間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

『風水』で『金運』をアップしよう!厳選10の方法

「あの人は自然といつもお金に縁がある」
「金運がある人とそうでない人の差は何なんだろう?」

こんなことを思ったことはありませんか?それ、『風水』が関係しているかもしれません。『風水』は身の回りを少し整えることで運気を自然とアップさせる環境学なのです。特に『金運』は『風水』を取り入れるととても効果的です。

今回はそんな『風水』で『金運』をアップさせるポイントを厳選してまとめてみました。手軽に取り入れられる『風水』ポイントばかりなのでぜひ今日から試してみてくださいね!『金運』アップのお役に立てるといいなと思います。

スポンサーリンク

『風水』で『金運』アップする厳選10の方法

「玄関」の左側に鏡をかける

『風水』では室内からみて、玄関の左側を広くすると『金運』によいとされています。昨今の住宅事情では玄関を広く取れない場合もありますので、左側に鏡をかけることで空間を広くみせましょう。

ゆったりとした玄関からは『金運』もしっかりと入ってきます。

開運で人気の八角ミラーを見る

『風水』で良いとされている八角の形をしているので開運効果はバッチリです!

「キッチン」は白を基調にすると◎

『金運』とキッチンには『風水』上深い関係があります。キッチンが汚れていると『金運』も下がってしまいます。白は清潔感のある色、『金運』にはもってこいの色です。

毎日の食事で汚れやすいキッチンをあえて白で統一して清潔にしておくと『金運』アッに◎です。

「東南」と「北西」に、ゴールドのものを置く

住宅の真ん中からみて、東南と北西の方向から『金運』は入ってきます。この2つの方角はいつも綺麗にしておくことと、『金運』と相性の良いゴールドのものを置いておくと家の中にお金がはいってきます。

もしこの方角に、キッチンやバスルーム、トイレがある場合は、『金運』と相性が良くないので盛り塩をして厄除けしておきましょう。

資産は「北」の静かな場所に保管にしておく

「お金は東南や北西から入り、北でたまる」と『風水』では言われています。加えて『金運』は暗くて静かな場所を好みます。

住まいの北の方角の部屋や、室内の北側に置いてあるタンスにお財布や通帳などをしまっておくとお金が自然とたまります。

北枕で眠るとお金がたまる体質になる

『金運』は北西や東南から入り、北にたまります。眠るときの枕の位置を北に向けておくと、身体に『金運』が入ってきますので、自然とお金がたまりやすい体質になると『風水』ではされています。

また地球の磁力は南から北へと流れているため、磁力線の流れに沿って運気がスムーズになるのです。

「お財布」は長財布で中身はいつもスッキリと

『金運』がアップするためにはお金の居心地をよくすることが大切です。お札を折ってしまう二つ折りのお財布はお勧めできません。長財布だとお札がのびのびできるのでオススメです。

お財布の中にレシートやカードでぎゅうぎゅうにするとお金の居心地が悪くなり『金運』もダウンしてしまいます。

長財布で、中身はいつもスッキリとしておきましょう。

「カバン」や「靴」をラッキーカラーに新調して『金運』アップ

『風水』でカバンや靴を新しく買い替えることは、厄払いになり、運気がリセットされます。また『金運』を育てる色のブラウン、お金との縁をつくる色のゴールドなどラッキーカラーにすると『金運』アップになお◎です。

「ゴールドのアクセサリー」を身に着けて『金運』体質に

ゴールドは『風水』で『金運』を引き寄せる色とされています。キラキラ光るアクセサリーならば、開運効果をさらに上げてくれます。ゴールドのアクセサリーをいつも身に着けておくことでお金の集まる“『金運』体質”になってゆきます。

『金運』にご利益のある「寺社仏閣」へお参りにいく

寺社仏閣へお参りすることで、開運パワーを持ち帰ることができます。『金運』を上げたければ、『金運』に特にご利益があるとされていると寺社仏閣へお参りすると効果的です。

心を鎮めて参拝することで厄払いにもなります。

いつも「ポジティブ」に!日々を楽しむこと

『金運』をはじめとする幸運は、ポジティブなエネルギーに集まります。変化する日々を楽しみ、いつも明るくいる人に幸運はおとずれます。何があっても前向きな思考で楽しむことを心がけましょう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?『風水』で『金運』をアップさせる厳選10の方法についてご紹介してまいりました。

環境学である『風水』は身の回りを少し変えるだけで、運気をぐっとアップさせることができます。身辺を整えることは『金運』はもちろん、精神的にも安定しますよね。

こちらの『風水』で快適な日々を過ごしていってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました