間取り図・販売図面作成・制作の外注・代行は間取職工所 【下請歓迎】

リノベーションを考え中の方におすすめの本ランキング10選

リフォーム

長い人生、いつかはマイホームを持ちたいと憧れる方は多いと思います。マイホームを持つ時期は人それぞれのタイミングがありますが、人生においてそう何度も経験するものではないでしょう。マイホーム購入となると、夢は大きく広がります。それに伴い資金の方も増大していきます。多くの方は、マイホーム=新築という思考回路に陥っています。アメリカでは、マイホーム購入のハードルが日本より低い傾向にあります。なぜなら、マイホーム=新築ではないからです。DIYが根付いているアメリカでは、中古も新築も市場価値に差がありません。むしろ庭木や芝生が年数を経て馴染んでいる中古物件は人気があります。

今後、日本は空家問題が顕著になり、中古物件も多く出回るようになります。中古物件をきれいに、自分スタイルにリノベーションすることで、夢のマイホームが手に入りやすくなります。

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

スポンサーリンク

リノベーションを考え中の方におすすめの本ランキング10選

では、様々なリノベーションに関する本の中からおすすめの本をランキングでご紹介していきます。いろいろな角度から切り込んだ本がありますので、ニーズに合ったものを見つけて参考にしてください。

【第1位】「中古住宅+リノベーション」を賢くお得に買う方法

とりあえずで物件は見に行くな!
リノベーションしたい方に読んでほしいおすすめの本ランキング第1位は『「中古住宅+リノベーション」を賢くお得に買う方法』です。本書は、年収300万円台でも夢のマイホームを変える方法を、不動産・リフォーム会社の現役の社長が指南しています。わかりやすい言葉で、専門的な知識を図やグラフを用いて説明しています。資金シミュレーションの試算表があるので、無理のない資金計画を立てるのに役立ちます。とりあえず物件を見に行こうとしている方は、失敗のリスクを抱えています。失敗しない家づくりのコツが全て網羅されているので、頼りになります。

著者 美馬 功之介
出版社 同文舘出版
ページ 232ページ
 
読みやすさ  ★★★★★
実用度    ★★★★★
 

 

【第2位】リノベーションの教科書: 企画・デザイン ・プロジェクト

リノベーションを専門的に学ぶ方にピッタリの1冊
リノベーションしたい方に読んでほしいおすすめの本ランキング第2位は『リノベーションの教科書: 企画・デザイン ・プロジェクト』です。設計やリノベーションを学ぶ学生や実務者に向けた、リノベーションの教科書として最適の1冊です。リノベーションの考え方、論理、企画、デザインなどを網羅しています。一般住宅だけでなく、学校、商業施設までの計画手法を事例を用いて詳細に解説しています。単に建築技術の解説だけにとどまらず、住まいの必要性と人との関わりまで想いを至らせた解説は心に響きます。

著者 小池 志保子、宮部 浩幸、花田 佳明、川北 健雄、山之内 誠、森 一彦
出版社 学芸出版社
ページ 172ページ
 
読みやすさ  ★★★★★
実用度    ★★★★★
 

 

【第3位】リノベーションでつくる古さを生かしたレトロな家

あなたの夢の見本市となる1冊
リノベーションしたい方に読んでほしいおすすめの本ランキング第3位は『リノベーションでつくる古さを生かしたレトロな家』です。新築よりも理想の家が作れる可能性も夢じゃないと思わせてくれる内容です。実際のリノベーション済みのお家をたくさん写真付きで掲載しています。見ているだけで夢が広がり、ワクワクした気持ちになれる1冊です。自分の想いを具現化するのに役立つ情報が満載です。著者の『リノベーションでつくるヴィンテージスタイルの家』もおすすめです。

著者 住まいと暮らしの雑誌編集部
出版社 主婦と生活社
ページ 116ページ
 
読みやすさ  ★★★★
実用度    ★★★★★
 

 

【第4位】リノベーション・スタートアップ

社長になりたい人は読んでみて
リノベーションしたい方に読んでほしいおすすめの本ランキング第4位は『リノベーション・スタートアップ』です。本書は建物のリノベーションではなく、事業をリノベーションする方法を解説した本です。社長になりたい方向けのハウツー本です。起業家でなくても、斬新アイデア出せなくても、人脈がなくても、資金がなくても、リノベーション・スタートアップなら社長になれるという極意を経験者の著者がわかりやすく伝授しています。

著者 田中 伸明
出版社 主婦と生活社
ページ 335ページ
 
読みやすさ  ★★★★
実用度    ★★★★
 

 

【第5位】DIYで部屋リノベーションする本

日本でも壁は塗れるんだ
リノベーションしたい方に読んでほしいおすすめの本ランキング第5位は『DIYで部屋リノベーションする本』です。海外では自分で自分の家の壁を塗るのは当たり前です。ならば、日本でもやれるはずです。ただ、メジャーではないため、やり方がわからないだけです。本書は、DIYする方に向けて、壁や床、天井などのリノベーションの方法を指南しています。難しそうな作業ですが、コツがわかれば誰にでもできる内容です。おすすめのリノベーションのテクニック集です。著者の『決定版 DIYでできる! 壁・床リフォーム&メンテナンス百科』も参考になります。

著者 ドゥーパ!編集部
出版社 学研プラス
ページ 115ページ
 
読みやすさ  ★★★
実用度    ★★★★
 

 

【第6位】中古を買って、リノベーション。

リノベーションの基本がわかる
リノベーションしたい方に読んでほしいおすすめの本ランキング第6位は『中古を買って、リノベーション。』です。本書は、東京都を中心としたマンションのリノベーションに特化した内容です。その上で、リノベーションについて学びたい方に参考となる1冊です。契約書の説明から、物件探し、物件購入、設計、デザイン、DIYが項目ごとにわかりやすくまとめられています。最初に読む1冊としてお手頃です。

著者 谷島香奈子、EcoDeco
出版社 東洋出版
ページ 192ページ
 
読みやすさ  ★★★
実用度    ★★★
 

 

【第7位】セルフリノベーションの教科書 プレミアム

おしゃれな内装に憧れる人必見
リノベーションしたい方に読んでほしいおすすめの本ランキング第7位は『セルフリノベーションの教科書 プレミアム: 限られた予算で家・部屋・店舗を自分スタイルに変える内装のアイデア』です。建築デザイン事務所の著者が、一戸建てでもマンションでも店舗でもできる内装のDIYのノウハウを余すことなく紹介しています。お金をかけなくてもここまでできる!と驚く素敵な内装が万歳です。きれいな写真が多く、みているだけでもテンションが上がります。著者の『セルフリノベーションの教科書: 「塗る・貼る・つける・飾る」でちょっと内装に手を入れるだけ』も参考になります。

著者 坂田 夏水
出版社 誠文堂新光社
ページ 191ページ
 
読みやすさ  
実用度    ★★★
 

 

【第8位】事例と図でわかる 建物改修・活用のための建築法規

法律の壁をわかりやすく乗り越える
リノベーションしたい方に読んでほしいおすすめの本ランキング第8位は『事例と図でわかる 建物改修・活用のための建築法規: 適法化・用途変更・リノベーションの手引き』です。本書は、リノベーションする際にぶつかる法律の壁に対応するための建物の法規について、わかりやすく解説しています。とにかく扱っている物件が多岐に渡り、あらゆる課題に対して解決方法が詳細に掲載されています。ゲストハウス、福祉施設、オフィスビル、ホテル、工場などが実例として挙げられています。図解があるので難しい建築の法規も理解しやすいのでおすすめの1冊です。著者の『知っておきたい 最新 図解 建築基準法と消防法のしくみ すぐに役立つ』も参考になります。

著者 佐久間 悠
出版社 学芸出版社
ページ 220ページ
 
読みやすさ  
実用度    ★★
 

 

【第9位】リノベーションでつくるナチュラル&ヴィンテージハウス

オシャレなリノベの費用がわかる
リノベーションしたい方に読んでほしいおすすめの本ランキング第9位は『リノベーションでつくるナチュラル&ヴィンテージハウス』です。ただリノべをすればいいってわけじゃない、素敵なお家に住みたい、という方に向けた1冊です。多くの素敵な事例を掲載し、オシャレでナチュラルテイストがお好みの方には、カタログとしても使える本です。リアルにかかった費用も掲載されているので、予算を立てる目安にもなります。

著者 主婦の友社
出版社 主婦の友社
ページ 133ページ
 
読みやすさ  
実用度    
 
 

【第10位】これからのリノベーション 断熱・気密編

古い家でも快適に過ごせる秘密
リノベーションしたい方に読んでほしいおすすめの本ランキング第10位は『これからのリノベーション 断熱・気密編』です。断熱と機密に注目するだけでも住みやすさは大きく変わります。オシャレにするという目的でリノベするよりも、効率的に古い家を住みやすくするなら、必ず手を入れなければならない断熱と気密について、わかりやすく解説しています。流石に素人全部自分で施工はできませんが、知識があれば施工者との相談がスムーズになります。著者の『あたらしい家づくりの教科書』も参考にしてください。

著者 伊藤 菜衣子、竹内 昌義、松尾 和也
出版社 新建新聞社
ページ 176ページ
 
読みやすさ  
実用度    

 

 
 

く読まれている記事

 

取職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました