図面の種類

ご活用事例

様ざまな図面の種類について詳しく解説!

ひとつの家を建てるためには、さまざまな図面が必要になります。
住宅を注文する人と建設を請負う人との間で、相違がないように、共通の理解を持つために図面が必要となるのです。
工事現場で、何を使ってどのように工事するのか、ということを図面を使って伝えます。
また、建物を建築する際には建築確認のための申請手続きをしなくてはなりません。その際にも図面が必要です。
図面の作る目的は大きく3つあります。
図面の目的の1つ目は、、工事請負契約などで、注文者と請負業者の間で実際の工事内容を共有するためです。
例えば、住宅の間取は、土地の形や大きさ、住む人の人数など、さまざまな要素を合わせて決まります。使用する資材などもたくさんの種類があります。住宅はすべてオーダー品なのです。
そのために、注文者と請負者で食い違いが起きないように図面が必要となるのです。
図面の目的2つ目は、住宅を建設するためには、建築確認のために申請が必要となります。
その時の手続きのために図面が必要となります。
図面の目的3つ目は、工事する現場に、どのように工事を進めていくか指示するために図面を使用します。
また、図面の種類はたくさんあります。それぞれの場面で必要となる図面が異なるためです。
住宅会社によっては、すべてを用意しない場合もありますが、自分が家を建てるというようなときは、希望やオーダーしたことがきちんと図面に反映されているかどうかということが大切です。
さまざまな図面の種類について詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

設計図

設計図とは、建て主の要望を尊重しながら、設計者が建作成する図面のことです。建て主が希望しているデザインや性能を取り入れ、敷地条件なども考慮する必要があります。設計図には基本設計図と実施設計図に2種類があります。

設計図

設計図とは、建て主の希望を聞きながら、間取や建物の構造、材料、設備など検討し、設計者が作成します。この出来上がった設計図を基にして、家が出来上がるのです。
設計図は大きく分けると「基本設計図」と「実施設計図」の2種類があります。
基本設計図とは、設計者が建物の概要を決めて作成していくもののことです。建て主の人が家の完成形をイメージするために、目にすることが多い設計図です。配置図、平面図、立面図、断面図が作成されることが一般的です。
一方の実施設計図は、より細かい図面となっていて、この実施設計図をもとに、現場で施工が行われることになります。見積りもこの設計図から割り出されます。プロが見るために作成されるので、建て主が見てもすべて理解することは難しい図面となっています。

この記事についているタグ

  • 図面の種類
「家具レイアウトシート」の作成承ります。
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 間取図の記号
  • 間取図のウンチク
  • 間取図のウンチク
  • 建築関連の資格と学校
  • 間取図の英語・略語
  • 間取図のウンチク
  • 間取図のソフト
  • 間取図のウンチク
  • 間取図の見方と種類
  • 間取図のウンチク
  • 間取図の記号
  • 間取図のウンチク
  • 方位のウンチク
  • 間取図のウンチク
  • 方位のウンチク
  • 間取図のウンチク
  • 不動産面積換算
  • 間取図のウンチク
  • 不動産面積換算
  • 間取図のウンチク
  • 間取図の本
  • 間取図のウンチク
  • 不動産面積換算
  • 間取図のウンチク
  • 間取図の記号
  • 間取図のウンチク
  • 不動産面積換算
  • 間取図のウンチク
PAGE TOP