間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

『凶方位』に『引越し』したときの影響は?方位除けによる対策などを解説

進学や就職、結婚などに伴って、『引越し』をしなくてはならない場合も人生の中ではあるでしょう。幸先のいい『引越し』を行うために、『引越し』先の「方位」を気にする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一般的には、良いことが起こりやすい縁起の良い方角を「吉方位」あまり運気が良くない縁起がイマイチとされている方角を『凶方位』と呼ばれます。

誰もが吉方位への『引越し』を望んでいらっしゃると思いますが、実生活ではそうそう思う通りにはいかないものです。そこで今回は、『凶方位』へ『引越し』してしまったときの影響や、方位除けによる『凶方位』への対策などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

『凶方位』に『引越し』したときの影響は?

一般的に縁起が良くない、運気が下回るとされる『凶方位』に『引越し』をしてしまうと、どのような影響があるのでしょうか。

結論からいえば、“自分の良い面が引っ込み、悪い面が大きくなる。”ということです。

例えば、社交的で明るい性格の人が『引越し』をしたとします。持ち前の性格を活かして、新しい土地でも近所の人と積極的に交流します。「吉方位」への『引越し』であれば、“あの人は明るくて親しみやすい”という印象を与えます。しかし『凶方位』への『引越し』となれば、“強引で馴れ馴れしい人”などと、悪い面がクローズアップされてしまいます。

人の性格とは長所と短所が表裏一体であり、『凶方位』へ『引越し』してしまうと短所ばかりが大きくとられ運気が下がり、出会いや縁が激減してしまいます。

新しい場所で人間関係が広がらず、窮屈に生活してしまうこととなり、家庭運や仕事運、恋愛運などにも悪影響が出てしまう可能性も大きいです。

スポンサーリンク

『凶方位』に『引越し』したときの対策は

『凶方位』への『引越し』は、縁起が良くない運気が下がってしまうといわれていますが、仕事や結婚など、『凶方位』への転居が避けられない場合もあると思います。

『凶方位』への『引越し』は避けられない、知らずに『引越し』をしたら『凶方位』だったときには、「方位除け」と呼ばれる『凶方位』の災厄を和らげる方法がありますので参考にしていってください。

方位除け01.『凶方位』に『引越し』することになったときは「方違え」

『引越し』をする前に行う「方位除け」が、方違え(かたたがえ)になります。

方違えは、平安時代から用いられてきた方位除けのひとつで、現在地→『凶方位』へどうしても移動が必要な場合、経由地を作って目的地までの道のりが『凶方位』となるのを避けるというものです。

例えば、現在地から『引越し』先が北(『凶方位』)だとすれば、一旦「北西」(『凶方位』ではない)へ進み一泊します。次に北西からみて、北東へ進みます。すると『凶方位』である北へ向かったということはなくなります。これが「方違え」です。

時間や金銭的に方違え先で一泊するのは、難しい場合でも直進せず遠回りして『引越し』先へ向かうだけでも効果がありますので、試してみてくださいね。

方位除け02.『凶方位』に『引越し』してしまったときは「寝床違え」

すでに『引越し』を行った後に『凶方位』がわかったときのための方位除けに、「寝床違え(ねどこたがえ)」があります。これは風水の本命掛によって新居の吉方位を調べ、吉方位の方角へ寝室を移すという方法です。

寝床違えは、『凶方位』に『引越し』をしたときだけでなく、「なんとなくツイていない」と感じるときに行っても効果があります。『凶方位』への『引越し』後はもちろん、少し運気を変えたいときは寝床違えがオススメです。

方位除け03.神社やお寺で方位除けのお祓いをうける

都合で『凶方位』への『引越し』を控えている場合も、『引越し』後『凶方位』への転居に気づいた場合にも効果的なのが神社での方位除けのお祓いをうけることです。神社やお寺の中には、方位除けのお祓いを専門に行っている場所もあります。

ウェブページで紹介している神社やお寺もありますので、気軽に検索してみるとよいでしょう。予約や料金についても一度問い合わせてから、神社またはお寺に足を運ぶとスムーズなのでオススメです。
スポンサーリンク

『凶方位』を避けて『引越し』するためには

『凶方位』への『引越し』について、影響や対策について解説してまいりました。しかしもし可能なら「最初から『凶方位』を避けて『引越し』したい!」というのが本音ですよね。

そのために、『凶方位』を事前に避ける方法をいくつかご紹介してまいります。

吉方位を事前に把握しておく

初歩的ですが、自分の吉方位を事前に把握しておけば、転勤などの強制的な転居以外、『凶方位』への『引越し』を避けることができます。

ウェブサイトや毎年発売される暦の本を参考にすれば、吉方位について簡単に調べることができるので事前に把握しておけばとても便利です。

吉方位は毎年変更になるので、本やウェブサイトが最新版のものかきちんとチェックしておきましょう。

吉方位の鑑定をうける

『引越し』が決まれば、方位についてプロの鑑定士に依頼するのも一つの手段です。クライアントを抱えるプロの鑑定士に調べてもらえば、自分で調べるよりも深く方位について知ることができます。

方位とはこだわればとことん厳密に細分化できるもので、1年単位、1日単位、時間単位でも吉方位が存在するといわれています。

また自分の吉方位だけでなく、同居の家族の吉方位についても、プロの方位鑑定士ならば診断することができるでしょう。自分の不安や要望にしっかりと応えてくれる相性の良い鑑定士に依頼するのも『凶方位』を避ける有効な手立てといえるでしょう。

『凶方位』を気にしない

極端な方法ではありますが、『凶方位』について全く気にしない、意識しないというものやり方です。

運気を決定づけるには自分の意志がもっとも優先されるといわれています。『引越し』先に満足している方でも、過剰に『凶方位』を意識して神経質になるよりは、あまり気にせず生活するのも手です。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『凶方位』への『引越し』の影響や対策についてご紹介してまいりました。

現代社会では、『凶方位』だからといって避けられない『引越し』の機会も多々あることでしょう。そのようなときでも、『凶方位』のための方位除けの方法や吉方位への知識を深めておくととても有効ですよね。

身近にできる方法を集めて解説してまいりましたので、ぜひ手軽に取り入れていってくださいね。

『凶方位』への『引越し』だからといって恐れるだけなく、対策方法や気にしすぎない精神でしなやかに乗り切っていってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました