間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

『方位除け』2022(令和4)年の早見表。年齢や本命星の位置は

方位除け

『方位除け』という言葉をご存知でしょうか?

運勢や星回りなどに関心のある方であれば、聞いたことがある方も多いのではいでしょうか。人は一生のうちに何度か運勢が弱くなる年回りがあり、その年に災いが起こらないように必要な祈願をすることを『方位除け』と呼びます。今回は、方位除けの『2022』(令和4)年の早見表にまとめてみました。また『方位除け』といっても「本命星」の位置ごとに、様々な種類があるので、『方位除け』の種類についてもご紹介したいと思います。

未だコロナ禍における2022(令和4)年ですが、引っ越しや増改築・旅行・結婚などの予定がある方は、まず自分の星回りを知って『方位除け』が必要なのかが把握しましょう。『方位除け』を行うことで防げる災いもあると思いますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

方位除けを学ぶ・極める

※タップで各記事ページが開きます。

 

よく売れている家相・風水の本

職工所スタッフ厳選のよく売れている家相・風水の本を集めてみました。家族が安心して過ごせる運気の良い家にしましょう。 家相・風水がテーマの本おすすめ人気ランキング10選も参考に‼

↓タップしてAmazonで確認する↓

スポンサーリンク

『方位除け』は本命星の位置で変わる

運気が弱くなる年回りに行う『方位除け』ですが、実は『方位除け』といっても種類があります。どの『方位除け』に該当するのかは、生まれ年から編み出される「本命星」によって変わってきます。まずは、自分自身の本命星を確認しましょう。

 

 

スポンサーリンク

『方位除け』の運勢と種類

『方位除け』にどんな種類があるのか、『方位除け』の種類ごとの運勢にどんな違いがあるのか、こちらでご紹介していきますね。

『方位除け』01.八方塞がり(本命星が中央)

本命星が中央に位置する『方位除け』が、“八方塞がり”です。9年に一度は、八方塞がりの年が巡ってまいります。数え歳で十の位と一の位の数字を足して10になる歳、例えば19歳、28歳、37歳、46歳、55歳、64歳、73歳などが八方塞がりの年となります。

文字通り、どの方位も塞がっており何をやっても上手くいかないなと感じることが多い年回りでしょう。物事をはじめるのには適さない運気とされており、生活環境の変化がある人は特に注意が必要です。2022年が八方塞がりにあたる本命星は五黄土星の人です。あまり新しいことには手を出さずに、しっかり足元を見つめ直すことが大切です。

 

 

『方位除け』02.表鬼門(本命星が北東)

本命星が北東の方角に位置する『方位除け』が、“表鬼門”です。鬼門は古来より鬼(邪気)が通り抜ける出入り口に位置する方角とされ、運気が不安定です。平安京の鬼門を安定させるため、鬼門に比叡山延暦寺が建立された歴史もあります。また、表鬼門は鬼が一番はじめに通る入口なので、一番悪い方角ともいわれています。表鬼門の『方位除け』に該当する年は、吉凶、変化の激しい年回りとなるためケガや病気に注意が必要です。

2022年が表鬼門にあたるのは八白土星の人です。物事がうまく進まないので、スピーディさを求めるより慎重に行動するようにしましょう。

 

 

『方位除け』03.裏鬼門(本命星が南西)

本命星が南西の方角に位置する『方位除け』が、“裏鬼門”です。鬼が通る出口になります。また、裏鬼門の『方位除け』は別名を準備宮とも呼ばれ、運気の停滞が徐々に緩和されていく年回りです。無理は禁物な一年で、特に前半年に注意が必要です。何事にじっくりあせらず取り組むことが裏鬼門の『方位除け』の年を過ごすコツです。

2022年が裏鬼門にあたるのは二黒土星の人です。表鬼門に続いて2番目に悪い方災となるのが裏鬼門ですので、物事が思うようにいかないことは仕方のないことと割り切りましょう。イライラせず、時期がくるのを辛抱強く待つことが、運気を上げていくための大事なカギとなるでしょう。

 

 

『方位除け』04.困難宮(本命星が北)

本命星が北の方角に位置する『方位除け』が、“困難宮”です。季節に例えると冬にあたり、『方位除け』の中でも最も運気が冷え込んで停滞する年回りとされています。この年は寒さに耐えて春を待つ冬のように、次の飛躍のための準備期間と捉えましょう。困難宮の『方位除け』に該当する年は、活動性やチャレンジ精神よりも、何事も辛抱強く、謙虚な気持ちで穏やかに過ごすことが重要です。

2022年が困難宮にあたるのは一白水星の人です。2022年は将来のための準備期間ですから、外に目を向けて大きなことをしようとせずに、自分の内側に目を向けて長期の計画を立てると良い時期です。

 

スポンサーリンク

『方位除け』 2022(令和4)年の早見表(年齢は数え年)

2022年の方位除けの早見表です。年齢は数え年で2022年時点での年齢です。出張・旅行・移転等の方位において災難や事故を除けましょう 。

八方塞がり(中央)表鬼門(北東)裏鬼門(南西)困難宮(北)
100歳
大正11年生
103歳
大正9年生
106歳
大正5年生
105歳
大正6年生
91歳
昭和6年生
94歳
昭和4年生
97歳
大正14年生
96歳
大正15年生
82歳
昭和15年生
85歳
昭和13年生
88歳
昭和9年生
87歳
昭和10年生
73歳
昭和24年生
76歳
昭和22年生
79歳
昭和18年生
78歳
昭和19年生
64歳
昭和33年生
67歳
昭和31年生
70歳
昭和27年生
69歳
昭和28年生
55歳
昭和42年生
58歳
昭和40年生
79歳
昭和36年生
60歳
昭和37年生
46歳
昭和51年生
49歳
昭和49年生
52歳
昭和45年生
51歳
昭和46年生
37歳
昭和60年生
40歳
昭和58年生
43歳
昭和54年生
42歳
昭和55年生
28歳
平成6年生
31歳
平成4年生
34歳
昭和63年生
33歳
平成元年生
19歳
平成15年生
22歳
平成13年生
25歳
平成9年生
24歳
平成10年生
10歳
平成24年生
13歳
平成22年生
16歳
平成18年生
15歳
平成18年生
1歳
令和3年
4歳
平成31年生
7歳
平成27年生
6歳
平成28年生

 

スポンサーリンク

『方位除け』の年には神社・お寺にお参りに行こう

運気が弱くなる年回りの『方位除け』ですが、できるだけ穏やかに過ごしたいものですよね。『方位除け』の年回りで、なんとなく心身に不調を感じる、いつもツイていないことが多い、そんなときにオススメなのが神社やお寺にお参りに行くことです。運気の停滞から心も体もモヤモヤして休まらない日々が続くときは、心を鎮めに神社やお寺やお参りにいってみてはいかがでしょうか。神社やお寺の霊験あらたかなパワーが『方位除け』の厄を少しでも落としてくれるでしょう。

『方位除け』のお祓いは元旦から節分まで受けるのが良いとされています。しかし2022年は未だコロナ禍でもあるので、混雑する三が日は避けたり、事前に予約を入れるなど、密を避けてお出かけくださいね。神社やお寺の中には、『方位除け』専門の祈祷を受け付けているところもあるので、一度インターネット検索してみるのもおすすめです。『方位除け』のお祓いを受けたけれどまだ不安な方は、さらに盛り塩や持ち塩を行いましょう。家の中の気の流れが良くなり、災難から守ってくれますよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?『方位除け』の種類や、2022年の『方位除け』に該当する年齢の早見表をご紹介しました。運勢が停滞する年回りとされている『方位除け』ですが、過剰に恐れるのではなく、飛躍のための準備期間だと思って身も心も静かに過ごす年と考えてゆったりと構えましょう。悪いことが重なると不安になりますが、今がそういう時期なだけ。永遠に続くわけではありません。時期が来ればまた運気は上がり、物事がスムーズに運ばれていきます。

2022年が『方位除け』の年に該当しても、あまり神経質になりすぎないでくださいね。今は前に突き進むよりも、ちょっと立ち止まって冷静に考える時だと心得て穏やかに過ごすことが、きっと2022年を良い年にしてくれますよ。

 

九星気学の知識深めたい貴方へ!

職工所スタッフ厳選の九星気学の本を集めてみました。性格、運勢、相性、方位の吉凶、家相などなど。人気の学問ですね。 九星気学の知識を深めたい方におすすめの本ランキング10選も参考に‼

↓タップしてAmazonで確認する↓

く読まれている記事

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました

\方位除けを学ぶ・極める/

方位除けTOPはコチラ