生ごみなどを全て投入して堆肥づくりが可能です。投入口が広いので、大量に拾った落ち葉や雑草も楽々入れられます。

材質 ポリプロピレン
ブランド seathestars
容量 300L
カラー ブラック
サイズ 60.7L x 60.5W x 82.5H cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第6位】seathestars ロールコンポスター

内部が2つに別れた回転式コンポスター
コンポスターのおすすめ人気ランキング第6位は、「seathestars ロールコンポスター」です。大容量160Lで、360度回転可能なロータリー式です。手でかき混ぜるよりもムラなく酸素が行き渡り、手を汚すことなく簡単に作業できます。また、内部は半分に分けられており、左右でそれぞれ別の時期に投入したゴミの攪拌作業をすることが可能です。

材質 金属
ブランド seathestars
容量 160L
カラー ブラック
サイズ 73L x 60W x 94H cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第7位】Apdoni コンポスト

使わない時は折りたたんで収納可能
コンポスターのおすすめ人気ランキング第7位は、「Apdoni コンポスト」です。バルコニーや室内にも置けるサイズのコンポスターです。不織布で作られており、小雨程度であれば雨ざらしになっても問題ありません。耐食性もあり、破れにくくて長持ちします。爪付きの手袋が付属されているので、届いてすぐ堆肥づくりがスタートできます。

材質 不織布
ブランド Apdoni
容量 225L
カラー ブラック
サイズ 45 x 45 x 80 cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第8位】WORTH GARDEN 堆肥コンポスター 回転式

ドラム式で移動しやすいタイヤ付き
コンポスターのおすすめ人気ランキング第8位は、「WORTH GARDEN 堆肥コンポスター 回転式」です。ドラム式で回転して堆肥を作るコンポスターです。ドラムの両側には換気孔がついており、発酵を促進させて堆肥時間を短縮してくれます。移動したい時にはハンドルを握って引っ張ることでタイヤが転がって移動しやすいです。

材質 ポリプロピレン
ブランド WORTH GARDEN
容量 190L
カラー ブラック
サイズ 66L x 65W x 49H cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第9位】WORTH GARDEN 堆肥コンポスター

ブラックとグリーンの2色展開
コンポスターのおすすめ人気ランキング第9位は、「WORTH GARDEN 堆肥コンポスター」です。大容量の250Lの堆肥コンポスターです。お庭の枯れ葉や雑草などをたくさん詰め込んで堆肥づくりができます。紫外線による劣化を防ぐ加工がされているので長持ちします。

材質 ポリプロピレン
ブランド WORTH GARDEN
容量 250L
カラー ブラック
サイズ 60L x 60W x 100H cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第10位】幕末 生ごみ処理機

コンポスター初心者に最適
コンポスターのおすすめ人気ランキング第10位は、「幕末 生ごみ処理機」です。家庭用生ごみ処理が可能な最大97L容量のコンポスターです。上から生ごみを入れて、したから堆肥を取り出します。ファスナー式なので匂いが漏れにくく、ベランダにも置けるサイズです。持ち手がついているので移動にも便利です。

材質 不織布
ブランド 幕末~BAKUMATSU E-JUICE~
容量 97L
カラー ブラック
サイズ 35L x 35W x 60H cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第11位】アイリスオーヤマ コンポスト 生ゴミ発酵器 EM-18

中フタつきで発酵促進
コンポスターのおすすめ人気ランキング第11位は、「アイリスオーヤマ コンポスト 生ゴミ発酵器 EM-18」です。室内にも置きやすいサイズのコンポスターです。中フタは発酵を促進させるだけでなく、臭いや虫もシャットアウトしてくれます。液肥取り出し口や液肥と生ごみを分けるスノコもついており、使いやすいポイントが多い商品です。

材質 ポリプロピレン
ブランド アイリスオーヤマ
容量 18L
カラー ベージュ
サイズ 37L x 36W x 49H cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第12位】ルーフェン 生ごみ処理機

静音設計の自動コンポスター
コンポスターのおすすめ人気ランキング第12位は、「ルーフェン 生ごみ処理機」です。生ごみをパリパリに乾燥させ、細かく砕けば肥料としても使えます。音が気になりやすいのが自動コンポスターのデメリットですが、こちらの商品はほぼ無音の静音設計なので深夜でも安心して使えます。お手入れはさっと水洗いだけで完了です。

材質 プラスチック
ブランド loofen(ルーフェン)
容量 18L
カラー ホワイト
サイズ 27.5L x 27W x 35H cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第13位】ジョラフォーム コンポストタンブラー JK 125

大容量で丈夫なコンポスター
コンポスターのおすすめ人気ランキング第13位は、「ジョラフォーム コンポストタンブラー JK 125」です。かなり大きなこのコンポスターは、広い庭に使うのに最適です。たくさんの落ち葉や雑草を入れることができ、回転しやすい設計になっています。断熱材が使われており、内部は160度以上にまで温度が上昇して効率よく堆肥を作ります。

材質 金属
ブランド Joraform Composter
容量
カラー グリーン
サイズ 121.92 x 81.28 x 20.32 cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第14位】ViaGasaFamido コンポスター

手軽に始められるPE布製のコンポスター
コンポスターのおすすめ人気ランキング第14位は、「ViaGasaFamido コンポスター」です。ッチンや庭に置きやすいコンパクトサイズのコンポスターです。価格も手頃なので、初めてコンポスターを使う人におすすめします。

材質 PE布製
ブランド ViaGasaFamido
容量 18L
カラー ダークグリーン
サイズ 約45 × 80 cm / 17.7 × 31.5インチ

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

【第15位】Esschert Design C2071 コンポスター

キッチンにおいてもおしゃれなコンポスター
コンポスターのおすすめ人気ランキング第15位は、「Esschert Design C2071 コンポスター」です。キッチンや庭に置きやすい見た目もかわいいコンポスターです。容量はあまりありませんが、ものが多いキッチンにおいても邪魔になりにくい仕様になっています。キッチンに置きたいけど、見た目にもこだわりたい方におすすめです。

材質 スズ
ブランド Esschert Design C2071 コンポスター
容量
カラー アイボリー
サイズ 22.61 x 19.3 x 20.32 cm

 

「コンポスター」の売れ筋商品を確認する

 

エクステリアの種類一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

通販系カテゴリ一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

 
スポンサーリンク
 
間取職工所をフォローする
間取職工所
 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\家具・インテリアを学ぶ・極める/

家具・インテリアTOPはコチラ