間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

『風水』は『占い』と一緒?『風水』の基礎知識について徹底解説

『風水』と聞くと『占い』と連想する方も多いのではないでしょうか。実は『風水』は、『占い』とは全く異なる考えをもったものです。

今回はそんな『風水』と『占い』の違いにふれながら、『風水』とはそもそもどんなものなのか?『風水』のラッキーカラーや方角ってなに?などなど…。耳にしたことはあるけど、いまいちピンとこない『風水』の基礎知識について徹底解説していきたいと思います。

『風水』って難しそう、とっつきにくそうと思われている方も基礎知識さえわかってしまえば、だれでも理解することができますので参考にしていってくださいね。運気を上げるキッカケが欲しいと思われている方はぜひこちらで『風水』の基礎知識を身につけていっていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

『風水』と『占い』は違う!『風水』とは?

『風水』と『占い』の違いは“未来を変更できるか”

『風水』はよく『占い』と同一視されています。『風水』と『占い』は全く別物なのですが、違いは何なのか、そもそも二つはどのようなものなのかを紹介していきますね。まず『風水』は、古代中国より伝わった環境学です。

『風水』の環境学とは、衣食住などの環境を変えることによって運勢を変えようとするというものです。

対して『占い』は、人の生年月日などをもとにして未来を予想する占星術です。

この『風水』と『占い』の決定的な違いは、「未来を変更できるか」というところにあります。

『占い』はあくまで未来を診断するもの、『風水』は身辺を変えることで未来を変更しようとするものといったところでしょう。

『風水』は古代中国の陰陽五行説がベース

『風水』と『占い』の違いが明らかになったところで、『風水』とはどのようなものかを掘り下げていきましょう。

そもそも『風水』とは古代中国で生まれた環境学です。『風水』の環境学とはそのまま、快適な環境を整えることを学ぶ学問の一つです。昔の中国では、国が安定せず人々の衣食住は厳しい環境に置かれていました。なんとか幸福な人生を送るための古来よりの知恵だったのです。

そして『風水』のこの環境学のベースとなっているのが陰陽五行説です。

陰陽五行説とは、すべてのものを「木・火・土・金・水」の五行に分類し、バランスよくと生活の中に取り入れていくという考えです。

『風水』の陰陽五行説が表す身近なもの

  • 木:木製の家具、観葉植物、植物柄のものなど
  • 火:暖炉、暖房製品、キャンドル、三角形など
  • 土:素焼きの陶器、大理石、ボーダー柄など
  • 金:貴金属製品、ゴールド色、シルバー色など
  • 水:ガラス製品、水彩画、水玉柄など
スポンサーリンク

『風水』と方角やラッキーカラー五行との関係も

『風水』は、「木・火・土・金・水」に分類する陰陽五行説がベースとなっていますが、方角にも意味や、『風水』的に足用が良いとされるラッキーカラーがあり、五行とも関係しています。

『風水』における方角や相性の良いラッキーカラーと五行の関係を表にまとめてみました。

方角五行ラッキーカラー意味

北東

シルバー
茶色、オレンジ
浄化
変化と継続
仕事や発展
南東オレンジ、グリーン結婚や恋愛
ベージュ、ライムグリーン美や知性
南西ピンク、イエロー家庭や健康
西アイボリー、ゴールド商売や金運
北西クリーム、ベージュ出世
中央総合運
スポンサーリンク

『風水』と方角の考え「四神相応」

『風水』には、五行をもとにした意味や相性の良い方角、ラッキーカラーがあると解説してきましたが、この考えで代表的なものが「四神相応」というものです。四神相応の考えは都づくりをする際に用いられてきました。

四神とは古代中国の伝説の守護神、朱雀、青龍、白虎、玄武のことです。『風水』の方角でいうと、南が朱雀、北が玄武、東が青龍、西が白虎です。また『風水』の五行で当てはめると、朱雀が平らな大地、青龍は川、玄武が山や建物、白虎が大通りを表します。

四神相応とはこれらの条件がそろっている土地のことで、南に平らな大地、東に川、北に山、西に通りを構えているとなります。

この『風水』の四神相応を意識してつくられた代表的なものが平安京で、794年に遷都後、首都が東京に移されるまで1000年以上都であり続けたのです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?『風水』と『占い』の違いから、『風水』の基礎知識について徹底解説してまいりました。

『占い』は未来を予言したり、診断したりすることができますが、『風水』は未来を変更することができるのですね。また『風水』は陰陽五行説がベースとして、身の回りを整えていく環境学です。

都づくりにも用いられて、1000年以上続く京の都の歴史を作ったなんてとても説得力がありますね。

歴史も古く重用されてきましたが、難しく考えずに「東と相性の良い観葉植物を家にひとつ置いてみよう」などということでも、運気アップに効果があると思います。

皆様の大切な“都”である我が家にも『風水』を手軽にとりいていって、幸福を呼び込んでいってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました