不動産の面積換算機

ご活用事例

壁芯面積で面積を計算する

ひと言で「畳」といっても、実はいくつかの種類があり、大きさもまちまちです。 不動産広告などで「●畳」という表示があっても、どの畳のサイズで表記しているかによって、部屋の広さは大きく異なります。   畳の種類は「中京間」、「江戸間」、「京間」、「「団地間」などがあります。例えば関西地方で利用されている京間は1畳あたり約1.82㎡。一方のアパートやマンションなどで利用されている団地間は1畳あたり約1.44㎡で、京間と大きく差があります。   そのため、不動産広告で表示できる畳のサイズは、公正取引協議会によって決められています。 その内容と、1畳面積の求め方(壁芯面積)について詳しく解説します。

「壁芯面積」とは

不動産広告での広さ表示は「1畳は1.62㎡以上なければ、畳数を書いてはいけない」という決まりがあります。
これは公正取引協議会が定めています。

 

畳の種類によって大きさが違うため、正しく広さを表すために必要な決まりです。

では、例えば1畳1.54㎡の江戸間の「10畳の和室」は、「16.2㎡以上ないので、10畳とは言えない」となってしまうのでしょうか?

 

現在では、畳の面積を計算する時に「壁芯(へきしん)面積で計算する」という方法が認められています。
壁芯面積とは「壁や柱の厚みの中心線で測られた建物面積」のことで、畳の場合は以下のように計算されます。

 

 

イラスト

図のように、赤い点線の枠内の面積が16.2㎡以上あれば「10畳」と表示することが可能となっています。
最近の新築マンション広告はほとんどが壁芯面積で表示されています。

 

 

「壁芯面積」と「内法面積」で面積を計算する

上記で説明した通り、「壁芯面積」とは、壁などの厚みの中心線で選定した建物の面積のことです。

 

一方で「内法面積(うちのりめんせき)」で建物の面積を表すこともあります。

「内法面積」とは、壁などの内側で測定した建物の面積、となります。
つまり、同じ建物でも壁芯面積の方が広い、ということになりますね。一般的には、5~8%の差があると言われています。

 

不動産登記法では
・戸建て住宅・・・壁芯面積
・マンション・・・内法面積
で測った面積で登記する、という決まりがあります。

 

マンション広告については、ほぼ壁芯面積で表示されています。少しでも広く表示したい、という気持ちがあるからだと思いますが、見ている人は注意が必要です。

 

マンションの場合は、登記面積よりも大きい壁芯面積が物件広告の面積となっていることを覚えておくと良いですね。

 

この記事についているタグ

  • 不動産面積換算
「家具レイアウトシート」の作成承ります。
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 間取図の記号
  • 間取図のウンチク
  • 図面の種類
  • 間取図のウンチク
  • 間取図のウンチク
  • 建築関連の資格と学校
  • 間取図の英語・略語
  • 間取図のウンチク
  • 間取図のソフト
  • 間取図のウンチク
  • 間取図の見方と種類
  • 間取図のウンチク
  • 間取図の記号
  • 間取図のウンチク
  • 方位のウンチク
  • 間取図のウンチク
  • 方位のウンチク
  • 間取図のウンチク
  • 不動産面積換算
  • 間取図のウンチク
  • 不動産面積換算
  • 間取図のウンチク
  • 間取図の本
  • 間取図のウンチク
  • 不動産面積換算
  • 間取図のウンチク
  • 間取図の記号
  • 間取図のウンチク
PAGE TOP