間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

性格や運勢がわかる?!『本命星』とはどんなもの?調べ方や『本命星』それぞれのトリセツ

自分の運勢や吉方位について気にしていますか?日々を送る中でなんとなく元気をもらえるモノ、場所、人、方角を感じることもあるでしょう。

実はそれ、生まれもった『本命星(ほんめいせい)』が関係していることが多いです。今回はそんな『本命星』とはどんなものなのか?

調べ方や『本命星』それぞれのトリセツなどについて解説していきます。

『本命星』は、最も古い占術のひとつである九星気学の考えを基にしています。九星気学では人はそれぞれ生まれつきの自然エネルギー=「気」をもっているとされています。

『本命星』とはこの「気」のことをさし、人の性格や運勢に大きな影響を及ぼすとされています。『本命星』を知ることで、自分自身の性質を活かし、運気アップに導くことができます。

スポンサーリンク

『本命星』とはどんなもの?

『本命星』とは、九星気学における“生まれもった性質や運気”のことです。

生まれながらのものである『本命星』は、九星気学の考えに基づいて、生まれ年によって割り出されます。『本命星』の基となる九星気学は約4000年の歴史を持ち、現在も受け継がれている占術のひとつです。『本命星』を知ることで、生まれながらに備わっている自分自身の性格を知ったり、運勢の特徴を活かすことができて、運気アップに導くことができるのです。

生まれた年によって異なる『本命星』ですが、特に成人後に大きな影響を受けていくとされています。

誕生~成人前までの親からの保護期間が終わり、成人すると、持って生まれた特質である『本命星』の「気」によって人生を歩んでいくとされています。

生まれ年によって9つの『本命星』がある

生まれ年によって割り出される『本命星』には、「一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星」とよばれる9つの種類があります。

後ほど解説しますが、9つの『本命星』にはそれぞれことなる性格や運勢の特徴をもっています。

スポンサーリンク

『本命星』の調べ方は?

『本命星』は生まれ年によって9つの種類があるとお伝えしました。気になる『本命星』を早見表にまとめましたので、生年から確認してみてください。

一白水星二黒土星三碧木星四緑木星五黄土星六白金星七赤金星八白土星九紫火星
昭和2年昭和元年
大正15年
大正14年大正13年大正12年大正11年大正10年大正9年大正8年
昭和年11年昭和10年昭和9年昭和8年昭和7年昭和6年昭和5年昭和4年昭和3年
昭和20年昭和19年昭和18年昭和17年昭和16年昭和15年昭和14年昭和13年昭和12年
昭和29年昭和28年昭和27年昭和26年昭和25年昭和24年昭和23年昭和22年昭和21年
昭和38年昭和37年昭和36年昭和35年昭和34年昭和33年昭和32年昭和31年昭和30年
昭和47年昭和46年昭和45年昭和44年昭和43年昭和42年昭和41年昭和39年昭和38年
昭和56年昭和55年昭和54年昭和53年昭和52年昭和51年昭和50年昭和49年昭和48年
平成2年平成元年
昭和64年
昭和63年昭和62年昭和61年昭和60年昭和59年昭和58年昭和57年
平成11年平成10年平成9年平成8年平成7年平成6年平成5年平成4年平成3年
平成20年平成19年平成18年平成17年平成16年平成15年平成14年平成13年平成12年
平成29年平成28年平成27年平成26年平成25年平成24年平成25年平成24年平成23年
スポンサーリンク

9つの『本命星』それぞれの傾向と特徴

生まれ年によって9つの種類がある『本命星』ですが、それぞれにもっている特徴や運気がことなります。

こちらでは、9つの『本命星』の特徴や開運ポイントついて解説していきます。生まれもった『本命星』の特徴を知ることは、開運への近道です。

一白水星の特徴と開運ポイント

・基本性格
人当たりの良さと警戒心の強さ、外向性と不安という裏と表があるのが一白水星の特徴です。水の特性をもつ『本命星』で、どこでも流れて生きていける柔軟性と、流されてしまう優柔不断さも併せもっています。

開運ポイント
「水」は命あるものすべてに恵みを与える役割を持っています。「水」の気をもつ『本命星』である一白水星も、周囲の人への貢献を意識した行動に努めると運が開けていきます。

『一白水星』おすすめの本

『一白水星』の専門書ならこの3冊でしょうか。本の情報をご確認ください。

二黒土星の特徴と開運ポイント

・基本性格
黒い土、すべてを育てる大地のエネルギーをもった『本命星』が二黒土星です。真面目で面倒見がよいのが長所ですが、少々マイペースで頑固なところもあります。

・開運ポイント
辛抱強く大器晩成型の二黒土星は、中年期以降に成功することが多いです。若いころは金銭面でも苦労するかもしれませんが、一つの物事をあきらめずに取り組むのに向いている星なので、コツコツとやり遂げてください。

『二黒土星』おすすめの本

『二黒土星』の専門書ならこの3冊でしょうか。本の情報をご確認ください。

三碧木星の特徴と開運ポイント

・基本性格
エネルギッシュで強い向上心と頭の回転の速さが特徴なのが、三碧木星です。守りより攻めの姿勢を好む『本命星』ではありますが、あまり自己中心的な言動は周囲からはみ出してしまいます。

・開運ポイント
若いときから上昇機運をつかむこと人が多いのがこの星の特徴ですが、地道にドッシリと構えることも大切です。コツコツと努力を重ねることが、中年期以降も三碧木星が運をつかむためのコツです。

『三碧木星』おすすめの本

『三碧木星』の専門書ならこの3冊でしょうか。本の情報をご確認ください。

四緑木星の特徴と開運ポイント

・基本性格
穏やかな緑と木のエネルギーをもった人当たりの良さが長所なのが四緑木星です。誰にでも合わせることのできる社交性があり、年下年上問わず慕われますが、優柔不断なのが難点です。

・開運ポイント
いつも優しい四緑木星ですが、時には誰かにいやな顔をされても信念や厳しさを貫くことも大切です。軽やかでお人好しな一面だけでなく、自己主張をする強さももつと運気が上昇していきます。

『四緑木星』おすすめの本

『四緑木星』の専門書ならこの3冊でしょうか。本の情報をご確認ください。

五黄土星の特徴と開運ポイント

・基本性格
生まれながらにしてリーダーの素質があり、帝王の『本命星』といわれているのが五黄土星です。責任感や強靭な精神力が売りですが、運気の吉凶が人によってハッキリとわかれることが多いとされています。

・開運ポイント
五黄土星の開運ポイントはただ一つ“周囲から必要とされる存在となること”です。リーダーは支えてくれる人がいて初めて存在します。周囲の信頼を得てトップに立てるように、周りへの気遣いや感謝を心がけると安定した運勢を送ることができます。

『五黄土星』おすすめの本

『五黄土星』の専門書ならこの3冊でしょうか。本の情報をご確認ください。

六白金星の特徴と開運ポイント

・基本性格
「金」のエネルギーをもった鉱物の原石を意味する『本命星』が六白金星です。磨き方によっては美しい宝石になります。輝くような正義感、忍耐強さとプライドの高さが特徴です。

・開運ポイント
人一倍努力家で忍耐強い、六白金星ですが、プライドの高さを押さえることがカギです。才能や誇りなど、自分自身の中にある宝石の光を少し和らげ、周囲と歩調を合わせていくことで人生が開けてきます。

『六白金星』おすすめの本

『六白金星』の専門書ならこの3冊でしょうか。本の情報をご確認ください。

七赤金星の特徴と開運ポイント

・基本性格
商売運や財運に恵まれた『本命星』なのが、七赤金星です。頭の回転が速く、何事にも器用にこなせるので七赤金星の長所ですが、飽き性なところや投げやりなところもあります。

・開運ポイント
中途半端に投げ出さず、最後までやり遂げることが七赤金星の開運ポイントです。粘り強く物事に取り組むことで、七赤金星の人生は充実したものとなるでしょう。

『七赤金星』おすすめの本

『七赤金星』の専門書ならこの3冊でしょうか。本の情報をご確認ください。

八白土星の特徴と開運ポイント

・基本性格
高い理想をもち、目上の人から後継者に指名されることが多いのが八白土星です。遺産や事業を受け継ぐ運命をもっている『本命星』で、努力を重ねて大業を成し遂げる人もいます。一本道を歩むまっすぐな気性ですが、こだわりが強くやや決断力に欠ける一面もあります。

・開運ポイント
不屈の精神力をもつ八白土星ですが、繊細な一面もあるので心身ともに健康に注意が必要です。自分の道を邪魔するものに否定的ですが、時には他社の意見を聞くことで道が開けることもあります。

『八白土星』おすすめの本

『八白土星』の専門書ならこの3冊でしょうか。本の情報をご確認ください。

九紫火星の特徴と開運ポイント

・基本性格
もっとも華やかな運気を持つ『本命星』が九紫火星です。頭の回転の良さ速さ、先見の明と美的感覚の良さも兼ね備えていて人の注目も集めますが、プライドが高く孤立してしまうこともあります。

・開運ポイント
天才肌の九紫火星は、“自分と他人との違いを意識する”ことが開運ポイントです。美意識が高く、独自の感性をもって実力もある九紫火星は意外と寂しがり屋で孤独を感じやすいです。自分にできることを他人に求めすぎず、自分の庁舎も相手の長所も尊重することで、愛情や幸運に恵まれた人生を送ることができます。

『九紫火星』おすすめの本

『九紫火星』の専門書ならこの3冊でしょうか。本の情報をご確認ください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?『本命星』の意味や調べ方、それぞれのトリセツについてご紹介してまいりました。九星気学において生まれながらもっているとされる『本命星』です。

自分自身の『本命星』の特徴や傾向について、しっかりと熟知することによって、ぐんぐん運気を上げることができます。

『本命星』に囚われすぎる必要はありませんが、何かに迷ったとき、壁にぶつかったときヒントになるといいなと思います。皆様の開運人生の助けになれればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました